投資基礎講座

バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ

バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ

黒か白のトップスが多いので、柄ものでもグレーなら合わせやすいかなと思いました。後ろ髪は、少し残しておくのがバランスいい気がします。

半導体の性質

半導体は、一定の電気的性質を備えた物質です。物質には電気を通す「導体」と、電気を通さない「絶縁体」とがあり、半導体はその中間の性質を備えた物質です。
電気的性質を示すものとして抵抗率があります。導体は抵抗が低くて電気が通しやすい金、銀、銅などが相当します。絶縁体は抵抗が高く、電気が通りにくいゴム、ガラス、セラミックスなどがあります。これらの中間的な性質を備える半導体は、温度によって抵抗率が変化します。低温時ではほとんど電気を通しませんが、温度が上昇するにつれて、電気が通りやすくなります。
また不純物をほとんど含まない状態の半導体は、ほとんど電気を通しません。しかし、ある種の元素などを含ませることで電気を通しやすくなります。こうした性質が、多くの電化製品の制御を行なう上でとても役立つのです。

半導体の組成と主な用途

エネルギーバンドと電気伝導のしくみ

金属では、バンド中にフェルミ準位(Ef)があり、価電子を含むバンド内に空き準位があります。このため、金属では価電子がそのまま伝導電子(自由電子)となります。
一方半導体や絶縁体では、伝導体と価電子帯の間の禁制帯のバンドギャップ(Eg)中にフェルミ準位(Ef)が存在するため、価電子にバンドギャップを超えるエネルギーを与えると価電子帯から伝導帯へ励起することで、初めて伝導電子が得られます。
半導体は、常温で熱等の運動エネルギーにより価電子帯の電子の一部が伝導帯に励起されることで、若干の電気伝導を示します。また、価電子帯から励起した電子の抜け殻にホール(正孔)が発生し、正の荷電粒子の様に振る舞って電気伝導に寄与します。真性半導体等高純度の半導体は、絶対零度では、電子は伝導帯に励起されず、導電性は示しません。
絶縁体では、バンドギャップ(Eg)が価電子の運動エネルギーよりも大幅に大きいため、伝導体に価電子が遷移されず、電気伝導が生じません。
絶縁体と半導体の相違は、このバンドギャップ(Eg)の大きさの違いです。バンドギャップ(Eg)が大きいほど、抵抗値が高くなります。
ICなどに使われる半導体の結晶は、99.999999999%と9が11桁も並ぶ、高純度の単結晶シリコンですが、これで実際に回路を作る場合は、不純物(添加物)を加えて電気的性質を制御して使っています。加える不純物によって、n型、p型の半導体になります。

n型半導体には、高純度シリコンに5価のリン(P)や、ヒ素(As)が添加されています。これらの不純物は、ドナーと呼んでいます。ドナーのエネルギーレベルは、伝導帯に近い位置、すなわちエネルギーギャップの小さな位置にあります。 するとこのエネルギーレベルにいる電子は、容易に伝導帯まで励起されて電気伝導に寄与します。
一方p型半導体には、3価のボロン(B)などが添加されています。これは、アクセプターと呼んでいます。アクセプターのエネルギーレベルは、価電子帯に近い位置にあります。ここにはもともと電子がいないので、価電子帯の電子がここに励起されます。その結果、価電子帯に正孔(ホール)ができ、これが電気伝導に寄与します。

トレンド発生(トレンド中)の判定

MT4でインジケータを自作しています。 スキャルに使えるモノを目指しておりまして ブレイクして右上がりのボリンジャーバンドの2.0線上にのり ブレイクが終わって右に下がって-2.0のバンド上にのって・・・ というような、上がったり下がったりというような局面では うまく機能するのですが、いったんトレンドが発生し、 例でいくと、右上がりのブレイクが終わっても、バンドの中心線より 下に落ちずにまた右上に上がっていくような場合(上昇トレンド)では インジケータで判定しようとしてもどうしてもうまい方法が見つからず、 買い決済時のドテンで入った売りのエントリーがロスカット! となってしまいます(笑) トレンドでなければ下降になったタイミングにあわせて 売りがエントリーされてまったくOKなのですが・・・ そこで質問なのですが、上記のようなトレンドが発生しそうだ、 または、現在発生している、ということをインジケータで判定する うまい方法をご存知ないでしょうか。 (ちなみに現在のところはストキャスティクス(オシレータタイプ)をメインに MACD、DMI、STCなどの組み合わせをいろいろ試しているところです) 例では、最初のブレイク終了時には、買いの決済(売りのエントリ) を行うかどうか判定したいと思っており、ブレイクの終了後の状態を見て 判定するのは避けたいと思っています。 何か良い方法があったらヒントでも結構です。 是非ご教授をお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

まず、ボリンジャーバンドの存在と意味合いは 理解しているつもりですが、 使ったことが無いのでどのトレンドかが分かり辛いです。 上昇で例を示すと、 上昇(1山)→保合い→上昇(2山)→保合い→上昇(3山)・・・・ で合ってますかね? 私が例を示したトレンドの判定基準は、 バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ 正に現在進行形で発生しているトレンドの判定です。 それにDMIとストキャスを使用しています。 トレンド発生シグナルはストキャスとDMIの組み合わせ、 更には日足のテクニカル、各足の抵抗線値(オリジナルなんで説明を省きます) をリンクさせて出しています。 トレンド終了のシグナルはかなり簡単にしています。 因みに説明しませんでしたが、 ストキャスがベースですが中の計算式を大幅に改良していますので、 ストキャスとは最早言えない代物になっています。 トレンド発生シグナルのこれ以上の説明は流石に出来ません。 貴方の最初の文面を読んだ印象は、 トレンドに逆らったドテン返し時のLCが多いため、 無駄打ちを無くしたいのだと勝手に解釈していました。 上記の通りでしたら、現在進行形のトレンドの判定で十分だと思いましたので。 トレンド発生のシグナルはかなり複雑な作りになってしまいましたが、 前の回答で挙げた箇条書きさえ理解していれば、 恐らくどのトレンド系指標を使用しても大して変わらないと考えています。 例を挙げるなら単純移動平均線のクロスだけで十分だと思っています。 フィルターは当然必要になりますけどね。 以上、ヒント?でした。 >2山、3山、4山と右肩上がりにつながっていくようなトレンドの はじまりを判定しようとしていますので。 要はまだ発生していない未来のトレンドの形を テクニカル分析で判定しようと言うのですか? それは無茶だと思いますよ。 テクニカル分析とはそもそも未来を予測するものでは無いと考えています。

質問者からのお礼 2007/12/14 12:57

トレンドはそのとおりです^^ バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ いまのところ上昇1山目の下りかけのところでドテンの売りがエントリーされるので 上昇トレンドが発生しているとLCとなってしまいます。 おっしゃっているとおりです。 後からみれば、その山のはじまりでトレンドが始まっていたんだな、 ということはわかるのですが、それを何とか1山目のドテンの売りを入れる タイミングで判定できないものか・・・ということが主旨になります。 1山目の終わりで判定しますので、まだ発生していない、ということでもないとは 思いますが、ある意味、未来を予測しようとしているという点はうなづけます。 まぁ、でも今後を予測(予想?推測?)しなければ何のためのインジケータか ということにもなりますので・・・(笑) 教えて頂いたヒントもたよりにしてもっと工夫してみます。 ありがとうございました!

その他の回答 (2)

  • 2007/12/12 19:56 回答No.2

私はMT4(メタトレーダーでしたっけ?)を使った事がないので参考意見として下さい。 バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ トレンドにもたくさんの種類があります。 要は緩やかなトレンドを判定するテクニカル指標が 欲しいとの解釈で良いでしょうか? 例を挙げるのなら1時間足で言うところの 11/30 バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ 23:00 ~ 12/5 11:00 のようなトレンドでしょうか? 私はDMIとストキャスで十分ですね。 実際にシステムが下降トレンドのシグナルを 出したのは12/3 8:00からです。 そこからトレンドの終了シグナルが発生したのは 12/5 12:00でした。 トレンドの判定基準は結構簡単です。 ・トレンド開始シグナルからの経過時間と強さ ・反転した(ここで言う反転とは保合い時も含めます)経過時間と強さ ・再度トレンド開始時に抵抗線を超えるか バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ です。 私は基本的にトレンドフォロワーなんでドテンはしません。 手数の多さはは首を絞めると思っていますので。 経過時間の概念をMT4でシステム化出来るか知りませんが参考までに。

質問者からのお礼 2007/12/13 バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ 14:33

例での、右肩上がりのトレンドでいけば、 ボリンジャーバンドの下ラインに沿って下がってきたものが 右上にあがっていってバンドの上ラインに沿って右肩上がりに 上がっていったとします。 上ラインから離れ、右下に上がっていくところが それほど落ちずにバンド中央で反転し、また右上に上がっていく、 を繰り返すようなトレンドを指しています。 時間足は特に限定して考えておりませんで 足が長ければPips幅が大きくなりスプレッドの影響も小さくなるので 利益になりやすいとは思いますが、インジケータのラインを判定しての 処理的には1分足も1H足も変わりはないと考えています。 メインはストキャスにしておりますので、裁量でエントリー&決済する のであればDMIとの組み合わせで相応にイケるとは思います。 ただダマシがありますので腕と運が必要だとは思いますが。 ちなみに「トレンド開始シグナル」とは、何の系のインジケータから 出されたシグナルでしょうか。DMI? MA系でしょうか。 「開始シグナル」がとれれば経過時間(または足数)を判定基準には できるような気がしますね。 ただ、おそらく当方が判定したいタイミングがトレンド開始して 「ひと山越えて下がりかけたところ」になる気がするので 経過時間で判定するのは少々難しいのかな、という印象です。 2山、3山、4山と右肩上がりにつながっていくようなトレンドの はじまりを判定しようとしていますので。 ありがとうございました。

  • 2007/12/12 13:30 回答No.1

GMMA( The Guppy Multiple Moving Avarage)とか?

質問者からのお礼 2007/12/13 13:59

組み込んでみました! MT4はインジケータは8つまでしか出せないようで 3・5・8・10・12・15と、30・35・40・45・50・60の内、 3・8・12・15と、30・40・50・60で表示するようにしてみました。 大きなトレンドをつかむのには非常に有効なようですね。 あとは「今」がトレンド発生なのかボックス(もみ合い)の 中なのか、という判断をどうするかというところですが もうすこし工夫すれば何とかなるかもしれまんせん。 ありがとうございました!

関連するQ&A

私はFXで、どうしても買い注文が苦手です。主にポンド円のスキャルやデイトレですが、必ずと言っていいほど、上昇トレンドの時期にドカンとやられてしまいます。決してネガティブな性格では無いと思いますが、いつも頭では「売り注文」ばかり見えて、売りエントリーが圧倒的に多いです。よって下降トレンド時は取れますが、上昇トレンド、いわゆるロウソク足の陽線が伸びても買いエントリーを躊躇してしまいます。また高値ヒゲが出て戻りを狙っても高値越えして損切りが多く…、たまたま高値売りをしない時に限って、いきなりガーと下がり、ため息です。 どうしても円高の今、短期間の上昇トレンドが信じられず(よって、押し目買いも信じられず)、少しでも上昇すれば直ぐに「売り」モードになってしまいます。 私はガーと勢い良く下げる下降ロウソク足が好きで同時に、買いポジション持った瞬間に逆へ動きガーと下がるのでは!?という心配から、あまり買いポジションが持てないのです。また上昇は、一旦ブレイクアウトしても逆に戻る事も多く、下降トレンドに比べ思わせ振りたっぷりであまり好きじゃありません。 売り専門のトレーダーもいるようですが、下降トレンドのみでも手持ちぶさたなので、私はどちらも上手くなりたいです。 そこで皆さんに質問です。 どうしたら思わせ振りたっぷりの「買いポジション」に騙されずに上手くエントリー出来るのでしょうか? また私の逆で、売り注文が苦手な方がおりましたら、何故買いが好きなのか?また何故売りが苦手なのか?等も、ございましたら何卒ご回答を宜しくお願い致します。

私は、FX初心者で、主に、デイトレードを行なっています。 仕掛けるタイミングを判断するためのテクニカル指標について、教えて頂きたいと思います。 私の場合は、スローストキャスティクスとMACDの状況を見ながら、かつ、ボリンジャーバンドの両端に来た時に仕掛けるやり方を用いていますが、よく騙しに引っかかります。 特に、保ち合いだと思って仕掛けたら、トレンドが発生してしまうケースに、よくひっかかる感じです。 「保ち合いだと思っていたらトレンドが発生した」という騙しに引っかからないためには、あるいは、事前にトレンドの発生を予知するためには、どの様なテクニカル指標を使ったら良いでしょうか? 皆様がお使いになっている指標で、有効なものがあればお教え頂きたいと思います。 あるいは、保ち合いを信じて仕掛けてみて、トレンドが発生したと思ったら、すぐにドテンするか損切りするしか方法はないのでしょうか? 皆様はどの様に対処しておられるか、お教えいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

こんにちは、 為替のデモで取引を勉強しています。 トレンドフォローのつもりなんですが、結果的には逆張りのような ポジションをいつも取ってしまいます。例えば下がり始めたと思い売りのポジションを取ります。後でそこは押し目買いをするところだったと気が付きます。 主に使っている指標は移動平均線、一目均衡表、バラボリック、MACDなどです。ポジションを取った後で後悔またはあせってしまって決済をすると結構大きな損失になり、利益が減る状態です。そして決済をせずにもう少し待っていれば収益が取れたりしたのにと再び後悔です。 4時間足、60分足、15分足と見ていますが、方向がまちまちの時が多くどれを基準に見て良いのか迷います。 勉強をし始めて早3ヶ月、投資方法がなかなか自分のものにならず悩んでいます。 経験のある方是非アドバイスお願いいたします。

こんばんは。 FXを始める初心者です。 バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ 取引は外為オンラインでやろうと思っており、 デモ版でちょこっと取引をしてみました。 その取引ではある条件の取引ができずに終わってしまったので 下記条件取引は下記操作方法で良いか教えて下さい。 【条件】 「売りでエントリーと同時に」 自分の予想トレンドと逆に動いた場合を想定し 損害を抑えるためにエントリー値から30pip上がったら 「自動で損切りする指示を出す」。 【操作方法】 (1)売りでエントリー (2)ポジション一覧に今エントリーしたものが表示されるので 素早く表示された行をダブルクリック。 (3)指値/逆指値のボタンをクリック。 (4)新たに開いたウィンドウで「逆指値(ストップ)」を選択。 「買い」になるので「決済レート」の欄に手入力で30pipプラスした 値を入力(エントリー値が148.00なら148.30を入力)。 (5)内容確認後、148.30で買い。 (6)「注文中明細」の欄に指定R148.30で一行追加される。 これで予想に反して148.30まで上がってしまったら 自動で保有ポジションを決済してくれますか? よろしくお願いします。

FXで超短期のトレードをしているものです 為替取引のテクニカルな判断は、何をもとに考えればいいのでしょうか? 1分足・5分足・10分足・30分足・時足・日足・週足・月足とありますが、日足・週足・月足で中長期の流れを見るのは分かりますが、 1分足・5分足・10分足をどのように見て、売りや買いの判断をされていますか? 移動平均線・MACD・RSI・ストキャス・・・などありますが、 何分足のチャートで、どのインジケーターを使っているか・・ またインジケーターの数値はいくらにしているかなど教えていただけたら幸いです。 (例えば、MACDなら何分足のチャートで、短期指数と中期指数とシグナルの数字をいくらにしているか・・です) また、ストキャスはスローストキャスでしょうか? さらに、フィボナッチやパラボリックも使用する価値はありますでしょうか? トレンドラインは、1分足・5分足・10分足・・・どれで引くのが最適率が高いのでしょうか? と疑問が病みません・・・ 私の手法は、5分足トレンドラインを引き、そこをブレイクしたところで売りか買いをしかけます。これでかなりの勝率はありますが、さらに、勝率をたしかなものにしたい・・・ 皆様がどのようなトレードをされているのか、もしよろしければテクニカルのコツを教えてくださいませ、お願い申し上げます。

日経は上昇トレンドですが、レンジ相場になると両建てにして上がったら買いを利確して売りは放置して、次に下がったら売りを決済するという方法は上手く行くでしょうか? 大きく上がった日は買いは利確して売りは買い戻してまた両建てします。 レンジ相場で両建てして、大きく動いたら両建ては解消してその株価でまたレンジ相場になると両建てして値幅取りを狙う 去年は売りだけで損失出して損切りしたので今年はこれで行こうかなと 外資は買い越していますが、機関によっては売り越しの機関もあります。 去年は上げ相場でしたが1月に大きな暴落が来ると思っています。 明確に下げトレンドなら両建てはしませんが上げトレンドで買いだけは危険かなと 株高過ぎるので 今年は1/6の党員選挙に1/20のバイデン大統領の就任式があります。 またイランの司令官殺害の報復の可能性があり、大きく下がるかなと予想しています。 ビットコインも300万円越えて過去のように暴落しましたし、過去のバブル崩壊も1月でした。 アドバイス頂けると助かります。 先物、個別株でも良いのでどのような手法で取引しているか教えて頂けると助かります。

現物や日経先物miniでデイトレを始めて四ヶ月経ちましたが、未だにスタイルが確立されてません。 先物miniは、現物が難しいので始めましたが、現物も先物も勝ててません。 LC(ロスカット)バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ を怠りに損失を膨らませ、最近になってLCの必然性が見に染みてきました。 なので、先物miniで徹して1、2ティック下がっただけでLCしても勝率を下げてしまい損の拡大すら 抑えられません。 なので、自己流の方法はよくないと考え、レンジブレイクの手法の研究をチャートや板を見ながら 励んでますが、ブレイクした後は、ダマシも多くレンジに逆もどりしたり、慌てて逆に利食いを 早めればもっと伸びて行ったりとブレイクした後の動きはマチマチです。 なので、5日の移動平均が平になったりローソンが平均線を割込めば売りどきかなと考えていますが 場合によりその方法も危険なので決済のタイミングに困っています。 レンジブレイクの場合の決済のタイミングについて教えて戴けませんでしょうか? またLCをティック数で決める場合、買値(売建値)より自分は3ティック下がった(上がった)場合と 考えてますが、LCは何ティックほどにした方が、結果的に利益を上げられるのでしょうか? バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ ご回答宜しくお願いします。

数十万円を口座に入れて、大体こんなルールでFXやってます。 1.時間のあるときにチャートをみながら、ニュースもチラ見しながら、ドル円の1万通貨単位で売りか買いで建てて、300円~1000円くらい利益が出るところで決済するように注文を入れておく。(たいてい半日から一週間くらいで決済される) 2.スワップで発生する損を軽減するために、豪ドルが上昇傾向のときに1万通貨だけ買いで建てる。こちらは2000円くらい利益が出たら決済するように設定しておく。 3.1.で決済できないポジションが増えてきたら、買いと売りが大体同じ数になるように調整しながら耐える。(ある日何かすごいことがあって決済される。) この方法は既存の手法として何か名前がているのでしょうか? 手法の名前に詳しくなくて、知ってる範囲では説明できなくて(デイトレでも長期でも自動でもない)、人に説明するときに困っています。 お時間のあるときにでも、ご教示ください。

初心者ですのでおかしな表現などあったら指摘をお願いします。 FXを始めて1カ月にもならない初心者ですが、自分なりに分析方法を調べ、ストキャスティクス?で売られすぎ、買われすぎを読み、移動平均線?でトレンドの変換を判断してスキャルピングをしています。 ほとんどの人が負けていると聞きますが、今のところ、数ロットの取引で1回あたり数十円から数百円ですが、90%以上がプラスで決済できています。 たまに予想に反して急な動きがあった場合も、ポジションをかぶせて(ナンピンて言うんですか?)トントンになる戻り幅を少なくして、戻った時点で決済したり、両建てで逆の動きをしている間に損失を補ったりして事なきを得ています。(ダメと聞きますが、今のところ有効な手段として活用できているし、かぶせに対してさらに予想外に動いた時の危険性は理解しているつもりです。) 上記のような運用で1日あたり500円~1000円程度のプラスが継続しています。 これは運が良いだけですか? それとも理にかなった運用方法と言えるのでしょうか。 この方法で確立できるのであれば、1回あたりの差益(PIPS?)はそのまま継続し、ロット数を増やすことで利益そのものを増やしたいと考えています。

トレードの手法・考え方についてアドバイスお願いします 達人の方々ご回答お願い致します。 私のトレードの仕方なのですが、基本的にはエントリーの考え方は日足が 陽線か陰線かで終わるかをベースに考え、始値から±20pip程度動いた 時点で動いた方向へ順張りエントリーします。損切りは最大-40pip(ドテンします)で益出し は基本は70pip以上もしくは翌朝決済としています。コツコツバイーンを 目指しています。 またエントリーは毎回±20pip動いた時点ではなくボリンジャー の向き方向を確認して行っています。 FX歴3年程度ですが、いろいろな複雑なエントリー基準等やチャートを使っていましたが ずっと負け続きでした。このシンプルなやり方に変えてまだ3か月程度ですが、勝率43% で1回エントリー当たりの勝平均93pip 負36pipと今までにない成績となっています。 (目標以上のリスクフォワードレシオです) 通貨はポンド円限定でやっています。 このような成績がでたのは運が良かったと思います。 正直言って長期的にはこのような成績を維持することは無理だと思います。 長期的に勝てるようになるためにあとは何が必要でしょうか? また、同じようなやり方で行っている方のアドバイスを頂きたいです。 そして、どうしてもこのやり方では連敗が続くこともあり一旦資金が落ち込みます。 (なるべく無駄打を減らしたい) 特にレンジ相場には弱い方法ですのでレンジの対応判断のアドバイスもお願いします。 以上 お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

買うより早い!ヘアバンド(ヘアターバン)の作り方2種

(2021.7.9 追記・修正)
最近、ショートヘアにしたのですが、日によってはしゅっと収まらずにボワボワと広がってしまうこともあってどうしたもんかな~と困ってます…。
梅雨の時期はこの、髪の毛広がる問題が特に悩ましいですよね。
そこで今日はスタッフにヘアバンド(ヘアターバン)の作り方を教えてもらいました。
50cm×50cmの布1枚で、なんだかとっても簡単にできるそうなのです!!

今回は2つのデザインのヘアバンド(ヘアターバン)を作りました!

ヘアバンド(ヘアターバン)幅広タイプの作り方

【材料】布:タテ40cm×50cmを一枚、ゴム:13~15cm(2.5cm幅)
【作業時間】20分

1.必要なパーツをカットする

hair_012

下記のように各パーツをカットします。

【左:ゴム通し部分】タテ40cm×ヨコ10cm 【右:本体部分】タテ40cm×ヨコ37cm
小物なので柄の向きでタテヨコを決めてもOK.
お好みで決めてくださいね。
本体部分とゴム通し部分の布を変えても可愛いと思います! お気に入りのハギレ布があれば使ってみても。

2.本体布の上下を三つ折りで縫っておく

hair_016


まずは、タテ(本体布の上下にあたる)40cmの部分を三つ折り縫い(5mm→5mm)で処理しておきます。(この布はヨコで使ったので、サイドのように見えますが、これで上下、つまり額と後頭部にあたる部分を縫っています)

3.ゴム隠し部分を作る

hair_042


ゴムを通す部分、(後頭部にくる部分)を作ります。
A)ゴム通しのパーツを中表にして、ぬいしろ1cmでタテに縫います。タテ長になりますね。
B)ぬいしろの角は、三角に切り落とします。こうするとひっくり返したときにごわごわしません。
C)アイロンでぬいしろを割ります。
D)ひっくり返したらゴム通し部分の完成!

hair_017


表に返してからも仕上げのアイロンをするとよりきれいです。このとき、両端を内側に5mm程度折ってアイロンをかけておくと、あとから本体布と縫い合わせるときに楽ですよ。

4.本体布のギャザーを作る

hair_021

本体布にギャザーを寄せます。なんとなくギャザーを作るのではなく、きちっとセンターに寄せていくときれいに仕上がります。

あらかじめ布の真ん中に、合い印を付けておくとよいそうです。チャコペンでも、こんな風にハサミで少し切り込みをいれる、など。

hair_018


ゴム通し部分に入る幅までがんばりましょう。こんな風に中央に向かって左右から折りたたむようにギャザーを寄せていくと、立体感が出て、形がきれいに出ます。

ここがポイント!

「両端は必ず1.5cmぐらい内側に折り込んでくださいね。これをしないと、ヘアターバンを着用したときに、頭にフィットしなくなっちゃうんです」 とのこと。フィット感、だいじですね。

5.本体布とゴムを縫い合わせる

hair_019


ギャザーを寄せたまま(がんばって保ってください…!!ここでも手芸ピンチが活躍!)、ゴムと縫い合わせます。

ここがポイント!

hair_040

ギャザーを寄せて厚みが出た布とゴムを縫い合わせるのは、なかなか大変です。ミシンの針は厚手用の針に交換しましょうね。(無理に普通布用の針で縫うと、針が折れてしまう場合があります)
厚手用の針にしてもミシンの進みが悪い場合は、奥の手!「手で回す」です。

手縫いでも良いのですが、ミシンでやるならこの方法もおすすめです。よいしょ、よいしょ、と手でゆっくりと回すと、ちゃんと縫えます。

hair_020


少ししっかりめに2往復ぐらいで縫っておくと安心です。

6.ゴム通し部分と本体布を縫ってゴムを通す

hair_022


安全ピンでゴムを通します。

幅広タイプのヘアバンドが完成!

hair_023


できました!

着けてみるとこんな風。

hair_04


黒か白のトップスが多いので、柄ものでもグレーなら合わせやすいかなと思いました。後ろ髪は、少し残しておくのがバランスいい気がします。

hair_05


前髪の分量も迷いどころです。幅広なので、きゅっとまとめたり、布を広げてパブーシュカ風にしたり、いろいろ楽しめそう!

hair_06


作ってくれたはまはしさん。着ている服もお手製です。前髪はこれぐらい斜めに流してもスッキリ!ですね。

ヘアバンド(ヘアターバン)クロスターバンタイプの作り方

【材料】布:タテ50cm×ヨコ50cm、ゴム:13~15cm(2.5cm幅)
【作業時間】30分

1.必要なパーツをカットする

布の用尺は50cm×50cm。下記のように各パーツをカットします。
小物なので柄の向きでタテヨコを決めてもOK.
お好みで決めてくださいね。
本体部分の2枚は、同じ布でもいいし、あえて無地を混ぜたり違う生地を2種類使ってみるのも可愛いと思います!

【上:ゴム通し部分】タテ9cm×ヨコ33cm 【下:本体部分】タテ20cm×ヨコ50cmを2枚

2.本体部分を作る(2枚)

本体布1枚を半分に折り、長い直線部分を、ぬいしろ1cmで縫います。

ぬいしろの角は、三角に切り落としておきましょう。

よいしょ、とひっくり返したら、アイロンをかけます。

縫い目は真ん中ではなくてサイドにくるように。
もう1枚も同様に作ります。

3.本体を交差して仕上げる

本体布2枚を中ほどで交差させ重ねます。
写真のように折りたたむと中心がクロスした本体部分が出来ます。

ここがポイント!

重ねるときに、どちらも手前に縫い目を持ってきます(写真工程1)。そうすると、着用したときにきれいに見えます。小さいことなのですが、せっかくならきれいにできた方がいいですよね。

4.本体部分ができあがり

両手で左右をぴっと引っ張って、形をととのえます。

5.ゴム通し部分を作る

ゴム通し布の短辺を1cm折ります。

折り目を一度ひらき、横長に半分に折ったらぬいしろ1cmで縫い合わせます。
ぬいしろの角はカットしておきましょう。

オモテに返してあき口を、先ほどの折り目で内側に折り返します。

縫い目は本体と同じように、端に寄せておきましょう。

6.本体布とゴムを縫い合わせる

本体布をゴム幅程度まで寄せます。
(幅広タイプほどギャザーはたくさん出ません。センターに向かって左右から1つギャザーを作る、ぐらいで十分です)

両側折りたたんだらとめておきましょう。

ゴムと縫い合わせます。
厚い部分ですので、ゆっくりと縫い進めるか手縫いでしっかりと縫いとめますよ。

片方のみ縫い合わせたら、ゴム通し部分をかぶせて装着!

ゴムをぬいとめた方にゴム通し部分もしっかりとかぶせ、縫います。

目打ちを使って布端まできれいに入れ込みます。

反対側も同じように進めますが、ゴムを縫いとめる前に仮止めしサイズの確認をしてくださいね。
大きければゴムの長さをカットして調整しましょう。

ヘアバンド(ヘアターバン)クロスターバンタイプが完成!

できました!

着けてみるとこんな風。

ロングヘアなら、お団子風まとめ髪にぴったり!


ショートヘアでも似合います。生地を変えたら、また雰囲気がガラリと変わりそうですね〜。

こども用にアレンジ!

同じデザインでこどもヘアバンドを作ってみました。
親子でお揃いも可愛いし、色違いもお洒落ですね。
作り方は、大人と同じです。サイズはこちら↓(可愛い簡単アレンジもご紹介)

手作りヘアバンドにおすすめの生地(布)は?

頭皮に触れるものなので、天然素材の布がおすすめです。
100%コットンやリネン、シルクなど。
扱いやすく手に入りやすい100%コットンの中でも、薄手のものが縫いやすく、また、着用時にゴワゴワしません。
ダブルガーゼで作ってもふんわり素敵な仕上がりになりますよ。

友達への気軽なプレゼントにもおすすめ♪

ヘアバンドは、あげる方ももらう方も気負わない、気軽なプレゼントとしてぴったりだと思います。
産後など、忙しくて美容院になかなか行けないママのお助けアイテムにもなってくれるので、
出産祝いに「これよかったら使ってね」とあげたらすごく喜ばれるはず!
また、いくつ持っていても困らない、というのがポイントですよね。
今回は1枚の布で作りましたが、ゴム通しのギャザーの部分の布を違うものに変えてみたりと、いろいろ楽しむことができるアイテムです。
あれこれアレンジして楽しく手作りしてみてはいかがでしょうか♪

姉妹サイトnunocotofabric

nunocoto fabric


布・生地の通販サイト:nunocoto fabric
◎商用利用可のデザイナーズファブリックが2,000種類以上!

Customer Review

重要なので再び書きますが、本書はデイトレードという題名ですが 手法の本では無くメンタルに関する本です。著者は株式投資家なので株投資に関する話も多く、相場の例えが少し古かったり アメリカでのトレード という点はありますが、それ以外の内容に関しては推奨できる内容です。
世の中にある投資本の大半は、本書から拝借している内容も多々あると思います。特に自己心理分析やメンタル面に関する事は、本書の影響を受けているとも感じます。

資金,モチベーション,体力,時間の捻出,が続かないので多く人が挫折する職種です。数ある技術職の中でも最も継続が困難な職種の1つです。勝てるようになるコツを掴むまでトレード練習を続ければ良いのに、大半の人が練習せずにリアル口座でトレードするが 負けると落ち込んで気持ちが萎えてしまいモチベーションの維持ができず トレードを諦めて元の生活に戻る。

ただし、テクニカルを使って上がると判断した場合は、やはりロングで利益を得る事も必要です。確かに効率面でショートはオイシイ事もあり 良いかもしれませんが、自分がトレードする時間に合った ポジションで利益を得るのが得策だと思います。

「トレーディングにおける7つの大罪」
第1の大罪 直ぐに損切りできない事
(間違えたと思ったら損切する。含み損の保持は非効率)
第2の大罪 利益を勘定する事
(多額の含み益や多額の含み損が良くも悪くもトレーダーに多大な感情的な負担をもたらす)
第3の大罪 時間軸を変更する事
(短い時間足でトレードしていたのに含み損になったので含み損を損切せずに時間足を上げてトレードする)
第4の大罪 より多くを知ろうとすること
(知識ばかり学び実践を疎かにする、なるべくシンプル化を心がける)
第5の大罪 過度に自己満足に陥る事
(一時的に儲けても調子に乗らずに気を引き締める事、相場をナメると足元をすくわれます)
第6の大罪 間違った勝ち方をする事
(多額の含み損を抱えていたが戻って多額の利益になったなど。正しい勝ち方は自分のルールに則ってトレードしたものである事)
第7の大罪 バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ 正当化
(失敗を人のせいにする、損失になったのは著者の手法が悪いのであって自分は悪くないと考える人。トレードは自己責任であると心に刻む事)

レンジ相場の期間が長いと含み損の大半が救済されてしまう事で、多くの人にとって 損切りがナカナカ上達し難い要因になっています。そして、レンジから抜ける大変動が発生すると救済されないで 更に含み損が増えてしまう。

こうした大衆思考のままトレードを行い続けると、僅かな損切りを受け入れないまま レンジ感覚で「直ぐに戻る!」と甘く考えてポジションを保持してしまい、次第に増え続ける多額の含み損に耐えられなくなり 今度は多額の損失を受け入れて損切りする。

ただし、「多額を稼いでいるトレーダーの手法だけ知れば勝てるようになる」のではなく、その手法を使ってトレードの修練を続けた先に自分のオリジナル手法へと昇華する事です。
多くの人は勝者の手法を知れば勝てるようになると勘違いしている。知っただけでは直ぐに勝てるようにならない。実際に勝者の手法でトレードしても、我慢と忍耐ができなかったり メンタルが未熟だったり 損をすると直ぐに怒ったり 自分の性格やライフスタイルに適していなければ上達しない場合もある。

初心者は数多くの失敗をします。トレードは技術職ですから修行期間が必要です。就職して仕事がデキルようになるまでかかった期間は必要だと 最初に思っておいたほうが良いです。
一般社会では 就職しても仕事がデキルようになるまで給料が支払われますが、これは会社が自分に対して先行投資してくれているからです。しかし、投資の世界では練習中は無給ですし 技術力が低いうちに資金を入れてリアル口座トレードすれば負ける確率が高くなります。

ポジションは完全必敗で、完璧なサポレジで聖杯

ポジションは完全必敗で、完璧なサポレジで聖杯

例えば何らかの材料により下げトレンドが発生しました!
負け組は置いてかれまいと焦りに駆られここでポジる。
しかし勝ち組は「ポイントで待ち構えて指値に近い形で新規ポジをとる」習性がある。
単純に言い換えれば、どうせ売るならなるべく高く売りたいから、ここまで上がったら売ろう。と待ちに入る。
待ってる間にちょっと下げたら、逆張りを狙ってる短期大口勢が今度は下で待ち構えてるので、負け組のポジはほんの一瞬プラスになっただけでマイ転してどんどん損失が膨らむ。

177: 投稿日:2016/01/16(土) 12:36:40.86 ID:r5S78aq5.ne

>>176
難しく考えすぎ。
マーケットはいつでも
上がるか下がるかの50%

181: 投稿日:2016/01/16(土) 13:01:24.84 ID:TFUbEORB.ne

>>177
50%じゃないだろ……どっからそんな数字が出てきたんだ。
短期的にも、昨日だけ見ていれば50%じゃないのは分かる。

「いや、長期的な統計なら50%に収束するんだ」とか、こんな事言い出すのもいる。
なるほど試行回数の分母が増えれば増えるほど確率は理論上の数値に収束する。
理論が正しければね。

624: 2016/05/08(日) 23:57:50.50 ID:hT/97Nd5

626: 2016/05/09(月) 00:03:03.05 ID:qS4BujdJ

>>624
聖杯っていうか頼れるインジってのは探せば結構あるよね。
それを短中長でそれぞれ最適な組み合わせを見つけ出したりする作業は
相場経験とセンスが必要だけど。
一発組みあがればそうそう外れないってのも判ってる。
「今だけしか有効ではない」とか「何ヵ月後にかは無効になる」とかは無い。
大相場の天底でブレが大きくなる事はあっても、基本的に大はずれはない。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる