取引プラットフォーム

Ripple(リップル)仮想通貨情報局

Ripple(リップル)仮想通貨情報局
仮想通貨・暗号資産

Ripple(リップル)仮想通貨情報局

リップル(Ripple)は送金・決済に特化した暗号資産 / 仮想通貨で、米国にあるRipple社が開発・管理しています。マイニングを通じて取引の認証を行うビットコイン(Bitcoin)などの暗号資産 / 仮想通貨と異なり、リップルの取引の認証はRipple社が選んだ企業や団体によって行われています(プルーフ・オブ・コンセンサス)。

他の暗号資産 / 仮想通貨にはない送金速度

取引の認証を分散することで、中央集権化を回避

リップル(Ripple)の将来性や今後の予想

既存の金融機関との提携

リップル(Ripple)の希少性

はじめての方へ

リップル(Ripple)の
価格・推移・相場をチェックする

リップル(Ripple)の買い方って?
購入の方法をチェックする

その他の暗号資産 / 仮想通貨を見る

ビットコイン

Bitcoin

イーサリアム

Ethereum

ビットコイン
キャッシュ

Bitcoin Cash

Ripple

キャッシュ

取引ツール
サービスのご案内
暗号資産 / 仮想通貨を学ぶ
  • 暗号資産 / 仮想通貨は、日本円や米ドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産 / 仮想通貨は、価格が変動することがあります。暗号資産 / 仮想通貨の価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。
  • 暗号資産 / 仮想通貨の取引を行う場合、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。取引の仕組みやリスク等について、各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。各種規定はこちら
  • 取引いただく際には、各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。手数料一覧はこちら
  • レバレッジ取引に関しては、各種規約・取引ルール等の内容をお読みいただき、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等レバレッジ取引特有のリスク等について、よくご理解した上でご自身の責任と判断で取引を行ってください。各種規定はこちら
  • 暗号資産 / 仮想通貨を利用した詐欺や悪質商法に御注意ください。暗号資産 / 仮想通貨を取り扱う仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は、暗号資産交換業者 関東財務局長 第00002号として登録を行っています。
  • お客様登録情報に変更が生じた場合は、速やかに問い合わせページより変更手続きをお願いいたします。
  • 口座開設時における年齢基準は原則として満20歳以上満80歳未満としております。

FTX Japan株式会社
暗号資産交換業 関東財務局長 第 00002 号
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第 3297 号
加入協会:一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 / 一般社団法人日本暗号資産取引業協会 / 一般社団法人Fintech協会
金融庁が公開している暗号資産交換業者登録一覧はこちら(PDF: 62KB)

仮想通貨【リップル(Ripple)XRP】って何?海外の中央銀行も出資提携する人気のアルトコイン

仮想通貨・暗号資産

【リップル(XRP)】は
アメリカのフィンテック企業
リップル社が開発した仮想通貨です

2022年3月現在時価総額は6位で
日本の仮想通貨取引所でも扱いがあり
人気のアルトコインのひとつです

れいなママ

しろにゃん

フィンテックっていうのは【金融】( Finance )と【技術】( Technology )を組み合わせた造語にゃん♪
ざっくりお金関係のサービスと情報技術(IT)をくっつけた感じにゃん♪

れいなママ

しろにゃん

デジタル化・グローバル化が進む中で
より便利な国際送金システムを作るために
【リップル】は開発されました

【リップル】の特徴

リップルは管理の主体がある仮想通貨

【リップル】は米リップル社(Ripple, Inc.)が
開発・管理している仮想通貨で

れいなママ

しろにゃん

リップルは
XRP Ledger(XRPレジャー)と呼ばれる
独自の分散台帳技術によって管理されていることも
大きな特徴の一つです

国際送金システムをスムーズにするために作られた

リップルは既存の国際送金システム
SWIFT(スイフト)の問題を解決し
より安くより早い国際決済を可能にする目的で
開発されました

リップル・トランザクション・プロトコル(RTXP)
と呼ばれる送金システムの中で
使われる仮想通貨がリップルです

これまで国際送金には
SWIFT(国際銀行間通信協会)のルール上
多くの時間とそれにともなう手数料が発生していました

しかし、RTXPを使うと
例えばリップルを軸にして
【日本円】→【リップル】→【ドル】
という流れを作ることができて
短い時間で国際送金取引が可能です

発行上限の1000億XRPは全て発行済み

発行上限数量は 1000億 XRP で
既にすべて発行済みです

れいなママ

しろにゃん

れいなママ

金融機関とのつながりが深い

仮想通貨は
これまでの中央集権的な金融システムとは異なる
分散管理型の性質が注目されているのに対し

【リップル】は既存通貨の
スムーズな国際間送金に特化した仮想通貨のため
昔からの金融機関とのつながりが強い
珍しい仮想通貨ともいえます

金融機関との提携も多く
海外では
イングランド銀行や
シンガポール金融管理局(シンガポールの中央銀行)
バンク・オブ・アメリカ

日本国内では
三菱UFJ銀行・みずほフィナンシャルグループ
りそな銀行 など
数多くの金融機関と提携しています

最近のグローバル化から考えて
このようなつながりは
より強力になっていく可能性が高く
それにともなって通貨としての価値も
高まる可能性があります

ロックアップによる価格安定

リップル社は自社で大量のXRPを保有しています
そのため、リップル社が自社保有のXRPを売却すれば
価格が下がるのでは?
と不安に思うユーザーのために

仮想通貨におけるロックアップとは
大量に保有している通貨を市場に出す前に
一定期間凍結することです

しろにゃん

リップル社は
自社のリップルを大量売却できないよう
ロックアップすることで
価格の安定を保とうとしています

リップル投資での注意点

ロックアップで価格の安定を目指してはいますが
他の金融商品に比べて価格変動が大きい
【仮想通貨】であることに変わりはない、
ということは必ず頭に入れておきましょう

また、ビットコインやイーサリアムと違い
中央集権管理であることから
管理元のリップル社の動向には
気をつける必要があります

リップル(XRP)Ripple(リップル)仮想通貨情報局 の今後は期待できる?2022年6月最新情報から見通しを考察!

リップル 今後

リップルのメリット

¥¥

・送金スピードが非常に速い
・多くの金融機関と提携している
・「Ripple Inc.」が企業として管理をしている

送金スピードが非常に速い

前述したように、リップル(XRP)は「取引スピード」と「コストの低さ」が大きく評価されています。

一方リップル(XRP)では「即時グロス決済システム(RTGS)」を採用。この方法は3〜5秒での承認作業が可能となっているため、多くの中央銀行でも使われています。

このように、仮想通貨(暗号資産)的ではなく、中央銀行に近いシステムを利用していることで「取引速度」や「送金コスト」を優れたものにしているのですね。

多くの金融機関と提携している

中央集権的なシステムや企業向けのプロダクトが多いという特徴があるため、金融機関との相性が良く、他の仮想通貨(暗号資産)よりも決済方法として選ばれやすくなっています

「Ripple Inc.」が企業として管理をしている

前述したように、リップル(XRP)は「Ripple Inc.」という企業が管理、運営しています。
多くの仮想通貨(暗号資産)では、中央機関を使った管理をしていないため、大きな特徴と言えるでしょう。

このような管理方法によるメリットには、取引やアップデートなどを企業として決定し、実行することが挙げられます。

現在、発行はすでに上限の1,000億枚まで済んでいるため、発行の管理はしていませんが、流通の管理は「Ripple Inc.」がしている状態です。発行済み枚数のうち630億枚を「Ripple Inc.」が保有し、流通する量を管理しているのです。

リップル(XRP)の3つのデメリット・注意点

リップルのデメリット

・取引・マイニングに規制をかける国が出ている
・裁判に負けるリスクがある
・リップル(XRP)が普及しても価値が上がらない可能性がある

取引・マイニングに規制をかける国が出ている

裁判に負けるリスクがある

リップル(XRP)が普及しても価値が上がらない可能性がある

国際送金などの実用化をメインに考えており、流通量を増やすために発行上限の1,000億枚まで発行済み。2022年3月時点の価格は1コイン当たり88円となっています。

今後リップル(XRP)の取引におすすめの取引所

Coincheck(コインチェック)

・国内暗号資産取引アプリダウンロード数No,1
・取り扱い通貨数国内最大級
・取引所の取引手数料無料
・関東財務局登録済みの暗号資産交換業者

Coincheck(コインチェック)は、リップルを含む17の暗号資産を購入できる取引所です。取引所の取引手数料は無料なので、初診者の方にもおすすめのサービスだといえます。

コインチェックはマネックスグループを親会社に持っており、セキュリティー対策もしっかりしている取引所です。

コインチェックアプリのダウンロード数は、国内暗号資産取引アプリの中でNo.1。操作性が高い証拠だと言えますね。

  • 取り扱い銘柄数:17種類
  • 取引所手数料:無料
  • 運営会社:コインチェック株式会社

※1 2020年1月 - 12月(データ協力:App Annie)
※ 22020年12月金融庁暗号資産交換業者登録対象、コインチェック調べ
※出典:公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

・ビットコイン取引量6年連続No.Ripple(リップル)仮想通貨情報局 1 ※1
・業界最長7年以上ハッキング0

  • 取り扱い銘柄数:15種類
  • 入金手数料
    クイック入金手数料(住信SBIネット銀行から):無料
    クイック入金手数料(住信SBIネット銀行以外から):330円
  • 出金手数料
    三井住友銀行 の場合
    3 万円未満の出金:220 円 Ripple(リップル)仮想通貨情報局
    3 万円以上の出金:440 円
    三井住友銀行 以外の場合
    3 万円未満の出金:550 円
    3 万円以上の出金:770 円
  • Ripple(リップル)仮想通貨情報局
  • 運営会社:株式会社bitFlyer

※上記の金額は税込表示です。
※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

GMOコイン

GMOコイン

・取り扱い銘柄数国内No.1 ※公式参照
・オリコン顧客満足度No.1 ※公式参照

仮想通貨リップル(XRP)SBI Ripple Asia『実装試験を完了』ある計画も明かされた!

【引用元】
https://coinpost.jp/
https://coinotaku.com/
https://jp.cointelegraph.com/
https://bittimes.net/
公式Line@では、登録者限定!仮想通貨の極秘情報を配信します。
【Check Coin News】公式LINE@はコチラ
↓↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40dvh3616v
#仮想通貨 #リップル #XRP
【Check Coin News】仮想通貨リップル 最新情報ch
チャンネル登録はコチラ
↓↓↓↓
https://goo.gl/RNMtdA

======================================================
関連動画
仮想通貨リップル(XRP)最強の証!結論として『あの通貨より適合性が最も高い』その根拠がコレだ!

仮想通貨リップル(XRP)日本でも、2022年4月から導入決定!日本全体の成長も加速する

仮想通貨リップル(XRP)公開『リップル社とSECが合意』新たな展開に注目

仮想通貨リップル(XRP)今年の終わりまでに『かたをつける』残り約30億XRP

どのコインを買えば億万長者になれるのか説明します。

仮想通貨リップル(XRP)SBI Ripple Asia『実装試験を完了』ある計画も明かされた!

【引用元】
https://coinpost.jp/
https://coinotaku.com/
https://jp.cointelegraph.Ripple(リップル)仮想通貨情報局 com/
https://bittimes.net/
公式Line@では、登録者限定!仮想通貨の極秘情報を配信します。
【Check Coin News】公式LINE@はコチラ
↓↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40dvh3616v
#仮想通貨 #リップル #XRP
【Check Coin News】仮想通貨リップル 最新情報ch
チャンネル登録はコチラ
↓↓↓↓
https://goo.gl/RNMtdA

======================================================
関連動画
仮想通貨リップル(XRP)最強の証!結論として『あの通貨より適合性が最も高い』その根拠がコレだ!

仮想通貨リップル(XRP)日本でも、2022年4月から導入決定!日本全体の成長も加速する

仮想通貨リップル(XRP)公開『リップル社とSECが合意』新たな展開に注目

仮想通貨リップル(XRP)今年の終わりまでに『かたをつける』残り約30億XRP

どのコインを買えば億万長者になれるのか説明します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる