取引戦略

MT5でトレーリングストップ注文の設定方法

MT5でトレーリングストップ注文の設定方法
海外FX比較

【MQL4関数】OrderModify 関数の使い方!ポジションの変更注文の出し方

【中級編】MQLプログラムの読み方・書き方

朝日奈りさ

OrderModify関数とは

自動売買でポジションの変更注文を出すには、OrderModify関数を使います。

OrderModify関数は、ポジションの変更注文を出す関数です。

特に、 損切り価格や利確価格を変更するとき に、OrderModify関数がよく使われます。

OrderModify関数の書き方

基本的な書き方

OrderModify関数の 返り値は bool型で、引数は6つあります。

返り値(戻り値)

「 true 」や「 false 」という値が返ってきます。

true や false が返ってくる条件は以下の通りです。

もし、false が返ってきた場合、変更注文が失敗しているため、再度 OrderModify関数を実行する必要があります。

ですが、 注文の99%は正常に完了する ため、そこまで気にしなくても大丈夫です。

番号データ型引数名内容
intticket変更したいポジションのチケット番号
doubleprice変更後の価格
doublestoploss変更後の損切り価格
doubletakeprofit変更後の利確価格
datetimeexpiration変更後の有効期限
colorarrow_colorチャート上の矢印の色

① ticket

ticket には変更したいポジションのチケット番号を入力します。

② price

price には変更後の取得価格を入力します。

エントリー後のポジションの場合は、取得価格を変更できないので注意しましょう。

③ stoploss

stoploss には、変更後の損切り価格を入力します。

ここで注意していただきたいのは、 stoplossの価格は、現在の価格より下に設定する事です。

エラーにはなりませんが、「変更注文を出したのに、処理されてない!」ということになる可能性もあるので、stoplossの価格設定には注意しましょう。

cTraderの使い方とトレードに関するよくある質問

また、シンボルパネル右上にある、 新規チャートチャートの追加や、 新規注文 でより複雑な注文方法を指定できる注文パネルを開くこともできます。

また、取引数量にマウスカーソルを合わせるだけで、そのポジションに必要な手数料や証拠金などが表示されます。

さらに、シンボルパネル上部にある SELL LIMIT MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 ・ BUY LIMIT をクリックすれば、現在価格近辺の価格帯が表示され、 売り指値注文・買い指値注文 もワンクリックで予約できます。

ただ、ここでは 新規指値注文しかできず注文間隔も10ポイント単位 なので、あくまで簡単な注文しかできません。

注文パネルを使ってさらに高度な注文をする

より複雑な注文をしたければ、シンボルパネル右上にある 新規注文 をクリックして注文パネルを開いてください。

左側のメニューから注文方法を切り替えることができ、それぞれ「注文価格」「約定価格」「約定力の調整方法」などが異なります。

MT5でトレーリングストップ注文の設定方法
メニュー 注文価格 約定価格 約定力の調整方法
Market Order
成行注文
表示価格 最優良価格 許容スリッページ
で調整可能
Limit Order
リミット注文
(新規指値注文)
指定価格 指定価格
または
有利な価格
不可
Stop Order
ストップ注文
(新規逆指値注文)
指定価格最優良価格 不可
Stop Limit Order
ストップリミット注文
指定価格 指定価格 リミット範囲
で調整可能

参考 表示価格:cTraderの画面表示価格。
参考 指定価格:任意で入力する希望約定価格。
参考 最優良価格:注文価格に最も近い価格。有利にも不利にも滑る。

いずれの注文方法も、 決済逆指値(利食い)決済指値(損切り) を設定できます。

さらに、 想定される損益が口座通貨で自動計算 されるのも非常に便利です。

また、手入力であれば、現在価格より±1ポイントの価格にもリミット注文・ストップ注文・ストップリミット注文を置くこともできます。

Market Order(成行注文)

Market Orderは成行注文とも呼ばれ、 クリックしたタイミングで注文を出す一番シンプルな注文方法 です。

許容スリッページ を設定すれば、注文価格とは異なる価格での約定を防ぐことが可能です。

ただ、許容スリッページを 0 にした場合は表示価格で指値注文を出すので、マーケットの流動性次第では約定しません。

Limit Order(リミット注文)

Limit Orderはリミット注文または指値注文とも呼ばれ、 現在価格より有利な価格を指定する注文方法 です。

「なるべく安い価格で買いたい」「なるべく高い価格で売りたい」といった場合に利用しましょう。

指定した価格にレートが到達すると、指定価格または有利な価格で約定します。

Stop Order(ストップ注文)

Stop Orderはストップ注文または逆指値注文とも呼ばれ、 現在価格より不利な価格を指定する注文方法 MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 です。

「相場の波に乗って注文したい」ときなどに利用しましょう。

レートが指定した価格に到達すると成行注文を出す仕組みなので、 マーケットの流動性次第では有利にも不利にも滑ります が、必ず最優良価格で約定します。

Stop Limit Order(ストップリミット注文)

Stop Limit Orderはストップリミット注文とも呼ばれ、先ほどの ストップ注文に追加機能を加えた強力な注文方法 です。

ストップ注文はレートが指定した価格に到達すると成行注文を出す仕組みでしたが、ストップリミット注文の場合は指値注文を出すので、指定した価格以外での約定を防ぐことができます。

ただ、これでは マーケットの流動性が低いと一向に約定しません から、 リミット範囲 を入力することで、自分でスリッページする範囲を調整可能です。

チャートの特徴と使い方

  • チャートを全画面表示・分割表示にする
  • 複数のチャートやパネルの銘柄をリンクさせる
  • チャートタイプ・時間足を変更する
  • インジケータ・描画オブジェクトを追加する
  • チャートから直接注文する
  • 価格アラートを設定する

こちらも基本的にMT4・MT5と同じですが、 チャート種別・時間足の種類はcTraderのほうが豊富 です。

cTrader Webは、基本的に1つの画面・ウィンドウで操作することを前提に作られているので、 MT4・MT5よりも チャートレイアウトの自由度はあまり高くありません。

チャートを全画面表示・分割表示にする

上記画像の箇所を操作すると、 ファインダーとウォッチリスト・アクティブシンボルパネル・トレードウォッチを非表示 にできます。

チャートの表示タイプには 「単一チャート」「複数チャート」「フリーチャート」 の3種類があり、右側のメニューアイコンで切り替えます。

単一チャート

上部にある タブで別チャートに切り替え ることができます。

複数チャート

配置変更は可能 ですが サイズは変更できません。

フリーチャート

複数のチャートやパネルの銘柄をリンクさせる

各パネルの左上にある記号(アルファベットA〜H)を設定することで、 表示銘柄をリンクさせることが可能 です。

時間足の異なるチャートを複数表示させた状態で、銘柄だけを全て変更したい時などに使うと便利ですよ。

チャートタイプ・時間足を変更する

チャートタイプ

チャートタイプは、左メニューバーにある アイコンから変更できます。

お馴染みの ローソク足 のほかに、 バー ・ ドット ・ 平均足 ・ HLC ・ MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 ライン から選択可能です。

時間足も左メニューバーから選択できます。

特に、 ティックチャート の種類の多さは圧倒的で、スキャルピングやデイトレードをメインに開発されたツールだと分かりますね。

インジケータ・描画オブジェクトを追加する

インジケータ

インジケータは、左メニューバーにある アイコンから追加可能です。

描画オブジェクト

描画オブジェクトは、右メニューバーから追加可能です。

チャートから直接注文する

cTraderでは、 チャートから簡単に注文を出すことが可能 です。

成行注文であれば、チャート上部に表示されているパネルを使います。

パネルにカーソルを合わせると取引数量が表示されるので、あとは SellBuy をクリックするだけ。

その他の注文方法は、チャートを右クリックしてください。

クリックした箇所の価格に対応して Sell LimitBuy LimitSell StopBuy StopSell Stop LimitBuy Stop Limit が自動的に表示されます。

価格アラートを設定する

価格アラートの設定方法も簡単です。

右メニューバーの アイコンをクリックし、チャートに表示されたバーを操作して希望価格を指定するだけ。

アクティブシンボルパネルの特徴と使い方

  • 注文タブ:マーケット情報・銘柄情報・取引統計情報を見る
  • DoMタブ:板情報を見る・板を使った注文をする

アクティブシンボルパネル上部には、 注文 ・ DoM(板情報) ・ カレンダー ・ オートチャーティスト の4つのタブがあります。

カレンダー とは、その名の通り経済カレンダーのことですね。

オートチャーティスト とは、チャートパターン・フィボナッチパターン・キーレベルの3つの方法でトレーダーに売買シグナルを提供するサービスのことです。

注文 ・ MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 DoM (板情報)のタブについては、さらに詳しく解説します。

注文タブで、マーケット情報・銘柄情報・取引統計情報を見る

注文 のタブは、上記の8種類のパネルで構成されています。

DoMタブで、板情報を見る・板を使って注文する

次に、 DoM のタブです。

DoMとは、Depth Of MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 Marketの略で「マーケットの深さ」という意味。

要は株取引などでお馴染みの板情報のことで、 標準DoM価格DoMVWAP DoM の3種類があります。

標準DoM では、「どの価格にどのくらい注文が入っているか?」という マーケット全体の流動性 を直感的に見ることが可能です。

価格DoM では、価格ごとの流動性が見られることに加え、価格をクリックして 新規逆指値注文 も出せます。

VWAP DoM では、取引数量が増えることによって どの程度スリッページが発生するのか 確認できます。

また、板情報の下には、 売り注文または買注文の全キャンセル売り建玉または買い建玉の全決済 ボタンもあり、スキャルピングに特化した設計になっています。

トレードウォッチの特徴と使い方

  • 保有ポジションを一括決済する
  • 高度な決済機能を活用する

どちらも上部にある ポジション というタブを使います。

その他に、 注文履歴 ・ 決済履歴 ・ アラート通知 ・ 入出金 ・ ボーナス というタブもありますが、これらはトレードしながら少しずつ覚えていけばOKです。

最優先で覚えるべき機能は、保有ポジションの左右に並んでいる 6種類のアイコンクローズ ボタンです。それぞれ、以下の機能を備えています。

MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 MT5でトレーリングストップ注文の設定方法
--- アイコン --- 機能
ポジション詳細情報
分割決済
※少しずつ段階的に利食い
トレーリングストップ
※一定の含み益が出たら 損切りレートを移動
増し玉注文
※保有ポジションに 現在価格で追加注文
部分決済
※保有ポジションを MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 一部だけ決済
ドテン
※決済と同時に同一数量 の反対ポジションを注文
ナンピン
※同一数量を現在価格 で追加注文
保有ポジション個別決済
保有ポジション一括決済

保有ポジションを一括決済する

をクリックすれば、 保有ポジションを一括決済 できます。

MT5でトレーリングストップ注文の設定方法

オーダーの発注画面の見方

1 通貨ペア 選択した銘柄が表示されています。また、右側の「▼」をクリックするとプルダウンから他の銘柄を選ぶことができます。
2 数量 取引数量の入力欄です。プルダウンから選択、または任意で入力することもできます。(MT4の取引単位はLotとなりますのでご注意ください)
3 決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P) 注文と同時に、任意で決済注文を出すこともできます。その場合は決済したい価格を入力してください。
4 コメント 注文に対して、任意でコメントを残すことができます。
5 注文種別 注文の種類が表示されています。プルダウンから指値注文に変更することもできます。
6 成行売り、成行買い 成行で売り注文をする場合は「成行売り」、買い注文をする場合は「成行買い」をクリックします。

指値/逆指値注文

注文種別は4種類あります

MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 MT5でトレーリングストップ注文の設定方法
Buy Limit(買い指値注文) 注文時のレートよりも低い買いレートを指定します
Sell Limit(売り指値注文) 注文時のレートよりも高い売りレートを指定します
Buy Stop(買い逆指値注文) 注文時のレートよりも高い買いレートを指定します
Sell Stop(売り逆指値注文)注文時のレートよりも低い売りレートを指定します

ワンクリック注文

  1. 取引したい銘柄のチャート上で右クリック→「ワンクリックトレード」をクリックすると、チャート上にレートパネルが表示されます。
  2. レートパネルの中央に取引数量を入力します。両側にある「▲」「▼」をクリックすると取引数量を変更することができます。直接入力することも可能です。なお、取引数量はLotとなります。
  3. MT5でトレーリングストップ注文の設定方法
  4. 「Sell」または「Buy」レートの部分をクリックすると注文することができます。

トレイリング・ストップ

  1. MetaTrader4下部のターミナル画面から「取引」をクリックします。
  2. 決済したい建玉を右クリック→「トレイリング・ストップ」を選択すると、15~50ポイントの幅でトレール幅を選択することができます。「カスタム設定」から任意の数値を入力して設定することもできます。

トレイリング・ストップ使用時のご注意

  • MetaTrader4では、1ポイント=0.1pipsとなりますので、デフォルト最低値の15ポイントは1.5pipsです。
  • トレイリング・ストップは、決済の逆指値注文のレートがある一定の値幅で追従していく注文方法です。逆指値注文(STOP注文)は別途設定する必要があります。
  • トレイリング・ストップは、MetaTrader4の起動時のみ有効です。ログオフ時はトレールされず、最後に変更された逆指値注文が有効となりますのでご注意ください。

成行注文、指値/逆指値注文

  1. 取引銘柄
    タップすると取引対象となる銘柄を選択できます。
  2. 注文種別
    成行注文をはじめ5種類の注文が可能です。
  3. 取引数量 (単位:Lot)詳しくはこちら
  4. ストップロス設定 (損切り)
  5. テイクプロフィット設定 (利食い)
  6. 成行売り新規注文
  7. 成行買い新規注文

※ 6 または 7 をタップすると即時で発注されます。

名称 概要
成行注文 レートを指定せずに注文します
Buy Limit(買い指値注文) 注文時のレートよりも低い買いレートを指定します
Sell Limit(売り指値注文) 注文時のレートよりも高い売りレートを指定します
Buy Stop(買い逆指値注文) 注文時のレートよりも高い買いレートを指定します
Sell Stop(売り逆指値注文) 注文時のレートよりも低い売りレートを指定します
ストップロス(S/L、決済逆指値) 新規買い注文の場合は注文時のレートよりも低い売りレート、新規売り注文の場合は注文時のレートよりも高い買いレートを決済レートとして指定します
テイクプロフィット(T/P、決済指値) 新規買い注文の場合は注文時のレートよりも高い売りレート、新規売り注文の場合は注文時のレートよりも低い買いレートを決済レートとして指定します

トレード画面上の決済対象ポジションを長押しして「 1 クローズ」をタップする

決済対象ポジションを左にスワイプして「 2 チェックマーク」をタップする

決済レートの変更

トレード画面上の決済対象ポジションを長押しして「 1 注文変更」をタップする

決済対象ポジションを左にスワイプして「 2 鉛筆マーク」をタップする

3 ストップロス、テイクプロフィットのレートを指定して「 4 注文変更」をタップすると変更が完了し、指定のレートに到達すると決済されます。(決済指値/決済逆指値)

海外FX業者のストップレベルを比較&おすすめ業者を紹介!ストップレベルが小さいことのメリットや、MT4・MT5を使ったストップレベルの確認方法も解説

海外FX比較

ストップレベルが小さいことのメリット・大きいことのデメリット

ストップレベルとは

ストップレベルとは、指値注文や逆指値注文といった待機注文(予約注文)を出す際に指定される、 現在のレートから最低限離すべき値幅 のことを指します。

例えばドル円の現在のレートが110.00円で、ストップレベルが5pipsであったと仮定します。この場合、現在レートから最低5pips以上離れたレートからしか待機注文が出せず、109.95~110.05の間は注文ができません。 109.95以下もしくは、110.05以上のレートからしか注文が出せない ということですね。

ストップレベルは、指値注文や逆指値注文などの待機注文時のレート指定制限ですので、 MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 成行注文時には特に関係ありません が、取引の自由度を考えた場合は重視すべきポイントと言えるでしょう。

ストップレベルが大きいことによる具体的なデメリット

利益を逃したり損失の拡大に繋がることがある

想定したレートで利確できずに利益を逃した

想定したレートで損切りできずに損失が拡大した

このように、ストップレベルが大きいことにはデメリットしかありません。逆に、ストップレベルが0に近ければ近いほど、自身の好きな値幅で待機注文が出せるため、スキャルピングのような超短期トレードはもちろんのこと、デイトレなどの MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 あらゆるトレードにおいて大きなメリット となります。

EAが機能しない・パフォーマンスが下がる

このようにストップレベルが指定されているEAでは、指定値よりもストップレベルの設定幅が大きい海外FX業者を使ってしまうと、 エントリーが実現しないことやトレーリングストップが上手く作動しない など、取引に支障をきたす場合もあります。

主要海外FX業者のストップレベルを比較

USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYEUR/USDGBP/USDEUR/GBP
XM
0.00.00.00.00.00.0
GemForex
2.02.75.MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 42.02.62.5
FBS
0.10.10.10.10.10.1
HotForex
(ゼロスプレッド口座)
2.MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 02.03.02.03.02.0
Axiory
0.00.00.00.00.00.0
Tradeview
0.00.00.00.00.00.0
TitanFX
0.00.00.00.00.00.0
TradersTrust
0.00.00.00.00.00.0

表からも分かるようにストップレベルは、 業者ごと・通貨ごとに大きく異なります ね。また多くの業者ではストップレベルが設定されていますが、AxioryやTitanFXといったスキャルピングトレーダーに人気の業者は、流石にストップレベルが0になっています。

利用する業者によっては MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 ストップレベルが大きすぎて思い通りに指値/逆指値注文が出せない 、ということもありますので、業者選びの際には自分のトレードスタイルに合わせてストップレベルの確認も忘れないように気を付けましょう。

ストップ・リミット注文

ここではティッカーBACを99,000株、ショート・ポジションとして保有し、資本の維持を目的として注文を出しつつも、買戻しの価格は制限 したいとします。ストップ・リミット注文タイプを使うことにより、事前指定されたレベルでのストップをトリガーし、 さらにティッカーBACを買い戻す価格に上限を設けることができます。これによる欠点もまたあります。変化の速いマーケットにおいてはストップが買い注文をトリガーすることもありますが、注文全部が約定する前に株価が指値価格を超えて変動することもあります。

MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 MT5でトレーリングストップ注文の設定方法
仮定
BUY
数量99,000
注文タイプ STP LMT
市場価格 15.72
ストップ価格 15.80
指値価格 15.84

売りのストップ・リミット注文

クラシックTWS例

売りのストップ・リミット注文

注文タイプの詳細 - 売りのストップ・リミット注文

ステップ 1 – 売りのストップ・リミット注文の入力
ステップ MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 2 – 注文の発注
仮定
平均価格 14.95
SELL
数量 200
注文タイプ STP LMT
市場価格(ビッド価格) 14.20
ストップ価格 14.10
指値価格 14.00
ステップ 3 – 市場価格がストップ価格まで下がり、リミット注文がトリガーされる
仮定
平均価格 14.95
SELL
数量 200
注文タイプ STP LMT
市場価格 14.10
ストップ価格 14.10
指値価格 14.00
  • 直近の取引価格がストップ価格以下または同額の、シミュレーションされたストップ・リミット売り注文は、指値注文になります。
  • 直近の取引価格がストップ価格以上または同額の、シミュレーションされたストップ・リミット買い注文は、指値注文になります。

別の指定をしない限り、株用のシミュレーションされたストップ・リミット注文は、NYSEの通常取引時間( 米国東部標準時において月曜から金曜の9:30 a.m. から4 p.m.まで)の間のみトリガーされます。弊社のデフォルト設定のトリガー方法には、取引する商品タイプにより変わる追加条件があります。デフォルト設定のトリガー方法の変更の仕方を含め、弊社のトリガー方法に関する詳細は、TWSユーザーガイド内のトリガー・メソッドの項目をご覧ください。

Interactive Brokers ®, IB SM , InteractiveBrokers.com ®, Interactive Analytics ®, MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 IB Options Analytics SM , IB SmartRouting SM , MT5でトレーリングストップ注文の設定方法 PortfolioAnalyst ®, IB Trader Workstation SM およびOne World, One Account SM はInteractive Brokers LLCの登録商標です。統計情報等をはじめとする上記の内容の裏付けは別途ご依頼いただければご案内致します。表示される取引のティッカーシンボルは説明目的で使用するものであり、特定の銘柄を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる