外為ニュース

投資初心者でも大丈夫

投資初心者でも大丈夫
※チラシは小道具です。イメージです

株取引は投資初心者でも運用できる?

株取引は投資初心者でも運用できる?

株取引は投資初心者でも運用できる?

※チラシは小道具です。イメージです

株式投資とは?

株式投資とは?

株式投資のメリットや魅力とは

株式投資のメリットや魅力とは

  • キャピタルゲイン (売却益)
  • インカムゲイン(配当益)
  • 株主優待

<キャピタルゲイン (売却益)>

2020年にテンガバーを達成した銘柄とその上昇率

2020年にテンガバーを達成し

インカムゲイン(配当益)

インカムゲイン(配当益)

株式投資のリスク/デメリット

株式投資のリスク/デメリット

  • 価格変動リスクがある
  • 手数料がかかる
  • 投資金額が比較的大きい
  • 銘柄選定が難しい

価格変動リスク

手数料がかかる

投資金額が比較的大きい

銘柄選定が難しい

株式投資のコツとは?

株式投資のコツとは?

基本的な知識を身に付ける

予算を自分で設定する

少額から始めてみる

株式投資の用語集

株式投資の用語集

まとめ

監修者プロフィール

渡辺 智(ワタナベ サトシ) 投資初心者でも大丈夫
FP1級、証券アナリスト。

投資の基礎【中級編】

特定口座とは?

恐怖指数(VIX指数)とは? 特徴と投資するメリットデメリットをご紹介!

円高/円安って何?

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

リスクもこわいし知識もない! 投資初心者がまず始めるべき投資とは

wakana

■今回のお悩み「投資を始める時は手元にいくら必要?」 いざ投資を始めようと思っても、いくらから始めたらいいのかさっぱり……。現在フリーで働いているのですが、私みたいな安定収入がない人でも投資はできるのか教えてください! ばなお ■生活費の3カ月分は手元に置いておく 投資にはリスクもありますので、お金を増やしたいからと言ってありったけのお金を全部投資に回す、というのはおすすめできません。 投資初心者でも大丈夫 目安として生活費の3カ月分はまずは預貯金として手元に置いておく。いざという時の出費や生活のことを考えると、最低でもこのくらいは「いつでも引き出せる資金」として残しておけると安心です。 投資に回すのは、それを上回った分の一部。例えば、毎月の生活費が25万円なら、75〜80万円くらいは預貯金として残しておく。そのうえで、毎月5万円貯金しているなら、そのうちの2〜3万円を投資に回す、というようなイメージです。 ■投資にはいくらぐらいの資金が必要? ただ最近は、証券会社によって、投資信託が月々100円から積立できたり、株が1株単位で購入できたりするところもあります。 ですから、投資を始めるのに多額の資金が必要というわけではありません。生活費の3カ月分の預貯金ができるまで時間がかかりそう、また、安定収入がないという場合は、お小遣いの範囲内で少額から始めるというのもよいと思います。 また、逆に預貯金が3カ月分を上回っているからといって、初心者の方がいきなり多額の金額を投資に回すのは危険です。慣れていないと投資先を誤ってしまったり、株価の変動に焦ってしまったりしますからね。 なので、最初のうちは少額から始めて徐々に感覚をつかんでいくといいでしょう。 ■今回のポイント ・生活費の3カ月分を預貯金として手元に置き、上回る額の一部を投資に回すと良い ・「少額投資」という手段もある ・初めから多額の金額を投資に回すのは避ける 安定収入が得られるまでは投資をやらない方がいいと思っていたけど、「少額投資」で少しずつ始めるのはいいかも! 私でもできそうです! (監修:大竹のり子、文・編集:マイナビウーマン編集部)

【初心者向け】少額からでも成功できる!1万円からの資産運用3選

【初心者向け】少額からでも成功できる!1万円からの資産運用3選

初心者が毎月1万円から始めるなら「保険」か「投資信託

初心者が毎月1万円から資産運用を始めるなら、 保険 か ※ 投資信託 をおすすめします。

保険や投資信託の運用は、投資のプロが行うので、専門知識がいらない上に、ほったらかしに出来るので、誰でも気軽にスタートすることができます。

例えばFXや株式投資、債券など他の金融商品はその時々の相場状況によって変動するので、相場を 常にチェック しなければなりません。

手間だけでなく、ある程度 まとまったお金 や、 金融知識 、 テクニック も必要になるので、初心者にはあまりおすすめ出来ません。

1万円からはじめられる~おすすめ3選~

①外貨建て個人年金

外貨建て ※ 個人年金とは、米ドルや豪ドル建ての個人年金保険です。外貨ベースで保険料の 元本を保証 する商品です。

しかし保険契約となるので短期の解約は元本割れとなり、長期の継続が大前提となります。外貨ベースで元本が保証されているので魅力的な商品です。

※個人年金とは あらかじめ決めた年齢から、年金を受け取れる貯蓄型の保険のこと

変額保険とは、集めた保険料を国内外の債券・株式(投資信託)などで運用する保険です。

運用実績に応じて保険金額は変動しますが、契約時に定めた死亡保険金額は保障されています。

また外貨建て個人年金と同様に、保険契約となるので短期の解約は元本割れとなり、長期の継続が大前提となります。

③投資信託(バランス型投資信託)

バランス型投資信託とは、投資信託の中でも国内外の株式や債券にバランスよく投資する投資信託です。

様々な投資先が含まれるため、相場が下落した際にリスクの分散することができます。また保険に比べて、長期ではなくても増える可能性があります。

1本で多くの投資対象に分けて、投資できるバランス型投資信託は、 初心者 や 資産が少ない人 にとっては強い味方になります。

リスクについて学ぼう

リスクといっても、価格が上下するので、リターンになることもあります。

リスクとリターンが表裏の関係なので、短期的な上下に一喜一憂しないことが重要です。

為替変動とは、外国為替取引において為替相場が変動することにより、損益が生じるリスクのことです。

日本円で取引されている投資商品には為替リスクはありませんが、外貨で取引される投資商品にはこのリスクがあります。

金利変動とは、将来の景気や経済によって金利が変動することにより生じるリスクのことです。

資産運用を始める前に確認しておきたいポイント

金利の仕組み(単利・複利)

利益の付き方には、単利複利があります。単利とは、最初に預けた元本のみに利子が付く仕組みです。複利とは、元本だけでなく利子にも利子が付く仕組みです。

単利の商品:預貯金、債券(国債)、投資信託など

複利の商品:預貯金、保険、投資信託、など

複利の商品を使い早くはじめよう!

複利の場合は利子にも利子がつくので、時間をかけると、雪だるま式にお金を大きく増やすことが可能です。

100万円の福利の図

時間をかければかけるほど、複利効果は活かされるので、 少額でもまずは早く資産運用を始めることが大切 です。

インフレの影響度

インフレ(インフレーション)とは物やサービスの値段が上がっていくことです

低金利の今の時代、 銀行の普通預金に 100万円 預けてもいても、利息は10年間で 100円 にしかなりません。

現在の政府や日銀の目標は、「 物価上昇率2% 」です。 普通預金0.001%の時代、物価上昇についていけません。

自分自身について考える

①ライフプランを書き出してみる

まず、「どんな目的で」「いつまでに」おかねを増やしたいか書き出してみましょう。

たとえば、 数年後 の結婚資金や教育資金を準備するのか、 何十年後 の老後資金を準備するということでも、最適な金融商品や運用方法は異なります。

必要額や時期を数字で出すことにより、目標利回りも 具体的になります 。より具体的に書いてみることをおすすめします。

②どの程度リスクを負える(積極?安定?)

資産運用をはじめるにあたって、必ず確認しておきたいことはご自身の「リスク許容度」です。

資産運用はリターンとリスクが表裏の関係なので、目標を設定するだけでなく、必ずどれだけのリスクを取って投資できるのか自分で検討する必要があります。

低いリターンでも構わないから、元本割れだけは避けたいと思う方、
リスクは高くても構わないので、積極的にハイリターンを狙っていきたい

リスクもこわいし知識もない! 投資初心者がまず始めるべき投資とは

wakana

■今回のお悩み「投資を始める時は手元にいくら必要?」 いざ投資を始めようと思っても、いくらから始めたらいいのかさっぱり……。現在フリーで働いているのですが、私みたいな安定収入がない人でも投資はできるのか教えてください! ばなお ■生活費の3カ月分は手元に置いておく 投資にはリスクもありますので、お金を増やしたいからと言ってありったけのお金を全部投資に回す、というのはおすすめできません。 目安として生活費の3カ月分はまずは預貯金として手元に置いておく。いざという時の出費や生活のことを考えると、最低でもこのくらいは「いつでも引き出せる資金」として残しておけると安心です。 投資に回すのは、それを上回った分の一部。例えば、毎月の生活費が25万円なら、75〜80万円くらいは預貯金として残しておく。そのうえで、毎月5万円貯金しているなら、そのうちの2〜3万円を投資に回す、というようなイメージです。 ■投資にはいくらぐらいの資金が必要? ただ最近は、証券会社によって、投資信託が月々100円から積立できたり、株が1株単位で購入できたりするところもあります。 ですから、投資を始めるのに多額の資金が必要というわけではありません。生活費の3カ月分の預貯金ができるまで時間がかかりそう、また、安定収入がないという場合は、お小遣いの範囲内で少額から始めるというのもよいと思います。 また、逆に預貯金が3カ月分を上回っているからといって、初心者の方がいきなり多額の金額を投資に回すのは危険です。慣れていないと投資先を誤ってしまったり、株価の変動に焦ってしまったりしますからね。 なので、最初のうちは少額から始めて徐々に感覚をつかんでいくといいでしょう。 ■今回のポイント ・生活費の3カ月分を預貯金として手元に置き、上回る額の一部を投資に回すと良い ・「少額投資」という手段もある ・初めから多額の金額を投資に回すのは避ける 安定収入が得られるまでは投資をやらない方がいいと思っていたけど、「少額投資」で少しずつ始めるのはいいかも! 私でもできそうです! (監修:大竹のり子、文・編集:マイナビウーマン編集部)

【初心者向け】少額からでも成功できる!1万円からの資産運用3選

【初心者向け】少額からでも成功できる!1万円からの資産運用3選

初心者が毎月1万円から始めるなら「保険」か「投資信託

初心者が毎月1万円から資産運用を始めるなら、 保険 か ※ 投資信託 をおすすめします。

保険や投資信託の運用は、投資のプロが行うので、専門知識がいらない上に、ほったらかしに出来るので、誰でも気軽にスタートすることができます。

例えばFXや株式投資、債券など他の金融商品はその時々の相場状況によって変動するので、相場を 常にチェック しなければなりません。

手間だけでなく、ある程度 まとまったお金 や、 金融知識 、 テクニック も必要になるので、初心者にはあまりおすすめ出来ません。

1万円からはじめられる~おすすめ3選~

①外貨建て個人年金

外貨建て ※ 個人年金とは、米ドルや豪ドル建ての個人年金保険です。外貨ベースで保険料の 元本を保証 する商品です。

しかし保険契約となるので短期の解約は元本割れとなり、長期の継続が大前提となります。外貨ベースで元本が保証されているので魅力的な商品です。

※個人年金とは あらかじめ決めた年齢から、年金を受け取れる貯蓄型の保険のこと

変額保険とは、集めた保険料を国内外の債券・株式(投資信託)などで運用する保険です。

運用実績に応じて保険金額は変動しますが、契約時に定めた死亡保険金額は保障されています。

また外貨建て個人年金と同様に、保険契約となるので短期の解約は元本割れとなり、長期の継続が大前提となります。

③投資信託(バランス型投資信託)

バランス型投資信託とは、投資信託の中でも国内外の株式や債券にバランスよく投資する投資信託です。

様々な投資先が含まれるため、相場が下落した際にリスクの分散することができます。また保険に比べて、長期ではなくても増える可能性があります。

1本で多くの投資対象に分けて、投資できるバランス型投資信託は、 初心者 や 資産が少ない人 にとっては強い味方になります。

リスクについて学ぼう

リスクといっても、価格が上下するので、リターンになることもあります。

リスクとリターンが表裏の関係なので、短期的な上下に一喜一憂しないことが重要です。

為替変動とは、外国為替取引において為替相場が変動することにより、損益が生じるリスクのことです。

日本円で取引されている投資商品には為替リスクはありませんが、外貨で取引される投資商品にはこのリスクがあります。

金利変動とは、将来の景気や経済によって金利が変動することにより生じるリスクのことです。

資産運用を始める前に確認しておきたいポイント

金利の仕組み(単利・複利)

利益の付き方には、単利複利があります。単利とは、最初に預けた元本のみに利子が付く仕組みです。複利とは、元本だけでなく利子にも利子が付く仕組みです。

単利の商品:預貯金、債券(国債)、投資信託など

複利の商品:預貯金、保険、投資信託、など

複利の商品を使い早くはじめよう!

複利の場合は利子にも利子がつくので、時間をかけると、雪だるま式にお金を大きく増やすことが可能です。

100万円の福利の図

時間をかければかけるほど、複利効果は活かされるので、 少額でもまずは早く資産運用を始めることが大切 です。

インフレの影響度

インフレ(インフレーション)とは物やサービスの値段が上がっていくことです

低金利の今の時代、 銀行の普通預金に 100万円 預けてもいても、利息は10年間で 100円 にしかなりません。

現在の政府や日銀の目標は、「 物価上昇率2% 」です。 投資初心者でも大丈夫 普通預金0.001%の時代、物価上昇についていけません。

自分自身について考える

①ライフプランを書き出してみる

まず、「どんな目的で」「いつまでに」おかねを増やしたいか書き出してみましょう。

たとえば、 数年後 の結婚資金や教育資金を準備するのか、 何十年後 の老後資金を準備するということでも、最適な金融商品や運用方法は異なります。

必要額や時期を数字で出すことにより、目標利回りも 具体的になります 。より具体的に書いてみることをおすすめします。

②どの程度リスクを負える(積極?安定?)

資産運用をはじめるにあたって、必ず確認しておきたいことはご自身の「リスク許容度」です。

資産運用はリターンとリスクが表裏の関係なので、目標を設定するだけでなく、必ずどれだけのリスクを取って投資できるのか自分で検討する必要があります。

低いリターンでも構わないから、元本割れだけは避けたいと思う方、
リスクは高くても構わないので、積極的にハイリターンを狙っていきたい

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる