通貨ペア

RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数

RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数

では、トレンド系でおすすめのインジケーターをご紹介していきます。

ハイローオーストラリアで絶対使用すべきインジケーター6選!


では、トレンド系でおすすめのインジケーターをご紹介していきます。

一目均衡表


一目均衡表とは、日本の投資家である細田悟一(ペンネーム:一目山人)が開発したトレンド系のインジケーター です。

  • ローソク足が雲の上に抜けた場合:買いシグナル
  • ローソク足が雲の下に抜けた場合:売りシグナル

移動平均線


移動平均線とは、一定期間の平均価格を折れ線でグラフ化したもの です。

最もポピュラーなインジケーターなだけに使い方も豊富 です。
パーフェクトオーダー、グランビルの法則、MA乖離率、ゴールデンクロス・デッドクロス…など。

オシレーター系のおすすめインジケーター

RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数
では次に、オシレーター系でおすすめのインジケーターをご紹介していきます。

  • ・MACDがシグナルを下から上に抜ける:買いシグナル
  • ・MACDがシグナルを上から下に抜ける:売りシグナル

移動平均線を使っているので、ゴールデンクロス・デッドクロスを使うことがメインに なります。
バイナリーオプションだけではなくFXや株式投資でも人気のインジケーターです。

ストキャスティクス


ストキャスティクスとは、一定期間の高値と安値を活用して、買われすぎ・売られすぎを判断するオシレーター系のインジケーター です。

  • ストキャスティクスのメインが80以上:買われすぎ
  • ストキャスティクスのメインが20以下:売られすぎ

ハイローオーストラリアで使うべきインジケーター


ここまで、4つのインジケーターをご紹介してきました。
確かに、これまで紹介してきたインジケーターも人気ですし、かなりおすすめです。

RSIとは、「Relative Strength Index(相対力指数)」の略で、相場の”買われすぎ”、”売られすぎ”を判断するためのインジケーター です。
一定期間の上げ幅と下げ幅をもとに計算されております。

移動平均線の基礎知識(MAで値動き攻略)

テクニカルロジック

それゆえに確度の高い裁量トレードをしていく為に大事なのは 移動平均線の数値設定や性能ではなく 普段から使ってるMAの癖や特徴をよく知る事こそが1番大事なのです。

ではそれは何故なのでしょうか?
上記でも申し上げましたが 毎日市場参加者に意識されるMAは変わるからです。
200EMAで反発する事もあれば 200SMAで反発する場合もあります。
それは毎日の様に変わる事なので 設定値やMAの種類でトレードに優位性を見出そうとするのは あまり意味がないのです。

まずMAの基本的な仕組みをすごーく簡単にすると例えば20MAであれば 過去20本分のローソクの終値の平均値になります。つまり数字の部分は過去のローソク本数なんですね。
200MAであれば過去200本分の終値の平均値になります。

※余談ですが 世の中にあるインジケーターは表示方法が違うだけで ほとんどがMAです。ボリンジャーバンドも 一目均衡表もRSIもCCIもストキャスティクスも全部MAです。

この設定値なんですが人によって様々です。上記でも伝えてますが よほど奇抜な数値でなければ王道の設定値なら何でも良いというのが私の持論です。設定値そのものよりも RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数 使ってる設定値は値動きに対して どの様な挙動をMAがするのかを知る事の方が重要です。

ちなみに私のMA設定値は25・55・200で使っています。
この設定値に特に大きな根拠がある訳ではありませんが 1週間が5営業日なので1週間毎で相場が平均化されてるとしたら 「5」刻みが良いのかな程度でこの設定値にしてますが
実際は21や27と言った数値でも十分実戦で機能すると思います。

さて一目均衡表MAの様に 少し特殊な計算式のMAもありますが 基本的にはローソクが更新される度に追随してローソクを追いかけてくるのがMAです。

さて次にMAの使い方でポピュラーなのでがレジサポとしての機能です。
価格に水平線を引くレジサポと同じ様に MA自体もレジサポとして使えます。
これが結構使えるので 「MAタッチで逆張り」なんて手法が有名です。
なのでより反発の精度を高めたいから設定値迷子になる人が後が絶たないんでしょう


またトレンド中であればMAがトレンド方向を向いてるので タッチする位置が「押し目」になる事が多いです。個人的感覚だと20番台のMAが 押し目になる事が多い印象です。20番台はボリンジャーバンドだとミドル中央線に該当します。

ではレンジ相場だとどうなるかと申しますと レンジの場合MAはローソクのすぐ近くにきます。あまりレンジが長く続くと ローソクの値動きの中に入ってきます。
この状態の時の短期MAはレジサポとしての役割を果たしません。レンジ相場の時はMAは使い物にならないのです。
これをどこで見るかと言うと「MAの向き」この時はMAが横向きになります。MAが横向きになったらレジサポとして使ってはいけません。
MAはローソクが乖離が開いてるこそです。つまりMAがレジサポとして効果を発揮するのは「大きく傾いた時」が乖離が広がってチャンスなんです。

そして次にお話しする「角度」これがめちゃくちゃ大事です。
もう1回言いますね?めちゃくちゃ大事です。もはやこの角度転換がMAの機能の中で1番大事なんじゃないかくらいに私は思ってます。 RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数
つまりMAが角度を変える=そのMAをローソクが突き抜けた(ロールリバーサル)事になるんですね。
上記のレジサポとしての機能から考えると 短期的に「トレンド転換」したサインになります。
例えばレンジ相場からMAの角度が変わると言う事は「レンジブレイク」した事と同意です。こうなったら勝負が始まります。
上記でもお伝えしたレジサポとしての機能が効果を発揮します。

こうなる事で先ほどまでサポートになっていたMAがレジサポ転換してレジスタンスに変わります。
このブレイクした値動きが続いていくと短期MAから上位MAが設定の小さい順に並ぶ「パーフェクトオーダー」言われる状況になるんですが
それはどうでもいいです。パーフェクトオーダー=レジサポ効果UP程度の事なので←
むしろパーフェクトオーダーになってからのエントリーでは ほとんど美味しい所は終わってる事が多いので割愛します。
重要なのは「パーフェクトオーダーになる初動」で入っていく事です。
ですのでMAが角度を変えるタイミングをよく観察する事が大切です。

以上MAの基本的な分析性能を解説されて頂きました。
今後もリライトを重ねていくつもりですが 今回はもう疲れたのでこれでおしまい。
皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

FXのチャートの見方

FXのチャートの見方

RSIとは「Relative Strength Index」の頭文字をとった略語。日本語にすると、相対力指数と言われるものになります。RSIは一定期間における価格の変動幅から、相場の買われ過ぎ・売られ過ぎをパーセンテージで表したテクニカル指標。オシレーター系の代表的な逆張り指標です。
RSIは0%から100%の数字で表され、目安はRSIが70%~80%を超えると買われ過ぎ、反対に20%~30%を割り込むと売られ過ぎと言われています。

ストキャスティクス

まとめ

監修者プロフィール

ファンダメンタルズ分析とは?

投資の失敗例とその原因とは? 失敗しないためのポイントを解説!

ETFとは?投資信託との違いとは?

自己資本比率ってなに

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

逆張り株投資のメリット・デメリット。おすすめの指標は企業価値と比較する方法

逆張り株投資のメリット・デメリット

割安株(バリュー株)投資

  • 「株で利益を出すなら、逆張りがいい?それとも順張りのほうが良い?」
  • 「安くなった銘柄に投資したら、さらに下がってしまった。何を基準に投資判断すればいいかわからない」

しかし、私の経験からいいますと、 株価の動きだけを見て安易に逆張りすると思わぬ大失敗をしやすい です。なぜなら、逆張り投資法が通用しない局面がある上、逆張りにこだわると損失を拡大させやすいからです。

逆張り投資をするなら株価自体を指標とするのではなく、 業績や財務をもとに計算した企業価値に対して割安な銘柄を見つける のがおすすめです。業績や財務を分析するとなると難しく感じるかもしれませんが、株価の割安度を判断できる無料のツールもありますのでそんなに難しくありません。割安株投資をしたい方はツールを活用してみるとよいです。

本記事では 逆張り投資法のメリット・デメリットを解説し、どんな指標を元に株価の割安さを判断して逆張りすべきか について私の考えを紹介します。

逆張り株投資法が人気な理由(メリット)

逆張りとは「 安くなった株を買い、高くなった時に売る 」という考え方です。逆張り投資は日本人の個人投資家に人気がある投資手法といわれています。

逆張りと正反対の考え方を 順張り といいます。順張りでは株価が上昇している局面で買い、下落している局面で売ります。逆張り・順張りはそれぞれメリット・デメリットがありますので、一概にどちらがよいとは言えません。理想的には状況に応じて使い分けるのがよいですが、考え方が真逆なため、使い分けるのは難しいです。

メリット1.逆張り投資では買値を安くしやすい

逆張り投資法の1つ目のメリットは 株の買値を安くしやすい ことです。

メリット2.勝率が高くなりやすい

逆張り投資法の2つ目のメリットは RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数 勝率が高くなりやすい ことです。

逆張り投資でよく使われる指標3つ

中でも見やすくてよく使われる指標が RSI です。RSIはヤフーファイナンスの株価チャートなどでも簡単に確認できる指標ですので使いやすいです。

逆張り株投資の指標RSIの意味

RSIの計算式

  • 70を超えた株は買われ過ぎ(下落する懸念がある)
  • 30を下回った株は売られ過ぎ(リバウンドで上昇しやすい)

RSIは 短期的な売られすぎを判断する指標として便利 です。しかし、RSIには問題点があり、 RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数 うまくいく場合は限られています 。RSIの注意点については次の「安易に逆張りをすると失敗しやすい理由」で述べます。

安易に逆張りで株に投資すると失敗しやすい理由(デメリット)

一方、逆張り投資法にはデメリットもあります。 安易に逆張り投資をすると大失敗してしまうことがあります ので、注意が必要です。

  • トレンドが変わったときには対応できない
  • 損切りしにくいので、失敗するときは大損しやすい

デメリット1.トレンドが変わったときには対応できない

もし、何らかの大きなニュース(業績の大幅修正、新製品の開発、大事故・災害、政治的なニュースなど)が起きて、企業のおかれている状況が根本的に変わった場合、ボックス相場ではなくなってしまいます。そのため、株価は 平均に回帰することがなく、突き抜けてしまう ことがよくあります。

短期的に売られすぎたからといって、安易に逆張りしてはいけない株の例

スルガ銀行の株価チャート

一般的にはRSIが30以下で売られすぎの状態といわれるため、 RSIでみればスルガ銀行株は明らかに売られすぎ ですね。RSIを信じるなら投資すべき局面ですが、下手に逆張り投資していたら大損していたことは上図の株価チャートから明らかです(結局、スルガ銀行の株価は1年間で約1/5に下落しています)。

ここで大事なのは、 問題が発覚する前と後ではスルガ銀行のおかれている状況が一変 RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数 したことです。もし多額の融資が貸し倒れに終わった場合、スルガ銀行に多額の損失が発生するという懸念があります。

デメリット2.損切りしにくいため、失敗したときの損失額が大きくなりがち

逆張りの理想は最も下落したところで買って、最も上昇したところで売ることです。しかし、問題は 下落がいつまで続くのか事前にわからない 点です。

順張りであれば予想が外れた時点で損切りするので、損失は比較的小さく抑えられます。しかし、逆張りの場合、下落するほどさらにチャンスと思えるため、 損切りがなかなかできません 。むしろ 追加で資金を投入してしまいがち です(ナンピンといいます)。

もし追加資金を投入してナンピンしていた場合、 トータルの損失額は大きく膨らんでしまった でしょう。

つまり、逆張り投資法は以前の株価が適正で、以前の株価に戻ることが適切であると仮定した場合に成り立つものです。もし 以前の株価が割高だったり、適正な株価自体が下落してしまったりした場合、多少安くなったからという理由で逆張り投資すると失敗する ことが多いです。

逆張り投資でおすすめな株は、業績と財務に比べて割安な銘柄

逆張りをするなら、株価自体の安さを指標とするのではなく、 業績や財務のよさと比較した割安さで投資判断する のがおすすめです。

逆張り投資をするなら、 業績・財務がよい割安株を探すのがおすすめ です。

割安株を探すには企業価値評価手法がおすすめ

その中で、私が実際に活用していて、おすすめしたいのは、 企業価値評価手法(バリュエーション)を使って理論株価を計算する方法 RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数 です。

企業価値評価手法は、M&Aなどの場面で企業の買収価格を計算するときに使われる手法です。収益性と資産性を総合的に評価することで、 合理的に 企業価値(株主価値)を計算できます。

企業価値を1株当たりの金額に換算したものは 理論株価 と呼ばれ、割安度の指標になります(たとえば、実際の株価が理論株価より安ければ割安です)。図で表すと、以下のイメージです。

理論株価による投資判定

もっと手軽に企業価値評価手法による理論株価を知りたいなら、GMOクリック証券が無料で提供している 財務分析ツール がおすすめです(口座保有者のみ閲覧可能)。

理論株価を 簡易的に調べたいときに便利 なので、私も参考値として使っています。さらに、理論株価に対する割安度でスクリーニングすることもできますので、割安株を簡単に絞り込むことができます。

逆張り投資をするなら、 業績や財務に対する割安さを指標とする ことをおすすめします。業績や財務で判断するというと難しく感じますが、GMOクリック証券の財務分析ツール・スクリーニングツールを使えば手軽に割安株投資ができますのでおすすめです。

割安株に対する逆張り投資は 大失敗することが比較的少なく、成功しやすい投資方法 として知られています(投資の神様とも呼ばれる、ウォーレン・バフェットも基本的に割安株投資で成功しています)。株式投資で成功したいという方は、まずは割安株投資を試してみることをおすすめします。

エントリーポイントをいち早く知ることができる RSI PERFECT ORDER

異国の戦士様のインジケーターは2つ目になります。 もともとRSIを使用したため、購入させていただきました。 RSIのPOの精度が高く、これに従えば目線の違うトレードはほぼなくなるかと思います。 また一点要望なのですが、POが出た際のアラートはでますが、同様にPOが崩れた時にもアラートが出れば最高です。 自分の場合、RSIのパーフェクトオーダーを根拠の一つにエントリーをエグジットをしているため、 これができれば出先でのエグジットも取りこぼしなくできるので、可能でしたらお願いいたします。 (★4なのは期待を込めてです…‼) RSIを普段から使っているトレーダーは購入して間違いないかと思います。 2021/02/12 12:19

使いやすくわかりやすいインジケータです。

かなり良いインジケーターです

私は5分足でトレードしてRSIレベルバーのMTFを5分、15分、30分、1時間に変更して使ってます。RSI-POのドットが出てからレベルバーの矢印を確認して直近の高値安値ブレイクで良いところでトレンドに乗れます。使用通貨ペアは、EURJPY、EURUSD、GBPJPY、GBPUSDの4つです。トレンドが伸び切らないばあいに若干の損切りはありますが、1日平均40PIPS以上は無理なく安定してとれます。あと一目均衡表の雲抜けからのRSI-PO、レベルバーの矢印確認でのエントリーもしっかりと価格が伸びやすいです。トレンドのわりと初動をうまくとらえられるツールです 2020/09/03 20:26

RSIパーフェクトオーダーインジケーターについて

インジケーターの検索していた時、異国の戦士さんのRSIパーフェクトオーダーのインジケーターを見つけました、インジケーターの説明のページとレビューを見て、購入しました。分からない事のメールを何度かやりとりしましたが、大変親切な方だと思います(●^o^●)インジケーターについてですが、MTFがスイッチ切り替えで、見れるので便利です、こちらのレビューを参考に順張りのインジケーターと一緒に使用しています、順張りに適している時間に最強だと思います。(●^o^●) 時間帯と通貨を絞ってエントリーしました、勝率大変良いです。2020/07/04 03:43

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる