最高の暗号取引プラットフォーム

トレンド系指標

トレンド系指標

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

トレンド系テクニカル指標とオシレーター系テクニカル指標、信用できません。トレンド系テクニカル指標とオシレーター系テクニカル指標、売りサイン、買いサイン、トレンド系テクニカル指標の種類によって異なる。

昨日、USD/JPY日足で、殆どの、トレンド系テクニカル指標とオシレーター系テクニカル指標が、下がりサインを表していたので、下がると思ったのですが、上がったのですが。売りで入ってしまいました。上がってしまい、買いで入ればよかったとおもいました。諦めは早いですか。上がったけど、下がると思いますか。

トレンド系テクニカル指標とオシレーター系テクニカル指標より、ロウソクの動きを見た方が当たる可能性が高いと思うのですが。

ベストアンサーに選ばれた回答

昨日は上がったけど(ほとんど動いてないけど:汗)、いずれ下がると思ってます。でも、売るのは101.8くらいかなぁと思ったりもしています。

オイラはインジケータの類は使わないから、サインが騙しだったとかはコメントできないけど、信用できないツールの扱い方は二通りあると思います。ひとつは信用できるようになるまで調整する。もうひとつは捨てる。
オイラ自身は捨てる(使わない)を選択したけど、でも、昨日の日足(ローソク足)を見ても買いを入れようとは思わなかったと思う。もっとも前述の通り、日足で売るにはまだ早いという判断です。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,トレンド系指標 000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

値幅を考えていないのでしょうか?
方向は下でも、上下動の値幅がありますよ。
その上の限度がどこか?
その限度に達するまでの間に、オシレータ系は上下するし トレンド系指標
トレンド系も1時間足、5分足、日足、違うシグナル出すはずです。

当たる当たらないではなく、
どのテクニカル分析も現状分析でしかいですよ。
長期間のトレンドの中に、中期、短期のトレンドがそれぞれあり
どれもが同じ方向ではないのです。

ローソク足が良いのはその通りですが、
ローソク足を見ただけではわかりにくいから、テクニカル分析がいろいろ有るわけです。
ローソク足を見ただけで、頭の中で、どんなテクニカル分析でもできる人なら
なにもいらないでしょう。

値動きの値幅を想定した上でトレンドはどちらかをローソク足から読み取ってください。

どんな道具も理解しないと使いこなせない。

次に君が言う言葉は「ローソク足は騙しが多い」

人や道具の責任にしていては勝つ事など出来ない。

与えられた条件でやるしかない。

仕事も同じ事が言える。

たまの株取引+

トレンド系指標 移動平均線と標準偏差からなる上下3本のライン(合計7本)で構成される指標。移動平均線を中心に、隣の上下ラインを±1σ、その隣(外側)の上下ラインを±2σ、更にその隣(外側)の上下ラインを±3σとする。株価は一般的に、移動平均線を中心に+ 2σから- 2σの間で推移するとされ、その確率は95.45%である。株価が移動平均とどれだけ乖離しているかを確認することにより、その時の株価が買われ過ぎか売られ過ぎかを判断する。

株価が+ 2σを上抜けた場合は買われ過ぎ、逆に トレンド系指標 - 2σを下抜けた場合は売られ過ぎと判断できる。

ストキャスティクス(スロー) トレンド系指標

SLOW%KとSLOW%Dの2本のラインを利用して、買われ過ぎ、売られ過ぎを判断する指標。株価のある一定期間の変動幅と終値から算出する。 ボックス相場で威力を発揮し、逆張りシグナルとして利用する。

SLOW%Dが0%~20%にある時は売られ過ぎを判断する。この水準で、 SLOW%Kが SLOW%Dを下から上に抜くことをゴールデンクロスと呼び、強い買いシグナルとなる。

SLOW%Dが80%~100%にある時は買われ過ぎを判断する。この水準で、 SLOW%Kが トレンド系指標 SLOW%Dを上から下に抜くことをデッドクロスと呼び、強い売りシグナルとなる。

  • リンクを取得
  • Facebook
  • トレンド系指標
  • Twitter
  • Pinterest
  • メール
  • 他のアプリ

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

株の取引 4月28日 日経平均、大きく上昇 円安が追い風に

イメージ

◎ 日経平均 ★終値 26,847.9円(前日比+461.27) (トレンド系指標 始値)26,430.28円 (10:15)26,519.5円 (11:30)トレンド系指標 26,548.82円 (12:30)26,611.05円 (13:45)26,785.01円 (最高値)26,876.95円(15:00) (最安値)26,348.36円(9:24) 今日の日経平均は、結果的にほぼ一方的な上昇相場となった。序盤こそ(前日終値に対して)マイナスに振れる場面があったが、そこからじわりと上げ幅を広げる展開に。前場だけで162円上昇。後場に入るとさらに上昇のペースが加速する。ぐんぐん上昇していき、最終盤で今日の最高値を更新した。後場だけで300円の上昇。全体では461円上げ、昨日の下落分を取り戻した。 今日は、取引時間中に決算を発表する企業が多く、内容によって株価が大きく変動。好決算となったデンソーは大きく上昇。トヨタ紡織やジェイテクトも続いた。一方決算が市場予想に届かなかった銘柄には売りが出た。商船三井などが大きく売られた。ただ、今日の相場は底堅く、一旦急落した銘柄も徐々に回復する。前出の商船三井は昨日の3,125円から2,830円(-295円)まで下げたが、その後回復し3,070円(前日終値比-55円)まで戻した。豊田自動織機も決算を発表直後に急落したが、結果的には大きく値を上げた。製造業に関しては、円安の進展が決算以上に重視された可能性がある。 ◎上昇の要因 ①米国株式市場の上昇(下げ止まり期待) ②中国経済の下げ止まり期待 ③円安による業績押上げへの期待(1ドル130円を超える) ④好決算企業の株価上昇 ◎マザーズ指数の状況 ★終値 694.41(前日比-6.04) マザーズ指数は2日連続の下落となった。米国金利の上昇や、ナスダック株価指数が年初来安値を更新したことがマイナス要因。好調だったセルソースがストップ安となった他、弁護士ドットコム、フリー、メルカリ、JTOWERなど主要株が軒並み値を下げた。円安による利益押し上げ期待から、資金が旧東証一部上場の輸出関連銘柄に流れた可能性がある。本日上場した、ペットゴー、クリアルも円安の進展とともに値を下げており、新興市場の地合いは悪化している。 ●注目株の結果 ◎デンソー(6902) 終値 7,957 円 前日比 +

株の取引 4月8日

イメージ

◎日経平均 ★終値 26,985.8円(トレンド系指標 前日比+97.23) (始値)27,トレンド系指標 097.05円 (10:15)26,926.39円 (11:30)26,820.37円 (12:30)26,880.84円 (13:45)26,893.59円 (最高値)27,185.23円(9:06) (最安値)26,771.67円(11:01) 前場は、始値から大きく上げて始まる。一時は27,200円に迫った。しかし、その後は一転して落ち基調に。どんどんと値を下げていき、一時は26,トレンド系指標 700円台に突入した。そこから若干上げたところで前場を終える。後場は若干持ち直し、26,800円台後半から26,900円を挟んだところで推移。終盤には26,900円台後半まで上昇して大引けを迎えた。 昨日の米国市場が若干ではあるが上昇したため、安心感から序盤は上昇した。しかし、米国経済引き締めに対する懸念から、上昇は限定的となった。 また、日本証券取引所が、TOPIX構成銘柄の浮動株比率を見直すと発表したことも材料視されたもよう。今回の見直しで、政策保有株は固定株と見なされることになる。そのため、政策保有株が多い銘柄は構成比率が下がることになり、パッシブトレードなどで買いが減ることから、売られる要因となった。実際に、トヨタ、伊藤忠商事、東京海上などは売られた。逆に政策保有株が少ないソニーGやNTTは上げた。 ●注目株 トレンド系指標 ※あくまでも個人の感想です ◎JTOWER(4485) 終値 7,070円 前日比 +70円 <昨日の予想>7,300円 <結果>プラス予想は正解😑 -130円の乖離 序盤は上げたが、徐々に下げた。もう少し上がると考えていたが、上値が重たかった。やはり新興市場には厳しい地合いなのだろうか。来週こそは8,000円台に乗せて欲しいが・・今の状況では逆に6,000円台もあり得るかと思う。 ◎エッジテクノ(4268) 終値 1,135円 前日比 -25円 <昨日の予想>1,120円 <結果>ほぼ予想通り😀 +15円の乖離 始値で上げたが、その後は大きく落とした。後場の初めに一旦盛り返したが、続かなかった。完全に勢いを失くしてしまった。来週も上値が重たい展開になる可能性が高い。 ◎HENNGE(4475) 終値 1,215円 前日比 +116円 <昨日の予想> 1,050円 <

株の取引 5月27日 日経平均、4営業日ぶりに上昇に転じる!

イメージ

◎ 日経平均 ★終値 26,781.68円(前日比+176.84) (始値)26,947.8円 (10:15)26,859.44円 (11:30)26,772.84円 (12:30)26,785.5円 (13:45)26,796.23円 (最高値)26,996.7円(9:06) (最安値)26,731.6円(12:57) 今日の日経平均は、前日終値より176.84円高い26,781.68円で取引を終えた。上昇は4営業日ぶり。昨日の米国株式市場でダウ工業30種平均、ナスダック株価指数がともに大きく上昇しており、今日の日本市場にもこの流れが波及した。ただ、序盤に27,000円付近まで上げた後は下落基調での推移となり、27,000円の壁が厚いことを感じさせた。5月以降で終値が27,000円を上回ったのは、6日と23日の2日間だけ。5月は多くの企業が決算発表を行ったが、今期の見通しが前期を下回る企業が多く、株価を押し上げる力はなかった。 では、今日の動きを時系列で見て行こう。始値で26,947.8円を付け、前日終値より324.96円上げる。更に6分後には26,996.7円まで上げ、27,000円台回復は確実と思われた。しかし、ここから伸びない。逆に9時台後半には下落に転じる。26,900円台をあっさり割り、11時には26,700円台に突入。そのまま前場を終える。後場に入っても下落基調は続き、12時台終盤には26,731.6円まで下落。上昇相場が一転、逆に26,600円台を意識する展開に。しかし、強い下げ圧力もここまで。その後は26,700円台で推移し、そのまま大引けを迎えた。 自動車や半導体関連などが上げた。川崎汽船、キャノン、KDDI、NTTはいずれも年初来高値を更新。逆に製薬、銀行、不動産は下げた。 ◎海運株、絶好調 今日も市場では、海運株がその勢いを見せつけた。まず川崎汽船が上場来高値を大幅に更新。前日終値より510円高い10,750円で取引を終えた。これで5月中の上昇幅が3,550円となった。驚異的なペースと言ってよい。商船三井は前日終値より90円高い3,680円で引けた。こちらは、5月中の上昇幅が425円。株式分割後の最高値を更新した。日本郵船は、前日より680円高い11,310円で取引を終えた。5月中の上昇額は1,520円。今後しばらくはこの勢

RSIの見方・使い方

RSIは稀に株価に先行して動くことがあり、株価の底打ちや天井圏を予め察知できる場合があります。
ダイバージェンスを実際の売買で使う場合、ダイバージェンス(株価の下落が続いている際にRSIが上昇し始めた状態)を確認し、その後に株価が遅れて反発してくれば、上昇転換する可能性があり、そこがエントリーのタイミングとなります。
その際、RSIにトレンドラインを引いておくと、エントリーのタイミングもわかりやすくなります。

RSIの作成方法(計算式)

RSIの使用日数

日足 一般的には14日がよく使用されています
9日 14日 22日 30日 42日 52日

RSIとRCIの違いは?(RSIの利点)

RSIの利点はピークとボトムを捉えやすい

RSIは計算上、100%や0%になりにくいという性質あり、他のオシレーター指標よりも、株価が過熱しすぎた場合のピークやボトムが捉えやすいという特徴があります。
そのため、株価が一方向に大きく上昇し続けたり、または急激に下げ続けた場合の判断はRSIがお勧めです。

執筆者紹介

伊藤正之
株式会社ストック・データバンク新宿事業所代表
手掛けた株価分析ソフト「株の達人」は、25年以上、延べ1万人以上の個人投資家の方々にご愛顧いただいています。(2021年1月現在)
同会員向けサイトでは、「日経平均株価の動き」等のチャート分析を活かした市況解説などでも会員の方々にご好評をいただいてます。

青木智
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)保持者
元・株式会社ストック・データバンク新宿事業所の投資コンテンツ担当。
現在はフリーランスで投資関連のコンテンツ等を手掛け、株の達人の会員サイト等にも動画や相場解説などのコンテンツを提供。
登録者数2.25万人以上(2021年1月現在)の株の達人Youtubeチャンネルの動画も手掛ける。

RSIをトレードに活用してみましょう!「株の達人」 ならテクニカル分析を実践に取り入れるのもカンタンです。
また、RSIと相性のいいテクニカル指標を組み合わせたチャート条件やスクリーニング条件もご用意しておりますので、初心者の方でも安心です。

テクニカル指標一覧 テクニカル指標一覧の概要

過去のチャートから次の値動きの目安になる情報を抽出するための計算アルゴリズムである。トレンド・偏差・最高価格からの比率・市場心理等様々な観点から指標が作成されて発表されている。 本来、値動きとは人間の意識が絡む偶発的かつ非常に複雑な現象であるため、常に正しいシグナルを出すテクニカル指標は存在しない。特定の集団が価格操作の目的で意図的に巨額の購入や売却を行った場合や短期間に暴騰・暴落が起きる場合では、テクニカル指標自体が無効になることもあり得る。つまり、どのテクニカル指標も不連続な動きに対して弱い傾向にある。

指標の系統

  • トレンド系指標(順張り系指標) - トレンドの方向性を判定する。移動平均から派生した物など。
  • オシレーター系指標(逆張り系指標) - 過去の値動きから、今の価格が高い位置にいるのか安い位置にいるのかを判定する。トレンドの転換点を判定する。パーセント「%」で表示する物が多い。

トレンド系でもオシレーター系でも、順張り投資・逆張り投資の両方に使われる。いずれの指標も単体での活用はだまし(ダマシ)に遭うことが多いため、トレンド系とオシレーター系の指標をうまく組み合わせ、さらに複数の時間足を参照して、トレンド分析をした上で有効に活用すべきとされている。

オシレーター系の指標は正確な出来高が確認できない為替相場などにおいては出来高の推移を代用するツールとしても活用されている。そのパーセント「%」の数値の大小で「買われすぎ」「売られすぎ」を判別するのは基本だが、それに加えて、価格と出来高の逆行現象と同じように「価格とオシレーター系指標の逆行現象(ダイバージェンス)から相場の反転を予想する」という機能も期待されている。

指標自体のトレンドの方向性を判定するため、指標の移動平均をとったものをシグナルと呼ぶ。「指標 トレンド系指標 > シグナル」ならば、指標自体は「上げトレンド」である。例えば、MACDのシグナルがMACDシグナルである。ストキャスティクスの%Dのシグナルは、Slow%Dと呼ぶ。

実践編6|チャート分析に欠かせないテクニカル指標(トレンド系・オシレーター系)

平均足、各種移動平均線|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術 平均足、各種移動平均線 「平均足」は他のトレンド系テクニカル指標と重複して使えて、売買判断も非常に明確な、初心者にぴったりのテクニカル.

ボリンジャーバンド

帯(バンド)の拡張、収縮から相場の熱気を見極める

価格ベースのFXテクニカル分析|ボリンジャーバンドとは?[月光為替] それでは今回は、ボリンジャーバンドについてお話ししていきます。 ボリンジャーバンドとは? ボリンジャーバンドは、値動きの幅を表すテク.

トレンドの継続と終了が一目で分かるので、長期のトレンドを余さずフォローできる!

平均足、各種移動平均線|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術 平均足、各種移動平均線 「平均足」は他のトレンド系テクニカル指標と重複して使えて、売買判断も非常に明確な、初心者にぴったりのテクニカル.

トレンド系指標の代表格「平均足」の特徴と活用方法[マックス岩本] 今回取り上げるのは、ごくごく素直なトレンド系指標の代表、平均足です。 実のところ、これまで私自身は相場のトレンドを予測するのにあたり、.

長短2本の移動平均線の距離感から、トレンドの加速と減速、転換点を判断!

買われすぎ、売られすぎといった相場の過熱感を判断するのに役立つ

チャートパターン

ローソク足がかたどる特定の形から相場の転換点が分かる!

MT4入門編②|MT4でできること〜チャート分析・自動売買・裁量トレード MT4はFXの世界が広がる万能な取引プラットフォーム テクニカル分析の選択肢が多い FXの分析にはテクニカルとファンダメンタルズ.

【次の記事を読む】

元外銀ディーラーによる、FX初心者が最初に見るべき動画を無料公開! 元外銀ディーラーからFXの基本を学ぼう 阪谷直人氏といえば、バンク・オブ・アメリカなど大手外銀で長く活躍した、プロ中のプロのトレーダー.

【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。 口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる