外国為替取引とは

株取引が安い会社ランキング

株取引が安い会社ランキング
■インタビュー等:
三井住友トラストクラブ 五十嵐 代表取締役社長

ネット証券の人気ランキング

株主優待の人気ランキングを月別でご紹介します

手数料が安い証券会社

まず最初にチェックしたいのが「手数料が安いネット証券」です。少額投資をする場合はSBI証券、auカブコム証券、松井証券などが特におすすめです。

各証券会社とも一日定額プランであれば、1日の約定料金が50~100万円までであれば手数料が 無料 となります。少額投資から始める人は、ぜひおさえておきたい項目です。

クロス取引に強い証券会社

次は「株主優待のクロス取引」に強みのある証券会社をみてみましょう。クロス取引とは、取引を少し工夫をすることで、優待品をお得に手に入れることができる手法のことです。

クロス取引では、「制度信用取引」を使う方法と「一般信用取引」を使う方法がありますが、リスクを低くするためには「一般信用取引」を使うのがおすすめです。一般信用取引を取り扱うネット証券は、SMBC日興証券、auカブコム証券、松井証券などが代表的で、対象銘柄数の多さや使いやすさに定評があります。

IPOに強い証券会社

IPOに当選しやすいネット証券としておすすめなのは、SBI証券、SMBC日興証券、マネックス証券の3社です。その中でも、SMBC日興証券はIPO主幹事になることが多いので、当選しやすいネット証券といえます。

投資情報・取引ツールが充実している証券会社

SBI証券は、PC向けトレードツールである「HYPER SBI」から、スマホでかんたんに操作できる「SBI証券 株アプリ」まで取り揃えていて総合力があります。分析も銘柄名か証券コードを入力するだけで、自動的にやってくれるのが魅力です。

限定タイアップ企画 実施中の証券会社

当サイト「楽しい株主優待&配当」では、現金などがもらえる「 証券会社との限定タイアップ企画 」を実施しています。

こちらで紹介するのは一部ですが、現金・ポイントプレゼントキャンペーンページにあるキャンペーン・タイアップ企画をすべておこなうと、最大で合計 125,700円相当 の現金やポイントがもらえます。ぜひ活用してください♪ (各証券会社ごとに締切があるのでご注意ください)

限定タイアップ企画を実施中のネット証券 株取引が安い会社ランキング 株取引が安い会社ランキング株取引が安い会社ランキング 株取引が安い会社ランキング
証券会社 限定タイアップ内容 口座開設締切
SBI証券 口座開設+振替でもれなく現金 2,500円 + オリジナルレポート をプレゼント! 口座開設締切なし
岡三オンライン 入金だけでもれなく 3,000円 + オリジナルレポート をプレゼント! 2022年9月30日まで
松井証券 手数料 30,000円まで キャッシュバック! 口座開設締切なし
auカブコム証券 口座開設+投資信託を 10万円以上を買うと、もれなく現金 4,000円 ! 2022年7月31日まで
LINE証券 口座開設をすると抽選で 3,000円 株取引が安い会社ランキング プレゼント! 口座開設締切なし
DMM.com証券(DMM株) 口座開設で オリジナルレポート をもれなくプレゼント! 口座開設締切なし
マネックス証券 口座開設で オリジナルレポート をもれなくプレゼント! 口座開設締切なし
ウェルスナビ 指定額の入金&運用開始などで 1,000円 口座開設締切なし
DMM FX 口座開設後、1lotの取引でもれなくAmazonギフト券 4,000円 相当プレゼント! 口座開設締切なし
GMOクリック証券口座開設後に、現物もしくは信用取引を 取引1回以上すると抽選で 3,000円 プレゼント! 2022年11月30日まで

途中でお伝えしたとおり、証券会社を1社に絞る必要はありません。むしろ個人投資家であれば、複数の証券会社の口座を持ち、「証券会社オリジナルの機能やツール」を使っていたり、「取引だけはこの証券会社」と決めていたりします。

ネット証券で一番安いのは?証券会社の株の手数料を比較!信用と現物の一覧

座ってスマホ・タブレット・パソコンを見る人々

まつのすけと三井住友トラストクラブ株式会社 五十嵐 代表取締役社長

■インタビュー等:
三井住友トラストクラブ 株取引が安い会社ランキング 五十嵐 代表取締役社長

三井住友カード、エポスカード、ダイナースクラブ

ANA(全日本空輸)、デルタ航空、三菱UFJ銀行、ウェスティンホテル東京

JCB、NTTドコモのdカード、ラグジュアリーカード

小田急電鉄、オリコカード、マイクロソフト、ARUHI

ジャックス、アメックス、岩田昭男氏、菊地崇仁氏

SBI証券、マネックス証券、楽天証券

SMBC日興証券、松井証券、むさし証券

岡三オンライン証券、岩井コスモ証券、トレステ

PASMO、横浜・八景島シーパラダイス、ふるなび

SAKE COMPETITION

SAKE COMPETITION(農林水産省・経済産業省・内閣府・外務省・文化庁 後援)

ネット証券会社を利用者の口コミをもとにランキング

ネット証券会社

株式を中長期で保有する場合、ネット証券会社は総合力で選びのが基本です。 手数料の安さや投資情報ツールはもちろんですが、取り扱い商品の数やIPOの実績、貸株金利なども評価対象にすると良いでしょう 。この他にも、例えば新規入会キャンペーンの有無や、ロボアドバイザーの取り扱い実績なども考慮するのも選択肢の一つです。これらの点も考慮した上で、証券会社を選ぶ場合も、やはりオンライン専業の証券会社がおすすめです。ランキングの結果やみんなのおすすめも参考に、利用する証券会社を選びましょう!

FX

SBI証券のサービスを徹底検証

NEW REVIEW 新着口コミ

ネット証券会社 株取引が安い会社ランキング 口コミ・評判ランキング 2022年

マネックス証券

総合評価

株取引が安い会社ランキング
取扱商品 5.0
利便性 4.5
投資情報ツール 4.5
手数料 5.0
人気 4.5

マネックス証券と日興ビーンズ証券が合併、更にオリックス証券を吸収して誕生した国内最大級のネット証券会社 。他のネット証券会社と比較しても、サービスの企画力に優れており、取り扱う投資商品の種類・数はトップクラス。また、取引ツールの使いやすさ、注文の多彩さにも定評がある。手数料体系は約定ごとに所定の手数料を支払う「取引毎手数料コース」と、1日100万円までの取引であれば手数料が定額(550円(税込))になる「一日定額手数料コース」のどちらか1つを月毎に選択できる。また、2022年3月22に実施したサービス改訂で、 取引手数料を大幅に引き下げ、5万円以下の取引の手数料は55円、3,000万円超の高額取引でも手数料は1,070円とネット証券会社の中でも最低水準に引き下げられた 。特に少額取引を中心とする投資家にとってマネックス証券の取引毎手数料コースの安さは大きな魅力と言えるだろう。

また、マネックス証券では募集毎に 購入者が殺到するマネックス債(※マネックス証券が発行する債券。3年1.2%、5年1.5%等、定期預金を大きく上回る金利で発行)を独占的に取り扱っている点も大きな魅力 。通常マネックス債は銀行の定期預金の金利の数倍~数十倍の金利が期待できるので、長期投資を考えている人にとっては大きな魅力がある投資商品になっている。その他にも完全抽選で配分し、数あるネット証券会社の中でもトップクラスの取り扱い数を誇るIPO(新規公開株)や、日経平均が一定まで下落しなければ高い金利を受け取れる日経平均リンク債等、様々な投資商品を取り扱っており、長期保有を基本とする投資家にとって、大きな魅力がある証券会社である事は間違いない。

SBI証券

総合評価

取扱商品 5.0
利便性 4.5
投資情報ツール 4.0
手数料 4.5
人気 5.0

また、 個人投資家に高い人気を誇るソフトバンク債の取り扱いやIPO(新規公開株)の取り扱い実績がトップクラス という点も大きな魅力。(※最近では大手証券会社の中に食い込み、主幹事証券として新規上場銘柄を取り扱う機会も出てきている。)また、関連会社である住信SBIネット銀行と連携し、預金口座に高い金利を付与するSBIハイブリッド預金も高い人気を誇っている。機能が一新された投資情報ツール「HYPER SBI」も好評。

システムの安定性にも定評があり、FXやCFD等新しい商品の取り扱いにも積極的。 安心して利用できるネット証券会社の一つ だろう。

GMOクリック証券

総合評価

取扱商品 5.0
利便性 4.5
投資情報ツール 4.0
手数料 4.5
人気 5.0

GMOクリック証券は豊富な商品力と圧倒的なサービススペックを武器に利用者を急速に増やしているネット証券会社 。株式取引はもちろん、FXや先物・オプション取引等も取り扱い、ほぼすべての金融商品で業界最安水準の手数料を設定。 株式取引の手数料は現物株が107円(税込)から、信用取引は約定代金50万円超 の場合、手数料は264円(税込) と驚異的な安さを実現、FX取引もドル円のスプレッドを米ドル/円0.3銭に原則固定する等、他のネット証券会社を圧倒するスペックを提供し、高い人気を誇っている。

また取引ツールも充実。非常にシンプルな作りながら直感的で操作がわかりやすく初心者でも使いやすい。モバイルへも3キャリアに対応、様々な取引を1度のログインでできるシングルサインオンを導入する等、GMOクリック証券の開発力を活かしたシステムは高く評価できる。 知名度はネット証券会社大手ほどではないが、サービススペックでは勝りこそすれ決して劣らない。 手数料を重視する人や名より実を取る人は検討する価値が十分あるネット証券会社 であることは間違いない。

出来高変化率ランキング(9時台)~ホープ、リンガーハットなどがランクイン

facebook-share

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気
高配当利回り株」「少額で買える株
●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

株取引が安い会社ランキング ◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

伝説のスゴ腕投資家バフェット が10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!株取引が安い会社ランキング AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

最速資産運用

このページにおいては、格付機関5社による信用格付けを集計し、ランキング化しています。ある程度の客観性を担保しつつ、手軽に証券会社の信用状況を確認できるので便利な反面、問題点もいくつか存在します。
その最たるものは、各格付機関から具体的な格付け方法が開示されていないことです。
格付機関は、収益力や成長性、経営統治能力など重視する項目については開示しています。ところが、どのような書類の、どの数字を評価対象としているか、また、評価対象の重要度はどれくらいなのか等、具体的かつ客観的な根拠は公開されていません。格付機関の企業秘密に属する可能性は高いですが、利用者としてはブラックボックスの中身を開示してほしいものです。

証券会社の選び方

1. 信頼性が高い

仮に、経営破綻や分別管理の不徹底等により返還されない場合でも、日本投資者保護基金jipf.or.jp/ により補償されますが、1,000万円が上限ですし、時間も手間もかかるので、そのような事態は可能な限り避けたいものです。
証券会社の信頼性については、決算状況や営業状況を的確に判断するのが最善ですが、難易度が高いので、格付け機関の評価を参考にするのが現実的と言えるでしょう。
また、日本証券業協会による処分をチェックするのも有効だと思われます。

2. 手数料が安い

手数料を安くするには、インターネットでの取引に限ります。窓口での取引に比べると、数倍、数十倍、変わってきます。
証券口座の維持費も重要なポイントです。証券口座の維持費が無料の証券会社が多いですが、中には有料の証券会社もあります。
証券口座への入金手数料や、証券口座からの出金手数料も、証券会社によって異なります。いずれの手数料も無料の証券会社が存在するので、事前に確認しておくことをお勧めします。
手数料の安さを重視するのであれば、ネット証券をお勧めします。

3. システム障害への対応

インターネット取引をするのであれば、システム障害についても考慮に入れておく必要があります。システム障害によって取引が正常に行なわれない場合の損失は、計り知れないものになるからです。手数料がいくら安くても、システム障害により莫大な損失(機会損失)を被るのであれば全てが台無しです。
システム障害を起こさない体制作りに加え、システム障害が生じた場合の適切な対応が、証券会社に求められますが、残念ながら取り組みは十分ではないようです。
日本証券業協会がシステム障害件数について公表していますが、「当該システム障害件数は、インターネット取引を行う会員のうち開示を希望した次の14社の集計結果です」と明記されているように、これは氷山の一角だと考えていいと思います。

4. サービスが充実しているか

5. 取扱商品が多い(ミニ株、外国株式等)

会社別:証券会社格付け推移

関連する資産運用情報

金融株式カテゴリ

NISA(少額投資非課税制度)とは NISAの特徴・メリットやデメリット、ローリスク運用法、ジュニアNISAやつみたてNISAとの比較について。 インデックスファンド比較ランキング ノーロードのインデックスファンドを信託報酬順にランキング比較。分散投資や長期運用に最適なインデックス投信を簡単シミュレーション。メリットやデメリット、ETFとの違い等。 銀行格付け比較ランキング 銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合の信用格付け(格付け機関5社分)を一括して一覧表示。信用格付けの時系列データあり。毎月更新中。 個人向け国債キャッシュバック比較ランキング 個人向け国債キャンペーンをキャッシュバックが多い順にランキング比較。購入額から利回りを簡単シミュレーション(国債購入額10億円まで対応)。個人向け国債と利付国債の解説。 株式取引手数料ゼロの証券会社 株式の取引手数料が無料になる証券会社を比較解説。株式投資や信用取引、株式投資信託、転換社債等について。 株取引が安い会社ランキング FX比較ランキング(スプレッド/キャッシュバック/売上/利益) FX業者についてスプレッドやキャンペーン(特典)、ロスカットレート、売上高、利益等をランキング比較。FXのメリットやデメリット、最新店頭FX月次速報値等。 FXスワップ(売り買い)比較ランキング 通貨ペア別にスワップポイントの高い順にFX業者をランキング比較。米ドル/円,ユーロ/円,英ポンド/円,豪ドル/円,NZドル/円,カナダドル/円,スイスフラン/円,南アランド/円,株取引が安い会社ランキング トルコリラ/円,ユーロ/米ドル,英ポンド/米ドル,豪ドル/米ドル,ユーロ/豪ドル,英ポンド/豪ドル。 つみたてNISAとは つみたてNISAの特徴・メリットやデメリット、NISAとの比較について。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる