仮想通貨ニュース

仮想通貨のアービトラージは儲からない

仮想通貨のアービトラージは儲からない
仮想通貨トレード

仮想通貨(ビットコイン・アルトコイン)のアービトラージツールは儲かる?

f:id:roko8and17:20170929122955j:plain

アービトラージを常に取引板に張り付いて手動でやろうとするのは、ほぼ無理 です。シグナルで教えてくれるツールなどがあっても、取引所から取引所にコインを送り合って回さなければいけない資産状況では、効率よく実行するのは難しいでしょう。取引所のAPIを使った自動取引機能がついているBOTならば、なおさら「 利用者が増えたら旨味が少なくなる 」という事態が生じるので、 アービトラージツールで儲けを出せたとしてもそれは一時的なものに過ぎない ですし、 販売する側にとってもその旨味を手放すことになりますので経済的合理性も皆無 と言えるでしょう。

仮想通貨マーケットも流動性が高まり、アービトラージに目をつけてBOTを開発・利用する人も増えてきたので、これまで価格差を利用した低リスクの取引で儲けられていた人があまり利益を出せなくなってきた のかもしれません。そのような人が、「旨味が薄れてしまった既に過去のツール」を高値で販売している可能性が高いのではないでしょうか。

コインの売買手数料を抑えるツールについて

コインチェックでは、8000円から8500円に6.25%値上がりしても、手数料で5円しか儲からない

こうした手数料損を回避するためには、BittrexやPOLONIEXといった海外の取引所を利用するのがポピュラーな手法ですが、 Changely というツールを使うと、BTCやETH、XRP、DASHといった主要な仮想通貨を含めた全37種類(現時点)の通貨の両替手数料が一律0.5%に抑えられます (これはBittrexやPOLONIEXの手数料と遜色無いです)。

Google Analyticsによるアクセス解析
当ブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。Cookieによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

Google Adsenseによる広告掲載
当ブログではGoogle Adsenseを利用し、広告掲載を行なっております。

アフィリエイトプログラムによる広告掲載
当ブログは、Amazonアソシエイト、A8.net、TCSアフィリエイト及びfelmatのアフィリエイトプログラムを利用しております。商品・サービスは個人的な主観を元に紹介しており、全ての人に最適なものとは限りません。購入に関する最終的な判断はご自身の責任でお願い致します。 万が一、当サイトをご利用することで発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。

Googleポリシーと規約
今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。情報提供を望まない場合、Googleポリシーと原則からCookieをオフにして利用することが可能です。

免責事項
当ブログをご利用になったことで生じたいかなる損失・損害について、当方では責任を負いかねます。予めご了承ください。 また、十分な調査のもと記事を作成していますが正確な情報でない場合もありますのでご了承ください。

金融商品に関する記述
当ブログでは、外国為替、株式、指数、商品先物、投資信託、仮想通貨等の金融商品及び投資関連のコンテンツを配信しておりますが、情報は閲覧者の自己判断と自己責任で取り扱うようにお願い致します。また、日本では未認可のバイナリーオプション業者や投資MLMに関するコンテンツもございますが、それらを推奨するような意図は一切ございませんのでご留意ください。

著作権について
当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。引用の範囲を超えるものについては、法的処置を行います。転載する際には、運営者までご連絡をお願いします。

元FXCMジャパン社長監修『仮想通貨アービシステムTFA』は思ったほど儲からない…

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』は思ったほど儲からない…

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 3 仮想通貨のアービトラージは儲からない 位

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

第 5 位

C評価商材

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』検証とレビュー

FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行氏が、新たな商材をリリースしました。

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』
販売元:合同会社クリプロ
発売日:2018/11/08
メディア:ツール:仮想通貨サヤ取りツール
公式サイト:https://arbitrage-tfa.com/

谷中伴行氏はFXCMジャパンの元社長という肩書で、以前にもFX商材をリリースしていましたね。その時の商材が、プライス乖離FX(2015年)です。レビュー記事はこちら。

プライス乖離FXから3年、谷中伴行氏が新たに仕掛けるのは仮想通貨アービトラージシステム『T・F・A』です。

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』
販売元:合同会社クリプロ
発売日:2018/11/08
メディア:ツール:仮想通貨サヤ取りツール
公式サイト:https://arbitrage-tfa.仮想通貨のアービトラージは儲からない com/

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』でできること

市場の歪みから利ざやを狙う”アービトラージ”

『T・F・A』は、いわゆる仮想通貨のアービトラージ(裁定取引)です。

仮想通貨アービトラージ(裁定取引)の仕組み

価格差(サヤ)の収束を狙うアービトラージが『T・F・A』

    仮想通貨のアービトラージは儲からない
  1. 価格の安いA取引所でBTC(48万円)を買う
  2. 価格の高いB取引所でBTC(50万円)を空売りする
  3. 価格差の乖離が収束するタイミングを待つ
  4. 価格差が収束したタイミング(49万円)でBTCを決済する
  5. 48万円→49万円=1万円の利益、50万円(空売り)→49万円=1万円の利益、合計2万円の利益

このパターンでは送金をおこなわないため、手数料が不要です。仮想通貨アービシステム『T・F・A』で取り組む手法はこのパターンです。価格差が生じた仮想通貨をシグナル配信(メール等)で知らせてくれる商材、それが仮想通貨アービシステム『T・F・A』です。

自身でアービトラージするには、あらゆる取引所の価格差を常時監視する必要があります。仮想通貨アービシステム『T・F・A』は、あなたに代わってシステムが価格差の常時監視をおこない、価格差発生を自動的に知らせてくれるわけです。

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』
販売元:合同会社クリプロ
発売日:2018/11/08
メディア:ツール:仮想通貨サヤ取りツール
公式サイト:https://arbitrage-tfa.com/

そもそもアービトラージって?

  • 東京の「うまい棒」…10円
  • 鹿児島の「うまい棒」…10円(価格差はゼロ)

ところが、市場というのは常に流動していて、そこに「歪み」が生じます。東京で買う「うまい棒」が10円だったとしても、一部の地域では「うまい棒」の流通量が少なくなってしまい、その結果「うまい棒」が高騰する(プレミアが付く)こともあります。つまり、ある地域(たとえば青森)で「うまい棒」が15円になることもあり得るわけです。

  • 東京の「うまい棒」…10円
  • 青森の「うまい棒」…15円(価格差は5円)

当然、この価格差を利用して儲けようとする人が存在します。東京で仕入れた「うまい棒」を青森で売れば、差額の5円が儲かります。

市場の歪みは常に補正される運命にある

同一時期に生じた価格差を利用して、割安な方を買い、割高な方を売れば、価格差分の利益が出ます。

価格差が歴然としているわけですから、そのタイミングで取引できれば、確実にほぼ100%儲かります。まさに夢のような投資(=聖杯)です。

それは、 市場の歪みは常に(瞬時に)補正される運命にある からです。

価格差が生じる原因ですが、地域的な要因であったり、需要と供給のバランスだったりと様々です。その価格差を虎視眈々と狙う者がいて、利ざやを稼ごうとしているわけです。ところが、その利ざやに群がる者が増えれば増えるほど、価格差は埋められていくのです。最終的には価格差はゼロになります。グローバル化・情報化が進めば進むほど、歪みが補正されるスピードは速くなります。

こうして、市場の歪みは「神の見えざる手」によって瞬時に調整され、平準化されてしまうのです。

仮想通貨はアービトラージ向きと言われるが…

さて、仮想通貨アービトラージに話を戻しましょう。仮想通貨取引においては、価格差が生じやすいと言われています。その理由は、仮想通貨取引がそれほど多くないことに起因します。結果的に、仮想通貨取引に参加する者の需給バランスが各取引所ごとに異なるという現象が生じます。

仮想通貨アービトラージ(裁定取引)の仕組み

各取引所における需給バランスが異なるからこそ、生じていた価格差ですが、この価格差を狙うアービトラージ(=サヤ取り)をおこなうプレーヤーが増えれば増えるほど、この価格差は瞬時に埋められていく運命にあります。まさにスピードを競う情報ゲームです。

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』
販売元:合同会社クリプロ
発売日:2018/11/08
メディア:ツール:仮想通貨サヤ取りツール
公式サイト:https://arbitrage-tfa.com/

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』の欠点

まず『T・F・A』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

すべては”タイミング”と”スピード”次第…

アービトラージは、瞬間的な市場の歪みを狙う手法です。歪みは常に生じているわけではなく、偶発的に生じます。そのタイミングを逃さずにすばやく取引することが絶対的に求められます。情報の鮮度と取引スピードが命です。

少しでも遅れれば、歪みが補正されサヤが閉じてしまうのです。取引タイミングが悪ければ、損失が発生することもあります。この点をしっかりと理解しておく必要があります。 スピートと情報が命のスリリングなマネーゲーム、それがアービトラージの本質です。

また、『T・F・A』という監視システムに依存するため、システムに不具合や遅延があればリスクは瞬時に増大します。

参加者が増えれば増えるほど「うまみ」はなくなる

瞬間的な歪み(サヤ)は、取引所間の需給バランスの差によって生じます。しかしこの「サヤ」を狙う者が増えれば増えるほど、その需給バランスは平準化されていきます。まさに市場原理ですね。

結果的に、サヤ取り参加者が増えれば増えるほど、そのうまみは減っていく傾向にあるのです。今は通用しても、いずれは通用しなくなる可能性も視野に入れておくべきでしょう。

谷中氏が取引していた時代(1年前)と今とでは、仮想通貨取引市場への参加者の数は雲泥の差です。このことが何を意味するのか、理解するべきです。

利益を狙えるアービトラージの発生率はそれほど高くはない

大きな利益を狙えるサヤが発生する確率は思ったほど高くはありません。これは考えてみれば当たり前の話です。A取引所で40万円だったものが、同じタイミングで50万円(価格差10万円)ということはまずありません。せいぜい、1〜2万円程度の価格差です。しかも、その価格差は一時的なもので、すぐにそのサヤは市場原理によって収束します。さらに小さな価格差は頻繁に生じますが、その程度のサヤでは小遣いの足しにもなりません。

結果的に、あなたが思うほど儲かるわけではないのです。もちろん掛け金(元手)にもよりますが、労力の割に得られる利益は大きくないという事実をしっておくべきです。

歴史は繰り返す(サヤ取りが禁止される可能性もある)

その結果、サヤ取りが禁止されるという対策も過去に何度も取られてきました。FXやCDFにおいても海外業者は複数口座を利用した両建て取引を禁止しています。遅延やレートエラー(飛び)による取引も無効とされます。こっそりやってもバレれば利益没収、最悪の場合は口座凍結です。

仮想通貨取引においても、 同様の規制が今後おこなわれる可能性はゼロではありません。 それは来年かもしれませんし、来月かもしれませんし、明日かもしれないのです。

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』の評価点

煩雑で面倒な監視作業を代行してくれる

仮想通貨アービシステム『T・F・A』の仕組みはシンプルであり、目新しい手法ではありません。『T・F・A』の最大のメリットは、煩雑で面倒な取引所監視をシステムが代行してくれることです。24時間常時監視し、サヤ発生を瞬時に知らせてくれるわけです。ここに相応の対価を払う、それが『T・F・A』に参加する意義といえます。

リスクが低くほぼ確実に利益を出せる(理論上は100%)

仮想通貨アービトラージは、リスクが限定され確実に利益を手にすることのできる数少ない手法の一つです。たしかに大きな利益は狙えませんが、ストレスなしでコツコツ利益を狙いたいならば、取り組んでみても楽しいかもしれません。情報とスピードが求められる取引なので、ちょっとしたマネーゲームとして楽しむならアリでしょう。

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』
販売元:合同会社クリプロ
発売日:2018/11/08 仮想通貨のアービトラージは儲からない
メディア:ツール:仮想通貨サヤ取りツール
公式サイト:https://arbitrage-tfa.com/

元FXCMジャパン社長監修 仮想通貨アービシステム『T・F・A』総合評価

C評価商材

【結論】仮想通貨のサヤ取りは”聖杯”でもなんでもない
市場の歪みは”神の見えざる手”によって瞬時に埋められる運命にある
そのことを知った上で”お小遣い稼ぎ”に徹するならばアリかも…

当たり前の話ですが、世の中に”仮想通貨のアービトラージは儲からない 絶対に儲かる”話などありません。あったとしても、私達平民が、たかだか数万円で手にすることができるなど、決してありません。それがこの世の摂理です。

理論上は確実に儲かるアービトラージですが、市場の歪みは必ず修正され、開いたサヤは瞬時に収束します。つまり、 儲かるように見えてもそのタイミングや利ざやはあなたが思うほど多くもなく、せいぜいお小遣いの足しになる程度 です。

もちろんあなたが数千万円規模の資金をサヤ取りにつぎ込めるならば話は別です。しかしせいぜい多くて数百万円程度の資金しかないならば、労多くして功少なし…となります。数十万円程度の資金ならば、それこそやるだけ無駄です(雀の涙ほどしか儲からない)。

アービトラージは理論上100%儲かる仕組みなので、意外と頭の良い人ほど前のめりになります。過去にはブックメーカーのアービトラージで巨額の投資詐欺「スピーシー事件」が発生したことをご存知ですか?

アービトラージを活用して仮想通貨取引をおこなうならば、ギャンブル・ゲームとして取り組むことをおすすめします。少額でコツコツ楽しむならば刺激的なゲームです。

ビットコインは今からでも儲かる-稼ぐ方法や今後の価格予想を紹介

ビットコインのサムネイル画像

コインチェック

▼コインチェック

コインチェックのアプリは直感的に操作しやすい作りになっており、初心者でも気軽に仮想通貨の売買が行えます

DMMビットコイン

▼DMMビットコイン

また、DMMビットコインは仮想通貨の入出金手数料が無料なため、無駄に手数料を取らない点もメリット。

GMOコイン

▼GMOコイン

セキュリティの高さに定評があり、様々な工夫で利用者の資金が守られるようになっています。

ビットコイン投資のメリット

▼ボラティリティが大きい 仮想通貨のアービトラージは儲からない
ビットコインに限らず仮想通貨はボラティリティと言われる値動き幅が起きい特徴があります。

▼決済として利用できる店舗もある
ビットコインは投資商品として注目されていますが、実は決済手段として日本でも利用されています

例えば、
・ビッグカメラ
・コジマ
・ソフマップ
・DMM.com
などでビットコイン決済が可能です。

▼24時間365日取引できる
株式投資やFXは基本的に平日しか取引できませんが、ビットコインは24時間365日取引可能。

自身の生活スタイルに合わせ、好きな時に取引できることも人気を集めている理由の一つでしょう。

爆発力を体感するならアルトコインがおすすめ

2018年、2021年のようなバブル相場がくれば、億り人も夢ではないでしょう。

Solana(SOL)は2021年の 1年間で100倍以上に高騰 しています。

solanaのチャート画像

とはいえアルトコインは2000種類以上あると言われているため、有望アルトコインを見極めるのも簡単ではありません

最近は「 シンジケート」のような高騰期待のアルトコイン情報を配信してくれるサービスもありますが、自力で情報収取するのはかなり厳しい現実があります。

仮想通貨(ビットコイン・アルトコイン)のアービトラージツールは儲かる?

f:id:roko8and17:20170929122955j:plain

アービトラージを常に取引板に張り付いて手動でやろうとするのは、ほぼ無理 です。シグナルで教えてくれるツールなどがあっても、取引所から取引所にコインを送り合って回さなければいけない資産状況では、効率よく実行するのは難しいでしょう。取引所のAPIを使った自動取引機能がついているBOTならば、なおさら「 利用者が増えたら旨味が少なくなる 」という事態が生じるので、 アービトラージツールで儲けを出せたとしてもそれは一時的なものに過ぎない ですし、 販売する側にとってもその旨味を手放すことになりますので経済的合理性も皆無 と言えるでしょう。

仮想通貨マーケットも流動性が高まり、アービトラージに目をつけてBOTを開発・利用する人も増えてきたので、これまで価格差を利用した低リスクの取引で儲けられていた人があまり利益を出せなくなってきた のかもしれません。そのような人が、「旨味が薄れてしまった既に過去のツール」を高値で販売している可能性が高いのではないでしょうか。

コインの売買手数料を抑えるツールについて

コインチェックでは、8000円から8500円に6.25%値上がりしても、手数料で5円しか儲からない

こうした手数料損を回避するためには、BittrexやPOLONIEXといった海外の取引所を利用するのがポピュラーな手法ですが、 Changely というツールを使うと、BTCやETH、XRP、DASHといった主要な仮想通貨を含めた全37種類(現時点)の通貨の両替手数料が一律0.5%に抑えられます (これはBittrexやPOLONIEXの手数料と遜色無いです)。

Google Analyticsによるアクセス解析
当ブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。Cookieによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

Google Adsenseによる広告掲載
当ブログではGoogle Adsenseを利用し、広告掲載を行なっております。

アフィリエイトプログラムによる広告掲載
当ブログは、Amazonアソシエイト、A8.net、TCSアフィリエイト及びfelmatのアフィリエイトプログラムを利用しております。商品・サービスは個人的な主観を元に紹介しており、全ての人に最適なものとは限りません。購入に関する最終的な判断はご自身の責任でお願い致します。 万が一、当サイトをご利用することで発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。

Googleポリシーと規約
今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません。情報提供を望まない場合、Googleポリシーと原則からCookieをオフにして利用することが可能です。

免責事項
当ブログをご利用になったことで生じたいかなる損失・損害について、当方では責任を負いかねます。予めご了承ください。 また、十分な調査のもと記事を作成していますが正確な情報でない場合もありますのでご了承ください。

金融商品に関する記述
当ブログでは、外国為替、株式、指数、商品先物、投資信託、仮想通貨等の金融商品及び投資関連のコンテンツを配信しておりますが、情報は閲覧者の自己判断と自己責任で取り扱うようにお願い致します。また、日本では未認可のバイナリーオプション業者や投資MLMに関するコンテンツもございますが、それらを推奨するような意図は一切ございませんのでご留意ください。

著作権について
当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。引用の範囲を超えるものについては、法的処置を行います。転載する際には、運営者までご連絡をお願いします。

【仮想通貨】アービトラージとは?特徴・やり方について解説!

仮想通貨トレード

今回は 「アービトラージ」 について詳しく掘り下げていきたいと思います。

アービトラージとは?

アービトラージとは 「2つの取引所の価格差を利用して儲ける手法」 です。

暗号通貨を買おうと思った時、 同じ国内の取引所なのに価格差があり、 「どこで買うのがいいのだろう…」 と迷ったことはありませんか?

これらの取引所では、 同じビットコインでも「取引所A」と「取引所B」では若干の価格差が生じます。

これを利用して、 安い取引所で購入し、高い取引所に送金して売る」ということを繰り返すのがアービトラージの手法です。 仮想通貨のアービトラージは儲からない

アービトラージは 世界三大利殖法の1つといわれ、 株式投資の世界では昔から常套手段でした。

そして、アービトラージは暗号通貨の各市場においてもかなり有効な投資手法です。

なぜ、暗号通貨はアービトラージに向いているのか?

もともと、アービトラージは 株式投資などで行われてきた手法ですが、 これが暗号通貨に転用できるのかと 疑問に思われる方もいるかもしれません。

ただ、 アービトラージは2つの取引所間に 「価格差」さえあれば利益を狙うことができます。

そのため暗号通貨はアービトラージに向いていると言えますね。

これに基づけば、2つの取引所の価格は 仮想通貨のアービトラージは儲からない 常に同じになるはずなので アービトラージの余地はありません。

しかし、 現実の相場は「効率的」ではないので、そのスキをついて取引が可能になるわけです。

アービトラージは一例ですが、 儲けるチャンスは意外と近くにある、 と認識することも大切ですね!

成熟した市場よりも新興市場のほうが向いている

とはいえ、市場が成熟して 出来高が増えてくると、アービトラージを行うトレーダーも増加し、2つの取引所間の価格差が生じにくくなります。

もちろん、まったく同じ価格に なることはありませんが、 アービトラージを行っても 手数料に相殺され儲からないレベルまで 「効率的」になってしまう市場もあります。

その点 、 暗号通貨はまだまだ新興市場なので アービトラージの余地は十分あります。

ただ、今後市場が成熟して皆が アービトラージをやりだすとうまくいかなくなる、 もしくは取り分が少なくなることが 予測されますので、まさに今が狙い目なのです。

アービトラージが可能な市場は無数にある

アービトラージが考えられる市場は、暗号通貨業界だけで無限といって良いほど存在します。

例えば、 「ビットコイン/円」の通貨ペアでも 取引所は多くありますし、 それが無理なら 「イーサリアム/ビットコイン」 「リップル/ビットコイン」 などもあります。

取引所や市場によって「慢性的に安い」「慢性的に高い」などの特徴がありますので、ある程度、目星をつけてチェックしていけば良いです。

たとえば、 イーサリアムでアービトラージをする場合、 イーサリアムが安いのは大抵 「ビットコイン/イーサリアム」の通貨ペアです。

そして、大抵イーサリアムが 高値で取引されているのは 「イーサリアム/円」で、 これは、イーサリアムを 「ビットコインを介さず直接買いたい」 というニーズが高いからかもしれません。

これはあくまで一例ですが、 このように「安い仕入先」と「高く売れるお得意先」を見つける小売店の経営のような感覚で取り組んでいくとよいでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる