フォレックス

デリバティブ取引とは

デリバティブ取引とは
↓登記された所在地(千葉県成田市玉造7-15-58)↓

デリバティブ取引を行うときの契約書(ISDA)

他の方の回答がないようなので、不肖私めが言える限りで…。 Master Agreement自体は1992年のものが最後だと思います。 1999年のDefinitionとは、何に関するものでしょうか?Credit DerivativeのDefinitionでしょうか? もしそうなら、「ISDAのMaster Agreementそのものに付随するもの」というよりは、ISDAのMaster Agreementのみならず、「一般的なCredit Derivativeの契約での、Definitionの一つのStandard」という性質のものだと思います。(Credit DerivativeのConfirmationに乗っている言葉は、ISDAの1999年のDefinitionと同じ定義、もしくはISDAのDefinitionを見ればわかる、といったパターンになるでしょう。) 因みに、私は金融機関勤務ではなく、Derivativeの世界からも、今は足を洗ってます。その程度の人間の言う事なので、信用できないかも知れないので、ISDAのHPのアドレスをいれておきます。

関連するQ&A

お聞きいたします。 デリバティブ取引についてなんですが、 私のイメージでは「原資産から派生した取引」 と認識しております。 なので、先物取引やオプション取引などは デリバティブ取引であると理解しています。 では、 (1)外国為替証拠金取引(FX取引) (2)CFD取引(為替、証券、商品) はデリバティブ取引に含まれるのでしょうか? どちらも、原資産の取引なので デリバティブではない気がしますが、 いかがでしょうか?

デリバティブ取引、ヘッジ取引の意味が良くわかりません。 一体、どういったものなのでしょうか? また、為替予約というのはデリバティブ取引、ヘッジ取引に含まれるのでしょうか? 以上、よくわからなくて困っています。詳しい方がおられましたら、どうか教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

6月に日商簿記2級を受けようと思っているものですが、会社法の制定にあたって参考書の買換えを行うべきか検討しています。 使っているテキストは、 『LEC 日商簿記2級最速マスター 工業簿記 第2版』 です。この第2版は2002年4月10日に出版されたもので、一昨年に購入しました。 現在の最新版は第3版(2007年2月21日出版)だそうです。 工業簿記については、2級の範囲では会社法制定の影響はあまりないのではないかと思うのですが、やはり第3版を購入したほうが良いでしょうか?アドバイスよろしくお願いいたします。 (ちなみに商業簿記の方は、テキスト・問題集ともに会社法対応の最新版を改めて購入しました。)

毎度お世話になっています。 タイトル通りです。 現在使用しているUbuntu7.10にVirtualBox1.50がインストールされています。 先日VirtualBoxが1.5.6にアップデートされて、キーボード関連のバグ等が改善されたようです。 そこで、最新版のVirtualBoxをインストールしたいと思い、synaptic等で探してみたところ最新版が見つかりませんでした。 最新版のVirtualBox1.5.6はどこで手に入るのでしょうか? よろしくお願いします。

ホームページを作成しようと思い、Dreamweaverの購入を考えています。今まで全く触った経験がなくどんなものなのかさっぱりわかりません。技術も知識もありませんが、自分で勉強しながら何とかマスターしたいと思っています。 そこでDreamweaverを調べたところ現在の最新版はCS4のようですが、その前に出たCS3と何がどう違うのでしょうか? もし購入するとすればやはり最新バージョンを購入するほうが何かといいのでしょうか? アドバイスよろしくお願いいたします。

ノートンインターネットセキュリティ2007を使用しています。 LiveUpdateの際、エラーが発生しましたので、質問いたします。 以下、今回のLiveUpdateの流れを記述します。 不明な点がありましたら、補足いたします。 OS(Windows XP MediaCenter Edition)の起動 ↓ Live Updateの実行(手動) ↓ デリバティブ取引とは 「Norton AntiVirus Virus Definitions」「Norton Confidential」の2つの更新版が見つかる。 ↓ 「Norton Confidential」のインストール失敗 ↓ OS再起動 ↓ 再度手動でLive Update ↓ 「Software Update」の更新版が1つ見つかる。インストール完了。 ↓ 再度手動でLive Update、「現在このコンピュータにあるシマンテック製品とコンポーネントのすべては最新版です」との表示。 この流れで質問なのですが、このインストールが失敗した「Norton Confidential」の更新版は、この流れのどこかで再インストールが出来たのでしょうか? 「最新版です」との表示が出てはいるのですが、再起動後のLiveUpdateで「NortonConfidential」の最新版の修復と言うか、再インストールされた表示も無いですので、本当に最新の更新版が適用されているのかどうか不安です。 この手のエラーに関し、ご存知の方、ご教示ください。 よろしくお願いいたします。

過去に何かで、ポップンミュージックのタイピングゲームの体験版をプレーした経験があるのですが、 今でもポップンミュージック関連のタイピングゲームは発売されているのでしょうか? 確か「ポップンミュージック打」というタイトルだったと思うのですが・・・ 1:現在もシリーズ化で発売されていると仮定して、最新版はいつごろ発売されているのでしょうか? 2:現在入手することは可能でしょうか? よろしくお願いします。

昨日秀丸エディタをネットから購入しました。 使用目的はメルマガ作成です。インターネットでメルマガを作るなら秀丸エディタがいいということで最新版を購入したのはいいんですが、マニュアルも何もないんでハッキリ言って扱い方がさっぱりわかりません。 アマゾンでガイドブックが数冊販売されているようですが、これらのマニュアルは発刊されたのが3年ほど前で今の最新バージョン用のものではありません。 そこでお聞きしたいのですが古いバージョン用のガイドブックでも最新版で使えますか? 数千円も出して購入したのでこのまま放置したくありません。 どうにか基本操作だけでもしっかりマスターしたいと思っています。 本以外にも何か参考になるようなサイトなどあればぜひご教授願います。 よろしくお願いします。

デリバティブ取引の概要 / Overview of Derivatives Transactions

Derivatives デリバティブス とは、金融資産から動詞の Derive デバイブ (派生する)した金融商品、すなわち株式や債券などの有価証券を原資産とするものや、金利や為替などの参照指標を用いた金融取引に用いられる用語で金融派生証券あるいは金融派生商品の意味で用いられている。
現在、デリバティブという言葉は、金融市場だけでなく、広く社会で使用されている。金融リスクを増幅させ、経済に悪影響を及ぼすという批判もあるが、デリバティブは現代における金融を支える必須の要件であり、金融イノベーションの最前線として受け入れられてきている。
デリバティブ市場は近年まで順調に成長してきたが、なぜこれほどまでにデリバティブ取引に需要があるのか?という疑問があるのではないだろうか。その理由の一つは、デリバティブはキャッシュフローを受け渡すだけでなく、キャッシュフローを再構築することでTransfer of risk/リスクの移転が容易になることである。このリスク移転は、伝統的な資産のリスクを先物でヘッジするだけでなく、様々な資産やリスク要因、期間にまたがる、より多様できめ細かなものである。
企業や金融機関、投資家は様々なリスクに遭遇し、そのリスクをヘッジしたい、あるいはリスクを取って投資したいという潜在的な強い欲求がある一方、デリバティブでリスクをシフトしても、ゼロサムゲームなので市場全体のリスクは減らないし、現物の裏付けがないまま作られるものも多いので、金融市場への過剰な資金供給というリスクは避けられないという意見もあるが、過剰なリスク集中を回避し、効果的にリスクをヘッジすることは、リスク管理のみならず資本効率の向上にもつながるため、デリバティブ取引を利用することは、今では経営や投資の判断において重要な選択肢の一つとなっている。

デリバティブの歴史は古く、ギリシャ文明にまで遡る文献にもデリバティブに関する記述があり、特に先物取引の始まりは、農産物や金属などの一般商品からとなる。これら一般商品の先物取引をCommodity futures(商品先物)と呼び、それと区別して、外貨や債券、預金金利、株価指数などの金融商品の先物取引をFinancial futures(金融先物)と現在では呼んでいる。ここでは特に区別が必要な場合を除き、外貨や債券、預金金利、株価指数など、金融先物商品全般の取引のことを「金融先物」と呼ぶことにする。

金融先物取引 Financial futures

金融先物取引の始まりは、1972年にChicago Mercantile Exchange: CME/シカゴ・マーカンタイル取引所がその敷地内にInternational Monetary Market: IMM/国際通貨市場を開設し、外国通貨先物の取引を開始したことに始まる。これを契機に、1970年代後半から1980年代前半にかけて、米国では債券や金利、株価指数など、他のさまざまな金融商品の先物取引が展開され、特に1980年代前半は、多種多様な金融先物商品が次々と誕生し、1980年代半ばまでは、イギリスやカナダ、オランダ、オーストラリア、シンガポールなど他の国でも金融先物取引の導入が見られた。1970年代後半から1980年代前半の10年間で、金融先物取引は世界中に広がり金融先物取引は、先物市場全体において大きな力を持つようになった。結果、1985年以降の米国では、金融先物取引の取引額が商品先物の取引額を上回るようになった。

日本では1985年に10年物国債/JGBが最初の金融先物商品として取引され出した。この商品の取引は大方の予想をはるかに超えて急成長し、取引開始後1年も経たないうちに債券そのものの取引額を上回るようになった。さらに、1987年、日本国債の先物取引は販売額で世界一となり、世界の先物市場から注目を浴びることになった。1987年、証券取引所が50銘柄の株式をパッケージ化した先物商品Stock Futures 50/株式先物50を導入し、株式先物取引が始まった。さらに、証券取引法の改正により、1988年に株価指数先物の取引が開始された。1989年にはFinancial Futures Exchange/金融先物取引所の設立に伴い、通貨・金利先物が導入された。2007年9月、金融先物取引法が廃止され、証券取引法を改正したFinancial Instruments and Exchange Act/金融商品取引法(以下FIEA/金商法)が施行され、有価証券関連取引を扱うSecurities exchanges/証券取引所と金融先物取引のみを扱う金融先物取引所とにカテゴリー分けし、あらゆる金融商品を扱うFinancial Instruments デリバティブ取引とは Exchange/金融商品取引所を設置することとなった。

商品先物取引 Commodity futures

商品先物取引の歴史は古く、日本では1730年に全国の大名が年貢として持ち込む米の取引市場として大阪が優位に立ち、江戸幕府が大阪堂島取引所で米の取引(現物取引と先物取引)を許可し、世界初の組織的先物取引市場が誕生した。戦後の日本では、綿糸や羊毛、ゴム、生糸、干し繭、砂糖、農産物、貴金属など、さまざまな商品を取引する取引所が誕生したが、産業の発展とともに統廃合された。
2011年には商品取引所法が改正され、国内の商品取引所と取引所外取引、国際商品市場を対象とする法律として、商品先物取引法が施行された。その後、価格決定方式や証拠金制度の改善など、金融先物取引の存続に向けた取り組みがさらに進み2000年以降、日本の取引所と海外の取引所との提携が加速し、商品の多様化が進んでいる。
2013年1月、株式会社東京証券取引所と株式会社大阪証券取引所は、取引所間のグローバルな競争において、より優位に立つことを目的として、両社の経営統合を行い、株式会社日本取引所グループを設立した。その結果、2014年3月24日以降、金融先物とオプション取引は、株式会社大阪取引所(正式には株式会社大阪証券取引所、同日付で社名変更)のみで取り扱っている。

オプションとスワップ取引 Option & Swap futures

オプション取引は、古代ギリシャでオリーブの豊作が予想され、オリーブの搾油機を使用するOption/権利を購入したのが始まりとされる歴史学者がいる。近代では、17世紀初頭にオランダのチューリップの球根を対象にオプション取引が行われた。
イギリスでは1690年代にオプション市場が出現したが、1733年にウォルポール内閣のバーナード法で違法となったが、その後もオプション取引は盛んに行われ、1860年にバーナード法は廃止された。米国では、18世紀後半からオプション取引が行われるようになり、南北戦争後に近代的なオプション取引の時代が始まった。1920年代には、店頭市場で投機手段としてオプション市場が人気を博した。しかし、販売促進の手段として営業マンに提供されたオプションが、相場操縦に利用されていることが問題となった。
1973年4月26日、Chicago Board Options Exchange: CBOE/シカゴ・オプション取引所で16銘柄のコール・オプションの取引が開始された。1977年にはプットオプションの取引も開始された。しかし、販売や取引に不公正な行為が多かったため、SEC/証券取引委員会は、新商品や原資産の増加などを禁止し、業務を一時停止させる措置をとった。
この措置は1980年3月に廃止され、オプション取引は現在のように盛んに行われるようになり、この頃、レーガン政権による金融規制緩和とそれに伴う金融市場の活性化により、オプション取引が拡大し、さらに新しいオプション商品の開発に拍車がかかった。その影響は世界の主要な証券取引所に及び、欧州や日本でも先物取引にオプションが導入された。
21世紀に入り、金融市場のグローバル化、ボーダレス化が加速する中で、デリバティブ市場は驚異的な成長を遂げ、商品開発、取引手法も驚異的な進化を遂げた。その多くは相対取引であり、相対取引に関する法的なインフラ整備も進められてきた。一例として、デリバティブの交渉型取引のグローバル化に大きく貢献したのは、デリバティブのプロが参加するInternational Swaps and Derivatives Association: ISDA/国際スワップデリバティブ協会が公表するマスター契約に準拠したスワップ取引における国際標準化であったと思われる。この標準化の流れは、会計や内部統制、リスク管理の分野でも見られる。つまり、時価会計への移行や自由化とグローバル化の流れの中で多様なデリバティブビジネスが一般化した。
2007年に顕在化したサブプライム問題で明らかになったように、これまでのデリバティブ産業の成長と発展が何の問題もなかったとは言えない。その後の金融市場の混乱と信用収縮に伴い、自由放任主義の下での自由化の流れを見直すべきであるという見解が、世界的なコンセンサスとして確立している。しかし、現時点でのデリバティブ取引の残高が膨大であり、今後、新たな取引が大量に発生することを考えると、店頭デリバティブ規制の改革を含む金融規制改革がいかに困難であるかは容易に想像がつく。

デリバティブ取引と金融商品取引法 Derivatives Transactions and the Financial Instruments and Exchange Act

2007年9月末に金商法が施行され当時の他国との整合性を図る観点から、従来の限定列挙方式から、包括的にとらえた枠組みで扱われるようになった。従来、Commodities/商品またはCommodity indices/商品指数を原資産または参照指標とするCommodity derivatives transactions/商品デリバティブ取引は、農産物や金属の生産と流通に関する政策と密接に関連すると考えられ、商品先物取引法の規制対象とされてきた。しかし、2012年の金商法改正により、商品または商品の財務指標を原資産または参照指標とするMarket derivatives transactions/市場デリバティブ取引は、Financial instruments exchanges/金融商品取引所が運営するFinancial instruments markets/金融商品市場において取扱うことができるようになった。

24条この法律において「金融商品」とは、次に掲げるものをいう。
一 有価証券
二 預金契約に基づく債権その他の権利又は当該権利を表示する証券若しくは証書であつて政令で定めるもの(前号に掲げるものを除く。)
三 通貨
三の二 暗号資産(資金決済に関する法律(平成二十一年法律第五十九号)第二条第五項に規定する暗号資産をいう。以下同じ。)
三の三 商品(商品先物取引法(昭和二十五年法律第二百三十九号)第二条第一項に規定する商品のうち、法令の規定に基づく当該商品の価格の安定に関する措置の有無その他当該商品の価格形成及び需給の状況を勘案し、当該商品に係る市場デリバティブ取引により当該商品の適切な価格形成が阻害されるおそれがなく、かつ、取引所金融商品市場において当該商品に係る市場デリバティブ取引が行われることが国民経済上有益であるものとして政令で定めるものをいう。以下同じ。)
四 前各号に掲げるもののほか、同一の種類のものが多数存在し、価格の変動が著しい資産であって、当該資産に係るデリバティブ取引(デリバティブ取引に類似する取引を含む。)について投資者の保護を確保することが必要と認められるものとして政令で定めるもの(商品先物取引法第二条第一項に規定する商品を除く。)
五 第一号、第二号若しくは第三号の二に掲げるもの又は前号に掲げるもののうち内閣府令で定めるものについて、金融商品取引所が、市場デリバティブ取引を円滑化するため、利率、償還期限その他の条件を標準化して設定した標準物

25条この法律において「金融指標」とは、次に掲げるものをいう。
一 金融商品の価格又は金融商品(前項第三号及び第三号の三に掲げるものを除く。)の利率等
二 気象庁その他の者が発表する気象の観測の成果に係る数値
三 その変動に影響を及ぼすことが不可能若しくは著しく困難であって、事業者の事業活動に重大な影響を与える指標(前号に掲げるものを除く。)又は社会経済の状況に関する統計の数値であって、これらの指標又は数値に係るデリバティブ取引(デリバティブ取引に類似する取引を含む。)について投資者の保護を確保することが必要と認められるものとして政令で定めるもの(商品先物取引法第二条第二項に規定する商品指数であって、商品以外の同条第一項に規定する商品の価格に基づいて算出されたものを除く。)
四 前三号に掲げるものに基づいて算出した数値

FLDホールディングスの評判・口コミなどを検証して評価!

虫眼鏡枠画像 グローイング AI

※スタッフの名前不明、役職のみ
-----------------
▼エグゼクティブファンドマネージャー
数店舗の飲食店経営、店舗管理などで社会の仕組みや物事の道理を身をもって体得した後、某投資会社において長年ファンドマネージャーとして活躍。運用ボリュームは数億円単位。実際に運用する傍ら、数多くのお客様からの相談依頼に対し、的確な資産運用のアドバイスでお客様の不安を軽減してきた。その豊富な経験で培われたコンサルティング能力には定評があり、具体的な資産運用などの解決策と、丁寧な対応でリピートする相談者も多い。

▼サブマネージャー
数年に渡り運用しておりエグゼクティブファンドマネージャーについて修行中ではあるが、メキメキ頭角を現している。もともと、人に教える事を生業にしてきたので、お客様へのものの伝え方は天下一品。物腰の柔らかさで人の心をつかんで離さない話術のマジシャン。

▼事務担当スタッフ
OLを数年経験後、人生の転機を何回か超えて今に至ります。今までの体験から、お金や資産に対する考え方や感じ方・価値観が徐々に変化して真剣に考えなくてはいけないなと思っていた時に、同じ方向の考え方を持つ先輩方に出会い、お手伝いしてます!天真爛漫・明るいとよく言われるので、いい意味で影響与えられるように笑顔で仕事に励んでいます!
-----------------

しかし、金融会社に従事していただけで投資で稼いでいるのかは不明。 投資家としての実力不透明 な人間に投資をレクチャーしてもらって本当に稼げるようになるのか疑問ですね。

-----------------
▼株式・FX・先物取引トレードスクール
自分の手腕を向上させたいユーザーの為のサービス。電話でのリアルタイムレクチャーと、パソコンを見ながらの直接指導を行っていくことで、実際の相場を同時に見ながら、考え方や仕込み方を教示していく為、実践形式になる。

・基本コース ※受講料金/1ヶ月1万7,000円 デリバティブ取引とは
月に4回、1回1時間、電話でのリアルタイムレクチャー。最初の2回は対面。

・DCコース ※受講料金/1ヶ月2万円
月に4回、1回1時間、電話×2回、対面×2回のリアルタイムレクチャー。最初の2回は対面。

・初心者準備コース ※受講料金/5千円
レクチャーを始めるにあたって必要な準備(証券会社の口座開設など)を一緒にしていく。準備が整うまでサポートする為、電話の回数や一回の電話時間に制限は無し。

▼資産運用アドバイス ※料金不明
対面で悩みを解決する為の方法を話し合う。資金運用する上での心構えや心持・考え方も回数を重ねていく過程で話していく。最初だけの提案ではなく、継続フォローしその時々に合ったアドバイスも行う。
-----------------

株式・FX・先物取引トレードスクールの受講料金を見る限り、そこまで高額という印象は受けません。ただ、前述した通り講師の実力が不透明なので、 受講する価値があるのか謎

更に会社として登記した所在地と、ホームページに表記されている運営場所の 所在地が異なる ことも判明しました。

FLDホールディングス 登記された所在地

↓登記された所在地(千葉県成田市玉造7-15-58)↓

FLDホールディングス 運営が行われている所在地

↓運営が行われている所在地(千葉県成田市並木町142-55)↓

FLDホールディングス 運営が行われている所在地の物件情報

↓実際の物件詳細情報↓

運営を行っている所在地を見る限り、投資で稼いだ人間が出資して創業して運営を行っているのではなく、 投資関連業を営むことでこれから稼ごうとしている会社 ということが何となく分かりますね。

以上の検証結果を踏まえると、現時点では 可もなく不可もない会社 と判断せざるを得ません。信頼を寄せる為の材料が不足している点が多い為、利用を検討する場合は慎重な判断をオススメします。

<利益を出すならココ!!>
グローイングAI
爆発的高騰銘柄を選別するAI!
最大株価上昇率1951.9% の衝撃。
至高の銘柄を次々に輩出!
⇒グローイングAIの記事を確認

デリバティブ取引の概要 / Overview of Derivatives Transactions

Derivatives デリバティブス とは、金融資産から動詞の Derive デバイブ (派生する)した金融商品、すなわち株式や債券などの有価証券を原資産とするものや、金利や為替などの参照指標を用いた金融取引に用いられる用語で金融派生証券あるいは金融派生商品の意味で用いられている。
現在、デリバティブという言葉は、金融市場だけでなく、広く社会で使用されている。金融リスクを増幅させ、経済に悪影響を及ぼすという批判もあるが、デリバティブは現代における金融を支える必須の要件であり、金融イノベーションの最前線として受け入れられてきている。
デリバティブ市場は近年まで順調に成長してきたが、なぜこれほどまでにデリバティブ取引に需要があるのか?という疑問があるのではないだろうか。その理由の一つは、デリバティブはキャッシュフローを受け渡すだけでなく、キャッシュフローを再構築することでTransfer of デリバティブ取引とは risk/リスクの移転が容易になることである。このリスク移転は、伝統的な資産のリスクを先物でヘッジするだけでなく、様々な資産やリスク要因、期間にまたがる、より多様できめ細かなものである。
企業や金融機関、投資家は様々なリスクに遭遇し、そのリスクをヘッジしたい、あるいはリスクを取って投資したいという潜在的な強い欲求がある一方、デリバティブでリスクをシフトしても、ゼロサムゲームなので市場全体のリスクは減らないし、現物の裏付けがないまま作られるものも多いので、金融市場への過剰な資金供給というリスクは避けられないという意見もあるが、過剰なリスク集中を回避し、効果的にリスクをヘッジすることは、リスク管理のみならず資本効率の向上にもつながるため、デリバティブ取引を利用することは、今では経営や投資の判断において重要な選択肢の一つとなっている。

デリバティブの歴史は古く、ギリシャ文明にまで遡る文献にもデリバティブに関する記述があり、特に先物取引の始まりは、農産物や金属などの一般商品からとなる。これら一般商品の先物取引をCommodity futures(商品先物)と呼び、それと区別して、外貨や債券、預金金利、株価指数などの金融商品の先物取引をFinancial futures(金融先物)と現在では呼んでいる。ここでは特に区別が必要な場合を除き、外貨や債券、預金金利、株価指数など、金融先物商品全般の取引のことを「金融先物」と呼ぶことにする。

金融先物取引 Financial デリバティブ取引とは futures

金融先物取引の始まりは、1972年にChicago Mercantile Exchange: CME/シカゴ・マーカンタイル取引所がその敷地内にInternational Monetary Market: IMM/国際通貨市場を開設し、外国通貨先物の取引を開始したことに始まる。これを契機に、1970年代後半から1980年代前半にかけて、米国では債券や金利、株価指数など、他のさまざまな金融商品の先物取引が展開され、特に1980年代前半は、多種多様な金融先物商品が次々と誕生し、1980年代半ばまでは、イギリスやカナダ、オランダ、オーストラリア、シンガポールなど他の国でも金融先物取引の導入が見られた。1970年代後半から1980年代前半の10年間で、金融先物取引は世界中に広がり金融先物取引は、先物市場全体において大きな力を持つようになった。結果、1985年以降の米国では、金融先物取引の取引額が商品先物の取引額を上回るようになった。

日本では1985年に10年物国債/JGBが最初の金融先物商品として取引され出した。この商品の取引は大方の予想をはるかに超えて急成長し、取引開始後1年も経たないうちに債券そのものの取引額を上回るようになった。さらに、1987年、日本国債の先物取引は販売額で世界一となり、世界の先物市場から注目を浴びることになった。1987年、証券取引所が50銘柄の株式をパッケージ化した先物商品Stock Futures 50/株式先物50を導入し、株式先物取引が始まった。さらに、証券取引法の改正により、1988年に株価指数先物の取引が開始された。1989年にはFinancial Futures Exchange/金融先物取引所の設立に伴い、通貨・金利先物が導入された。2007年9月、金融先物取引法が廃止され、証券取引法を改正したFinancial Instruments and Exchange Act/金融商品取引法(以下FIEA/金商法)が施行され、有価証券関連取引を扱うSecurities exchanges/証券取引所と金融先物取引のみを扱う金融先物取引所とにカテゴリー分けし、あらゆる金融商品を扱うFinancial Instruments Exchange/金融商品取引所を設置することとなった。

商品先物取引 Commodity futures

商品先物取引の歴史は古く、日本では1730年に全国の大名が年貢として持ち込む米の取引市場として大阪が優位に立ち、江戸幕府が大阪堂島取引所で米の取引(現物取引と先物取引)を許可し、世界初の組織的先物取引市場が誕生した。戦後の日本では、綿糸や羊毛、ゴム、生糸、干し繭、砂糖、農産物、貴金属など、さまざまな商品を取引する取引所が誕生したが、産業の発展とともに統廃合された。
2011年には商品取引所法が改正され、国内の商品取引所と取引所外取引、国際商品市場を対象とする法律として、商品先物取引法が施行された。その後、価格決定方式や証拠金制度の改善など、金融先物取引の存続に向けた取り組みがさらに進み2000年以降、日本の取引所と海外の取引所との提携が加速し、商品の多様化が進んでいる。
2013年1月、株式会社東京証券取引所と株式会社大阪証券取引所は、取引所間のグローバルな競争において、より優位に立つことを目的として、両社の経営統合を行い、株式会社日本取引所グループを設立した。その結果、2014年3月24日以降、金融先物とオプション取引は、株式会社大阪取引所(正式には株式会社大阪証券取引所、同日付で社名変更)のみで取り扱っている。

オプションとスワップ取引 Option & Swap futures

オプション取引は、古代ギリシャでオリーブの豊作が予想され、オリーブの搾油機を使用するOption/権利を購入したのが始まりとされる歴史学者がいる。近代では、17世紀初頭にオランダのチューリップの球根を対象にオプション取引が行われた。
イギリスでは1690年代にオプション市場が出現したが、1733年にウォルポール内閣のバーナード法で違法となったが、その後もオプション取引は盛んに行われ、1860年にバーナード法は廃止された。米国では、18世紀後半からオプション取引が行われるようになり、南北戦争後に近代的なオプション取引の時代が始まった。1920年代には、店頭市場で投機手段としてオプション市場が人気を博した。しかし、販売促進の手段として営業マンに提供されたオプションが、相場操縦に利用されていることが問題となった。
1973年4月26日、Chicago Board Options Exchange: CBOE/シカゴ・オプション取引所で16銘柄のコール・オプションの取引が開始された。1977年にはプットオプションの取引も開始された。しかし、販売や取引に不公正な行為が多かったため、SEC/証券取引委員会は、新商品や原資産の増加などを禁止し、業務を一時停止させる措置をとった。
この措置は1980年3月に廃止され、オプション取引は現在のように盛んに行われるようになり、この頃、レーガン政権による金融規制緩和とそれに伴う金融市場の活性化により、オプション取引が拡大し、さらに新しいオプション商品の開発に拍車がかかった。その影響は世界の主要な証券取引所に及び、欧州や日本でも先物取引にオプションが導入された。
21世紀に入り、金融市場のグローバル化、ボーダレス化が加速する中で、デリバティブ市場は驚異的な成長を遂げ、商品開発、取引手法も驚異的な進化を遂げた。その多くは相対取引であり、相対取引に関する法的なインフラ整備も進められてきた。一例として、デリバティブの交渉型取引のグローバル化に大きく貢献したのは、デリバティブのプロが参加するInternational Swaps デリバティブ取引とは and Derivatives Association: ISDA/国際スワップデリバティブ協会が公表するマスター契約に準拠したスワップ取引における国際標準化であったと思われる。この標準化の流れは、会計や内部統制、リスク管理の分野でも見られる。つまり、時価会計への移行や自由化とグローバル化の流れの中で多様なデリバティブビジネスが一般化した。
2007年に顕在化したサブプライム問題で明らかになったように、これまでのデリバティブ産業の成長と発展が何の問題もなかったとは言えない。その後の金融市場の混乱と信用収縮に伴い、自由放任主義の下での自由化の流れを見直すべきであるという見解が、世界的なコンセンサスとして確立している。しかし、現時点でのデリバティブ取引の残高が膨大であり、今後、新たな取引が大量に発生することを考えると、店頭デリバティブ規制の改革を含む金融規制改革がいかに困難であるかは容易に想像がつく。

デリバティブ取引と金融商品取引法 Derivatives Transactions and the Financial Instruments and Exchange デリバティブ取引とは Act

2007年9月末に金商法が施行され当時の他国との整合性を図る観点から、従来の限定列挙方式から、包括的にとらえた枠組みで扱われるようになった。従来、Commodities/商品またはCommodity indices/商品指数を原資産または参照指標とするCommodity derivatives transactions/商品デリバティブ取引は、農産物や金属の生産と流通に関する政策と密接に関連すると考えられ、商品先物取引法の規制対象とされてきた。しかし、2012年の金商法改正により、商品または商品の財務指標を原資産または参照指標とするMarket derivatives transactions/市場デリバティブ取引は、Financial instruments exchanges/金融商品取引所が運営するFinancial instruments markets/金融商品市場において取扱うことができるようになった。

24条この法律において「金融商品」とは、次に掲げるものをいう。
一 有価証券
二 預金契約に基づく債権その他の権利又は当該権利を表示する証券若しくは証書であつて政令で定めるもの(前号に掲げるものを除く。)
三 通貨
三の二 暗号資産(資金決済に関する法律(平成二十一年法律第五十九号)第二条第五項に規定する暗号資産をいう。以下同じ。)
三の三 商品(商品先物取引法(昭和二十五年法律第二百三十九号)第二条第一項に規定する商品のうち、法令の規定に基づく当該商品の価格の安定に関する措置の有無その他当該商品の価格形成及び需給の状況を勘案し、当該商品に係る市場デリバティブ取引により当該商品の適切な価格形成が阻害されるおそれがなく、かつ、取引所金融商品市場において当該商品に係る市場デリバティブ取引が行われることが国民経済上有益であるものとして政令で定めるものをいう。以下同じ。) デリバティブ取引とは
四 前各号に掲げるもののほか、同一の種類のものが多数存在し、価格の変動が著しい資産であって、当該資産に係るデリバティブ取引(デリバティブ取引に類似する取引を含む。)について投資者の保護を確保することが必要と認められるものとして政令で定めるもの(商品先物取引法第二条第一項に規定する商品を除く。)
五 第一号、第二号若しくは第三号の二に掲げるもの又は前号に掲げるもののうち内閣府令で定めるものについて、金融商品取引所が、市場デリバティブ取引を円滑化するため、利率、償還期限その他の条件を標準化して設定した標準物

25条この法律において「金融指標」とは、次に掲げるものをいう。
一 金融商品の価格又は金融商品(前項第三号及び第三号の三に掲げるものを除く。)の利率等
二 気象庁その他の者が発表する気象の観測の成果に係る数値
三 その変動に影響を及ぼすことが不可能若しくは著しく困難であって、事業者の事業活動に重大な影響を与える指標(前号に掲げるものを除く。)又は社会経済の状況に関する統計の数値であって、これらの指標又は数値に係るデリバティブ取引(デリバティブ取引に類似する取引を含む。)について投資者の保護を確保することが必要と認められるものとして政令で定めるもの(商品先物取引法第二条第二項に規定する商品指数であって、商品以外の同条第一項に規定する商品の価格に基づいて算出されたものを除く。)
四 前三号に掲げるものに基づいて算出した数値

[財務会計]投資のリスク計算とデリバティブ取引

[財務会計]投資のリスク計算とデリバティブ取引


[財務会計]投資のリスク計算とデリバティブ取引

投資のリスクとリターンの算出

期待収益率 $$\Sigma (収益率 \times 発生確率)$$
分散 $$\Sigma< (収益率-期待収益率)^2 \times 発生確率)>$$
標準偏差 $$\sqrt$$
共分散 $$\Sigma (偏差A\times 偏差B \times 発生確率)$$
相関係数 $$\frac$$

アンシステマティック・リスク:
証券固有の変動で、 分散投資 でリスクを 軽減 できる。

システマティック・リスク:
市場変動に関連して起きる収益率の変動で、 分散投資 で 軽減できない 。

ベーター係数:
市場のリスクから影響される度合い。
$$\beta=\frac$$
式展開すると
$$\beta=相関係数\times \frac$$
市場リスクプレミアム:
市場リスクプレミアム =
市場ポートフォリオの期待収益率 – リスクフリーレート

個別証券の期待収益率:
個別証券の期待収益率 =
リスクフリーレート + β × (市場ポートフォリオの期待収益率 – リスクフリーレート)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる