投資基礎講座

オプション取引とは

オプション取引とは
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(1):エアトリ、東レ、ファストリ (06/16)
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(2):ヤマトHD、ベビカレ、キャンバス (06/16)
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(3):HPCシス、ジェイリース、ピープル (06/16)
  • ・本日の【ストップ高/ストップ安】 引け S高= 9 銘柄 S安= 1 銘柄 (6月16日)
  • ・★本日の【サプライズ決算】超速報 (06月16日) オプション取引とは [プレミアム専用] (06/16)
  • ・政府肝いりの政策が本格始動へ、「少子化対策」関連株に上昇機運 <株探.. (06/15)オプション取引とは
  • ・【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月15日版
  • ・ようやく海外旅行も自由に、クレカ付帯の旅行保険の活用法 (06/16)
  • ・NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集> (06/14)
  • ・6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (06/14)

【市況】 日経225オプション9月限(16日日中) 2万6500円プットが出来高最多134枚


コール プット
出来高 前日比 価格 行使価格 価格 前日比 出来高
1 4 34000
1 オプション取引とは +2 22 32000 オプション取引とは
13 -22 41 31000
1 +7 57 オプション取引とは 30750
2 +2 71 30500
9 -10 70 30250
1 77 30125
15 -8 86 30000
21 99 29875
3 オプション取引とは +10 150 29500
55 +50 255 29000
2 +35 340 28500
3 +5 370 28250
6 +75 530 28000
10 -45 635 27500
7 770 27125
6 885 27000
26500 1180 -70 134
26000 985 62
25750 845 1
25500 670 -225 4
25000 675 -50 11
24750 620 -25 オプション取引とは 1
24500 565 -30 1
24250 515 2
24000 470 -40 63
23750 425 -20 1
23500 390 -15 1
23250 355 1
23000 320 -30 6
22500 265 -25 5
22250 215 オプション取引とは -50 6
22000 225 -15 83
21500 140 -55 8
21000 145 -25 2
20000 105 -10 18
19000 54 -24 7
18000 42 -12 16
17000 29 -8 5
16500 22 -8 1
16000 21 14
15000 14 -4 2
14000 10 7
11000 3 3
10000 3 0 39

  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(1):エアトリ、東レ、ファストリ (06/16)
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(2):ヤマトHD、ベビカレ、キャンバス (06/16)
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(3):HPCシス、ジェイリース、ピープル (06/16)オプション取引とは
  • ・本日の【ストップ高/ストップ安】 引け S高= 9 銘柄 S安= 1 銘柄 (6月16日)
  • ・★本日の【サプライズ決算】超速報 (06月16日) [プレミアム専用] (06/16)
  • ・政府肝いりの政策が本格始動へ、「少子化対策」関連株に上昇機運 <株探.. (06/15)
  • ・【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月15日版
  • ・ようやく海外旅行も自由に、クレカ付帯の旅行保険の活用法 (06/16)
  • ・NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集> (06/14)
  • ・6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (06/14)

オプション取引についてわかりやすく徹底解説!4つの基本パターンを理解するだけで投資戦略は広がる!

オプション取引 わかりやすく

金額が下がった場合は、権利を放棄すればいいので、プレミアムの100,000円のみの損失になります。

コールの売り

プレミアムの1,000倍の金額になることから資金は100,000円となり、売り手の利益の最大額になります。

オプション取引の初心者の場合は、できるだけコール・オプションの売りは選択しないようにしましょう。

プット・オプション

プット・オプションはコール・オプションと同様、買い手と売り手が存在し、買い手はプレミアムを払うことで権利を獲得することができます

プットの買い

コール・オプション同様、プレミアムを買う場合は価格の1,000倍の資金が必要とされているため、1枚100円であることから、必要な資金は100,000円になります。

金額が上がった場合は、権利を放棄すればいいので、プレミアムの100,000円のみの損失ということになります。

プットの売り

売り手にとっては、取引時の金額が権利行使価格の15,000-100円(プレミアム)=14,900円を下回ると損失の方が多くなり、損をすることになります

コール・オプションの売りと同様、オプション取引の初心者の場合は、できるだけプット・オプションの売りは選択しないようにしましょう。

オプション取引をはじめるなら専用口座が必要

注意点として、投資資金が少ない場合や、電話面接でオプション取引について知識が乏しいと判断された場合には審査に通らないこともあります。

4つの基本パターンを理解して自分にあった投資戦略を導き出す

オプション取引の買い手は、最大でもプレミアムまでの損失しか生まれないため、初心者にとってもおすすめです。

バイナリーオプションの始め方

バイナリーオプションの詐欺事例を紹介!詐欺手口の見分け方や安全に取引する方法を解説

バイナリーオプションの税金

バイナリーオプションで使う無料の矢印ツールで勝てる?

RANKING

trayaout

  • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • オプション取引とは
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

オプション (読み)おぷしょん (英語表記)option

一般には選択、選択権などを意味し、証券市場では選択権付き取引をさす。買付け(あるいは売付け)の選択権の買い手は契約内容に従い、一定期間内に契約時の価格で株式を売り付ける権利(買い付ける権利)を取得することができるが、その選択権の売買に関する取引をさす。大別してプット・オプションput optionとコール・オプションcall optionがある。前者を売付け選択権といい、その買い手は一定期間内にいつでも、プット・オプションの売り手に契約価格で特定数量の株式を売り付ける権利があり、売り手は権利が行使された場合、いつでもそれに応じなければならない。コール・オプションはその逆で買付け選択権のことである。プットとコールとの組合せにより、ダブル・オプション、ストラッドル、スプレッドなどの変形された内容のオプションがある。たとえば、売り手である投資家Aが10ドルの株100株を、6か月以内なら15ドルの株価で売り渡すという権利(オプション)を100ドルで売る。期間内に株価が20ドルになったとすると、オプションの買い手BはAから株を買って市場で売れば
(20×100)-(15×100)-100=400(ドル)の利益となる。逆に5ドルに下がった場合、買い手Bは権利を放棄すれば100ドルの損ですむ。売り手Aにとっては本来500ドルの損であるが、400ドルの損ですむから、売り手、買い手ともにリスクを小さくする効果がある。オプションは投機やヘッジ(つなぎ売買)の目的で用いられるが、その起源は古く、アリストテレスによれば、ギリシアの哲学者タレスがオリーブ圧搾機のオプション契約を行ったとされる。ただ、体系的なオプション取引としては、17世紀のオランダにおけるチューリップの球根取引のリスクヘッジが最初といわれる。アメリカでは1973年にシカゴ・オプション取引所で証券(ストック)オプションが成功したことによってその後発展してきた。日本では1989年(平成1)以降、債券、株式などを対象としたオプション取引制度が相次いで導入され、さまざまな投資戦略を実現する道が開かれている。

貿易契約では、当事者の一方が、いくつかの事項について、そのうちの一つを自由に選ぶ権利(選択権)をもつ場合をセラーズ・オプションseller's optionといい、買い手の場合をバイヤーズ・オプションbuyer's optionという。なお、「オプション」は選択自由な特別注文という意味で、航空機の仮発注や、ファッション、自動車などの注文についても用いられている。

『国村道雄、飯原慶雄著『株式市場とオプション取引』(1989・中央経済社)』 ▽ 『日本銀行金融市場研究会編著『オプション取引のすべて――デリバティブズとリスク管理』(1995・金融財政事情研究会)』 ▽ 『シカゴオプション取引所付属オプション専門学校編、可児滋訳『オプション――その基本と取引戦略』(1999・ときわ総合サービス株式会社出版調査部)』 ▽ 『ジョン・C・ハル著、小林孝雄監訳『先物・オプション取引入門』(2001・ビアソン・エデュケーション)』

第1回 「移動平均線」編

「移動平均線」とは、過去の一定期間の終値の「平均値」を計算し、その値をつないだライン(線)のことです。たとえば「5日移動平均」といえば、今日を含んだ過去5日間の終値の平均を算出したものになります。
翌日になると、その日を含む過去5日間の終値の平均を算出します。その次の日、さらにその次の日も同様に算出します。 移動平均線の傾きが上向きなら「上昇トレンド」、下向きなら「下降トレンド」と判断できます。また、現在の価格が移動平均線より上にあれば「上昇トレンド」、下にあるときには「下降トレンド」を示していると読み取ることもできます。

「短期線」「中期線」「長期線」を組み合わせてトレンドをつかむ!

「移動平均線」は、平均する日数に応じて短期線、中期線、長期線に分類して使います。設定期間が短いほど直近の価格により近くなり、逆に、期間が長いほど長期的な流れを示すという性質があります。この性質を利用し、大きく3つの線「短期線」「中期線」「長期線」に分けてそれぞれを組み合わせることでトレンドをつかむ方法です。
平均する価格の数は、確認したいトレンドの期間をもとに営業日ベースで求めます。例えば、中期的な視野で取引する場合は日数単位で価格を計る「日足」を使い、短期を約3週間分の「15日」、中期を約5週間分の「25日」、長期を約15週間分の「75日」などに設定します。また、長期的な視野で取引する場合は週単位で価格を計る「週足」を使い、短期を「13週(約3ヵ月)」、中期で「26週(約半年)」、長期で約1年にあたる「52週」などといった設定をおこないます。このように、それぞれのトレードに合わせて設定を変えて使います。

移動平均の設定方法


[メイン画面]

オプション取引とは
[ツールバー]

(2)移動平均の設定方法

『MarketSpeed - 環境設定』画面にて、「プロパティ1」のタブを選択してください。
「移動平均」のチェックボックスにてチェックされた移動平均を表示いたします。
分足移動平均、計算日数等の指定は日足1~200日、週足1~100週、月足1~100月(ヵ月)、分足1~150本の範囲で設定してください。

移動平均線で相場の流れを分析!

買いの「ゴールデンクロス」、売りの「デッドクロス」

短期の移動平均線が上昇トレンドで、中・長期の移動平均線を下から上に抜けたときが「ゴールデンクロス」。逆に短期の移動平均線が下降トレンドで、中長期の移動平均線を上から下に抜けたときが「デッドクロス」となります。
ゴールデンクロスが現れると通常相場が「強気」であることをあらわし、一方デッドクロスが現れると通常相場が「弱気」であると判断できます。
ただし、もみ合い相場での「ダマシ」には注意が必要です。 オプション取引とは
移動平均線は大きなトレンドが出る、いわゆる「大相場に強い」といわれていますが、その一方、特にゴールデンクロスやデッドクロスによる分析の弱点として有名なものに、「もみ合い相場に弱い」ということが挙げられます。「もみ合い相場」には、上昇もしくは下落の大きな流れが存在していませんので、価格が平均値の近くをウロウロと漂いつづけます。移動平均線は過去の平均を計算して算出することから、買いや売りのサインは少し遅れて出てきます。もみあい相場の中では、そのタイムラグによって売りどきなのに「買いサイン」が、買いどきなのに「売りサイン」が出るなどして、反応にズレが生じやすくなります。こうしたシグナルのズレを「ダマシ」と言います。相場の方向性を見誤るものとして、注意が必要です。

第1回 「移動平均線」編

「移動平均線」とは、過去の一定期間の終値の「平均値」を計算し、その値をつないだライン(線)のことです。たとえば「5日移動平均」といえば、今日を含んだ過去5日間の終値の平均を算出したものになります。
翌日になると、その日を含む過去5日間の終値の平均を算出します。その次の日、さらにその次の日も同様に算出します。 移動平均線の傾きが上向きなら「上昇トレンド」、下向きなら「下降トレンド」と判断できます。また、現在の価格が移動平均線より上にあれば「上昇トレンド」、下にあるときには「下降トレンド」を示していると読み取ることもできます。

「短期線」「中期線」「長期線」を組み合わせてトレンドをつかむ!

「移動平均線」は、平均する日数に応じて短期線、中期線、長期線に分類して使います。設定期間が短いほど直近の価格により近くなり、逆に、期間が長いほど長期的な流れを示すという性質があります。この性質を利用し、大きく3つの線「短期線」「中期線」「長期線」に分けてそれぞれを組み合わせることでトレンドをつかむ方法です。
平均する価格の数は、確認したいトレンドの期間をもとに営業日ベースで求めます。例えば、中期的な視野で取引する場合は日数単位で価格を計る「日足」を使い、短期を約3週間分の「15日」、中期を約5週間分の「25日」、長期を約15週間分の「75日」などに設定します。また、長期的な視野で取引する場合は週単位で価格を計る「週足」を使い、短期を「13週(約3ヵ月)」、中期で「26週(約半年)」、長期で約1年にあたる「52週」などといった設定をおこないます。このように、それぞれのトレードに合わせて設定を変えて使います。

移動平均の設定方法

オプション取引とは
[メイン画面]


[ツールバー]

(2)移動平均の設定方法

『MarketSpeed - 環境設定』画面にて、「プロパティ1」のタブを選択してください。
「移動平均」のチェックボックスにてチェックされた移動平均を表示いたします。
分足移動平均、計算日数等の指定は日足1~200日、週足1~100週、月足1~100月(ヵ月)、分足1~150本の範囲で設定してください。

移動平均線で相場の流れを分析!

買いの「ゴールデンクロス」、売りの「デッドクロス」

短期の移動平均線が上昇トレンドで、中・長期の移動平均線を下から上に抜けたときが「ゴールデンクロス」。逆に短期の移動平均線が下降トレンドで、中長期の移動平均線を上から下に抜けたときが「デッドクロス」となります。
ゴールデンクロスが現れると通常相場が「強気」であることをあらわし、一方デッドクロスが現れると通常相場が「弱気」であると判断できます。
ただし、もみ合い相場での「ダマシ」には注意が必要です。
移動平均線は大きなトレンドが出る、いわゆる「大相場に強い」といわれていますが、その一方、特にゴールデンクロスやデッドクロスによる分析の弱点として有名なものに、「もみ合い相場に弱い」ということが挙げられます。「もみ合い相場」には、上昇もしくは下落の大きな流れが存在していませんので、価格が平均値の近くをウロウロと漂いつづけます。移動平均線は過去の平均を計算して算出することから、買いや売りのサインは少し遅れて出てきます。もみあい相場の中では、そのタイムラグによって売りどきなのに「買いサイン」が、買いどきなのに「売りサイン」が出るなどして、反応にズレが生じやすくなります。こうしたシグナルのズレを「ダマシ」と言います。相場の方向性を見誤るものとして、注意が必要です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる