FXってなに

ローソク足の見方

ローソク足の見方
ローソク足チャートは、1日の始値と終値を比べて、始値より終値が高ければ陽線と呼ばれ、チャート上では白抜で表示されます。

FXのローソク足で相場がよめる?ローソク足の見方・種類を解説

ローソク

LINE

送る

ローソク足の歴史は古く、日本の江戸時代の米相場が発祥と言われています。

ローソク足は一見とてもシンプルな形をしていますが、一目で多くの情報を理解することができるため、一番使われているチャートです。

ローソク足を読み解くことはテクニカル分析を行う上ですべての基礎となります。

FXのローソク足とは?

ローソク足

ローソク足」とは、ローソクの形に似ていることから名付けられ、英語ではキャンドルスティックと呼ばれています。

見た目はシンプルですが、このローソク足1本で4つの価格を表し、相場の状況を一目で確認することができます

ローソク足の歴史は古く、日本の江戸時代の米相場が発祥とされ、江戸時代の天才相場師、本間宗久(ほんま そうきゅう)によって生みだされたと言われています。

ローソク足チャートとは?

<ローソク足の表示期間>

FXで使われるMT4の場合

これらは「時間足」と呼ばれ、 ローソク足の見方 時間足を設定して、為替相場の動きを確認することができるのでとても便利です。

分足など

時間足など

FXのローソク足の見方は?

ローソク足の見方

FXのローソク足は、設定した時間足の中で、下記4つの価格を表します。

例:1分足の時間足を設定する場合

1本のローソク足で、1分毎の「始値、終値、高値、安値」を表す

実際のローソク足チャートでは、「陽線(ようせん)」と「陰線(いんせん)」の2色のローソクがあります。

陽線」とは、始値より終値が高いローソク足のことで、価格が上昇していく時に表れます。

陰線」とは、始値より終値が安いローソク足のことで、価格が下降していく時に表れます。

実体とヒゲ

実体とヒゲ

実体」は長方形の部分を指し、始値終値を表します。

「ヒゲ」は実体の上下に伸びている棒の部分を指し、高値安値を表します。

FXのローソク足のパターン

FXのローソク足には、いくつかパターンがあります。

ここでは、代表的なローソク足を9つ解説します。

大陽線と大陰線

大陽線と大陰線

大陽線」と「大陰線」は両方とも、実体部分が長いローソク足です。

小陽線と小陰線

小陽線と小陰線

小陽線」と「小陰線」は両方とも、実体部分が短いローソク足です。

上影陽線と上影陰線

上影陽線と上影陰線

上影陽線(うわかげようせん)」と「上影陰線(うわかげいんせん)」は両方とも、実体部分の上から、ヒゲが非常に長く伸びているローソク足です。

    上影陽線:一度価格が上がったが、買いの勢いが弱まり、売りの勢いが非常に強い

両方とも頭打ちの状態で、「トンカチ」とも呼ばれる。

下影陽線と下影陰線

下陰陽線と下陰陰線

下影陽線(したかげようせん)」と「下影陰線(したかげいんせん)」は両方とも、実体部分の下から、ヒゲが非常に長く伸びているローソク足です。

    下影陽線:一度価格が下がったが、売りの勢いが弱まり、買いの勢いが非常に強い

*どちらも、安値圏で出現すると、上昇への転換を示し、下影陰線は高値圏で出現すると、下落への転換を示すと言われています。

十字線

十字線」は、名前の通り十のような形をしているローソク足で、「寄引同事線(よりひきどうじせん)」とも呼ばれます。

始値終値が全く同じで、ローソクの実体部分がない形をしています。

* 買いと売りが拮抗している状態で、高値圏安値圏で出現すると、相場転換を示すと言われています。

FXのローソク足の注意点

ローソク足のパターンを過信しすぎない

実際にトレードする時は、ローソク足と一緒に他のテクニカル分析を組み合わせて、判断するようにしょう。

世界情勢や経済指標をチェックする

為替相場は、世界情勢金融政策要人発言などの経済指標の影響を受けやすく、通貨の価値は各国の情勢と深く結びついています。

ローソク足の読み方 チャートの基本がわかるテクニカル入門①

投資(慣れてきた人向け トレード・短期投資)

投資の世界ではあらゆるものが価格変動するのに対して資金を投じますが、その価格変動の表をチャートといいます。

色がついてたり、背景が黒かったり、波線がついてたり、いろんなチャートはありますが値動きを表すのは棒のようなものに細い線がついたローソク足というものです。

もくじ

1.ローソク足は日本発祥!

ローソク足はなんと江戸時代に日本で発明され、今や世界中で使われています

帳合米 ちょうあいまい 取引という米の先物取引が行われてました。

世界に先駆けて先物取引をしたり、その値動きを表すローソク足を発明したりと一見盛んなようですが、あくまでも商人たちの集まりのレベルであって国をあげてというわけではなかったようです。

終身雇用や銀行神話によって投資の必要性が薄れることとなり、バブル崩壊からの経済停滞が続くも日本人は投資と疎遠なままでいます。

ローソク足の見方と1本のローソク足から把握できること

ローソク足

ローソク足は現在ほとんどの証券会社で採用されているチャートです。始値、終値、高値、安値を表すローソク足の見方から、上ヒゲ、下ヒゲ、柱といったローソク足特有の名称、丸坊主や星といったローソク足1本でトレンドを把握する方法についてお伝えします。

ローソク足とは

4つの値からローソク足は作られる

ローソク足

これら4つの値が1つ1つのローソクを作っていきます。柱の大きさや上ヒゲ、下ヒゲの大きさで1日の株価の動きが分かるだけでなく、今後の動きを予測していくこともします。

前日の終値と翌日の始値は違う?

陽線と陰線

陽線と陰線

ローソク足チャートは、1日の始値と終値を比べて、始値より終値が高ければ陽線と呼ばれ、チャート上では白抜で表示されます。

1本のローソク足の形でトレンドを把握する

ローソク足では、その日1日の株価の動きを見ることができるだけでなく、今後のトレンドを想像することができるようになります。例えば、上昇相場では陽線が現れやすくなり、下降相場では陰線が現れやすくなります。

陽の丸坊主と陰の丸坊主

丸坊主は、上ヒゲも下ヒゲもないものですが、その内陽線となっているものが陽の丸坊主、陰線となっているものが陰の丸坊主です。

星には上ヒゲと下ヒゲがありますが、上ヒゲと下ヒゲが同じくらいの長さのものを十字線、下ヒゲの長いものをトンボ、上ヒゲの長いものをトウバと呼びます。

陽の大引け坊主と陰の大引け坊主

陽の大引け坊主や、陰の大引け坊主は陽の丸坊主、陰の丸坊主と同様に強い上昇傾向、強い下降傾向を示します。

陽の寄付き坊主と陰の寄付き坊主

陽の寄付き坊主と陰の寄付き坊主

寄付き坊主は、始値の方向にヒゲがない、長いローソク足で、取引開始後大幅に上昇、または下落したものの最後まで続かず、やや押し戻されて取引が終了された形を表します。

実体、ヒゲ共に短いローソク足のことをコマと言います。

下ヒゲ陽線と上ヒゲ陰線

下ヒゲ陽線は、売りに押されて一度下降したものの、買いに支えられ流れが反転し、終値が上昇した形を示し、上昇を示すローソク足です。

上ヒゲ陽線と下ヒゲ陰線

上ヒゲ陽線は取引開始から大きく上昇したものの、売りに押されて終値が下がった形を示します。相場が弱い事を表わすローソク足ですが下降局面で表われた場合は底打ちを表すこともあります。

ダウ理論とローソク足の見方

上昇トレンド下降トレンド の定義

上昇トレンド の定義は高値と安値の切り上げが確認できたらです
下降トレンド の定義は高値と安値の切り下げが確認できたらです。

上昇トレンドは確り高値も安値も切り上がっていますね。
青丸部分 です。これが確認できたら上昇トレンドが出来ていると判断します。

同じく下降トレンドは確り高値も安値も切り下がっていますね。
赤丸部分 です。これが確認できたら下降トレンドが出来ていると判断します。

次はトレンドの終わり、トレンド転換と判断するパターンです。
ここで重要になるのが 押し安値戻り高値 です。

押し安値 と 戻り高値 の定義


押し安値の定義 は新高値を更新する起点となった直前の安値

上の 上昇トレンド の押し安値は最高値( 青丸 )に対しての押し安値です。
最高値( 青丸 )まで上昇トレンドを形成していましたが、その後押し安値のライン( 緑丸 )を下回った時点で上昇トレンドが終わったと判断する事が出来ます。
(もちろんこのまままた上昇トレンドになるかもしれないし、トレンド転換するかもしれません)

ただこの段階ではトレンド転換ではないです。
あくまで 上昇トレンド が終わったかもってだけです。
その後少し上昇したけど最高値青丸 )を更新できずに 高値の切り下げ ローソク足の見方 ( 緑丸の高値 )となり下降していったのが見て分かると思います。

これでトレンド転換し、 下降トレンド になったと判断する事が出来ます。
高値安値がそれぞれ切り下がったからです)
上の 下降トレンド も全く同じ事が言えます。
このようにトレンドの終わりと判断出来るのは、 押し安値戻り高値 を見る事で判断する事が出来ます。

しっかりトレンドの条件と押し安値、戻り高値を理解しておいて下さい!
あと最初は確りとトレンドにのったトレードを心掛けましょう
トレンドが終わった時など、トレンドが確りできていない時は待機しましょう!
負けてる人はこういうとこで無理にトレードしてします。

ローソク足とは?

このローソク足とは設定した期間(30分、1時間、一日等)の始値、終値、高値、安値をまとめて表したものです。
まずローソク足には 陽線 と 陰線 ローソク足の見方 があります。

陽線 =始値より終値が高い価格で終わった場合
陰線 =始値より終値が低い価格で終わった場合

そしてローソク足には 実体ヒゲ というものがあります。
四角い太い部分を実体、線の部分をヒゲと言います。
高値部分のヒゲを上ヒゲ、安値部分のヒゲを下ヒゲと言ったりします。
下の青ローソク足が 陰線 、赤ローソク足が 陽線 です。

上の画像左上の陰線は始値より一度は高値まで上がったが、大きく押し戻され安値まで行き少し戻して終わったと言うのが見て分かりますね。

上の画像右下の陽線は始値より一度は安値まで下がったが、大きく押し戻され高値まで行き少し戻して終わったと言うのが見て分かりますね。

上の画像は 赤が陽線 ローソク足の見方 、 青が陰線 とします。
上の画像の 陽線1 はヒゲが無く始値を一度も下回らず始値=安値になっており、高値からの押し戻しもなく終値=高値になっています。(ヒゲが無く実体だけのものを坊主と言います)
これは買いの勢いが凄く強く、この後も買いの勢いが続く事を示唆しています。
ローソク足の見方 陰線 の場合は売りの勢いが凄く強く、この後も売りの勢いが続く事を示唆しています。

陽線2 のローソク足は実体が無く始値=終値となっていて、一度は安値と高値まで行ったが最後は始値まで戻ってきています。(実体が無いものを十字線と言います)
これは買いと売りの勢力が拮抗していると言えます。
高値圏でこの十字が形成されたらこれまでの買いの勢力を、売りの勢力が止め
下降トレンドへの転換を示唆します。
安値圏なら逆になります。

陽線3 は一時は高値まで行ったが、売りの圧力がかかりほとんど戻された形ですね。高値圏で出たら天井付近の示唆となります。
4、5、に関してもトレンド転換の示唆となります。
6はまだトレンドの継続を示唆します。
安値圏なら逆になります。

このようにローソク足から様々な情報を読み取る事が出来ます。
ただこれはあくまで根拠の一つなのでこれが出たからって確実にトレンド転換、高値付近と言うわけではありません。
エントリーポイントを見極める為の一つの根拠です。
他にも多々ありますがいちいち覚える必要はないです。(見方が分かればどういう状況か分かるので)

チャートの中で一番目立つ 大陽線 、 大陰線 (上の画像1のような坊主、もしくはヒゲが短いもの)は 一番重要 なものになります。
大陽線 、 大陰線 は定義が決まってないので見た目での判断になりますが、
だいたい普通のローソク足の5倍前後を目安にして下さい。
チャートを見てればすぐ判断できるようになります。

*重要
何故重要かと言うとこの 大陽線 、 大陰線 はトレンドの始まりと終わりに出現する事が多いからです。
大陽線 が出たら上昇トレンドの始まり、 大陰線 なら下降トレンドの始まりを示唆します。

ただ高値圏で 大陽線 が出た場合は上昇トレンドの終わり、安値圏で 大陰線 が出たら下降トレンドの終わりを示唆します。
なので上昇トレンド中にまた 大陽線 が出たからと言ってまだまだ買いが続くとは安易に思わないで下さい。
下降トレンドの 大陰線 も同様です。

最後にこれらの事はテクニカル分析の基本となる部分です。
トレンドを確り見極める事は非常に大切な事です。
チャートを見ていて相場がよく分からないと言う時は多々あります。
当たり前ですがそういう時はプロトレーダーでもトレードをしません。
トレンドの判断方法等も他に沢山あります。

基本の判断方法と思って下さい。
応用編等はまだ沢山あるのでまた別の記事で説明していきます!

チャート初心者でもすぐわかるバーチャートとラインチャートの見方とローソク足の売買サイン

初心者にチャートの見方を教えるプロトレーダー

  • バーチャートとラインチャートにそれぞれどんな特徴があるのか
  • どのような場面で役立つのか

1、バーチャートとは?

(1)バーチャートの特徴・活用法

バーチャートは、 値動きをバー(棒)で示したチャート のことです。

バーは一定期間の高値と安値をつないだもので、バーの 上端が「高値」、下端が「安値」 、バーの左に突き出た横棒が 「始値」、右に突き出た横棒が「終値」 を示しています。

(2)バーチャートのメリット

バーチャートでは高値と安値が見やすく、 高値同士あるいは安値同士を結んだラインであるトレンドラインを引きやすい というメリットがあります。

トレンドラインは、 上値を押さえる抵抗線や、下値を支える支持線 として、売買のタイミングを図る重要な目安となります。

(3)バーチャートのデメリット

2、ラインチャートとは?

(1)ラインチャートの特徴・活用法

ラインチャートは 終値をつないだ線(ライン)で示されたチャート です。

(2)ラインチャートのメリット

(3)ラインチャートのデメリット

3、やっぱりローソク足は最強チャート?売買タイミングの読み方

ローソク足は、 「始値・終値・安値・高値」の四本値を示す、日本で最も一般的に用いられているチャート です。

(1)ローソク足からは投資家の心理を読める

例えば ローソク足の見方 実体が小さく上下のヒゲも短いローソク足であれば、投資家は様子見の姿勢を強め、売買が細って値動きが小さなっている のではないかと予想できます。

また同じように実体が小さい場合でも、 上下のヒゲが長ければ、売り買いが拮抗している ということが読み取れます。

(2)売り買いのサインと様子見のサイン

①買いのタイミング

これは売り圧力を跳ね返すだけの強い買い圧力があることを示しており、 下ヒゲが長いほど、上昇力が強い と読めます。

また、実体部分の長い陽線は、 買い圧力が強いことを示しています。特にヒゲのない陽線を「大陽線」 といい、始値から終値まで上昇し続ける、かなり強い上昇相場と読めます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる