初心者にもおすすめ

トレーディング手法

トレーディング手法
初心者でもわかる

FX基本用語

株の基礎知識

オプション取引

株の基礎知識

スキャルピングの手法

基礎

スキャルピングの手法

スパンモデルのトレード手法と雲

オプション取引

スパンモデルのトレード手法と雲

値動きに注意すべきパターン

取引プラットフォーム

値動きに注意すべきパターン

レバレッジと証拠金

FX投資

レバレッジと証拠金

デイトレ

日本のバイナリーオプション業者

ブローカーとは

基礎

ブローカーとは

外為どっとコムの外為情報ナビ

オプションFXとは

外為どっとコムの外為情報ナビ

FXの学習方法

オプション取引

FXの学習方法

MACDの使い方

日本のバイナリーオプション業者

MACDの使い方

RSI(相対力指数)とは

オプションFXとは

RSI(相対力指数)とは

FXのパラボリックSARとは

初心者でもわかる

FXのパラボリックSARとは

FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説

外国 為替 取引

FX用語オシレーター系を初心者にわかりやすく解説

初心者の方にも理解できるスキャルピング

基礎

初心者の方にも理解できるスキャルピング

FXチャートの見方をしっかり学んで取引をはじめよう

日本のバイナリーオプション業者

FXチャートの見方をしっかり学んで取引をはじめよう

株の買い方を解説

FX投資

株の買い方を解説

仮想通貨のスプレッドとは

基礎

仮想通貨のスプレッドとは

バイナリーオプションを攻略するには平均足を使いこなそう

オプションFXとは

バイナリーオプションを攻略するには平均足を使いこなそう

バイナリー オプション 1 億

オプション取引

バイナリー オプション 1 億

サポートとレジスタンスレベル–それらの使用方法

FXがはじめての方へ

サポートとレジスタンスレベル–それらの使用方法

エリオット波動

取引プラットフォーム

エリオット波動

FXチャートの見方

タダで投資

FXチャートの見方

仮想通貨のアービトラージは儲からない

オプション取引

仮想通貨のアービトラージは儲からない

FXブログ

初心者でもわかる

FXブログ

デイトレードとは何ですか

初心者でもわかる

デイトレードとは何ですか

バイナリーブログ

初心者でもわかる

バイナリーブログ

RSIとストキャスティクス

初心者でもわかる

RSIとストキャスティクス

バイナリーオプションで有効

オプションFXとは

バイナリーオプションで有効

FXの注意点

FXがはじめての方へ

FXの注意点

フィボナッチ数

オプション取引

【FX】MACDとRSIのトレード手法はめっちゃ機能する【理由:勝てる】

売りエントリー【基本のMACDとRSIのトレード手法】

エントリー根拠

  • 1:価格が上げ止まった(ダウ理論)
  • 2: RSI の買われすぎサイン
  • 3: MACD のデッドクロス(売りサイン)

今回のポイントは、 トレーディング手法 ダウ理論である高値の更新をせず、上げ止まった後に『 RSI と MACD』 に売りサインが点灯したとこです。

さらに、チャート形状は ダブルトップ といってトレンド転換する際にあらわれるチャートパターンとなって、根拠増しといった感じになりました。

【初心者向け】ダウ理論とは?【超わかりやすく解説】

2:トレンド転換を見極めるMACDとRSIのトレード手法

2 つ目は、 トレン ド転換を見極める MACD と RSI のトレード手法になります 。

この手法は、主にトレンド転換を狙った逆張りトレードになり、うまくトレンドの終焉を狙うことができれば大きな値幅が取れます。

エントリールール

    トレーディング手法
  • MACD のダイバージェンス確認
  • RSI のダイバージェンス確認する
  • 価格の切り下げ(上げ)確認(ダウ理論)

上記が、 トレーディング手法 『トレンド転換を見極める MACD と RSI のトレード手法』 のルールになります。では、実際のチャートをみてみましょう。

売りエントリー【トレンド転換を見極めるMACDとRSIのトレード手法】

トレンド転換を見極めるMACDとRSIのトレード手法

エントリー根拠

  • 1:MACD のダイバージェンス
  • 2: RSI トレーディング手法 トレーディング手法 のダイバージェンス
  • 3:意識される抵抗帯を下にブレイク
  • 4:レジサポ転換をした

今回のポイントは、『 MACD や RSI のダイバージェン スの売りサインのみ』で、エントリーしていないとこです

というのも、直近までは 上昇トレンド なので、早とちりなエントリーは 無 駄な損 切りにつなが ることが多いから。

『ダイバージェンス=トレンド終了の示唆』 のサインではあるが、トレードにおいて1つのサインだけで判断するのではなく、エントリー根拠を増やすことは超重要です。

ちなみに値動きが少ないレンジ相場であれば、 MACD や RSI のダイバージェンスの単体の根拠だけのエントリーは全然あり。

3:トレンドの波に乗るMACDとRSIのトレード手法

3つ目は、 トレンドの波に乗る MACD と RSI のトレード手法になります。

この手法は、主にトレンドの波に乗る順張りトレードになり、うまくトレンドフォローができれば短時間で、大きな利益が取れます。

エントリールール

  • MACD のヒドゥンダイバージェンス確認する
  • RSI のヒドゥンダイバージェンス確認する
  • 価格の切り下げ(上げ)確認する(ダウ理論)

これが、 【3:トレンドの波に乗る MACD と RSI のトレード手法】 のルールになります。
では、実際のチャートを見てみましょう。

買いエントリー【トレンドの波に乗るMACDとRSIのトレード手法】

トレンドの波に乗るMACDとRSIのトレード手法

エントリー根拠

  • 1: MACD のヒドゥンダイバージェンス
  • 2: RSI のヒドゥンダイバージェンス
  • 3:安値の切り上げ(ダウ理論)
  • 4:レジサポ転換

今回のポイントは、 MACD と RSI のヒドゥンダイバージェンスが発生したと同時に、レジサポ転換も確認でき、 RSI 単体でも売られすぎサインが点灯していたとこです。

押し目で買うことが苦手なトレーダーは多くいますが、しっかりとしたエントリー根拠があれば自信を持って順張りトレードができます。

エントリーの際は、 複数の根拠 を探すことを心がけてください。

【おまけ】ダイバージェンスの複合トレード手法

おまけ枠で、 ちょっと応用した MACD と RSI のトレード手法を紹介します。

とはいえ、ルールは変わりません。ただのダイバージェンスの 複合的な考え方 トレーディング手法 といった感じ。

ダイバージェンスの複合トレード

エントリー根拠

  • 1: MACD のダイバージェンス確認(赤丸)
  • 2: RSI のダイバージェンス確認(赤丸)
  • 3:青丸部分での価格の下げ止まり(ダウ理論)
  • 4: MACD のダイバージェンス確認(青丸)
  • 5: RSI のダイバージェンス確認(青丸)

上げトレンド中で点灯する『下げサインのダイバージェンス』は基本的にトレンドに対した逆張りになるので、上記のような安値を更新せずに下げ止まることがよくあるんです。

ちなみに今回は、下げサインのダイバージェンスからの、上げサインのダイバージェンスの発生でしたが、トレンドが強いと、下げサインのダイバージェンスからの上げサインのヒドゥンダイバージェンスの発生とかもあります。

以上が、 トレーディング手法 MACD×RSI のトレード手法になります。

MACD×RSIのトレード手法の注意点

MACD と RSI のトレード手法を使うにあたって、 2 つ注意 してほしいことがあります。

  • 1:サインを絶対に盲信してはダメ
  • 2:迷った時のエントリーは控えよう

1:サインを絶対に盲信してはダメ

今回紹介した MACD と RSI のトレード手法以外にもいえますが、 エントリー根拠がいくら硬くても、サインを盲信することはやめましょう。

サインを絶対に盲信してはダメ

チャートを見てわかる通り、ダイバージェンスが連発していますが、全て跳ね返されて上昇しています。

相場に 100% なんてことはないので、様々なシナリオも想定してトレードをしていきましょう。

2:迷った時のエントリーは控えよう

例えば

  • MACD はダイバージェンスしているのに、 RSI はダイバージェンスしていない
  • チャートは下がりそうだけど、 MACD と RSI が微妙な動きになっている

上記は、ただの一例ですが迷った場面に遭遇した時はエントリーを控えることがおすすめ。経験上、微妙なサインでの妥協したエントリーは大体負けますw

利益確定と損切りについての考え方

トレードするにあたって、 利益確定と損切りの考え方について 3 つ覚えてほしいことがあります。

  • 1:損切りは意識される価格帯と少しずらす
  • 2:ビビってチキン利確と損切りしない
  • 3:損大利小であれば、勝率90%でも負ける事実

多くのトレーダーは、『手法』ばかりを重要視して『利益確定』と『損切り』などの資金管理を軽視しがちですが、ぶっちゃけ超重要です。

では、 1 つずつみていきましょう。

1:損切りは意識される価格帯と少しずらす

なぜかというと、意識される価格帯には多くのトレーダーの注文が集中している箇所なので、反転する確率も高いから。

たまに、レジスタンスラインやサポートラインにぴったりに損切り注文をしている人もいますが、狩られる可能性も高くなるので 『ずらす』 を意識してみてください。

2:ビビってチキン利確と損切りしない

  • とりあえず負けるのが嫌だから、根拠なしで利益確定をする(チキン利確)
  • エントリー後、予想と反対に少し動いただけで怖くて損切りする(チキン損切り)

こんな感じで、明確な根拠なしの『チキン利確』や『チキン損切り』は NG です。これを繰り返していると、いつか 大きく負ける のがオチ。

もう一つの理由が、無計画で勝てるほどトレードは甘くないからです。

ぶっちゃけ、ネットなどでたまにみる『勝率 99 %』『一日 5 分であるサインだけで勝てる』なんかの広告は嘘です。

とはいえ、どの勝ちトレーダーも始めは負けまくっています。継続こそが勝ちトレーダーへの唯一の道です、頑張りましょう。

3:損大利小であれば、勝率90%でも負ける事実


損大利小トレードをしてしまえば、勝率 90 %でも負けます。

このように、損大利小だといかに勝率がよくても負けます。

例えば

  • ①:1万円勝ち
  • ②:1万円勝ち
  • ③:1万円勝ち
  • ④:1万円勝ち
  • ⑤:1万円勝ち
  • ⑥:1万円勝ち
  • ⑦:1万円勝ち
  • ⑧:1万円勝ち
  • ⑨:1万円勝ち
  • ⑩: 15万円負け

損大利小の例ですが、このように 10 回中9回勝って 『勝率90%』 トレーディング手法 としても、 1 回の負けで負け越します。

逆に、『損大利小』ではなく、『損小利大』なトレードができれば 『勝率 10% トレーディング手法 でも勝てる』 のです。

まとめ:トレードは優位性が重要です

以上が、 RSI と MACD のトレード手法についてでした。

トレードルールも重要ですが、エントリー根拠を多く見つけ、優位性が高いトレードをすることが、重要なことを理解いただけたと思います。

FXのトレンドフォロー手法大全|1記事で順張りを完全攻略【保存版】

トレンドフォローのすべて

お悩みトレーダー

それは、 トレンドフォローも厳選してエントリーをすれば、そこまで勝率は悪くない からです。

資金管理のテクニックや手法にもよりますが、 私の場合は70%~80%くらいの勝率 で、トレンドフォローを運用しています。

少ないトレードで、悪くない勝率、かつ損小利大。

②FXはトレンドが長く続く金融商品

デイトレードレベルであれば、月に一度は、各通貨で大相場があります。

スイングトレードであれば、数か月~1年の間に、各通貨で大相場があります。

その中で 『たまに大勝ち』 があるから、利益が残るんです。

トレーディング手法 利益を残すための『大勝ち相場』が、FXにはあります。

世界共通のトレンドの定義

トレンドフォローとダウ理論

世界共通のトレンドの定義!ダウ理論

アップトレンド

ダウ理論|アップトレンドの定義

ダウントレンド

ダウ理論|ダウントレンドの定義

アップトレンドの定義 ⇒ 高値と安値を共に切り上げている相場

ダウントレンドの定義 ⇒ 高値と安値を共に切り下げている相場

『ダウ理論』を理解すると、面白いくらいに相場が分かるようになります。

ダウ理論については、以下の記事で めちゃくちゃ分かりやすく解説 しています。

高値・安値を定義する

「ダウ理論を理解して、あなたはダウ理論を使えこなせたでしょうか?」

なぜなら、 高値と安値の取り方が分からなかったから です。

高値安値の定義②

さて、 一貫した分析をするために必要なものがあります。

『定義付け(ルール)』 です。

高値と安値の定義付けで、最も世界的に使われている方法が、 スイングハイ・スイングローというルール トレーディング手法 です。

高値と安値がルール化されると、トレンド相場とレンジ相場が明確に分析できるようになります!

トレンド転換

ダウ理論|トレンド転換シグナル

トレンドが判断できるようになると、『トレンド転換』が分かるようになります。

なぜ、『トレンド転換』を知る必要があるのでしょうか?

上記にあげた 3つの理由は、トレンドフォローの 勝率や収益率に非常に大きく関わるポイント です。

トレンド転換を判断するために、知っておかなければいけない 重要な高値と安値 があります。

『押し安値と戻り高値』 です。

トレンドフォローの勝率を確実に上げる分析方法

環境認識とマルチタイムフレーム分析

さて、この章では、さらに トレンドフォローをするうえで高確率な相場を見つける分析方法 について解説していきます。

上級トレーダーが、必ず行っている分析方法 『マルチタイムフレーム分析』 です。

マルチタイムフレーム分析①

上位足・基準足(中期足)の役目トレード方向 の決定

下位足の役目エントリータイミング の決定

ひとつの時間足だけではなく、 複数の時間足の分析を加えることで、勝率の高い相場を見つけることができる ようになります。

トレンドフォローに相性がいい移動平均線の使い方を完全マスター

そのダウ理論をさらにビジュアル的に分かり易く、トレンドを描写してくれるのが『移動平均線(Moving Average)』です。

移動平均線は、 トレンドフォローとの相性が抜群に良い です。

トレンド相場の移動平均線(MA)の順列

【トレンド相場】
(パーフェクトオーダー)

トレンドフォローの移動平均線の使い方(パーフェクトオーダー)

アップトレンド ⇒ 上から [短期]>[中期]>[長期]

ダウントレンド ⇒ 上から [長期]>[中期]>[短期]

調整局面相場の移動平均(MA)の順列

【調整局面の相場】
(押し目・戻り目)

トレンドフォローの移動平均線の使い方(調整)

アップトレンドの押し目 ⇒ 上から [中期]>[短期]>[長期]

ダウントレンドの戻り目 ⇒ 上から [長期]>[短期]>[中期]

ノントレンド相場の移動平均(MA)の順列

【ノントレンド相場】
(持ち合い相場)

トレンドフォローの移動平均線の使い方(レンジ)

トレンド相場のMA順列・調整局面のMA順列以外は、ノントレンドのMA順列 になります。

このように 3本の移動平均線を利用することで、現在、相場がどのような局面にあるのかをひと目で判断 することができます。

トレンドフォローの押し目買い・戻り売りのタイミングを極める『クラスター』

FXの押し目買いと戻り売り

この項目では、 押し目買い・戻り売りのタイミングを極める 方法 を解説します。

押し目買い・戻り売りのエントリーポイントで必ず意識したいことは、 エントリーの根拠の重複 です。

エントリーの根拠が重複することを『クラスター』 と言います。

押し目買い戻り売りのクラスター

チャートの赤丸部分に注目 してください。

根拠①|MAがパーフェクトオーダー

根拠②|直近高値のレジサポ転換

根拠③|フィボナッチ50%

根拠④|見にいですが、トレンドラインの接点

『クラスター』についての詳しい解説や、あまり知られていない押し目・戻り目のルール については、以下の記事で分かり易く解説しています。

トレンドフォローのエントリーサイン『プライスアクション』

これより紹介する『エントリーサイン』は、 かなり機能します。 しかも、 損小超利大になる ことがあります。

世界中の『基準』とは、 『世界中のトレーダーの誰もが、絶対に見ていて感じているものを基準』 にするといことです。

覚えておこうトレンドフォローで使いえる調整局面のフォーメーション

相場観を養うことで、その先の値動きをある程度予測できるようになります。

トレンドフォローのフォーメーション

トレーディング手法 調整局面では、下位足で、調整を示唆するフォーメーション が散見されます。

反転局面では、下位足で、反転を示唆するフォーメーション が散見されます。

②トレンドフォローのフォーメーション

勝率が高い!3つのトレンドフォロー手法を公開

トレンドフォロー手法①|勝率が抜群に高い第3波

トレンドフォロー

こちらの手法は、 トレンド初期の第3波の押し目・戻り目を獲る手法 です。

この手法を理解することで、 自分がどのスイングを獲ろうとしているのかを理解できるようになります。

そのことによって、 トレンドフォローが確実に上手くなります。

トレンドフォロー手法②|爆益になるかも!ブレイク手法

FXレンジブレイクアウトを2つの高勝率トレンドフォロー手法で攻略

この手法は、 トレーディング手法 レンジ後のブレイクアウトを騙されることなくエントリーする手法 になります。

この手法を理解することで、 だます側(大口トレーダー)の心理を利用して大勝ち できるようになります。

トレンドフォロー手法③|サポレジ付近やレンジ相場も攻略

レンジ相場のトレンドフォロー戦略

この手法は、 レンジ相場をトレンドフォローで獲っていく手法 になります。

この手法を理解できれば、 レンジ上限・下限だけではなく、サポート・レジスタンスでの立ち回りが確実に上手くなります。

稼げる手法を確立する無料デモトレードの始め方!TradingViewでペーパートレードしよう

稼げる手法を確立する無料デモトレードの始め方!TradingViewでペーパートレードしよう

まず、右のツールバーにある「」をクリックします。

Tradingviewのデモトレードのやり方3

Tradingviewのデモトレードのやり方4

注文パネルの上部にある「売り/買い」の持ちたいポジションをクリックすると、下の注文ボタンが有効になります。

Tradingviewのデモトレードのやり方5

Tradingviewのデモトレードのやり方6

板情報から売買する

まず、右のツールバーの下のほうにある板情報「」のアイコンをクリックします。

Tradingviewのデモトレードのやり方8

すると、以下のような板情報画面が表示されます。

真ん中の列が板となっており、灰色になっている部分が現在価格です。

価格にマウスアイコンをおいたまま、 スクロールすれば価格表を上下に移動できます 。そのため、売買したい価格が表示されいなければスクロールして移動しましょう。

板情報を動かしたことで現在価格が分からなくなっても心配する必要がありません。価格の下にある照準アイコンをクリックすれば、 現在価格を中央に表示させることができます 。

注文したい価格があれば、板情報画面の 価格の横にある 空白部分 をクリック しましょう。

価格の 側の空白部分を押せば、その価格での 「 買い 」注文 のパネル ができます。もちろん、逆に価格の 側の空白部分を押せば、その価格で 「 売り 」注文 のパネル がでてきます。

Tradingviewのデモトレードのやり方9

各ポジションの右側に「」アイコンがあると思います。この「」アイコンをクリックすれば下記決済確認画面が表示されるの、「ポジション決済」をクリックすればポジションが決済されます。

ひろぴーオリジナルRCIのトレード手法を解説!(TradingViewビットコインチャート編)

saxorci4lines

RCI

出所:TradingView

RCIとはRank Correlation Indexの略で、日本語では「順位相関指数」と呼ばれます。

RCIでは、ビットコイン相場のトレンドの勢いや、売られ過ぎ(買われ過ぎ)がわかります。

オシレーター系指標とは、「買われ過ぎ、売られ過ぎ」といった相場の加熱度を示すテクニカル指標です。 トレーディング手法
そのため「今は買われすぎているから、もうすぐ売られるだろう」と予想し、今の相場の方向とは逆方向にエントリーする逆張りでエントリーすることが多いです。
なおRCIの他に、RSIやストキャスティクス、MACDなどが挙げられます。

一方でトレンド系指標は、相場参加者の心理であるトレンドを読み、相場の方向性を把握するテクニカル指標です。
なお代表的なトレンド系インジケーターとして移動平均線やボリンジャーバンドが、分析方法としてはトレンドライン・フォーメーション分析などが挙げられます。

RCI4linesとは

RCI4lines

RCI4linesの実際の表示

今回使用するひろぴーのオリジナルインジケーターRCI4liensは、RCIで通常使用する3本線にさらに短期線を1本加えることで、エントリーチャンスがより明確にわかりやすくなったオシレーター指標です。
なお通常RCIで使用される線の値は、9と26、52の3本ですが、RCI4linesでは短期線が1本加わり7( 赤 )と9( 緑 )、26( 水色 )、52( えんじ色 )となっています。

RCI4linesを使ったビットコイン相場のトレード手法

チャート設定 4時間足 RCI4linesのインジケーターをセット

エントリールール 短期戦7と短期線9が±80付近※を超えてゴールデンクロス(デッドクロス)
※約±5程が目安、理想は±80以上 中期線と長期線がトレンド方向に伸びている

イグジットルール 中期線と長期線が±80を下回る 又は中期線のみが±80を下回る(早めのイグジット)

RCI4linesの手法例1(ビットコインドル、ロングエントリー)

RCIロングエントリー

出典:TradingView(BTC /USD、4時間足、2019年3月〜4月頃)

まずは買いのエントリーから説明します。
チャート左側の トレーディング手法 黄緑丸 の3月17日の深夜に短期戦の7( 赤 )と9( 緑 )が-80付近でクロスしました
中長期線の26( 水色 )、52( えんじ色 )がエントリー方向(買)に伸びているので、ルール通りにエントリーします

次にイグジット(売)は、チャート右側の赤丸の4月12日頃に中長期線の26( 水色 トレーディング手法 )と52( えんじ色 )の両方が+80を下回ったため、買いの中長期的な加熱は終了したと判断し、イグジットします。

またイグジットルールは満たしていないけど一旦利益を確定させたいときには、中期線 (26) が+80を下回った時点でイグジットする方法もあります。このチャートでは4月5日頃がその目安となります。

RCI4linesの手法例2(ビットコインドル、ショートエントリー)

RCIショートエントリー

(2018年11月〜12月頃)

チャート左側の 赤丸 の11月11日頃に短期戦の7( 赤 )と9( 緑 )が+80付近でクロスしました、短期的に買われ過ぎているため、今後売られるかもしれません
中長期線の26( 水色 )、52( えんじ色 )がエントリー方向(売られ過ぎ)に伸びているので、ルール通りにエントリーします

次にイグジット(売)は、チャート右側の 黄緑丸 の11月29日頃に中長期線の26( 水色 )と52( えんじ色 )の両方が-80を上回ったため、売りの中長期的な加熱は終了したと判断し、イグジットします。

またイグジットルールは満たしていないけど一旦利益を確定させたいときには、中期線(26)が-80を上回った時点でイグジットする方法もあります。このチャートでは11月18日頃がその目安となります。
ただしこの場合では、その後相場が下落しているため賢明な判断ではありませんでした。そのため早期のイグジットルールは、資金少なくすぐに利益が欲しいときのみに使用すると良いでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる