外国為替取引

投資におけるテクニカル分析で必須

投資におけるテクニカル分析で必須
アルトコインレバレッジ取引に強み!19種類の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

レノボニュースルーム

2022年6月14日、香港 - Lenovo Group Limited(以下「レノボ」)(HKSE:992)(ADR:LNVGY)とPCCW 投資におけるテクニカル分析で必須 Limited(以下「PCCW」)(HKSE:0008)は、共同でアジア太平洋地域におけるテクノロジーソリューション事業を提供するジョイントベンチャー「PCCW Lenovo 投資におけるテクニカル分析で必須 Technology Solutions Limited」(以下「PLTS」)を創設する戦略提携の最終契約を締結したことを本日発表しました。このパートナーシップにより、レノボとPCCWは相互の総合力を活用して、両社の社員、顧客、株主にとって魅力的な価値を創造していく予定です。

それぞれの強みを生かす戦略的パートナーシップ

Lenovoは、デバイス、インフラストラクチャ、ソリューションおよびサービスにわたるグローバルな技術力のあるパワーハウスとして、そのイノベーション、グローバルな存在感、企業顧客との深い関係、強力なGo to marketおよびデリバリー能力をこのパートナーシップにもたらし、アジア太平洋地域の市場においてPLTSの成長と競争力強化を支援することになります。

20年以上の実績を持つPCCW Solutionsは、アジア太平洋地域をリードするITサービスプロバイダーであり、香港のシステムインテグレーションとアプリケーション開発におけるリーダーとして位置づけられています。市場をリードするブランドに加えて、PCCW Solutionsは、システムインテグレーションとアプリケーション開発における強力な能力、オペレーション上の専門知識、および高度なスキルを持つ人材をPLTSにもたらすことになります。

シナジー効果を発揮する大きな機会

「このパートナーシップは、デバイスとインフラの会社から、ITソリューションとサービスのグローバルリーダーへの変貌を強化するものです。当社のソリューションとサービス事業は、引き続き当社の成長意欲の基盤であり、PCCWとの戦略的パートナーシップは、アジア太平洋地域の顧客のために革新的なソリューションを市場に投入する機会を加速させます」とレノボのExecutive Vice President兼レノボ・サービス&ソリューション・グループPresidentのKen Wongは述べています。「主要産業における強み、実証済みのソリューション、強力な人材を持つPCCWは、当社のITサービスのリーダーシップをさらに飛躍させるのに最適なパートナーです。」

「この戦略的パートナーシップは、アジアにおける主要なITサービスプロバイダーとしての当社の発展における重要なマイルストーンとなります」と、PCCW Solutionsのマネージングディレクター、Jerry Liは述べています。「この地域での継続的な技術の発展を考えると、我々は適切な時期に適切な位置にいることになります。このパートナーシップは、当社のチームがスキルを向上させる機会をさらに増やすことを意味します。PCCWとレノボの強固な基盤の上に、より幅広いデジタルソリューションを顧客に提供し、この地域のスマートシティ開発にさらに貢献できることを楽しみにしています。」

Lenovoと PCCWの戦略的パートナーシップの構造

戦略的パートナーシップは、現金5億1360万USドルとLenovo株式1億USドルからなる合計6億1360万USドルの対価で実施され、完了時に86,424,677株のLenovo株式のPCCWへの割り当てと発行が行われます。この株式は、2022年6月14日の取引終値に基づき、19.2%のプレミアムに相当する1株当たり9.025香港ドルで発行される予定です。 この取引が完了すると、レノボはPLTSの80%の株式を直接取得し、PCCWのITソリューション事業の持株会社であるPCCW Network Servicesの20%の株式を通じて、実質的に84%の株主となる予定です。PLTSは、主にアジア太平洋地域における活動の拡大に注力していきます。株式の対価の特徴と、その結果得られるレノボのPCCWの株式保有は、戦略的パートナーシップに対する両社の長期的なコミットメントと信頼を反映したものです。

Pythonによる株価テクニカル分析_MACD編

Python

今回は、Pythonによる株価のテクニカル分析に欠かせない MACD について紹介します。
Pythonのライブラリである「 投資におけるテクニカル分析で必須 mplfinance 」を使用することで、
簡単なコードで、MACDのグラフを作成することが、可能になります。

MACDとは?

MACD(マックディー)= Moving Average Convergence/Divergence oscillator

1970年代にGerald Appelという人が作成したもので、 株価のトレンドを捉えるのに効果的 です。

指数平滑移動平均(EMA)= Exponential Moving Average

単純移動平均(SMA)= Simple Moving Average

一般的な移動平均線は、単純移動平均と呼ばれています。一定期間の価格を単純に平均したものです。

ソースコード

準備&株価の取得

MDCDによるテクニカル分析

MACDのグラフする関数

MACD_パラメータ設定

df:取得した株価データフレーム

Fast_length:動きの速い(期間の短い)指数平滑移動平均(EMA)の日数

Slow_length:動きの遅い(期間の長い)指数平滑移動平均(EMA)の日数

Signal_smoothing:MACDラインの指数平滑移動平均(EMA)の日数

グラフ説明

MACDライン
= 短期のEMA(12日間の指数平滑移動平均)- 長期EMA(26日間の指数平滑移動平均)

シグナルライン
= MACDラインのEMA( MACDライン9日間の指数平滑移動平均)

ヒストグラム = MACDライン – シグナルライン

一般的な分析方法

見方としては、
2本の線が、上向きの時は、 上昇トレンド 、下向きの時は、 下降トレンド 、
線の向きが変わったところをトレンドの 転換点 です。

具体的なパラメータ

一般的なパラメータ(世界の投資機関がよく使用しているもの)

Fast length:12日,Slow length:26日,Signal smoothing:9日

パラメータ例その1(値動きのスピードが速いなどの場合)

Fast length:8日,Slow length:18日,Signal smoothing:6日

パラメータ例その2(短期投資などの場合)

Fast length:6日,Slow length:13日,Signal smoothing:4日

参考にした本

テクニカル分析の方法だけでなく、
投資について、わかりやすく書かれているので、大変参考になると思います。
電子書籍の方が 半額 で購入できるので、そちらをオススメします。

【仮想通貨のテクニカル分析を学ぼう!】トレーダーがボリンジャーバンドを利用する時に注意することとは?

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • 相場で負けないコツは?失敗例やFXで損するトレーダーの特徴を4つ紹介 - 2022年6月15日
  • テクニカル指標「フィボナッチリトレースメント」の使い方は?注意点やポイントを解説 - 2022年6月15日
  • 仮想通貨投資を行う場合のプロジェクトの選別方法【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】 - 投資におけるテクニカル分析で必須 2022年6月15日
  • 円安相場にうまく乗れる通貨ペアは?松井証券のトレード方法も解説 - 2022年6月15日
  • 2022.6.15 マーケットレポート【FOMC前にドル高が進行】 - 2022年6月15日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19種類の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

仮想通貨・ブロックチェーンの最新ニュース

  • 2022/6/15カイカエクスチェンジ、SkebユーティリティトークンのIEO検討へ
  • 2022/6/152022.6.15 マーケットレポート【FOMC前にドル高が進行】
  • 2022/6/15フォビジャパン、ビットコインSV (BSV)を国内初上場
  • 2022/6/15OKCoinJapan、国内初となるアバランチの取り扱い開始へ
  • 2022/6/142022.6.14 マーケットレポート【FOMCが0.75%の利上げの可能性】
  • 2022/6/10Coincheck NFT(β版)、新たに「Otherdeed(NFT)」の取り扱いを開始
  • 2022/6/10GMOインターネットグループ、Web3ベンチャーを支援するVC設立へ
  • 2022/6/102022.6.10 マーケットレポート【ECB11年振りの利上げへ】
  • 2022/6/9研究開発支援に用いられるコレクティブNFT - Microbes 投資におけるテクニカル分析で必須 NFTとは?
  • 2022/6/9ビットバンク、国内初となるポリゴン(MATIC)の取り扱い開始へ

関連記事一覧

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

Pythonによる株価テクニカル分析_MACD編

Python

今回は、Pythonによる株価のテクニカル分析に欠かせない MACD について紹介します。
Pythonのライブラリである「 mplfinance 」を使用することで、
簡単なコードで、MACDのグラフを作成することが、可能になります。

MACDとは?

MACD(マックディー)= Moving Average Convergence/Divergence oscillator

1970年代にGerald Appelという人が作成したもので、 株価のトレンドを捉えるのに効果的 です。

指数平滑移動平均(EMA)= Exponential Moving Average

単純移動平均(SMA)= Simple Moving Average

一般的な移動平均線は、単純移動平均と呼ばれています。一定期間の価格を単純に平均したものです。

ソースコード

準備&株価の取得

MDCDによるテクニカル分析

MACDのグラフする関数

MACD_パラメータ設定

df:取得した株価データフレーム

Fast_length:動きの速い(期間の短い)指数平滑移動平均(EMA)の日数

Slow_length:動きの遅い(期間の長い)指数平滑移動平均(EMA)の日数

Signal_smoothing:MACDラインの指数平滑移動平均(EMA)の日数

グラフ説明

MACDライン
= 短期のEMA(12日間の指数平滑移動平均)- 長期EMA(26日間の指数平滑移動平均)

シグナルライン
= MACDラインのEMA( MACDライン9日間の指数平滑移動平均)

ヒストグラム = MACDライン – シグナルライン

一般的な分析方法

見方としては、
2本の線が、上向きの時は、 上昇トレンド 、下向きの時は、 下降トレンド 、
線の向きが変わったところをトレンドの 転換点 です。

具体的なパラメータ

一般的なパラメータ(世界の投資機関がよく使用しているもの)

Fast length:12日,Slow length:26日,Signal smoothing:9日

パラメータ例その1(値動きのスピードが速いなどの場合)

Fast length:8日,Slow length:18日,Signal smoothing:6日

パラメータ例その2(短期投資などの場合)

Fast length:6日,Slow length:13日,Signal smoothing:4日

参考にした本

テクニカル分析の方法だけでなく、
投資について、わかりやすく書かれているので、大変参考になると思います。
電子書籍の方が 半額 で購入できるので、そちらをオススメします。

成り上がるための仕手株攻略法!
テクニカル分析で売買すれば怖くない!

facebook-share

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき? 投資におけるテクニカル分析で必須
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!
投資におけるテクニカル分析で必須
PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる