初心者必見

トレンド市場とは

トレンド市場とは

市場の話題「量的引き締め=QT」とは何か? 仕組みと株価に与える影響を探る!

【QUICK Money World 荒木 朋】2022年に入り世界の株式市場が不安定さを増しています。きっかけは、米国の中央銀行にあたる米連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策の正常化が急ピッチに進むとの見方が強まったためです。21年11月に米国債などを買い入れる量的金融緩和の縮小(テーパリング)を開始し、正常化への第一歩を踏み出したFRBですが、テーパリングは今年3月に終了し、利上げに動くとの見方が金融市場ではコンセンサスとなっていました。しかし、市場の驚きを誘ったのは、FRBが「量的引き締め(QT)」にも前向きな姿勢を示していることが明らかになった点です。今回のキーワードとなる 「量的引き締め(QT)」とは何か を解説するとともに、 今後の金融市場などへの影響 について考えていきたいと思います。

「量的引き締め(QT)」とは何か?

さてQTの話に戻りますが、これは英語の「 Quantitative Tightening 」の頭文字をとった略称で、量的金融緩和(Quantitative Easing=QE)を解除することを意味します。QE政策で中央銀行が市場から買い入れた国債などの金融資産について、満期を迎えた債券の再投資を停止して償還させたり、保有資産を売却したりすることにより、 トレンド市場とは QEによって拡大したバランスシートを段階的に圧縮させること をQTといいます。

FRBの保有資産は現在9兆ドル弱と、20年3月の4兆ドル台から2倍強に膨らんでいます。QTは9兆ドル弱に膨らんだこの保有資産を徐々に減らしていき、バランスシートを圧縮していこうというものです。FRBは今年3月のQE終了後に利上げを決めると見込まれていますが、合わせてQTも実施することになれば、金融市場にとっては 2重の引き締め圧力 がかかることになります。

QT観測に金融市場はなぜ動揺?

今回の正常化も同様の手順で実施されるとみられていますが、金融市場にサプライズの1つになったのが、その 正常化プロセスの早期化観測 です。FRBの想定では2022年3月のQE終了後、早い段階で利上げもQTも開始することが適切だと判断していることが明らかになりました。金融政策正常化の早期化はインフレ加速が原因とみられますが、今回、 過去に慎重に正常化を進めてきたFRBがインフレ退治に向けてより強い姿勢を示した と受け止められたことが、金融市場の動揺を誘ったのです。

QUICK Money Worldでは日々のマーケットの変化を専門記者・ライターが伝えています。以下のリンク先では「為替・金利」に関する記事を一覧にしています。特に様々な市場に影響を与える米金利やFRBの金融政策に関する記事も多く掲載しています。マーケット情報の収集と知見の獲得にぜひご活用ください(一部は会員限定コンテンツとなっています)

「為替・金利」の記事・ニュース一覧_ボタン

QTによるマーケットへの影響は?

QTを進めることによるマーケットへの影響はどうなるでしょうか。債券市場では、QTは米国債の需給の緩みを意識させることになるため、 米長期金利の上昇要因になる との見方が一般的なようです。というのも、一度購入した債券が償還期限を迎え現金がFRBの手元に戻っても、その資金で再び国債を購入すれば常に買い手が存在することになります。この買い手がついに姿を消すわけですから、国債を買わない=金利が上がるという構図へと局面が変化することを意味します。

また、 株式市場には逆風 との見方が多いようです。金融政策の正常化は経済状態や金融環境が安定しているからこそ進めるという見方もできますが、QEにより大量に出回ったマネーがこれまでの株式相場を押し上げてきた一因であることは間違いないだけに、QEを巻き戻すQTによるマイナスの影響は無視できないというわけです。市場にじゃぶじゃぶと流れ込んでいたマネーの量が細るだけでなく、ついに滞留していた資金が吸収されるためです。

※FRBバランスシートとダウ平均の推移 トレンド市場とは

日本の株式・金融市場を見渡すと、外国為替市場では米金利上昇に伴うドル買いを背景に 円安・ドル高が進みやすい とみられています。株式市場では、円安は輸出関連企業には追い風となるものの、輸入物価の上昇などを通じて内需関連株を中心に企業収益の圧迫要因にもなります。

そもそも金利の上昇は、借金をする際の利息が増えることも意味します。借金をして事業を拡大しようとする成長企業にとっては、借金返済の金額が増えるだけに業績の圧迫要因になりかねません。ゆえに金利の上昇は特に成長企業の銘柄群、いわゆる 「グロース株」にとって強い逆風 となるのです。

この他にも、QUICK Money Worldは金融市場の関係者が読んでいるニュースが充実。マーケット情報はもちろん、金融政策、経済を情報を幅広く掲載しています。会員登録して、プロが見ているニュースをあなたも!詳しくはこちら ⇒ 無料で受けられる会員限定特典とは

EC担当者必読!国内EC市場のトレンドと対策

D2C・ECが一般消費者に広がりを見せてから約20年。
日本のEC市場は2019年まで安定した成長を続けていました。
経済産業省の「令和2年度 産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大した2020年においても、巣ごもり需要の急増により、激減したサービス分野を相殺することができました。
2020年の一般の消費者に向けたEC市場は19兆2,779億円となっています。

物販系分野のEC市場規模 :12兆2,333億円(前年比21.7%増)
サービス系分野のEC市場規模: 4兆5,832億円(前年比36.5%減)
デジタル系分野のEC市場規模: 2兆4,614億円(前年比14.9%増)

2. ) 「スマホECが売上全体の50%越え!ますますスマホ対応必須に」

スマホの普及率上昇と巣ごもり需要の増加を受け、2020年の物販系のスマホECの比率は50.9%となりました。
直近三年間のスマホ経由の市場規模とスマホ比率(カッコ内)を見てみると、
2018年:3兆6,542億円(39.3%)
2019年:4兆2,618億円(42.4%)
2020年:6兆2,269億円(50.9%)
出典:「経済産業省・令和2年度 産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」
上記の推移をたどっており、今後もより一層のスマホ対策が必要とされるでしょう。

3. )「CtoC-EC(個人間取引)が急成長中!フリマアプリが主戦場に」

4. )「越境ECも目が離せない!アメリカ・中国で拡大続く」

5. ) 支払い方法はカード払いが主流に。ただし、不正には要注意!

5-1.) 約8割がクレジットカード払いに

5-2.) 意識しておきたい、クレジットカード不正利用被害

クレジットカード払いは便利な一方で、不正利用による被害も増えていることを知っておきましょう。2020 年は 9 月までの統計で既に 178.5 億円となっており、そのまま推移すると仮定した場合、4 年連続での 200 億円を超えることになりそうです。一般社団法人日本クレジット協会が中心となって設立された「クレジット取引セキュリティ対策協議会」は、不正利用対策として、本人確認の徹底や複数段階での本人承認などを推奨しています。
出典:「経済産業省・令和2年度 産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」

6. ) 「EC業界のトレンドマーケティング手法紹介」

6-1.) 第三者が商品をPRするインフルエンサーマーケティング

ちなみに、中国ではKOL(Key Opinion Leader)と呼ばれるインフルエンサーが存在し、
ライブコマース形式で商品を紹介することで消費者の購買意欲を刺激します。この結果、2020 年時点でKOL 経由での EC 市場規模は約 3,000 億元(約5兆3,600億円)に達したとも言われています。
出典:「経済産業省・令和2年度 産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」

6-2.) 日本でも取り入れ始められた「ライブコマース」

7.) 送料の課題解決に店舗受け取り⁉

この解決策の一つに、店舗受け取りが浸透し始めているそうです。
EC 購入商品の店舗受け取りは「BOPIS:Buy OnlinePick-up In Store」と言われ、消費者にとっては好きな時間に商品を受け取ることができる他、送料負担、返品のしやすさといったメリットがあります。 トレンド市場とは
ただし、BOPIS は店舗スタッフに必要以上の負荷がかかることや、在庫の全社最適の中での店舗在庫の在り方など以前として留意する点も多くあります。
出典:「経済産業省・令和2年度 産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」

いつも. マーケティングチーム トレンド市場とは いつも.のマーケティングチームです。
ECが大好きなメンバーが集まっています。国内からグローバル、自社からAmazon&楽天まで、ECにまつわるあらゆることを発信していきます!

世界のチーズ市場を再形成する消費者トレンドの考察

カフェの 1 組のカップル

植物ベースのチーズは依然としてニッチな製品分野ですが、市場はわずか数年で明らかに急速に成長しています。 調査から、今後数年間で驚異的な成長が見込めることが分かっています。 たとえば、アジア太平洋諸国の回答者の 34% のみがこれらの製品を試食したと回答していますが、80% もの人々はそのような製品を聞いたことがあると答えています。 インドでは購入への関心が最大 86% で、中国が 82% という僅差で続きます。

5: 鍵となる透明性

消費者の関心は、チーズ製品の製造方法にまで至ります。 この調査では、ヨーロッパの回答者の 69%、南北アメリカで 71%、中東とアフリカで 80%、アジア太平洋諸国で 92% がチーズ製造への関心を示しています。

重要な製造の要素は、原産地と天然成分が最重要で、熱処理と無菌生産も含まれます。 Peter Lindstrøm が説明するように、品質と安全性がどの国の消費者にとっても新たな重要性を高めているため、これも最近の世界的な健康危機の影響と見なすことができます。

6: 環境に優しい容器包装の価値

同様に、消費者はチーズがより環境に優しい容器に包装されていることを望んでいます。 世界的に、これは消費者の製品属性に対するランクの 4 番目に挙げられていますが、チーズの種類によって多少の違いがあります。 持続可能な包装の価値は、モッツァレラチーズの場合に最も高くなっています。

成果: 今日の消費者の明確な姿が明らかに

世界中からの多くのデータから、テトラパックは現在の市場を形成するさまざまな消費者の強い意識を感じることができました。 大別すると、3 つのタイプがあります。

革新的な探検家が最も忠実なチーズ購入者です。 彼らはチーズを楽しみ、新しいフレーバーや植物由来のチーズなど代替品を含む幅広い製品を試すことにも強い関心を示しています。 これらの消費者は、チーズがどこでどのように作られているかにも関心があります。

選択的な消費者は、チーズの特性や製造にも関心を示します。 彼らは定期的にチーズを購入し、新しい製品を試す可能性がありますが、一般的に革新的な探検家よりも関心を示す品種が限られています。

伝統的なチーズ愛好家は、常に一定量を購入する人々です。 おやつでも料理でも同じ種類のチーズを楽しみます。 トレンド市場とは これらの消費者は、チーズがどのように作られているかにほとんど関心がありません。

これらのグループのどれが特定の地域で最も一般的であるかを詳しく調べることにより、チーズ消費者の現在の傾向を最大限に活用する方法がより簡単にわかります。 たとえば、革新的な探検家は新興国のチーズ市場で最も普及していて、中国の消費者の 73%、インドの 77% が該当します。 選択的な消費者は世界でも一番小さなグループですが、ドイツとイタリアで最も多く、市場の約 4 分の 1 を占めています。 一方、伝統的なチーズ愛好家は、米国とロシアで最大のグループで、両国の 47% の人々が該当します。

詳細はこちら
お客様の地域で最も多いチーズ消費者のタイプをお知りになりたいですか? 将来、お客様にとっての最大のチャンスとなるトレンドに関心がおありますか?

野村総合研究所、2026年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

新型コロナウイルス感染拡大は消費者と企業に大きな影響を与えました。外出自粛によってインターネット通販や動画配信サービスの需要は拡大し、通勤・通学ができないことからテレワークやオンライン学習が本格化しました。感染拡大を機に、デジタルトランスフォーメーション(DX)に本腰を入れる企業も出てきています。
一方、日本は、電子政府化の遅れ、デジタル人材の確保など社会全体のデジタル化には大きな問題や課題を抱えています。世界電子政府ランキング 1 や世界デジタル競争力ランキング 2 も年々順位を落とし、日本全体が自信を喪失しているようにも見えます。
日本が目指すべきデジタル社会像は、全国民がデジタルの果実を享受できる社会であり、このコロナ禍を、失われた20年からの脱却に向けての機会と捉え、これまでのやり方を大きく変革する意識が重要になると考えます。

【デバイス市場】 トレンド市場とは
新型コロナウイルスの影響はありつつも、5GサービスやDXで伸びも期待される

  • コロナ禍により、販売低迷やサプライチェーン分断が発生し、デバイス市場も大きな影響を受けている。今後、5GサービスなどDXを支える基盤整備が進むと、デバイスの利用方法が変わったり、新たなニーズが創出されたりすることが期待される。
  • 日本における5Gの商用化サービスは2020年3月から開始されたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言や東京オリンピック・パラリンピックの延期に伴い、当初想定よりも普及はしていない。ミドルレンジ以下の価格帯における中国系メーカーのラインナップ拡充が主要因となり、2026年度には国内の5G端末は3,200万台程度まで拡大する見込みである(図1)。
  • 超高精細(4K・8K)テレビにおいては、さまざまな自粛により経済状況が悪化し、テレビの買い替え需要に水を差すのではないかという懸念があった。ところが、在宅時間の増加、特別定額給付金の受給に加え、新機種の発売、旧モデルの大幅な値下げなどもあり、結果的にコロナ禍においても需要は拡大している。2021年度は東京オリンピック・パラリンピックの開催が需要を後押しすると考えられ、2026年度の保有世帯はベースシナリオで2,757万世帯に拡大する見込みである(図2)。
  • ロボット市場においては、ソーシャルディスタンスの保持や従業員の安全確保を目的とした自動化は多くの分野で加速する。事業不振やテレワークの影響で、既に検討していた実証実験が停滞・中止になるケースもあるものの、新型コロナウイルスは中長期的にロボット化を後押しする。とりわけ、ウイルス消毒ロボットなど人命にかかわる領域は待ったなしで導入が進み、消毒ロボットは注目分野の1つとなっている。

【ネットワーク市場】
「Withコロナ状態」で求められる回線の安定性とセキュリティ

  • 新型コロナウイルス感染拡大および緊急事態宣言の発出などは、人々の生活や消費生活、社会環境に大きな影響を与え、動画視聴やオンライン学習、テレワーク、ECなどのデジタル消費によりデータトラフィックが大幅増となった。「Withコロナ状態」が続くことで、デジタルを中心に消費者の行動が定着し、インターネット回線の速度の安定性、セキュリティがますます重視されるようになる。
  • 生活、社会、産業の多くの場面でICTサービスの利用が拡大し、安定した通信が改めて求められるようになり、これが光ファイバー需要の下支えとなっている。固定ブロードバンド回線加入件数は、2026年度には約4,090万件と予測される(図3)。
  • 一般の企業や自治体が自ら構築・運用可能な「局所的な5Gネットワーク」を指すローカル5G市場においては、5G早期利用の促進、建物・敷地単位での高セキュリティネットワークの構築、遠隔作業時の遅延解消などが期待されている。ネットワーク機器が高価なため中小企業にまで広く浸透することが難しいのは課題であり、2026年度の市場規模は180億円程度とみられる(図4)。

【コンテンツ配信市場】
コロナ禍により、コンテンツ産業は追い風と向かい風が吹き荒れ、転換期を迎える

  • 新型コロナウイルスの感染拡大を機に、インターネットにつながっているモバイル端末やパソコン、テレビなどのデジタルメディアへのシフトが加速している。通信の高速化(固定ブロードバンドやモバイルブロードバンド)や高性能なデジタル機器の登場、AIやクラウドなどの技術活用が進展している。
  • 在宅で楽しめる「巣ごもり消費」の一つとして動画配信の人気が高まったことに加え、コロナ禍を機に拡大した動画配信サービスの継続利用意向は高く、コロナ禍終息後も利用者が一定程度定着すると考えられ、また、リアルイベントからネット配信への支出意識の変化の萌芽が見られることから、これらの動きが市場拡大の追い風となり、2026年度の動画配信市場は3,200億円超に成長すると見込まれる(図5)。
  • 巣ごもり需要による余暇時間の増加を追い風に、消費者や企業が動画を投稿できる動画投稿サービスや、消費者や企業がライブ配信できるライブ配信サービスは、サービス利用者の拡大、顧客単価の上昇、広告料の増大を背景に、2026年度には約1兆900億円まで拡大すると予測される(図6)。

【xTech(B2C市場)市場】
xTech(B2C)事業者は業界の変革の担い手から、より信頼が求められる存在に

世界のチーズ市場を再形成する消費者トレンドの考察

カフェの 1 組のカップル

植物ベースのチーズは依然としてニッチな製品分野ですが、市場はわずか数年で明らかに急速に成長しています。 調査から、今後数年間で驚異的な成長が見込めることが分かっています。 たとえば、アジア太平洋諸国の回答者の 34% のみがこれらの製品を試食したと回答していますが、80% もの人々はそのような製品を聞いたことがあると答えています。 インドでは購入への関心が最大 トレンド市場とは 86% で、中国が トレンド市場とは 82% という僅差で続きます。

5: 鍵となる透明性

消費者の関心は、チーズ製品の製造方法にまで至ります。 この調査では、ヨーロッパの回答者の 69%、南北アメリカで 71%、中東とアフリカで 80%、アジア太平洋諸国で 92% がチーズ製造への関心を示しています。

重要な製造の要素は、原産地と天然成分が最重要で、熱処理と無菌生産も含まれます。 トレンド市場とは Peter Lindstrøm が説明するように、品質と安全性がどの国の消費者にとっても新たな重要性を高めているため、これも最近の世界的な健康危機の影響と見なすことができます。

6: 環境に優しい容器包装の価値

同様に、消費者はチーズがより環境に優しい容器に包装されていることを望んでいます。 世界的に、これは消費者の製品属性に対するランクの 4 番目に挙げられていますが、チーズの種類によって多少の違いがあります。 持続可能な包装の価値は、モッツァレラチーズの場合に最も高くなっています。

成果: 今日の消費者の明確な姿が明らかに

世界中からの多くのデータから、テトラパックは現在の市場を形成するさまざまな消費者の強い意識を感じることができました。 大別すると、3 つのタイプがあります。

革新的な探検家が最も忠実なチーズ購入者です。 彼らはチーズを楽しみ、新しいフレーバーや植物由来のチーズなど代替品を含む幅広い製品を試すことにも強い関心を示しています。 これらの消費者は、チーズがどこでどのように作られているかにも関心があります。

選択的な消費者は、チーズの特性や製造にも関心を示します。 彼らは定期的にチーズを購入し、新しい製品を試す可能性がありますが、一般的に革新的な探検家よりも関心を示す品種が限られています。

伝統的なチーズ愛好家は、常に一定量を購入する人々です。 おやつでも料理でも同じ種類のチーズを楽しみます。 これらの消費者は、チーズがどのように作られているかにほとんど関心がありません。

これらのグループのどれが特定の地域で最も一般的であるかを詳しく調べることにより、チーズ消費者の現在の傾向を最大限に活用する方法がより簡単にわかります。 たとえば、革新的な探検家は新興国のチーズ市場で最も普及していて、中国の消費者の 73%、インドの 77% が該当します。 選択的な消費者は世界でも一番小さなグループですが、ドイツとイタリアで最も多く、市場の約 4 分の 1 を占めています。 一方、伝統的なチーズ愛好家は、米国とロシアで最大のグループで、両国の 47% の人々が該当します。

詳細はこちら
お客様の地域で最も多いチーズ消費者のタイプをお知りになりたいですか? 将来、お客様にとっての最大のチャンスとなるトレンドに関心がおありますか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる