株初心者必見

チャート分析

チャート分析

テクニカル分析指標:目次

株価移動平均線(1)
株価移動平均線(2) 一定の期間内に売買した投資家の平均コスト。テクニカル分析ではローソク足と並んで基本中の基本。(あり) 加重移動平均線
(指数)平滑移動平均線 単純移動平均線よりも直近の価格に比重を置いた移動平均線です。相場の動きに早く反応します。 ボリンジャーバンド 株価移動平均線と標準偏差で株価のリスクを見る。(あり) バンド幅 ボリンジャーバンドのバンド幅。株価の変動を表します。 パラボリック RSIの考案者が手がけたテクニカル指標。放物線のラインを使い相場の売買を行う。(あり) 陰陽足 終値をベースに、相場のトレンドと勢いを視覚的に捉える。 (あり) 転換足 株の達人オリジナルの株価の短期間における上昇と下降の方向の転換点を判別するための指標です。(あり) 線形回帰トレンド 相場がどのトレンドに位置するのか判断するのに有益。 モメンタム 短期的に価格の変化率をみるためのテクニカル指標。 ATR ボラティリティの確認に使うテクニカル指標。 ベクトル 一定期間の株価の動きの転換点を捉えるのに有効。 株価移動平均2線カイリ 長期移動平均線を基準に、短期移動平均線がどれだけ離れているかを見る指標。 平均足(コマ足) トレンドを捉えられるようにローソク足に修正を加えたテクニカル指標。 カギ足 一定の幅や率以上の株価の変化からトレンドを予測。 新値足 相場の流れの転機を知る日本の代表的チャートの1つ。 ポイント&フィギュア 時間の経過を考慮しない代表的な非時系チャート。カギ足・新値足と類似。 HLバンド ダウ理論でいう直近の高値・安値のブレイクをいかに捕らえるかというテクニカル指標。 バーチャート ローソク足と同様に相場のトレンドや強弱を確認する為に用いられる。 ラインチャート チャート分析 終値を一本の線でつないだ折れ線グラフ状のシンプルなチャート。 三日平均線 日々の値動きを平均化することにより、トレンドを見極める。 ジグザグ 株価の大きな流れと波動を読み取るための指標。

オシレーター系のテクニカル指標

RCI 「上がり(下がり)始め」の時期とタイミングを捉えるテクニカル指標。 (あり) SRV-K・D(ストキャスティクス) 一定期間の高値・安値・終値から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断。中期的な方向性を見るのに適しています。 SRV-%K・%D・SLOW%D(ストキャスティクス) 一定期間の株価変動幅をとらえ、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断。短期売買に向いています。 RSI 値上がり幅・値下がり幅から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を見る。(あり) ストキャスティクスRSI(SRV%RSI) ストキャスティクスの計算式にRSIの値を組み込んだ指標。RSIと比較して、感度が高い。 DMI 相場の上昇と下降をそれぞれ指数化し、トレンドの強弱を計算し、チャート化。(あり) ADX・R トレンドの強さの指数であるADXとその向きを確認するADXRを用いて判断。 MACD 2本の移動平均線を用い、相場の周期とタイミングを捉える。(あり) MACDヒストグラム MACDラインと同平均(シグナル)ラインとのカイリを棒グラフで表したもの。(あり) 株価移動平均乖離率(1)計算式とパターン
株価移動平均乖離率(2)基本と応用 株価が移動平均値とどれだけ離れているかを数値化したもの。
移動平均線に対する大幅なカイリ現象は必ず修正されるという経験則に基づいています。 株価移動平均2線カイリ 長期移動平均線と短期移動平均線を用いて天井圏・底値圏を確認。 サイコロジカルライン 値上がり(値下がり)の継続をみて、短期の売買タイミングをとらえる。 %Rオシレーター 一定期間の最高値・最安値と現在値との比較から強弱の度合いを見る。 篠原レシオ 仕手性の強い人気銘柄の売買ポイントを把握するために便利。 ピボット 先物市場で開発された、短期売買をするためのテクニカル指標。 コポック 本来月足に使用するために開発されたテクニカル指標。

チャート分析に使える無料ツール3選!初心者が今すぐ使うべき理由とは?

チャート分析に使える無料ツール3選!初心者が今すぐ使うべき理由とは?

FXでトレードを始めるにあたって大切になのが、チャートを見て相場を分析するの役立つテクニカル指標です。FXのトレードに慣れ、勉強をしていくとテクニカル分析に必要なさまざまな指標の存在を知ることになると思います。テクニカル指標は、大きく 「トレンド系」「オシレーター系」 に分けることができます。まずは代表的なテクニカル指標を知って、 利用を検討しているFX会社に自分が使いたい指標があるかをチェック するようにしましょう。

③ニュースの充実度

FXは世界経済・金融。政治と関わりがあり、もちろん為替にも大きな影響を与えます。最新のニュースはトレードする上で必要不可欠です。各FX会社のトレード画面で最新のニュースがどのように表示されるのか、 チャート分析 ニュースの更新頻度やチェックのしやすさを確認 しましょう。

おすすめのPC用取引・チャートツール

DMM FXのPC版取引画面・チャートツール

まずはこれから FXを始めようとする初心者でも安心して利用できる「DMM FX」 から紹介します。
PC用の取引ツールは、初心者でも画面が見やすく取引しやすい「DMMFX チャート分析 STANDARD」と上級者向けに画面のレイアウトやさまざまなテクニカル指標のカスタマイズが自由にできる「DMMFX PLUS」の2種類が用意されています。それぞれの画面を確認してみましょう。(※いずれもデモトレードの画面です)

「DMMFX STANDARD」

DMMFXの取引画面・チャートツール

チャート分析
まずは 初心者向けの「DMMFX STANDARD」 です。
画面上部のは為替の動きと関係のある「イベント」と「ニュース」が表示されています。さらに詳しく知りたい 場合はそれぞれをクリックすると詳細も読むことができます。

画面、中央左にはトレードする際に重要な「チャート」、そして右側には「注文画面」が配置されています。チャートの「テクニカル指標」をクリックすると「ボリンジャーバンド」や「MACD」などのテクニカル指標も設定することができます。

DMMFX PLUS

DMMFXの取引画面・チャートツール


次はより 充実したチャートツールを使いたい方や取引画面を自分好みにカスタマイズした人におすすめの「DMMFX PLUS」 の取引画面です。

こちらも画面上部に、重要な「イベント」「ニュース」が掲載されていて、それぞれをクリックすると詳細を確認することができるようになっています。
そして画面中央には各通貨ペアの価格を一度に確認できる「プライスパネル」が用意されています。そのとなりには、「注文画面」「チャート」が続いています。
上の図で示した通り、チャート画面の一部をクリックすると好みのテクニカル指標を追加することができます。

DMMFXの取引画面・チャートツール

初心者向けの「DMMFX STANDARD」と違って、利用できる指標は 「トレンド系」が10種類「オシレーター系」が10種類 と豊富です。また各画面を自由にレイアウトできるので、下記の画像のようにドル円だけを違う時間足で表示させたりと自分好みの取引画面を作ることができるのでいろいろ試してみるとこをおすすめします。

\最大20万円のキャッシュバックキャンペーンあり!/

外為オンラインのチャートツール

外為オンライン には、基本的なツールからオリジナルツールまでさまざまなものがあります。

外為オンラインの「NEWSチャート」

チャートに関してはブラウザ版とJava版がありますが、今回ご紹介する「NEWSチャート」はJava版のみ対応の高度なチャートとなっていす。
チャート分析 「NEWSチャート」とは 、チャート上のローソク足をクリックした際、その時に起きた主なニュースを見ることができる機能です。
チャートを見ていて「ここが気になる!」と思う値動きがあった時にクリックをすると、この時に何が起こったのかを知ることができます。
初心者の方は経済情報の理解の為に活用することもでき、なによりFXを楽しみながらトレードするために工夫された取引ツールです。

FXに関する情報を集めるのは結構大変ですよね。
この「NEWSチャート」を使用すれば簡単に最新の情報が手に入るので、効率のよい取引ができると思います。
下記は、外為オンラインの「NEWSチャート」画面の操作方法です。
※今回は、外為オンラインのデモ版を使用しております。

外為オンラインログインTOP

1.IDとパスワードを入力してログインした画面がこちら。

左上にある「チャート」というメニューをクリックしたら、プルダウンメニューで「チャート(ブラウザ版)」か「チャート(Java版)」の2つを選べるようになっているのですが、今回は「チャート(Java版)」クリック!

外為オンラインのログインTOP画面

外為オンラインチャート選択

2.チャートの種類が選べる画面が表示されます。
今回の「NEWSチャート」はローソク足のみ使用可能の機能なので、一番左にある「ローソク足」をクリックします。

NEWS選択

3.ローソク足チャートが開いたら、早速「NEWSチャート」を使ってみましょう。
右側にある長方形メニューがたくさん並んでいるうちの、一番右上にある緑色の文字で書かれた「NEWS」をクリックします。
この操作をすると、ローソク足をクリックするだけでその時に起こった経済ニュースがチェックできるようになります。

NEWSクリック

4.クリック後、経済ニュースが表示された画面がこちら。
その時に起こったニュースが1行で表示されるようになっており、その中で気になるニュースがあったらそのニュースをクリックすると詳細が別のポップアッで表示されます。
※今回使用したチャートは【USD/JPY・ローソク足・1時間足】を使用しています。

外為オンラインその他機能(ワープ機能)

ワープ機能

最新のニュースなどには敏感だとしても、過去のニュースはいつのまにか忘れがちです。
FXでは、短期・長期のトレード方法にかかわらず、 過去の経済情報を知ることはとても重要 です。
外為オンラインの「NEWSチャート」は、便利な 「ワープ機能」 を搭載しています。
「ワープ機能」とは、過去にあった同様のニュースを一発で探し出せる機能 です。
ローソク足をクリックした後に表示されるニュース一覧の画面ですが、過去に同様のニュースがある場合のみ「←」&「→」の矢印が表示されます。
この矢印をクリックすると、その時のニュースにワープすることができます。

過去のニュースと見比べることにより、「先月はこういう動きをしていたけど、今回はどうだろう. ?」
など、さまざまな戦略を考えることができるようになります。

「ワープ機能」実際の使い方例

5月に「加4月住宅着工件数発表」があった時間帯のローソク足をクリックして「NEWSチャート」を表示します。
「←」ボタンを押すと、4月の「加3月住宅着工件数発表」のローソク足にワープ!
逆に「→」ボタンを押すと、6月の「加5月住宅着工件数発表」のローソク足にワープします。

\最大15万円のキャッシュバックキャンペーンあり!/

FXプライム byGMO「ぱっと見テクニカル」

「ぱっと見テクニカル」 は高度なテクニカル分析がぱっと一目で分かる、FXプライム byGMOオリジナルのFXチャート分析ツールのひとつです。
「ぱっと見テクニカル」の「形状比較分析」のチャートは、選んだ通貨ペアの現在のチャートの形状を元にして過去のチャートから似ている時期(時間帯)を探し、将来の値動きを予測。
未来の為替レートの動向を予測する機能を搭載 しています。

FXプライム byGMOTOP

こういった点が、他のFX会社のテクニカル分析ツールと比較すると評価が高いのです。
FXプライム byGMOにIDとパスワードを入力して、ログイン後のページで「マイページ」をクリックすると、左側に「ぱっと見テクニカル」のボタンが表示されているので、こちらをクリックすると簡単に表示することができます。

形状比較分析

下記のチャートは「形状比較分析」のチャート画面です。

使い方は初心者でも簡単にできてしまうほどシンプルな仕組みです。
まず左上にある通貨ペアと足の種類を選んで、「比較対象通貨ペア」「モデル予測」を選択するだけ。

選択項目


すると自動的に一致率と今後の予測チャートが表示されます。過去を参考に未来を予想するということはとても重要なテクニカル分析のひとつです。
なので、 「ぱっと見テクニカル」の「形状比較分析チャート」はすごく参考になります。

●今後の値動きがどうなるかを「ぱっと見テクニカル」で予想してもらう
●上昇or下降なのかを確認
●上昇予想の場合は買いの準備・下降予想の場合は売りの準備をする
●実際のチャートを見ながら、同じように動いてきたらポジションを持つ

というように予想ツールとしてとても簡単に使うことができます。
テクニカル分析が苦手だと感じている人でも結果的にテクニカル分析をしていた!ということになります。これで初心者の方も一歩前進ですね!
注意点としては、いくら優秀な「ぱっと見テクニカル」の予想でも 100%ではない ということ。

他のどんなに優秀なテクニカル分析ツールでも100%はありません。
確かに「ぱっと見テクニカル」の「形状比較分析チャート」は、上級とレーダーも使っているツールなので優秀ツールと言えますが、FX投資の世界には100%はないのです。
利用の際は、ひとつの目安として使うと良いでしょう。

\最大11万円のキャッシュバックキャンペーンあり!/

いかがでしたでしょうか。無料で使える取引ツールは、今回ご紹介した以外にもたくさんあります。
それぞれ機能内容も特徴も異なりますので、自分に合った最適のツールがある口座を利用してFX取引を行ってみてください。
自分が使いやすいと思ったツールを使用することだけでも、勝率は上がるはずです。
デモで練習できる口座もありますので是非、気になるツールを一度使ってみてください!

株のチャート分析が出来れば勝ち続けることが可能となる

チャート分析とは、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析とヒストリカル分析の総合的判断をする分析方法をいう

本当のチャート分析を知る

「また、やってしまった・・・」

それは、エントリーのタイミングの取り方を知らないからです。

チャート分析=テクニカル分析+ファンダメンタルズ分析+ヒストリカル分析

本当の5・25日移動平均線分析を知らないからそんなことが言えるのです。

相場の世界、過去の値動きを知っているということはかなり有利ですよ。

チャート分析が出来れば大きな利益が狙える

TOPSCOLAとは、「Take Of チャート分析 Profits Slowly, Cut Off Losses At once」の頭文字をとったもので、一言でいうと 「利食いはゆっくりと、損切りはさっさと」 となります。日本語読みをすると、「トップスコーラ」になります。相場の世界では有名な格言となっています。

投資の世界では、利益の源泉は時の経過です。

投資力を高めるチャート分析の方程式を意識する

チャート分析=テクニカル分析+ファンダメンタルズ分析+ヒストリカル分析

タイトルは 「天気を制するものはフライトを制す」 です。記憶をたどって要約すればこんな感じです。

チャートを制するものはトレードを制す!!

トレード日誌の本質はチャート分析

ひとことでまとめると、 トレード日誌の本質はより深いチャート分析 ということになります。気が付かなかったでしょ!笑

チャートは森羅万象を写す鏡である

チャーチストは、あらゆる局面でチャートが読み切れるといいます。

チャート分析を知らないがミセスワタナベの持つ投資感覚はスゴい

奥様その1

奥様その2

奥様その1

奥様その2

チャート分析を肌感覚で使いこなすミセスワタナベ誕生の瞬間

友人

株のおすすめチャート分析ソフト・アプリを比較&ランキング

ネット証券のオススメチャート分析ソフト

取扱商品が多い 【手数料】 株式取引手数料は様々な証券会社の中でも安いほうです。
【注文方法】 基本的な注文方法が可能であり、ツールなども使いやすいですね。
【対応チャネル】 PC、スマホ、電話などがあり特に不便ではないです。
【情報サービス】 取り扱う銘柄が豊富なので付随して情報量も多いです。自分で利用する際は多少整理が必要ですね。
【取扱商品】 この証券会社の最大の魅力だと思います。外国株の取り扱いも多く、国内株も多数取り扱っているので、この会社一つで足りるほどです。
【サポート】 電話サービスなどは丁寧でした。説明も問題なしですね。
【IPO】 IPOの取り扱いもあり、比較的多いです。
【総評】 取り扱う商品が多いのが特に魅力です。他の証券会社には無いものも多いですね。

第2位 SBI証券

おすすめポイント

SBI証券はネット証券最大手で、総口座開設数500万(2020年2月現在)を突破しており、 国内のネット証券では最も人気と支持がある ネット証券です。

取引手数料が主要ネット証券の中では最安値水準なので、少額から取引を始めたい初心者に特に人気があります。さらに、1日定額コースで 約定代金50万以下の手数料が無料 になりました!

チャート種類 テクニカル指標 取引ツール・サービス
7種類 27種類 多機能チャート

テクニカル指標・チャート足の数もテクニカル分析を行うには十分な数が揃っていますし、SBI証券の 公式サイト上で使う 事ができますので、自分のPCが無い場合でも、ネットに繋がる環境さえあれば、 職場や出先でも好きな時にチャートを確認 する事ができます。

口コミ・評価



男性/30代/会社員 株経験: 5年年 -->

女性/30代/主婦 株経験: 3~5年 -->

女性/40代/主婦 株経験: 3~5年 -->

チャート分析 第3位 松井証券

おすすめポイント

チャート分析
チャート種類 テクニカル指標 取引ツール・サービス
12種類28種類 ネットストックスマート

口コミ・評価



男性/30代/会社員 株経験: 5年年 -->

チャート画面が見やすい 初めて株式投資を行う人に特におすすめの証券会社です。株を購入するのに一番バカにならないのが「手数料」。松井証券では【現物取引】だと、1日の売買代金の合計が「10万円以内ならば(売買にかかる)手数料は無料」。10万円以下の銘柄を長期保有する場合、手数料を考える必要はありませんね。
当日で売買完了させる【1日信用取引】だと「手数料は無料」。これは買って売って(売って買って)を繰り返して取引する場合に便利。(ただし条件によってプレミアム手数料がかかるケースはある)。
そして実際取引する上で使い勝手が良いのが「チャート画面」。横4縦7銘柄。自動運転・セキュリティ・ドローンなど自分でグループ(タブ)を作成して、切り替えて表示させられます。板画面(気配ボード)では上下にそれぞれ3本・5本・10本ずつと変更が可能。複数銘柄を並べていても、1銘柄表示区域の大きさが小さすぎず、値動きが分かりやすく丁度良い大きさ!1分足・5分足・1時間足・日足で切り替えが可能です。
また、個別チャート画面では、「売買した場所に(買いと売りの)マークが表示」されますので、自分がどこでポジションを取ったのかを分析するのに役立てられます。どのパソコンやスマホからでもブラウザで見られる為に、インターネットが見られれば使用できます。
もちろんスマホ用・Windowsパソコン用の専用ソフトもあります(2019年7月現在、Mac用のソフトはありません)が、ブラウザで完結できる為、私はブラウザでチャートを表示させたまま、取引はスマホアプリで行っています。
ちなみに1つのブラウザアプリで同時にチャートと板を表示出来ない仕様な為、私は「違うブラウザ(2つの異なるブラウザアプリ)」を並べて、チャート画面用ブラウザ・板画面用ブラウザとして使用しています。
そしてデイトレユーザーには特に重要な「更新時間」。松井証券は「リアルタイムで更新されます」。証券会社によっては1秒更新だったりするので、取引が瞬間的に多くなる(大きく価格が飛ぶ)取引開始直後・引け直前などは、リアルタイムでチャートが動かないと怖くてやってられません。 チャート分析
私は10数社の証券会社を契約しておりますが、「チャート画面」では松井証券が一番便利だと感じています。
あえてデメリットを言えば、未単元株の取引が出来ない(売りのみ可能)ことくらいかな。口座維持手数料は「無料」な為、チャートを見る為だけでも口座開設しない手はないと思います!

女性/30代/主婦 株経験: 3~5年 -->

約定金額20万円までならとても安い 手数料が1日の約定金額20万円まで無料なので、相場が安いときに20万までの株式を日々少しずつ買うことができます。相場が高い時は少しずつ売れば手数料がかからないのでお得に取引できます。20万を超える金額を取引するには他社と比べると手数料は高めに設定されています。
株価ボート、注文方式などは分かりやすいレイアウトです。年間取引報告書も無料で郵送してもらえます。

男性/30代/会社員 株経験: 3~5年 -->

おすすめできる証券会社です。 松井証券ですが、一日の約定代金が合計10万円まで手数料無料であることが特に評価されています。
初心者の方や少額で取引したいという方におすすめです。
またIPOや立会外分売に申し込めることや、投信工房など独自のサービスが多いことも魅力です。
取引ツールも初心者から上級者まで使いやすい仕様となっています。また、スマホアプリの機能も充実してますので、メインとしてもおすすめできる証券会社だと思います。

株のテクニカル分析とは?チャートの読み方とおすすめ種類6つ

suzuki_gazou

鈴木

鈴木

オシレーター系のテクニカル分析

オシレーター系のテクニカル分析は相場の過熱感を示し、買われ過ぎ・売られ過ぎを判断する際に使用します。

一般的に 70%以上で買われ過ぎ、30%以下で売られ過ぎの状態 を示します。

  • 70%以上で買われ過ぎ
  • 30%以下で売られ過ぎ

しかし、相場のトレンドが強い時は、例えばRSIが30%以下になった時でも、そこから更に株価が下がるケースもあるので注意が必要です。

MACD(マックディー)

MACDは移動平均線を発展させたオシレーター系の指標で、「MACD」「シグナル線」「ヒストグラム」の3つの要素から構成されています。

  • MACD:期間12と26の移動平均線(EMA)の差
  • シグナル線:MACDの期間9の移動平均線
  • ヒストグラム:MACDとシグナル線の差
  • ① MACDがシグナル線を下から上へクロスしたら買い(上から下なら売り)
  • ② MACDがマイナスからゼロになったら買い(プラスからゼロなら売り)

オシレーター系指標の表示方法

マーケットスピードⅡを起動させて、チャートを表示させたら、「テクニカル」のタブをクリックしましょう。

すると、テクニカル指標の画面が表示されるので、「オシレーター系」のタブを選択し、使用するテクニカル指標にチェックを入れれば表示されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる