安定した取引システム

NISAロールオーバーとは

NISAロールオーバーとは
性別:女性
年齢:30代
職業:専業主婦
楽天証券のつみたてNISAは100円というかなり少額から行えます。なので、あまり投資に慣れていない自分でも気軽に始めることができました。また、積立の引き落としに楽天カードを設定すると、決済額100円につき1ポイントが貯まるところも気に入っています。しかも、一部をポイントでの支払いに設定しておくと、楽天市場での買い物時のポイント倍率が常時アップします。楽天系のサービスのユーザーに、特におすすめです。

NISAの最大のデメリットとは?失敗しないために知っておきたいポイントを徹底解説!

NISAの最大のデメリットとは?失敗しないために知っておきたいポイントを徹底解説!

長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託(対象商品についてはこちら)
○例えば公募株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たすもの
・販売手数料はゼロ(ノーロード)
・信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
・顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
・信託契約期間が無期限または20年以上であること
・分配頻度が毎月でないこと
・ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと
引用元:金融庁|つみたてNISAの概要

デメリット②:非課税枠は一般NISAの3分の1

デメリット③:損したときの補填が効かない

「一般NISA」と「つみたてNISA」のデメリットを回避する方法

NISA

「一般NISA」と「つみたてNISA」にはそれぞれデメリットがあります。

一般NISAのデメリット回避方法

「一般NISA」のデメリット回避方法

  • ロールオーバーの活用
  • 損切りも視野に入れる
  • 保有している商品の買い増しをする

①ロールオーバーを活用する

ロールオーバーとは

ロールオーバーを活用することで、元々の非課税期間である5年を最大10年に延長可能です。

ロールオーバーの3つのデメリット

  • 損益通算ができない
  • 2019年以降のNISAでは利用不可(※)
  • 非課税にするには手続きが必要

ロールオーバーしたからといって、必ずしも延長された5年間で利益が膨らむとは限りません。 利益の発生同様、損失が発生してしまう可能性もあり、その場合損益通算はできないことをあらかじめ理解しておきましょう。

また2019年以降にNISAを始めた場合は、現行制度のNISAが2023年までとなっているためロールオーバーも利用できません

2018年以前のNISA口座でロールオーバーを活用する際には手続きが必要なので、その点も注意が必要です。

②損切りも視野に入れる

損切りとは、保有している投資商品を見切り売却して、損失額を確定させることです。

非課税で投資できることがNISAの大きなメリットですが、それでも利益が出ていない場合はNISAのメリットも効果を発揮しません

将来的に利益が見込めないことが想定される場合、損失額が少ないうちに売却しましょう。

③保有している商品の買い増しをする

一般NISAは120万円という非課税枠内で投資が可能ですが、大幅な利益が望める場合は保有している商品の買い増しが有効なケースがあります。

つみたてNISAのデメリット回避方法

つみたてNISAのデメリット回避方法

  • つみたて投資の継続
  • つみたて金額の増額
  • 損失が膨らむ前に売却

①つみたて投資を継続する

しかし相場が下落すると安い単価で銘柄を多く購入できるため、下落相場でも将来的な値上がりを考えて継続することをおすすめします。

②つみたて金額の増額をする

そのため基準価額が下がっている場合は、つみたて金額の増額をする絶好のタイミングであると考えましょう。

③損失が膨らむ前に売却する

一方で相場が安いときにすべて売っても損失は大きくなるだけなので、一度にすべての資産を売らず複数回に分けて売却しましょう。

「一般NISA」のメリットは?

NISAのメリット

一般NISAの5つのメリット

  1. 少額投資ができる
  2. 投資可能商品が豊富
  3. 最長5年、年間120万円までの非課税投資
  4. いつでも引き出しができる
  5. ロールオーバーによる実質的な非課税期間延長

メリット①:少額投資のため、初めて投資を始める人におすすめ

まず、お金を低金利で金融機関に預けておくよりも、投資は資産を増やせる可能性があります。投資の中でも、少額投資で投資可能商品も豊富なNISAは、初めての投資を検討している人におすすめです。

メリット②:投資可能商品が豊富

メリット③:最長5年、年間120万円まで非課税投資ができる

そしてNISAの最大のメリットは、最長5年、年間120万円まで非課税で投資ができるということです。

5年間、毎年120万円までNISAで投資を続けていた場合、最大で600万円の非課税投資ができます。

更に、既に説明されているように非課税枠投資に移管(ロールオーバー)すれば、新たにNISAで購入したものと同様に扱われるため、実質的に5年間延長されることになります。

メリット④:いつでも引き出しができる

また、NISAはiDeCo(個人型確定拠出年金)とよく比較して検討されますが、iDeCoは原則60歳まで引き出せないのに対し、NISAはいつでも引き出しができます。期限までずっと換金ができないという点に不安を持たれる方にはNISAの方がおすすめでしょう。

メリット⑤:非課税期間が終了する翌年にロールオーバーすれば、実質的に5年間非課税期間が延長される

「つみたてNISA」のメリットは?

つみたてNISAの5つのメリット

  1. 「積立投資」専用の制度
  2. 少額からはじめることが可能
  3. 最長20年、年間40万円までの非課税投資
  4. いつでも引き出しができる
  5. 年齢の制限がない

メリット①:投資初心者も安心の「積立投資」専用の制度

つみたてNISAは「積立投資」を専門に行うので、投資するタイミングを分散させることでリスクを軽減させることが期待できます。初回購入時に買い付けのタイミングと金額を設定し、その後は自動買い付けになるため、株式などの動向に張り付いている必要がありません。また、つみたてNISAは国が進める資産形成のための制度で、対象商品が金融庁の基準で厳選されているため、初心者には安心の投資方法です。

メリット②:少額からはじめることが可能

最低積立額は金融機関によって異なりますが、100円や1,000円からもはじめられます。つみたてNISAは長期運用がポイントですので、無理のない範囲でコツコツ投資できます。

メリット③:最長20年、年間40万円まで非課税投資ができる

非課税枠が年間40万円までというのは人によってはデメリットになりますが、それが20年間も非課税であると考えると、やはりコツコツじっくり資産形成をしたい人にはおすすめです。

メリット④:いつでも引き出しができる

老後のための資産形成を目的とするiDeCoとは違い、いつでも引き出しができます。一般NISAもいつでも引き出せます。

メリット⑤:年齢の制限がない

つみたてNISA用のNISA口座を各金融機関で開設する際には、20歳以上(法令改正により、2023年1月1日以降は18歳以上)であることが条件ですが、つみたてNISAの利用には年齢の上限を設けていないため、何歳からでも長期積立投資を始めることができます。

2024年スタートの新NISAって?

一般NISAが新NISAへ

新NISAとは?

NISAロールオーバーとは
制度 一般NISA 新NISA
非課税の対象 株や投資信託の値上がり益
配当金・分配金
株や投資信託の値上がり益
配当金・分配金
非課税投資枠 年120万円 122万円
1階部分:年20万円まで
2階部分:年102万円まで
非課税期間 投資した年から5年間 投資した年から5年間
投資可能期間 2023年まで 2024年から2028年まで
投資対象商品 上場株式
投資信託
ETF(上場投資信託)
REIT(不動産投資信託)
【1階部分】
つみたてNISAと同じ商品
(終了後はつみたてNISAに移行できる)

【2階部分】
上場株式
投資信託
ETF(上場投資信託)
REIT(不動産投資信託)
他の制度との併用制限 つみたてNISAとの併用不可 つみたてNISAとの併用不可

つみたてNISAは5年延長に

新NISAとなるのは一般NISAの方ですが、つみたてNISAにも変更があります。2018年の開始当初、つみたてNISAは2037年までの制度でした。今回の改正で、投資可能期間が2037年から2042年までの5年間延長されることになりました。これによって、今から始めても充分、非課税の恩恵を受けることができるようになります。

つみたてNISA口座開設におすすめな証券会社

証券会社名 手数料 取扱対象商品数 最低積立金額 積立頻度 対象ポイント

性別:女性
年齢:30代
職業:専業主婦

楽天証券のつみたてNISAは100円というかなり少額から行えます。なので、あまり投資に慣れていない自分でも気軽に始めることができました。また、積立の引き落としに楽天カードを設定すると、決済額100円につき1ポイントが貯まるところも気に入っています。しかも、一部をポイントでの支払いに設定しておくと、楽天市場での買い物時のポイント倍率が常時アップします。楽天系のサービスのユーザーに、特におすすめです。

性別:男性
年齢:40代
職業:正社員

SBI証券はネット証券の大手ですし手数料も比較的安いため、初心者でも安心感がありつみたてNISAを始めました。スマホだけでも簡単に始められますし、PontaポイントやTポイントが投資金に使えるので便利です。ただ、NISA枠を余裕資金での投資も含めて使い切りたいという方は、クレジットカード決済でボーナス月設定のできないSBI証券は不向きかと思います。

【解説】NISA・つみたてNISAの違いとは?どっちが得なの?

NISAとは

“ 【解説】NISA・つみたてNISAの違いとは?どっちが得なの? ” に対して1件のコメントがあります。

貸借対照表とは?見方や損益計算書との違いを分かりやすく解説!(いろはに講義③)

新型コロナウイルス

【11月10日更新】新型コロナウイルスが日本経済に与える影響は?

アクセスランキング

限定キャンペーン

New NISAロールオーバーとは Posts

おすすめネット証券

投資初心者

仮想通貨投資のリスクと危険性

仮想通貨のガチホとは?

ジャパンワランティ アイキャッチ

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(NISAロールオーバーとは 株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(NISAロールオーバーとは 株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

NISAロールオーバーとは

◆ 興味のある制度名をタップすると、詳しい説明のページが見れるよ!

NISAロールオーバーとは
一般NISA つみたてNISA ジュニアNISA
対象年齢 20歳以上の日本在住者
※1
20歳以上の日本在住者
※1
0歳~19歳の日本在住者
※2
非課税投
資上限枠
年間120万円 年間40万円 年間80万円
非課税対象 公募株式投資信託、上場株式など

ロールオーバーとは?

※ 当金庫にて2022年分の一般NISAに移管する(ロールオーバー)場合は、「非課税口座内上場株式等移管依頼書(非課税期間終了用)」を2021年11月末を目安にお取引店へ提出をお願いします。

ロールオーバーのメリット

ロールオーバーのデメリット

どう選んだらいいの?

一般NISAを選んだ人のきっかけ

つみたてNISAを選んだ人のきっかけ

へきしんでは、投資信託の相談も受け付けているよ!

商品・サービス

お役立ち情報

  • ご予約(お手続・ご相談・セミナー)

へきしんと考えるお金のこと

ビジネスサポート

事業承継 M&A

ビジネスマッチング

へきしんについて

〒446-8686 愛知県安城市御幸本町15番1号
金融機関コード:1560
登録金融機関:東海財務局⾧(登金)第66号
加入協会:日本証券業協会

5年後のNISA、あなたはどうする?ロールオーバーの活用ポイント

資産運用

そこで重要になってくるのが 「ロールオーバー」 という仕組みです。

1、【復習】NISAの基礎知識

NISA(少額投資非課税制度)とは、NISA口座で購入した株式や投資信託などの 売却益(譲渡益)や配当金・分配金が非課税となる仕組み です。

対象者日本に住む20歳以上の方
(1人1口座まで)
対象商品上場株式(個別銘柄)・株式投資信託
REIT・ETF
非課税投資枠(年間)120万円
非課税期間最長5年間
投資可能期間2014年〜2023年

NISA口座の 非課税枠は毎年120万円 までとなっており、一度利用した非課税投資枠は再利用すること、使わなかった非課税投資枠を翌年以降に繰り越すことはできません。

(1)購入した商品が値上がりした後売却した場合

(2)購入した商品の分配金・配当金を受け取った場合

NISA口座は銀行などでも開設することができますが、購入できる商品は投資信託に限られるため、これから口座を開設する方で株式など他の商品への投資するかもしれないのであれば、 証券会社で口座を開設するのがおすすめ です。

2、ロールオーバーとは?

ロールオーバーとは、非課税期間の終了するNISA口座内の商品を、翌年の非課税投資枠に移すことです。

(1)ロールオーバーを選択しなかった場合(非課税措置が終了)

非課税期間が終わるまでに、 ロールオーバーを選択しなかった場合には、NISA口座内の商品は自動的に課税口座に移行 されます。

(2)ロールオーバーを選択した場合(非課税措置が継続)

非課税期間の終了前にロールオーバーすることを選択すれば、NISA口座内の商品は非課税期間の 終了後に翌年の非課税投資枠に移行 され、 さらに5年間引き続き非課税措置受けることができます。

【解説】NISA・つみたてNISAの違いとは?どっちが得なの?

NISAとは

“ 【解説】NISA・つみたてNISAの違いとは?どっちが得なの? ” に対して1件のコメントがあります。

貸借対照表とは?見方や損益計算書との違いを分かりやすく解説!(いろはに講義③)

新型コロナウイルス

【11月10日更新】新型コロナウイルスが日本経済に与える影響は?

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

仮想通貨投資のリスクと危険性

仮想通貨のガチホとは?

ジャパンワランティ アイキャッチ

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる