FXトレード

一目均衡表の 好転

一目均衡表の 好転

一目均衡表を「使えない」と感じる理由について解説しました。
とはいえ、一目均衡表は本当に役立たずの指標なのでしょうか。

FXテクニカル分析&業者比較Blog

外国為替証拠金取引FXのテクニカル分析と、FX業者比較、手数料比較、スプレッド比較、スワップポイント金利比較など、FXに関する便利情報についてレポートしています。AndroidスマートフォンでのFX取引についても詳しくご紹介しています。

一目均衡表 その1 チャート(罫線) 各線の見方、好転、逆転 【FX・株のテクニカル分析入門 第13号】

「FX・株のテクニカル分析入門 第14号
一目均衡表 一目均衡表の 好転 その2
時間論 前半 基本数値 おまけつき 」

その名は、 相場の趨勢・バランスが 「一目で」 わかる

英語圏では、そのまま「Ichimoku Kinko Hyo」、

或いは「A Glance at an Equilibrium Chart」などと呼ばれています。

・時間論、

・波動論、

・値幅観測論

■ 「均衡」の意味 一目均衡表の 好転

「一目山人翁のいう「 株価の現在性を知る 」とは、

売り方と買い方のいずれが勝ち、

または負けているかを知る ということであり、

価格変動の本質は、

売り買いのバランス(均衡)が崩れること 一目均衡表の 好転 であり、

相場の「売り」「買い」の

均衡状態を看破 することが最も重要。

均衡が破れたままであれば、そのトレンドは継続することになるため、

均衡状態に新たな変化が顕れるまでは、ポジションを持ち続ける のが

ae00173.JPG

ae00174.JPG

ae00175.JPG

ae00179.JPG

ae00174.JPG 一目均衡表の 好転

【1】 基準線

基準線の上昇を伴わない上昇相場は、比較的短命 とされています。

【2】 転換線

【3】 遅行スパン(遅行線)

【4】 一目均衡表の 好転 先行スパン1(先行スパンA)

【5】 先行スパン2(先行スパンB)

先行スパンAとBに挟まれた領域を 「雲」 と言います。

雲 Ichimoku Cloud

この雲の機能で有名なのが、 サポート、レジスタンス 機能です。

ae00174.JPG

ae00175.JPG

●買いサイン 好転

1.基準線を転換線が下から上にクロス(転換線>基準線)

2.日々線が雲を上抜ける

3.遅行スパン(遅行線)が、日々線を下から上にクロス

三つそろえば三役好転 一目均衡表の 好転

ae00183.JPG

■売りサイン 逆転

1.基準線を転換線が上から下にクロス(転換線<基準線)

2.日々線が雲を下抜ける

3.遅行スパン(遅行線)が、日々線を下方クロス

三つそろえば三役逆転

ae00184.JPG

■一目均衡表チャート 作成上の注意

本質的に日足の終値という概念がありません。

そこで日足を作成する際には、便宜上の終値(一日の区切り)を、

ニューヨーク市場の終値を用いる のが良いとされます。

夏時間:日本時間 6:00
冬時間:日本時間 一目均衡表の 好転 7:00

fxfxg6357.jpg

【1】 ドリームバイザー系チャート
一目均衡表、ローソク足型、ポイント&フィギュアを見るときは
ここのチャートを見ています。
高値安値に自動的に日付と値を記入してくれるので非常に便利。
おすすめです。

【2】 ぱっと見テクニカル
FXプライム byGMOのぱっと見テクニカルは、チャートフォーメーションや
テクニカル売買サインを自動で計算して通知してくれるので
とても便利です。

【3】 みんなのFX、MJ (初心者から上級者まで)
一目均衡表の表示が可能です。
チャート上にニュース、重要指標の結果等を表示できるので便利です。
日足の区切りはNYクローズ採用。

【4】 マネーパートナーズ ハイパースピード(初心者から上級者まで)
一目均衡表の表示が可能です。 一目均衡表の 好転
日足の区切りはNYクローズ採用。
→ http://www.fxtechnical.net/url/r.cgi?4 【無料】

【5】 GFT DealBook (中級以上向け)
一目均衡表の表示が可能ですが、
旧バージョンのDealBook FX2だと日足の区切りがGMT 0時になってしまいます。
一目均衡表の表示にはおすすめしません。
※最新のDealBook 360だと問題なしです。
口座開設で無料で使えます。
→GFT系業者さん一覧 http://www.fxtechnical.net/url/r.cgi?gftkei

【6】 MetaTrader 4(中級以上向け)
日足の区切りは各業者でバラバラです。
日足で利用するには色々と知識が必要です。
自分で問題解決できない初心者の方にはおすすめしません。
→MetaTraderまとめWiki http://hikaku.fxtec.info/metatrader/

一目均衡表 その2
時間論 :基本数値による変化日予測

当メルマガにかかわるすべての権利は当メルマガの発行者が有しています。
許可なく転載、複製、販売、放送、レンタルすること、及びオークションへ
の出品・販売等は、法律により禁止されています。

本日の【均衡表|3役好転/逆転】引け 好転= 56 銘柄 逆転= 55 銘柄 (7月8日)

銘柄名 株価 前日比 (比率) 基準線連続上昇回数
三井住友FG 4064 +60 ( +1.5%) 11
千葉銀行 733 +17 ( +2.4%) 4
アンジェス 385 +29 ( +8.1%) 一目均衡表の 好転 一目均衡表の 好転 一目均衡表の 好転 1
スマレジ 1306 +93 ( +7.7%) 6
東北電力 741 一目均衡表の 好転 +8 ( +1.1%) 1
ビックカメラ 1146 +2 ( +0.2%) 一目均衡表の 好転 1
三和ホールディングス 1315 +13 ( +1.0%) 1
四国電力 795 +13 ( +1.7%) 1
日経インバ 1019 -5 ( -0.5%) 1
テクマトリックス 1845 +12 ( +0.7%) 5
バイセル 4515 +610 (+15.6%) 11
東海道リート投資法人 122200 +5800 ( +5.0%) 9
センコーHD 898 +5 ( +0.6%) 5
フリュー 1172 +33 ( 一目均衡表の 好転 +2.9%) 7
アイスタイル 243 +7 ( +3.0%) 18
長瀬産業 1887 +11 ( +0.6%) 9
山九 3965 +60 ( 一目均衡表の 好転 +1.5%) 5
アークランドサカモト 1592 +9 ( +0.6%) 3
フルキャスト 2426 +92 ( +3.9%) 2
エレコム 1595 +4 ( +0.3%) 5
IBJ 761 +8 ( +1.1%) 2
因幡電機産業 2719 +6 ( +0.2%) 14
ツムラ 3160 +5 ( +0.2%) 5
ホギメディカル 3255 +45 ( +1.4%) 4
タカラスタンダード 1282 +10 ( +0.8%) 5

銘柄名 株価 前日比 (比率) 基準線連続下降回数
京セラ 6929 -48 ( -0.7%) 3
ユナイテッド 136800 -2200 ( -1.6%) 一目均衡表の 好転 3
オンワード 247 -15 ( -5.7%) 1
ビルファンド 一目均衡表の 好転 678000 -7000 ( -1.0%) 1
シュッピン 1302 -31 ( -2.3%) 2
ミライアル 1720 -3 ( -0.2%) 1
日本触媒 5220 -50 ( -0.9%) 1
タカラリート 113500 -800 ( -0.7%) 10
カルタHD 1855 +31 ( +1.7%) 19
ブロンコビリー 2329 +6 ( +0.3%) 4
三重交HD 465 -8 ( -1.7%) 2
デコルテHD 898 -12 ( -1.3%) 3
DDホールディングス 546 -16 ( -2.8%) 3
エンプラス 3050 -5 ( -0.2%) 4
八千代工業 626 +11 ( +1.8%) 2
リオン 2413 -27 ( -1.1%) 2
アルプス物流 1111 -5 ( -0.4%) 4 一目均衡表の 好転
日本コンセプト 1403 -28 ( -2.0%) 1
CAC 1374 -10 ( 一目均衡表の 好転 -0.7%) 2
日本山村硝子 689 -2 ( -0.3%) 18
一目均衡表の 好転 河西工業 259 -3 ( -1.1%) 1
ひらまつ 196 -2 ( -1.0%) 1
白洋舎 1290 -44 ( -3.3%) 4
マーチャント 289 +1 ( +0.3%) 2
トマト銀行 1002 -6 ( -0.6%) 2

※「3役好転」とは、下記の3条件が揃い、強い上昇トレンド入りを示唆する
1)転換線が基準線を上回り、基準線は横ばい、もしくは上昇
2)遅行スパンが26日前の株価を上回る
3)株価が均衡表の「雲(抵抗帯)」を上回る
「3役逆転」とは、下記の3条件が揃い、強い下降トレンド入りを示唆する
1)転換線が基準線を下回り、基準線は横ばい、もしくは下降
2)遅行スパンが26日前の株価を下回る
3)株価が均衡表の「雲(抵抗帯)」を下回る

雲を抜けたら大チャンス!一目均衡表の使い方・設定方法を解説

FXの一目均衡表とは?

分析方法

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは、「相場は買いと売りの均衡が崩れたときに大きく動くため、方向性が決まったら相場の行方は一目瞭然」という由来のテクニカル指標です。

チャートの未来領域に「」が飛び出しているなど、見た目も概念も非常に斬新。

一目均衡表は昭和初期、都新聞社の細田悟一氏が「一目山人」というペンネームで発表した日本発のテクニカル指標なのですが、海外のトレーダーからも”Ichimoku“と呼ばれ多く利用されているんですよ。

FX初心者

一目均衡表は、2000人体制で7年間かけて完成させた分析方法。非常に奥深いため、実は完璧に使いこなせる人ほとんどいないと言われています。

テクニカル分析には、 暗記不要初心者でも簡単にできる 分析方法も存在します。

ヒロセ通商など一部のFX会社では、自動でテクニカル分析してくれるツールが無料で利用できちゃうのです!

一目均衡表 5本線の特徴・計算式

一目均衡表の使い方

一目均衡表は、基準線転換線先行スパン1先行スパン2遅行スパンの5本線で構成されています。

一目均衡表では(過去○日の最高値+過去○日の最安値)÷2という計算式を使って平均を出すことが多いのですが、「過去」といいいつつその当日も含みます

移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスと同様にトレンドが転換するシグナルとなります。

先行スパン1

基準線と転換線の中間値を、26日未来にずらして記入します。

先行スパン2

過去52日間の最高値および最安値の平均値を、26日未来にずらして記入します。

遅行スパン

当日の終値を26日過去にずらして記入します。

遅行スパンは売買のタイミングを判断するときに使います。 遅行スパンがローソク足をに抜けた場合は買いシグナル(好転)、に抜けた場合は売りシグナル(逆転)と判断します。

一目均衡表の「雲」とは?

先行スパン1・2に囲まれた部分

先行スパン1・先行スパン2に囲まれた部分を「」といい、過去に激しく売買されたことを意味しています。

雲はチャートの未来の部分に飛び出しているため、現在のローソク足との位置関係を見ることで今後の展開が分析できます。

雲の厚さも大切な判断材料

一目均衡表は雲の厚さも重要な判断材料。雲は激しく売買された証ですので、雲の厚さ=抵抗の強さともいえます。

FXトレーダー

ただし、薄い雲の場合は反発の力が弱く、そのまま突き抜けてトレンド転換することもあるので要注意!

一目均衡表の最強シグナル!三役好転(三役逆転)とは?

  1. 基準線転換線が上に抜けたとき(転換線>基準線)
  2. ローソク足遅行スパンが上に抜けたとき(遅行スパン>ローソク足)
  3. ローソク足が上に抜けたとき(ローソク足>雲)

この3つのシグナルがそろった状態を「三役好転」といい、絶好の買いシグナルとなります。

また、逆方向の場合は「三役逆転」といい、絶好の売りシグナルとなります。

一目均衡表の設定はそのまま使おう

FX初心者

しかし、一目均衡表に関しては、設定を変えずにそのまま使うのがおすすめです。

最強!?一目均衡表以外の指標も一気に分析する方法

実はヒロセ通商(LION FX)では、自動でテクニカル分析してくれるツールが利用できます。

さきよみLIONチャート

【↑クリックで拡大できます】

LION FXの取引ツールには、過去のデータから為替予想をしてくれる「さきよみLIONチャート」やトレンドが一目で分かる「シグナルパネル」という機能が搭載されています。

テクニカル指標(移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表など)の分析結果を一覧表示してくれるため、売買のタイミングが簡単に分かってとても便利ですよ。

参考: ヒロセ通商(LION 一目均衡表の 好転 FX)の特徴・評判

一目均衡表が使えない理由って?効果を発揮する条件を詳しく解説(強みを知ろう)

一目均衡表が使えない理由って?効果を発揮する条件を詳しく解説(強みを知ろう)

「一目均衡表なんて使えない!」と感じる方が知っておきたい注意点


一目均衡表を「使えない」と感じる理由について解説しました。
とはいえ、一目均衡表は本当に役立たずの指標なのでしょうか。

注意点① 一目均衡表の基本を押さえよう
注意点② レンジ相場では機能しにくい
注意点③ メインは日足チャートで、デフォルトの数値が推奨されている

2-1. 注意点① 一目均衡表の基本を押さえよう

一目均衡表の5本線について解説

一目均衡表


一目均衡表でチャート上に表示される各線の特徴は、下記の通りです。

  1. 遅行スパン(水色の線):当日の終値を26日前に表示
  2. 転換線(黄色い破線):過去9日間の最高値と最安値の中間値
  3. 基準線(黄色い線):過去26日間における最高値・最安値の中間値
  4. 先行スパン1(ピンクの線):基準線と転換線の中間を26日後に表示
  5. 先行スパン2(ピンクの破線):過去52日間の最高値と最安値の中間値を26日後に表示

一目均衡表を使ってトレンド分析する方法

一目均衡表で上昇トレンド・下降トレンドを判断する方法


一目均衡表で上昇トレンド・下降トレンドを判断する方法を確認しましょう。

  1. 遅行スパン(水色の線)がローソク足の上で推移していれば上昇トレンド、下で推移していれば下降トレンド
  2. 基準線(黄色い破線)が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンド
  3. 一目均衡表の 好転
  4. ローソク足が雲の上で推移していれば上昇トレンド、下で推移していれば下降トレンド

一目均衡表でエントリーポイントを見つけるには?

一目均衡表で買いエントリー・売りエントリーするためのポイント


一目均衡表で買いエントリー・売りエントリーするためのポイントについてです。

  1. 遅行スパン(水色の線)がローソク足を上抜ければ買い、下抜ければ売り
  2. 転換線(黄色い線)が基準線(黄色い破線)を上抜ければ買い、下抜ければ売り
  3. ローソク足が雲を上抜ければ買い、下抜ければ売り

この3つの買いポイントが揃うことを 「三役好転」 と呼び、売りポイントが揃うことを 「三役逆転」 と呼ぶのです。

2-2. 注意点② レンジ相場では機能しにくい

一目均衡表はトレンド系のテクニカル分析方法。 一目均衡表の 好転
トレンドの有無や方向、そして強さを分析するのに適していますが、 レンジ相場で機能しにくい のです。

2-3. 注意点③ メインは日足チャートで、デフォルトの数値が推奨されている

一目均衡表が主に使用されるのは日足チャートです。
そして設定は デフォルトの数値 が推奨されています。

3. あなたが一目均衡表を使えない本当の理由とは?チャート画像を用いて解説

あなたが一目均衡表を使えない本当の理由とは?チャート画像を用いて解説


あなたが 一目均衡表を「使えない」 と感じる本当の理由は、 「どういう時に一目均衡表が威力を発揮するか知らないため」 であると考えられます。

  • レンジ相場ではなくトレンド相場で使用すること
  • 日足チャート上で表示させ、中・長期トレードで活用すること

3-1. トレンド相場で活用する

一目均衡表の線を見る

トレンド相場において、一目均衡表を使ってトレンドを分析してみます。

一目均衡表の線を見ると、下記のような情報を読み取れますね。

  • 遅行スパン(水色の線)はローソク足より上で推移している
  • ローソク足は雲の上で推移している
  • 一目均衡表の 好転
  • 基準線(黄色い線)は上に傾いている

ただしトレンド分析する際は、 「雲のねじれ」に警戒する ようにしてください。
雲のねじれとは、先行スパン1と2が交差すること。
雲のねじれはトレンドが不安定であるサインですので、トレンド転換を予測できるのです。

3-2. 長期トレードで活用する

日足チャート上に一目均衡表を表示

日足チャートを用いて、時間をかけてエントリー・利確するまでの流れをご説明しましょう。

日足チャート上に一目均衡表を表示させました。
一目均衡表を観察すると、下記のような売りポイントがありますね。

売りポイント① 遅行スパン(水色の線)がローソク足を下抜ける
売りポイント② 転換線(黄色い線)が基準線(黄色い破線)を下抜ける
売りポイント③ ローソク足が雲を下抜ける

3つの売りポイントが揃っているので、 「三役逆転」 です。
相場は下降トレンドになると予測できるので、3つ目のポイントでショートエントリーしましょう。

エントリー後、価格は時間をかけて下落

利確は「値下がり後に買いポイントを見つけた時」。
損切りは「価格が再び雲の中に入った時」 とします。

エントリー後、価格は時間をかけて下落していきました。
やがて遅行スパンはローソク足を上抜け、買いポイントが発生したので利確します。

3-3. 一目均衡表は短期トレードでも活用できる

  • 日足チャートで一目均衡表を表示させ、トレンドを分析する
  • 日足より短い時間足に別の指標を表示させ、エントリーのタイミングを見計らう

日足チャートに一目均衡表を表示

実際のトレード事例をご覧ください。

まずは日足チャートに一目均衡表を表示させましょう。
一目均衡表では、3つの買いポイントを発見しました。

買いポイント① 遅行スパン(水色の線)がローソク足を上抜ける
買いポイント② 転換線(黄色い線)が基準線(黄色い破線)を上抜ける
買いポイント③ ローソク足が雲を上抜ける

45分足チャート

よって、 上昇トレンドであると分析 できます。

次に45分足チャートを使って、エントリーのタイミングを計りましょう。
今回使用するのは短期・中期移動平均線。
移動平均線では、短期線(黄色い線)が中期線(ピンクの線)を上抜くことを 「ゴールデンクロス」 と呼び、買いポイントになります。

なお、 短い時間足でエントリーする際は、日足チャートのトレンド方向と同じであるかどうか意識 しましょう。
日足チャートにおけるトレンドは、相場の大きな流れを示す主要トレンド。
もし主要トレンドと逆方向のトレンドを 短い時間足で確認した場合、そのトレンドは長続きしない可能性が高い のです。

本日の【均衡表|3役好転/逆転】引け 好転= 56 銘柄 逆転= 55 銘柄 (7月8日)

銘柄名 株価 前日比 (比率) 基準線連続上昇回数
三井住友FG 4064 +60 ( +1.5%) 11
千葉銀行 733 +17 ( +2.4%) 4
アンジェス 385 +29 ( +8.1%) 1
スマレジ 1306 +93 ( +7.7%) 一目均衡表の 好転 6
東北電力 741 +8 ( +1.1%) 1
ビックカメラ 1146 +2 ( +0.2%) 1
三和ホールディングス 1315 +13 ( +1.0%) 1
四国電力 795 +13 ( +1.7%) 1
日経インバ 1019 -5 ( -0.5%) 1
テクマトリックス 1845 +12 ( +0.7%) 5
バイセル 4515 +610 (+15.6%) 11
東海道リート投資法人 122200 +5800 ( +5.0%) 9
センコーHD 898 +5 ( +0.6%) 5 一目均衡表の 好転
フリュー 1172 +33 ( +2.9%) 7
アイスタイル 243 +7 ( 一目均衡表の 好転 一目均衡表の 好転 +3.0%) 18
長瀬産業 1887 +11 ( +0.6%) 9
山九 3965 +60 ( +1.5%) 5
アークランドサカモト 1592 +9 ( +0.6%) 3
フルキャスト 2426 +92 ( +3.9%) 2
一目均衡表の 好転 エレコム 1595 +4 ( +0.3%) 5
IBJ 761 +8 ( +1.1%) 2
因幡電機産業 2719 +6 ( +0.2%) 14
ツムラ 3160 +5 ( +0.2%) 5
ホギメディカル 3255 +45 ( +1.4%) 4
タカラスタンダード 1282 +10 ( +0.8%) 5

銘柄名 株価 前日比 (比率) 基準線連続下降回数
京セラ 6929 -48 ( -0.7%) 3
ユナイテッド 136800 -2200 ( -1.6%) 3
オンワード 247 -15 ( -5.7%) 1
ビルファンド 678000 -7000 ( -1.0%) 1
シュッピン 1302 一目均衡表の 好転 -31 ( -2.3%) 2
ミライアル 1720 -3 ( -0.2%) 1
日本触媒 5220 -50 ( -0.9%) 1
タカラリート 113500 -800 ( -0.7%) 10
カルタHD 1855 +31 ( +1.7%) 19
ブロンコビリー 2329 +6 ( +0.3%) 4
三重交HD 465 -8 ( -1.7%) 2
デコルテHD 898 -12 ( -1.3%) 3
DDホールディングス 546 -16 ( -2.8%) 3
エンプラス 3050 -5 ( -0.2%) 4
八千代工業 626 +11 ( +1.8%) 2
リオン 2413 -27 ( -1.1%) 2
アルプス物流 1111 -5 ( -0.4%) 4
日本コンセプト 1403 -28 ( -2.0%) 1
CAC 1374 -10 ( -0.7%) 2
日本山村硝子 689 -2 ( -0.3%) 18
河西工業 259 -3 ( -1.1%) 1
一目均衡表の 好転 ひらまつ 196 -2 ( -1.0%) 1
白洋舎 1290 -44 ( -3.3%) 4
マーチャント 289 +1 ( +0.3%) 2
トマト銀行 1002 -6 ( -0.6%) 2

※「3役好転」とは、下記の3条件が揃い、強い上昇トレンド入りを示唆する
1)転換線が基準線を上回り、基準線は横ばい、もしくは上昇
2)遅行スパンが26日前の株価を上回る
3)株価が均衡表の「雲(抵抗帯)」を上回る
「3役逆転」とは、下記の3条件が揃い、強い下降トレンド入りを示唆する
1)転換線が基準線を下回り、基準線は横ばい、もしくは下降
2)遅行スパンが26日前の株価を下回る
3)株価が均衡表の「雲(抵抗帯)」を下回る

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる