FXの取引方法

MT4でTickチャートのテクニカル分析をする

MT4でTickチャートのテクニカル分析をする
MACD

海外FX業者Exness(エクスネス)のレバレッジ・スプレッド・ボーナスや口座開設方法について徹底解説してみた

FX業者 Exness(エクスネス)

FX業者

Exness(エクスネス)とは

Exness(エクスネス)のレバレッジ

無制限レバレッジというのはポジションを取るための必要証拠金がないということです。

経済指標前後

土日・祝日の市場の開始と終了

ゴールドとシルバーの制限

Exness(エクスネス)のゼロカットシステム

Exness(エクスネス)のスプレッド

Exness(エクスネス)のロスカット水準

Exness(エクスネス)はなんと強制ロスカットの証拠金維持率が0%なんですね。

0%ということは事実上資金をすべて使って含み損に耐えることができるということです。

よってトレードの資金効率が良くなります。

Exness(エクスネス)の取引ツール

Exness(エクスネス)の口座タイプ

また、最低入金額は『初回の入金のみ』であり、

スタンダード口座

スタンダートセント口座

ナンピン系EAのリスクヘッジと爆発力を兼ね備えた『Scarlet(スカーレット)』 Scarlet(スカーレット)です。Scarletの由来は、 東方Projectのスカーレット姉妹から取ってきました。 Scarlet.

ロースプレッド口座

Exness(エクスネス)のボーナス

Exness(エクスネス)のサポート

Exness(エクスネス)の安全性

信託保全が分別管理されている

Exness(エクスネス) デロイト・トウシュ・トーマツ

Exness(エクスネス)のライセンスを4つ取得

Exness(エクスネス) ライセンス

・キプロス証券取引委員会(CySEC):ライセンス番号178/12
・セイシェル共和国金融庁(FSA):ライセンス番号SD025(Nymstar MT4でTickチャートのテクニカル分析をする Limited社)
・金融行動監視機構(FCA):登録番号730729

レアル・マドリードがスポンサー

Exness(エクスネス) レアル・マドリード

Exness(エクスネス) の入出金

Exness(エクスネス)のよくある質問

Exness(エクスネス)はEAは使えるのか?

Exness(エクスネス)の口座開設

公式サイトにアクセス

必要事項を記入

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス) 口座開設

取引口座を選択する

Exness(エクスネス) 口座開設

パーソナルエリアにログインする

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス)の追加口座の開設

Exness(エクスネス) 口座開設

メール・電話番号・個人情報を認証する

Exness(エクスネス) 口座開設

身分証明書と住所確認書類

本人確認書類(写真付き・両面・有効期限内)

Exness(エクスネス) 口座開設

現住所確認書類(発行から6ヶ月以内のもの)

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス)でMT4やMT5にログインする

Exness(エクスネス) 口座開設

FX-EA System Projectでは、

もしFX-EA System Projectに興味があれば

MT4でTickチャートのテクニカル分析をする

【大問題】3すくみトレードで話題のFXSuitが突然のスプレッド拡大でロスカット祭りに!?情報についてまとめてみた

【FX口座開設】極狭スプレッド&最大レバレッジ500倍の海外FX業者『Titan FX (タイタンFX)』について徹底解説してみた

海外FX業者XM Tradingのレバレッジ・口座タイプ・ボーナスや口座開設について徹底解説してみた

XMとは2009年から運営を開始している海外FX業者であり、 XMは2018年時点で新規口座開設数100万人突破している世界でも人気の高い業者になります。 海外FX業者は数多く存在しますが、その中でもNo.1の人気を誇るのはXMです。 MT4でTickチャートのテクニカル分析をする 今回は海外FX業者XM Tradingのレバレッジ・口座タイプ・ボーナスや口座開設について徹底解説してみました。

【FX業者】海外と日本の良いとこ取りをした仮想通貨と為替がトレードできる『Bitterz(ビッターズ)』について徹底解説してみた

海外と日本の良いとこ取りをした仮想通貨と為替がトレードできる 『Bitterz(ビッターズ)』について徹底解説してみました。 Bitterz(ビッターズ)とは Bitterz(ビッターズ)とは『為替と仮想通貨が両方利用可能.

【FX自動売買】MQL4を使った簡単なEAの作り方【MT4】

MT4の起動後、「ツール」から「新規作成」を選ぶ。

エキスパートアドバイザ(テンプレート)を押す。

image.png

EAの名前は Experts\ の後につける。ここでは test とした。

コンパイルと実行

image.png

コードの説明は後でやるとして、とりあえずコンパイルしてみよう。
メタエディタの上部のUIからコンパイルを押してみる。
するとエディタ下部に実行結果がでてくるので、エラーが出てないことを確認する。

今編集しているソースコードがtest.mq4で、コンパイルしてできたのがtest.exとなる。
MT4のナビゲーターのエキスパートアドバイザを見ると、新しく「test」ができていることがわかる。(もしできてなければ右クリック-> MT4でTickチャートのテクニカル分析をする 更新)
このtestをチャートにドラッグ&ドロップすればEAを適用することができる。
今はコードの中身が空っぽなので何も起きない。

MQL4をいじる

機械学習を行いたい場合はPythonのライブラリが必要になるのでMQL4だけではなく外部のAPIか何かをたたく必要がある。
だが、いずれの場合にせよ、EAの入り口と出口はMQLで実装することになるためこれらの知識は必要。
具体的な実装についてはまた今度。

  1. We will deliver articles that match you

By following users and tags, you can catch up information MT4でTickチャートのテクニカル分析をする on technical fields that you are interested in as a whole

Comment関数を拡張する方法【MQLプログラミングの基礎】

「カスタムインディケータのイベントハンドラ」の画面

int pos MT4でTickチャートのテクニカル分析をする = 0, pre = 0;

while (true)

int n = ArraySize(comment);

ArrayResize(comment, n + 1);

pos = StringFind(text, “\n”, pre);

if (pos != -1)

comment[n] = StringSubstr(text, pre, pos – pre);

pre = pos + 1;

4.Labelオブジェクトのサンプルコードをコピー

今回はLabelオブジェクトを利用して文字列を表示するので、LabelオブジェクトのサンプルコードをMQL4リファレンスからコピーします。MQL4リファレンスの目次にある「Constants, Enumerations and Structures」→「Objects Constants」→「Object Types」をクリックするとオブジェクトの一覧が表示されるので、その中から「OBJ_LABEL」を選択し、あらかじめ用意されている「Create a text label」のコードをコピーしてファイル下部に貼り付けましょう。

//+——————————————————————+

//| Create a text label MT4でTickチャートのテクニカル分析をする |

//+——————————————————————+

bool LabelCreate(const long chart_ID = 0, // chart’s ID

const string name = “Label”, // label name

const int sub_window = 0, // subwindow index

const int x = 0, // X coordinate

const int y = 0, // Y coordinate

const ENUM_BASE_CORNER corner = CORNER_LEFT_UPPER, // chart corner for anchoring

MT4でTickチャートのテクニカル分析をする

const string text = “Label”, // text

MT4でTickチャートのテクニカル分析をする

const string font = “Arial”, // font

const int font_size = 10, // font size

const color clr = clrRed, // color

const double angle = 0.0, // text slope

const ENUM_ANCHOR_POINT anchor = ANCHOR_LEFT_UPPER, // anchor type

const bool back = false, // in the background

const bool selection = false, // highlight to move

const bool hidden = true, // hidden in the object list

const long z_order = 0) // priority for mouse click

//— reset the MT4でTickチャートのテクニカル分析をする MT4でTickチャートのテクニカル分析をする error value

ResetLastError();

//— create a text label

if(!ObjectCreate(chart_ID, name, OBJ_LABEL, sub_window, 0, 0))

Print(__FUNCTION__,

“: failed to create text label! Error code = “, GetLastError());

return(false);

>

//— set label coordinates

ObjectSetInteger(chart_ID, MT4でTickチャートのテクニカル分析をする MT4でTickチャートのテクニカル分析をする name, OBJPROP_XDISTANCE, x);

ObjectSetInteger(chart_ID, MT4でTickチャートのテクニカル分析をする name, OBJPROP_YDISTANCE, y);

//— set the chart’s corner, relative to which point coordinates are defined

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_CORNER, corner);

//— set the text

ObjectSetString(chart_ID, name, OBJPROP_TEXT, text);

//— set MT4でTickチャートのテクニカル分析をする text font

ObjectSetString(chart_ID, name, OBJPROP_FONT, font);

//— set font size

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_FONTSIZE, font_size);

//— set the slope angle of the text

ObjectSetDouble(chart_ID, name, OBJPROP_ANGLE, angle);

//— set anchor type

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_ANCHOR, anchor);

//— set color

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_COLOR, clr);

//— display in the foreground (false) or background (true)

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_BACK, back);

//— enable (true) or disable (false) the mode of moving the label by mouse

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_SELECTABLE, selection);

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_SELECTED, selection);

//— hide (true) or display (false) graphical object name in the object list

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_HIDDEN, hidden);

//— set the priority for receiving the event of a mouse MT4でTickチャートのテクニカル分析をする click in the chart

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_ZORDER, z_order);

//— successful execution

return(true);

>

5.LabelCreateで文字列を表示

チャートIDは「0」、名前は「PREFIX + “Text” + (string)i」、ウィンドウはメインウィンドウなので「0」、場所はX座標が「x」、Y座標が「y + i * gap」、コーナーは左上にしたいので「CORNER_LEFT_UPPER」、表示するテキストは格納した文字列「comment[i]」、フォントは「font」、サイズは「size」、色は「clr」、アングルは「0」、アンカーは「ANCHOR_LEFT_UPPER」とします。

海外FX業者Exness(エクスネス)のレバレッジ・スプレッド・ボーナスや口座開設方法について徹底解説してみた

FX業者 Exness(エクスネス)

FX業者

Exness(エクスネス)とは

Exness(エクスネス)のレバレッジ

無制限レバレッジというのはポジションを取るための必要証拠金がないということです。

経済指標前後

土日・祝日の市場の開始と終了

ゴールドとシルバーの制限

Exness(エクスネス)のゼロカットシステム

Exness(エクスネス)のスプレッド

Exness(エクスネス)のロスカット水準

Exness(エクスネス)はなんと強制ロスカットの証拠金維持率が0%なんですね。

0%ということは事実上資金をすべて使って含み損に耐えることができるということです。

よってトレードの資金効率が良くなります。

Exness(エクスネス)の取引ツール

Exness(エクスネス)の口座タイプ

また、最低入金額は『初回の入金のみ』であり、

スタンダード口座

スタンダートセント口座

ナンピン系EAのリスクヘッジと爆発力を兼ね備えた『Scarlet(スカーレット)』 Scarlet(スカーレット)です。Scarletの由来は、 東方Projectのスカーレット姉妹から取ってきました。 Scarlet.

ロースプレッド口座

Exness(エクスネス)のボーナス

Exness(エクスネス)のサポート

Exness(エクスネス)の安全性

信託保全が分別管理されている

Exness(エクスネス) デロイト・トウシュ・トーマツ

Exness(エクスネス)のライセンスを4つ取得

Exness(エクスネス) ライセンス

・キプロス証券取引委員会(CySEC):ライセンス番号178/12
・セイシェル共和国金融庁(FSA):ライセンス番号SD025(Nymstar Limited社)
・金融行動監視機構(FCA):登録番号730729

レアル・マドリードがスポンサー

Exness(エクスネス) レアル・マドリード

Exness(エクスネス) の入出金

Exness(エクスネス)のよくある質問

Exness(エクスネス)はEAは使えるのか?

Exness(エクスネス)の口座開設

公式サイトにアクセス

必要事項を記入

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス) 口座開設

取引口座を選択する

Exness(エクスネス) 口座開設

パーソナルエリアにログインする

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス)の追加口座の開設

Exness(エクスネス) 口座開設

メール・電話番号・個人情報を認証する

Exness(エクスネス) 口座開設

身分証明書と住所確認書類

本人確認書類(写真付き・両面・有効期限内)

Exness(エクスネス) 口座開設

現住所確認書類(発行から6ヶ月以内のもの)

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス)でMT4やMT5にログインする

Exness(エクスネス) 口座開設

FX-EA System Projectでは、

もしFX-EA System Projectに興味があれば

【悲報】XMでBitwalletが入金額と同額しか出金できない!?原因は一体!?情報についてまとめてみた

海外FX業者を活用している人オススメの『BitWallet(ビットウォレット)』について徹底解説してみた

【永久保存版】XMのアフィリエイトの変更点について徹底解説してみた【パートナー募集】

【大問題】3すくみトレードで話題のFXSuitが突然のスプレッド拡大でロスカット祭りに!?情報についてまとめてみた

海外FX業者XM Tradingのレバレッジ・口座タイプ・ボーナスや口座開設について徹底解説してみた

XMとは2009年から運営を開始している海外FX業者であり、 XMは2018年時点で新規口座開設数100万人突破している世界でも人気の高い業者になります。 海外FX業者は数多く存在しますが、その中でもNo.1の人気を誇るのはXMです。 今回は海外FX業者XM Tradingのレバレッジ・口座タイプ・ボーナスや口座開設について徹底解説してみました。

最強のMACD・シグナル設定とは?オススメ設定値と期間をご紹介!

MACDの設定のメイン画像

MACD

MACD(マックディー)の設定期間と具体的なパラメータ、設定値に合わせた取引手法を理解すると、トレードスタイルごとの売買シグナルと強さの判定ができ、自分に合う設定期間を選んで優位性の高い株式投資を行うことに繋がります。

新生ジャパン投資

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰期待銘柄を 無料 で配信。その他、最新のマーケット情報を網羅した朝夕の相場レポートなど、豊富な投資情報を"無料"で閲覧可能!!

MACD(マックディー)の設定期間を決めるために理解しておくべき基本知識

MACD(マックディー)の設定期間を決めるためには、「 MACDとは一体どのような分析なのか? 」を理解しておく必要があります。

MACD(マックディー)とは?

MACDを構成する「MACD」・「シグナル」・「ヒストグラム」の位置の解説画像

MACD(マックディー)とは、これまでの移動平均線を進化させた、トレンド発生時に大きく効果を発揮する、精度の高いテクニカル分析の指標として多くの投資家に使用されています。

MACDは、計算方法が異なる2本の移動平均線(「MACD」と「シグナル」)と2本線の距離を棒グラフで表す「ヒストグラム」で構成されています。

また、 設定期間を変えることで売買シグナルの量や出現箇所も変化する ため、設定について理解できれば、自分のトレードスタイルに合ったテクニカル指標として運用できるでしょう。

MACD(マックディー)の設定期間と意味

MACDの設定期間によって売買シグナルの数とタイミングの差の画像

株式投資のルールはここで決まる!MACDの設定方法

ここで、具体的な設定期間のパラメータを見る前に、 MACDの設定方法 を見ていきましょう。

yahoo!ファイナンスの個別銘柄情報ページ内にある「テクニカル分析用多機能チャート」のリンク場所の画像 width=

テクニカル多機能チャート内のMACDの表示方法(テクニカル→オシレータ系→MACD)

そのため、 短期取引や長期取引など自分のトレードスタイルに合う、適切な設定値を選ぶことが重要 です。

次は 多くの投資家が使用している代表的なパラメータ設定 をご紹介します。

MACDの発案者であるジェラルドアペル氏の推奨パラメータ設定(6 19 9/12 26 9/19 39 9)

MT4でTickチャートのテクニカル分析をする
期間1 (日) 期間2 (日) シグナル(日)
短期パラメータ 6 19 9
中期パラメータ12 26 9
長期パラメータ 19 39 9

期間ごとにパラメータが分かれていて、 シグナルはどのパラメータでも共通して9日間 ですが、MACDの計算に使う日数がそれぞれ異なります。

MACD3種類の設定期間の特徴を理解しトレードスタイルに併せ活用しよう

ディエゴ・アペル氏の設定値に出現する売買シグナルの位置と個数の違い画像(短期パラメータ:売買シグナル3個、1番出現が早い 中期パラメータ:売買シグナル3個、2番目に出現が早い 長期パラメータ:売買シグナル2個、1番出現が遅い)

基本的に MT4でTickチャートのテクニカル分析をする 短期のパラメータほど売買シグナルが早く出現し、数も多い という特徴があります。

反対に 長期のパラメータほど売買シグナルが遅く出現し、数も少なく なります。

エントリーとイグジットとは?

クリス・マニング氏が考案したMACDの感度を上げたパラメータ設定(9 17 7)

先ほどご紹介した「ジェラルド・アペル」氏の設定値を参考に、更にMACDの反応を上げるパラメータ設定(9 17 7)を考案したのが「 MT4でTickチャートのテクニカル分析をする クリス・マニング(Chris Manning) 」氏です。

クリス・マニング氏のパラメータの特徴の画像(売買シグナルの数が多くエントリーしやすいがダマシも多く存在する)

1日でトレードを完結させるデイトレードや、数日から数週間の短期間で売買を完結させるスイングトレードでは、数時間しか発生しないトレンドを狙って売買を行うため、 売買シグナルが早く出る設定の方がトレードスタイルに適している と言えるでしょう。

値動きに敏感な短期取引向けとなるMACDの設定期間

また、1日で取引を完結させるため、損益がその日のうちに確定し、 すぐに結果が出せるという利点 があります。

MACDのデフォルト設定値を4倍にすることで売買シグナルを絞るパラメータ(48 104 9)

デフォルトの4倍パラメータの特徴の画像(売買シグナルが少ないがダマシが少ない・シグナルがわかりやすい)

大きいトレンドがわかるMACDのパラメータ設定

ダマシの少ない 大きなトレンドを掴むことは、リスクを抑えた取引を行うこと に繋がります。

フィボナッチ級数を株取引に採用したことで有名な「ジョー・ディナポリ」氏が提唱するMACDの設定値(8 17 9)

フィボナッチ級数を利用した取引の第一人者である ジョー・ディナポリ(Joe DiNapoli)氏が開発した設定数値はデフォルトの設定期間よりも短く、相場の変化に反応しやすい です。

ジョー・ディナポリ氏の提唱しているパラメータ(8 17 9) は、一般的には短期売買に使われることが多いです。

設定値だけを見るとクリス・マニング氏のパラメータ(9 17 7)によく似ていますが、ディナポリ氏のパラメータは他のテクニカル分析の指標と組み合わせて使用するため、似て非なるものです。

移動平均線と組み合わせて使うMACDのパラメータとは?

ディナポリ氏提唱の投資方法では移動平均線を未来にずらして表示している画像

ジョー・ディナポリ氏の移動平均線が一般的な移動平均線と異なる点は、 一定期間の平均を計算した後に未来の相場に表示する 点です。

DMA(Displaced Moving Average)とは?

新生ジャパン投資

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰期待銘柄を 無料 で配信。その他、最新のマーケット情報を網羅した朝夕の相場レポートなど、豊富な投資情報を"無料"で閲覧可能!!

設定値で売買シグナルの位置が変わる!MACDの見方・使い方

MACDのゴールデンクロスとデッドクロス

MACDのゴールデンクロス・デッドクロスの意味を解説している画像 MT4でTickチャートのテクニカル分析をする

最近の相場を表す MACDが、シグナル(MACDの平均)を抜けることは、最近の相場が平均から外れつつあり、相場状況が変化し始めていることを意味 しています。

「MACD・シグナル」と逆方向に株価が動く状態「ダイバージェンス(divergence)」

ダイバージェンスによって株価とMACDの示すトレンド方向が異なっている画像

しかし、例外として「 ダイバージェンス 」という、MACDとシグナルが指している方向とは逆方向に株価が動いている状態があり、ダイバージェンスが起こった後には、トレンドが反転する可能性が高いです。

MACDの売買シグナルの強さ

MACDにおける強い売買シグナルの条件の画像(複数のシグナルが同時に起こっている様子)

注目する場所 特徴

また、上記画像の様に、 複数のシグナルが上昇トレンドを示していると信憑性が高い と判断できます。

押し目買い・戻り売りとは?

異なるパラメータ設定のMACDを複数使う

異なるパラメータを使用した取引のエントリーとイグジットのポイント画像

上記画像は、 ディエゴ・アペル氏が推奨するパラメータ設定 を複数使った時のチャート画像です。

選択肢は多ければ良いというものではありませんが、 相性が良い他のテクニカル指標とも組み合わせると、違った方向から相場を分析できるため、優位性の無い選択肢を削り、良い選択肢を増やすことも可能 です。

「最強のMACD・シグナル設定」まとめ

MACDの設定ごとの特徴を理解すると、 トレードスタイルに必要な売買シグナルとその強さが判断でき、自分に合ったテクニカル指標として運用できる でしょう。

新生ジャパン投資

ラジオNIKKEIの番組「株教室」などでお馴染みの「高山緑星」が代表を務める投資助言サービス。今なら実力証明のための銘柄『次なる大化け候補株』を 無料 で配信中!!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる