FX入門

下降三角形とは

下降三角形とは
やがて、ここで待っててもダメだなと思ったのか、再び池に戻って再チャレンジ。

「三角形の定義は何?」回答者の反応がバラバラになる深い理由

■生徒が考えを深めるための「質問」 一口に質問といっても様々な分類ができます。機能による分類を考えてみましょう。たとえば、数学の授業で生徒に「三角形の定義って何だろう?」と質問したとしましょう。 Aさんは、塾の授業で講師が板書した内容を思い出そうとしました。 Bさんは、鉛筆を握り、教師が正解を口にするのを待ちました。 Cさんは、教科書のページをめくって定義の記載を探そうとしました。 Dさんは、隣の生徒に尋ねました。 Eさんは、三角形を思い浮かべ、角や辺の関係を検討しました。 Fさんは、「三角形」という漢字をノートに書いて意味を見出そうとしました。 Gさんは、「一角形」や「二角形」という物はあり得ないのかなと思いました。 Hさんは、三角形をいくつ集めたらどんな多角形ができるのかなと考えました。 Iさんは、「分からない」とあきらめて、手遊びを始めました。 Jさんは、三角おにぎりを思い浮かべ、「お腹が減った」とため息をつきました。 教師の質問は1つであるのに、それによって引き出される活動は十人十色です。そういう意味では「三角形の定義って何だろう?」は、幅広い活動を引き出す、自由度の高い質問だと言えます。一方で、IさんやJさんのような生徒も生み出します。 もしも教師の質問が、次のように変わると、生徒たちの活動はどうなるでしょう。 *************** ●「三角形の定義について、教科書ではどう説明している?」 大多数の生徒が、教科書を開いて記載を探すという活動、つまりCさんと同じ活動(教科書のページをめくって定義の記載を探す)をすることが予想されます。この質問は、目で情報を探すという活動を引き出すわけです。 ●「『三角形』というこの漢字、どういう意味?」 下降三角形とは 多くの生徒が板書を見て、漢字の意味を考えるでしょう。Fさんがやった活動に近いですね(「三角形」という漢字をノートに書いて意味を見出そうとする)。この質問は、情報を見て取って、思考するという活動を引き出します。 ●「小学校の授業で、三角形ってどんなものだと習った?」 こう質問すると、多くの生徒が小学校の授業や教科書を思い出そうとします。見るとか思考するとかではなく、思い出すという活動を引き出します。これらの質問を行うことで、統率がとれた授業になりますし、スピードアップが図れます。 *************** 「何をすればいいのか」が明確になるので、IさんやJさんも授業に参加できる可能性が高くなります。しかしその一方で、活動の自由さや多様性は制限され、個々の主体性や発想力、問題解決力等の醸成には繋がらないというデメリットもあります。 では、「三角形の定義を知ってるか?」という質問はどうでしょう。

空間図形(立体)の総復習(三角柱・三角錐編)【算数からやさしく解説】

空間図形(立体)とは、円や三角形などのような平面図形に「高さ」が加わったような図形のことです。例としては、円に高さを加えた円柱や三角形に高さを加えた三角柱、立方体などがあります。前回は多面体である直方体と立方体について、そして、頂点や辺、面などの言葉の説明をしました。今回は三角形を使った空間図形について考えていきたいと思います。
前回の記事はこちらになりますのでぜひご覧ください。
(参考:空間図形(立体)の総復習(直方体・立方体編)【算数からやさしく解説】)

三角柱について

立体についての説明の前に「柱(ちゅう)」と「錐(すい)」についてのイメージについて説明したいと思います。「柱」というのは、「はしら」と読むように、上にふたと下に底があるような棒のようなもののイメージです。それに対して、「錐」というのは三角コーンのように下に底はあっても上がすぼまっているような形のものです。

ここで三角柱について考えてみましょう。三角「柱」なので、これは図のように同じ形(合同)な三角形が、上と下にそれぞれ同じ向きでふたと底として付けられているような立体になります。
前回のように、平面上の三角形を“高さ”の方向に伸ばすような考え方でも同じような形の立体になると思います。

この時、底にした三角形のようにその立体の底になっている面を「底面」と言います。
(反対側を底だと考えればそちらの面が底面になるので上の面も底面と呼ぶことがあります。)
三角柱もすべての面が平面なので多面体の1つで、頂点、辺、面の数はそれぞれ6個、9個、5個になります。

三角錐について

続いて三角「錐」になりますが、先ほどもいったように「錐」というのは三角コーンのように下に底はあっても上がすぼまっているような形のもののことです。
したがって三角錐の形は下図のようになります。

この図からもわかるように、三角錐は4つの三角形に囲まれています。また頂点、辺、面の数はそれぞれ4個、6個、4個になっており、三角柱と三角錐ではパッと見た時の形だけでなく、実際に頂点や辺、面などの数が違うことからも別の空間図形であることがわかります。
前回解説したように、直方体のすべての面が正方形であるようなものが立方体だったのに対して、三角錐の4つすべての面が正三角形あるような立体のことを正四面体と言います

天の御加護 大浄化ブレスレット

さらにたっぷりと心身の浄化を行いたい方は【ブレスレット+浄化塩セット】の「ジョルダニアン 下降三角形とは デッドシー アロマ マッサージ ソルト 150g 下降三角形とは 【Priestess】」をご利用ください。「学び・想像力・ご縁」を意味する、人生の指南役のタロット 「女教皇/Priestess」 からインスピレーションを得て、私が作った香り付きのスクラブ塩です。あなたの新しい旅立ちをサポートしてくれる存在として、このアイテムをセットにいたしました。

ステラ薫子からのメッセージ:今回のホワイトオーラクォーツ『三角形』のカットが施されています。

〈使用されている石のフォーチュンメッセージ 〉

〈ブレスレットスペック〉

〈ブレスレットのみ 内容〉

・天の御加護 大浄化ブレスレット
・ 心身浄化 :ボディ用スクラブ塩「ジョルダニアン 下降三角形とは デッドシー アロマ マッサージ ソルト 【King of the Sun】」1回分プレゼント
・ステラ薫子の下半期運気アップガイド(PDF)プレゼント

〈ブレスレット+浄化塩セット 内容〉

・天の御加護 大浄化ブレスレット
・ 心身浄化:ボディ用スクラブ塩「ジョルダニアン デッドシー アロマ マッサージ ソルト 【Priestess】」150g
・お部屋やブレスレット浄化:「ルビーソルト」300g
・ 心身浄化 :ボディ用スクラブ塩「ジョルダニアン デッドシー アロマ マッサージ ソルト 【King of the Sun】」1回分プレゼント
・ステラ薫子の下半期運気アップガイド(PDF)プレゼント

〈ご注意〉

・天然石の説明は効果を保証するものではありません。
・石が元々持っている潜在的な美しさを引き出すエンハンスメントやトリートメント処理等を行っております。
・石の色や形は写真と異なる場合や、 石の中には亀裂と見間違う結晶や、内包物などが混在するものがございますが、それが一つ一つの商品の表情となっています。石に含まれたインクルージョン (内包物) や、 不純物、色むら、クラック (ヒビ)、穴欠け、細かな傷、模様などは、 自然のままの風合いを表しています。 細かいところが気になるお客様はあらかじめご了承のうえご購入頂けますよう、お願い申し上げます。
・制作は日本国内で、一人の職人が一つ一つ手作業で行なっております。
・入浴、汗をかくスポーツなどの際の着用はお避け下さい。
・出来る限り現物に近いお色にて画像を掲載しておりますが、モニター画面など環境の違いにより若干異なる場合がございます。

空間図形(立体)の総復習(三角柱・三角錐編)【算数からやさしく解説】

空間図形(立体)とは、円や三角形などのような平面図形に「高さ」が加わったような図形のことです。例としては、円に高さを加えた円柱や三角形に高さを加えた三角柱、立方体などがあります。前回は多面体である直方体と立方体について、そして、頂点や辺、面などの言葉の説明をしました。今回は三角形を使った空間図形について考えていきたいと思います。
前回の記事はこちらになりますのでぜひご覧ください。
(参考:空間図形(立体)の総復習(直方体・立方体編)【算数からやさしく解説】)

三角柱について

立体についての説明の前に「柱(ちゅう)」と「錐(すい)」についてのイメージについて説明したいと思います。「柱」というのは、「はしら」と読むように、上にふたと下に底があるような棒のようなもののイメージです。それに対して、「錐」というのは三角コーンのように下に底はあっても上がすぼまっているような形のものです。

ここで三角柱について考えてみましょう。三角「柱」なので、これは図のように同じ形(合同)な三角形が、上と下にそれぞれ同じ向きでふたと底として付けられているような立体になります。
前回のように、平面上の三角形を“高さ”の方向に伸ばすような考え方でも同じような形の立体になると思います。

この時、底にした三角形のようにその立体の底になっている面を「底面」と言います。
(反対側を底だと考えればそちらの面が底面になるので上の面も底面と呼ぶことがあります。)
三角柱もすべての面が平面なので多面体の1つで、頂点、辺、面の数はそれぞれ6個、9個、5個になります。

三角錐について

続いて三角「錐」になりますが、先ほどもいったように「錐」というのは三角コーンのように下に底はあっても上がすぼまっているような形のもののことです。
したがって三角錐の形は下図のようになります。

この図からもわかるように、三角錐は4つの三角形に囲まれています。また頂点、辺、面の数はそれぞれ4個、6個、4個になっており、三角柱と三角錐ではパッと見た時の形だけでなく、実際に頂点や辺、面などの数が違うことからも別の空間図形であることがわかります。
前回解説したように、直方体のすべての面が正方形であるようなものが立方体だったのに対して、三角錐の4つすべての面が正三角形あるような立体のことを正四面体と言います

カワセミと追っかけっこ

まずは上池にいたオスのカワセミはブンジ(B2)くんか。

下池に向かっていると、葉っぱの陰に潜んでいたのは先日も見た三角形のガ。

下池では、オスのカワセミ。三郎くんのようだ。

やがて、ここで待っててもダメだなと思ったのか、再び池に戻って再チャレンジ。

次々と場所を変えながら、エサをねらう真剣な目。

葉っぱの上にとまっていたのはカノコガ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる