FXの取引方法

イニシャルレンジブレイクとは

イニシャルレンジブレイクとは
つのだ

「レンジ相場」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

レンジ相場(Range Markets)は略して”レンジ”と呼ばれる事もある投資用語で、主にFX取引で利用されます。他の投資でも使われてもおかしくないですが、レンジ相場の意味が、ある一定の値幅内を行き来するものなので、東京時間と呼ばれる午前9時から午後15時までが特にレンジ相場になりやすく、FXで頻繁に利用されています。
レンジ相場は、円安や円高などどちらかにトレンドが発生して動いている訳ではない事から、「もみ合い」や「もみ合い相場」、または「ボックス」や「ボックス相場」、他にも「往来相場」や「持ち合い相場」とも呼ばれています。

レンジ相場の意味とは

レンジ相場は、一定の期間内の値幅内で、上下に行ったり来たりを繰り返し、大局的にどちらに動くか判断が付かない状態を言います。投資全般でこのような状態は付きもので、言葉として使う事に問題はありませんが、最近は主にFXで頻繁に利用されるのが実情です。
特に米ドル/円などメジャー通貨の組み合わせで東京時間に起こりやすく、そこからレンジ相場で短期取引を繰り返すスキャルピングが流行った事もあります。
レンジ相場の注意点としては、一定期間内というのが漠然としているので、短期取引なら東京時間という数時間が目安になりますが、長期投資だと数か月や数年間がレンジ相場という事も結果的に有りえます。
上下を繰り返すのがレンジ相場の特徴なので、逆張りという手法が通用しがちですが、一度方向感が生じるトレンドが発生すると、大きな損失を被る事になります。
レンジ内の最大値である高値ラインを”上値抵抗線”、反対の最小値である安値ラインを”下値支持線”として、これを越える動が「ブレイク」となります。

レンジ相場の由来

レンジ相場の文章・例文

例文1. 日本のお昼頃は米ドル/円はレンジ相場が顕著だ
例文2. 今日の為替相場はレンジ相場になると予想
例文3. 指標発表でレンジ相場が崩れる
例文4. レンジ相場は短期取引にかぎる
例文5. レンジ相場の特徴は値幅間の上下繰り返し
レンジ相場は投資用語なので、このような例文ばかりとなります。ビジネス用語ではないので投資をしない人には関係がありませんが、何れは「レンジ」だけが独立してビジネス新語となる日も近いかも知れません。

イニシャルレンジブレイクとは

SNSでもご購読できます。

アバター

kanaeru

■ 借金4000万円⇒V字回復した投資家兼法人経営者 ■ 座右の銘:マイナス状態からでも人生逆転できる! ■ 経歴:東証1部IT商社→Webマーケ会社→個人事業主(フリーランス)→法人経営■ 仕事内容:Webマーケター■ 提供:ドン底から勝ち得たスキル・ノウハウ・マインド ■ 大切な事:計画・改善・仕組み作り

レンジブレイクを狙うコツと騙しに見破り方とは?

サイン確認後すぐにエントリーせずに、

まずは基本のルールをしっかり守る事が

ドラストFXで勝ち続けるコツです。

ドラストFXでレンジブレイクを狙うコツ

レンジブレイクと言ってもパターンは様々

出来るならば

1時間足・4時間足の方向性も確認しておきましょう。

高値・安値の更新に注目

上記のチャートの最安値に注目して下さい

一度大きく下げ、反転し、その後下落

これは明らかに騙しです

よ~~~くチャートを見てみると、

手前の安値を下割れしていませね イニシャルレンジブレイクとは

この場合は上昇トレンドに転じやすいので

ロングエントリーのチャンスであると判断出来ます。

正に、相場の心理を掴むとはこのことです。

ドラゴンストラテジーFX概要

▼ブレイクアウトの決定版!▼

イニシャルレンジブレイクとは

勝率 70%
使いやすさ 3.5
再現性 4.0

「売り」「買い」のタイミング全て自動表示 イニシャルレンジブレイクとは 。初心者でもビックトレンドを一網打尽

ドラストFX サイトコンテンツ

当サイト限定特典

管理人プロフィール


初めまして☆彡管理人のYUMEです♪
当ブログはドラゴンストラテジーFXの実践・検証ブログです。
ドラストFXを自腹で購入し、検証を行っており
特典付きでレビューを公開しています
⇒管理人のプロフィールはこちら

姉妹品:Black AI・ストラテジー FX

Black AI・ストラテジー FX

レンジ・トレンド双方で使えるシグナルツール
ドラゴン・ストラテジーFXの姉妹製品になります。

「オート決済機能」が搭載されているので、
PCに張り付く必要無し♪
適度なタイミングで自動で利益を確保 出来る優れもの!

    (91)
      (31) (4) (31) (2) (15) (3)

    最新のエントリー

    アーカイブ

    サイト内サーチ

    管理人自己紹介

    初めまして☆彡管理人のYUMEです♪
    当ブログはドラゴンストラテジーFXの実践・検証ブログです。
    ドラストFXを自腹で購入し、検証を行っており
    特典付きでレビューを公開しています

    サイトコンテンツ

    Copyright (C) 2022 ドラゴンストラテジーFX評価・検証ブログ All Rights Reserved.

    トレンド・レジスタンス・サポートラインの基本と傾向【FXテクニカル分析】

    ライントレード

    FXのライントレードの基本と傾向を覚え、テクニカル分析に活かしましょう。

    ライントレードの基本「3つのライン」

    トレンドライン
    レジスタンスライン
    サポートライン」の3つです。

    トレンドラインとは?

    FX相場にはトレンドとレンジがあります。

    トレンドラインとは「トレンドに引く線」のことを言います。

    レジスタンス、サポート、トレンドライン

    ラインの引き方に決まりはありませんが、
    基本は、ローソク足の「ヒゲとヒゲ」を結びます。

    サポートライン・レジスタンスラインとは?

    サポートラインは安値に引く水平ライン。
    レジスタンスラインは高値に引く水平ラインです。

    ライントレードの基本と傾向

    トレンドライン、サポートライン、レジスタンスラインは、
    同じ所で反発しているほど信頼性が増します。

    トレンドラインに近づくと反発力が強くなるため、
    「トレンド方向にエントリーする」方が効果的です。
    このトレード手法を「押し目買い」「戻り売り」といいます。

    レンジでは、同じ値幅で動く傾向があるため、
    「サポートラインで反発が確認できたら買い」
    「レジスタンスラインで反発が確認できたら売り」が効果的です。

    ラインは反発するだけではない

    トレンドライン、レジスタンスライン、サポートラインを抜けると、
    抜けた方に動く傾向があります。

    何度も反発していたラインほど、
    抜けた時は、大きく動く傾向があります。

    ラインブレイクの基本と傾向

    トレンドライン、レジスタンスライン、サポートラインを抜けると、
    相場の流れが、抜けた方(イニシャルレンジブレイクとは ブレイクした方)に動く傾向があります。

    トレンド・レジスタンス・サポートラインの基本と傾向【FXテクニカル分析】

    一度しか反発していないラインは、まだ信頼性が無く、
    すぐに抜けるかも?という気持ちが働き、あまり注目されませんが、
    何度も反発しているラインだと、信頼できると判断され、

    そんな状況の中、ラインを抜けると、
    多くの新規エントリー(ブレイク後の成り行き注文など)や、
    指値注文、損切りの注文を巻き込み、更に動きが活発になるという仕組みです。

    トレンドラインやサポート、レジスタンスラインのブレイクは、
    みんなが注目している【テクニカル分析】ということです。

    ローソク足の正しい見方と覚えておきたい鉄板パターンを徹底解説!

    つのだ(笑顔)

    つのだ

    • ローソク足とは?
      • ローソク足は最も基本的なテクニカル指標
      • 4本値(よんほんね)とは?
      • 陰線と陽線ができるまでのレートの動きを知ろう!
      • ローソク足1本は一定時間の値動きを表す
      • ローソク足にはどんな種類があるの?
      • 大陰線・大陽線
      • コマ足・十字線
      • ピンバー
        イニシャルレンジブレイクとは
      • ローソク足の並び方からトレンド相場とレンジ相場を区別する
      • 代表的なローソク足のパターン
      • インサイドバー(はらみ足)
      • アウトサイドバー(包み足)
      • フェイクセットアップ
      • トレンドの向きを把握してダマシに合わないようにする
      • 他のテクニカル指標を組み合わせる

      ローソク足とは?

      ローソク足は最も基本的なテクニカル指標

      ローソク足チャート

        イニシャルレンジブレイクとは
      • ローソク足→一定期間の値動きを視覚化したもの
      • ローソク足チャート→ローソク足を組み合わせて価格の推移を示したもの

      移動平均線のイラスト

      つのだ(笑顔)

      つのだ

      ローソク足から値動きの勢いを把握する

      ローソク足からレンジとトレンドを把握する

      つのだ(笑顔)

      つのだ

      ローソク足の見方

      4本値(よんほんね)とは?

      まずローソク足で覚えておきたいことは「 4本値(四本値) 」です。 ローソク足は始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値(たかね)、安値(やすね)の4つの価格でできています。

      また始値より終値が高く、最終的に値上がりしているローソク足を「 陽線 」といい、反対に始値より終値が安く値下がりしているローソク足を「 陰線 」といいます。

      始値と終値で囲まれた四角い部分が「 実体 」、実体の上から高値までを「 上ヒゲ 」実体の下から安値までを「 下ヒゲ イニシャルレンジブレイクとは 」と呼ぶので覚えておいてくださいね。

      つのだ(笑顔)

      つのだ

      陰線と陽線ができるまでのレートの動きを知ろう!

      ローソク足(陽線)の価格の推移

      ローソク足(陰線)の価格の推移

      ローソク足(陰線)の価格の推移その2

      ローソク足1本は一定時間の値動きを表す

      先ほどは「日足」を例に解説しましたが、 そもそもローソク足1本はある特定の期間(5分・4時間・1日など)の値動きを示しています。 なので、「1時間足」や「週足」などさまざまな期間が存在します。

      • 週足、日足、4時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足など

      ローソク足の時間足の見方

      マルチタイムフレーム分析のイラスト

      つのだ(笑顔)

      つのだ

      ローソク足の「カタチ」から値動き把握しよう

      ローソク足にはどんな種類があるの?

      ローソク足の種類

      ということで、「 どれから覚えればいいの? 」と思っている方にむけて、ローソク足の種類を3つのグループに分けて解説していきたいと思います!

      大陰線・大陽線

      まずは「 相場が一方向に偏っている状態 」を示す、大陰線と大陽線について解説します。

      大陰線・大陽線は実体が長く、ヒゲが短い特徴があり、実体が長いほど「 相場の勢いが強い 」と判断できます。

      大陰線と大陽線のチャート画像

      つのだ(笑顔)

      つのだ

      コマ足・十字線

      次は「 方向が読めない揉み合い 」を示す「 コマ足 」と「 十字線 」についてです。コマ足は上ヒゲ・下ヒゲをつけて実体が短く「コマ」のような形をしている特徴があります。

      ローソク足のパターン、十字線とコマ足

      十字線の価格の推移

      つのだ(考える)

      つのだ

      最後は「 相場の転換 」を示す「 ピンバー 」と呼ばれるローソク足です。

      長いヒゲが特徴のピンバーからは、「 一度価格が上昇(下落)したけど、最後は押し戻されている イニシャルレンジブレイクとは 」ということが読み取れます。

      ローソク足の鉄板パターン3選

      まずはローソク足の組み合わせから、トレンド相場とレンジ相場を区別していきます。FXのチャート分析で一番基本的なことは、トレンド(相場の流れ)を把握することと言われるくらいです。 トレンド(相場の流れ)は一方向に向かう「トレンド相場」と、方向感のない「レンジ相場」に分けることができ、 この2つの相場をローソク足の並び方を見てしっかり区別できるようにイラストを使って解説していきたいと思います!

      トレンド相場

      まずはトレンド相場の見方について解説。陽線が3本に並んていることがわかります。 ローソク足を見てトレンド相場を判断するには、高値と安値を見る方法が一般的です。これはダウ理論に基づくトレンドの判断方法で、チャート分析の基本中の基本なのでしっかり押さえておきましょう。 ではここからどうやってトレンド相場と判断したのかというと、1つ前のローソク足の高値を次のローソク足が更新しているかどうかで判断します。また1つ前の安値を下回らないことも条件です。 ★★★★ トレンドと聞くと、細かい時間足チャートでローソク足をたくさん表示させて、山や谷を意識する方もいると思いますが、数本のローソク足の高値と安値を見るだけでも十分な分析になるんですよ。

      レンジ相場

      レンジ相場を判断する方法は、複数のローソク足が並んだ状態で最高値と最安値に注目します。 下のイラストでは6本のローソク足が並んでおり、最高値と最安値を示したローソク足からラインを引いてみます。 すると最初の2本が最高値と最安値をつけており、残りの4本はその中で推移していることがわかります。先ほどのトレンド相場の定義で説明すると高値も更新していなければ、安値も下回っていない。要するに膠着(こうちゃく)状態です。 このように最高値と最安値のある範囲内で価格が推移している状態をレンジ相場と言い、ローソク足だけでも判断することが可能です。 高値・安値どちらかのラインを抜けるとトレンドになる可能性が高いです。

      代表的なローソク足のパターン

      インサイドバー(はらみ足)

      インサイドバー

      つのだ(笑顔)

      つのだ

      関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる