バイナリーオプション

FXのレバレッジ

FXのレバレッジ
ひろぽん

FXのレバレッジとロスカット|レバレッジ計算表を無料ダウンロード

FXのレバレッジとロスカットについて

お悩みトレーダー

レバレッジ1倍とは?

FXのレバレッジの開設②-1

レバレッジ25倍とは?

FXのレバレッジの解説2-2

レバレッジ100倍とは?(海外口座の場合)

FXのレバレッジの解説2-3

FXは、レバレッジを活用することで、とても資金効率のよい取引ができるということですね。

FXレバレッジ規制について

資金管理の方法が問題なのであって、決してレバレッジが危険ではないのに残念ですね。

FXでレバレッジをかけて取引するメリット

レバレッジをかけた取引を数字で理解する

【1ドル=100円の場合】

本来であれば、10万円=1000ドル(10万円分のドル)の取引しかできないはず。

しかし、25倍のレバレッジをかけると、10万円 × 25倍 = 250万円分のドルを取引することができます。

つまり、250万円=2万5000ドルを取引する事が可能になります。

1万通貨とは1万ドルの事なので、2.5万通貨を取引ができるというわけです。 FXのレバレッジ

FXのレバレッジの解説③-1

・1ドル=100円の場合、2万5000ドルの通貨を取引できる。

・2万5000ドル=2.5万通貨を取引することができる。

「まとめ」 10万円で2.5万通貨取引することが可能

レバレッジをチャートで理解

ドル円のレートが上がると思ったので、 2.5万通貨(日本円250万円分)ドル円を買いでエントリー してみました。

その後、予想通り1ドル=100円だったドル円レートが1ドル=101円まで上がりました。
1円レートが上がりました。(1%の値動き)

2万5000円の利益!!!(250万円×1%=2.5万円)

10万円だった証拠金は12万5000円に増えました。

1%の値動きで資金は10万円に対して25%増える事になりましたね!!!

FXでレバレッジ25倍で取引する

FXの強制ロスカットとは

レバレッジの魅力は理解しておもらえたと思いますが、次は レバレッジと深い関わりの深いロスカット について解説していきますね。

FXでレバレッジ25倍で取引する②

FXの強制ロスカットの仕組みとは?

各FX会社は、トレーダーを大きな損失から保護するために、 強制ロスカットシステム を取り入れています。

証拠金の維持率が、ある値になれば強制的に損切りをして、資金を守る仕組みのことです。

[有効証拠金]÷[必要証拠金]=[証拠金維持率]

この証拠金維持率が80%を切ると強制的にロスカットになります。 (※各FX会社によって異なります。)

お悩みトレーダー

FXのレバレッジとは?計算方法と適切な使い方を解説!

ひろぽん(笑顔)

ひろぽん

FXのレバレッジとは?

ひろぽん(笑顔)

ひろぽん

レバレッジの仕組み

ではレバレッジについて紐解いていくために、次は レバレッジの仕組み について解説していきます。

差金決済って?

例えば下のイラストのように、米ドル/円を100万円分購入し、110万円まで価格が上がった時に決済すると、その差額である「10万円の受け取り」のみとなります。米ドル/円100万円分をやり取りした 前提 となっているわけです。

ひろぽん(笑顔)

ひろぽん

FXにレバレッジが不可欠なわけ

値上がりランキングや値下がりランキングを見ると、株価は銘柄によっては1日で 20%以上 動きます。

一方でFXの通貨ペアのレートの場合、米ドル/円は1日に0.5円程度。つまり現在のレートが100円とすると 0.5%程度 の値動きなので、株取引に比べても値動きがゆるやかですね。

レバレッジなし ⇒ 1000通貨単位で0.5円の値動き = 1000通貨 × 0.5円 = 500円 の損益
レバレッジあり ⇒ 1万通貨単位で0.5円の値動き= 1万通貨 × 0.FXのレバレッジ 5円 = 5000円 の損益

ひろぽん(考える)

ひろぽん

レバレッジは危険!は本当?

1万通貨のトレードの損益 レート 評価損益
利益を上げるとき 100円⇒101円 +1万円
損失が出るとき 101円⇒100円 -1万円

例えばこの場合「レートが30Pips不利な方向に動けば損切り」などとルールを決めておけば損失は 3000円 に抑えられます。

ひろぽん(標準)

ひろぽん

FXのレバレッジの計算方法と使い方

では次にレバレッジについて 下2点 をチェックしていきたいと思います!

  • レバレッジの取引額からの計算方法
  • レバレッジを何倍にするべきか

レバレッジの計算方法

ここでの証拠金とは現在の口座残高から含み損益を合わせた 純資産 になります。
例えば、証拠金が5万円ある状態で1万円の含み損がある口座の純資産は下の通りです。
「5万円(証拠金)-1万円(含み損)= 4万円 (純資産)」

レバレッジは何倍にするべき?

20Pips = 0.2円だから 2000円 の損失

100Pips = 1円だから 1万円 の損失

このように 同じレバレッジ10倍でも、損切り幅が異なれば損失も異なることがわかります。
※レートが100円のとき1万通貨単位の取引額は100万円。元手が10万円なのでレバレッジは10倍。

リスク管理はレバレッジではなく損失リスクで考える!

  • 元手10万円 × 2% =2000円(許容できる1トレードあたりの損失額)

ひろぽん(笑顔)

ひろぽん

FXのレバレッジの注意点

またレバレッジをかけるときに気を付けてほしいのが 強制ロスカット です。

強制ロスカットに注意する

ひろぽん(標準)

ひろぽん

スワップ運用は低レバレッジが基本!

スワップ運用は長期保有が前提

高金利通貨は値動きが激しく強制ロスカットされやすい

マイナス6万円というのは元手を越える損失になるので、 レバレッジ10倍の方はかなり前に強制ロスカットされていることが分かります。 ※証拠金維持率100%未満で強制ロスカットされる口座の場合、 37.5円を下回ったタイミングで強制ロスカット 「損切りをしたら良いじゃん」と思うかもしれませんが、スワップ運用では損切りを入れずに長期的な値動きに耐えられる証拠金の量でないといけません。 実際には2年間で1万円程度のスワップ益も入るためもう少し強制ロスカットまで耐えられますが、それでも時間の問題。 一方で レバレッジ1倍の方は30円まで値が下がった後も、強制ロスカットの可能性は依然として低い状態にあります。 ※30円のときの必要証拠金は1万2000円なので、証拠金維持率は2500%と高い水準 -->

ひろぽん(笑顔)

ひろぽん

レバレッジとは?メリット・デメリットを徹底解説!

たとえばレバレッジが 1 倍の場合、 1 ドル= 100 円のときに 1,000 ドルの取引をして 110 円で売ったとすると、この時のため替差益は 10 円× 1,000 ドルで 1 万円の利益になります。しかし、レバレッジが 10 倍の場合、 1 ドル= 100 円であれば、 1,000 ドル× 10 倍で 10,000 ドル (100 万円 ) の取引ができるので、 10 円× 10,000 ドルで 10 万円の利益となります。

このように FX では、同じ資金でもレバレッジをかけることによって、大きな収益を得ることができます。

レバレッジのデメリット

高いレバレッジをかけた取引は、相場の予測通り動くと大きな利益を出すことができますが、 相場の予測とは逆方向に動くと、大きな損失が発生する危険性 があります。仮に取引に成功して 10 万円の利益を出せたとしても、取引に失敗していれば 10 万円の損失を出すこともあります。

レバレッジ取引の注意点

レバレッジをかけることで 大きな利益を得ることができる反面、大きな損失を発生させることもあります 。ここではレバレッジ取引の注意点を紹介します。

余裕のある証拠金

レバレッジをかけて取引をすると、大きな損失が発生する可能性があるため、ロスカットが執行される確率が高くなります。ロスカットラインは FX FXのレバレッジ 会社によって異なり、 必要証拠金維持率が各会社の決めた基準を下回った場合に、強制的にロスカットが行われます

レバレッジを高くしすぎない

レバレッジを高くすることで、大きな収益を出すことができる可能性がありますが、その反面大きな損失が発生することもあります。 プロのトレーダーでも完璧に相場を予測することはできません

それなのに、相場を予測する力や取引スキルを身に付ける前に、レバレッジを高くしすぎて取引を行うと、大きな損失を出すリスクが高くなります。初心者は低レバレッジから始め、徐々に FX に慣れていくようにしましょう。

レバレッジとは、担保となる証拠金の何倍もの金額の外国ため替取引ができる仕組みのことで、国内での最大レバレッジは 25 倍と決められています。 レバレッジのメリットは少ない資金で大きな取引ができるという点で、デメリットは大きな損失が発生するという点 です。

海外FXのレバレッジ比較|ハイレバがオススメのFX業者もご紹介

海外FXのレバレッジ比較|ハイレバがオススメのFX業者もご紹介

海外FXについて

海外FXのレバレッジの概要

海外FXのレバレッジ比較

海外FX業者 最大レバレッジ
GEMFOREX 1,000倍
BigBoss 999倍
XM 888倍
TitanFX 500倍
AXIORY 400倍

一見すると、レバレッジ値が高い業者の方が、トレードを有利に進められるように見えます。しかし、FX業者を選ぶ際には、ボーナスキャンペーン・出入金の手数料・日本語対応などの要素も非常に重要です。

ハイレバレッジの特徴

日本の金融庁の規制により、国内FXの最大レバレッジは一律25倍に規制されています。

一方、海外FXにレバレッジ規制はなく、最大レバレッジは888倍・1,000倍・3,000倍と業者ごとに異なります。 これらの高いレバレッジ値が、ハイレバレッジと呼ばれます。

海外FXでレバレッジが高い業者を選ぶ際の3つのポイント

ポイント① 会社の信頼性・安全性

金融ライセンスを保有しているか

ハイレバレッジを重視して海外FX業者を選ぶ際には、上記の4つの金融ライセンスのうち1つは保有している会社を選びましょう。

資産の保証制度と分別管理の有無

仮に会社が倒産した場合に資金が返却されないというリスクを抑えるために、海外FX業者を選ぶ際には「完全信託保全」か「分別管理」のどちらかを採用している会社を選びましょう。

日本語サポートに対応しているか

業者の中には日本語のライブチャットで問い合わせが可能な会社もあるため、ストレスを抑えるためにも日本語サポート体制が整っている会社を選びましょう。

ポイント② 入金・出金の利便性

レバレッジを重視して海外FX業者を選ぶ際には、自分のトレードスタイルに適した入金方法や出金方法を実現できる会社を選びましょう。

ポイント③ 取引する上でのスペック

一般的には、最大レバレッジが高い業者ほどロスカット水準も高い傾向にあるため、一瞬で口座残高がゼロになるリスクが高まります。

海外FXでレバレッジが高い業者を選ぶ際の流れ

1. 最大レバレッジを重視して業者を選ぶ
2. 上記の3つのポイントをクリアしているかを確認
3. 口コミで出金トラブルはないかを確認
4. 複数選択肢が残った場合には、ボーナスキャンペーンが豊富な業者を選ぶ

その上で、 FX業者の選択肢が複数残った場合には、トレードを有利に進めるために口座開設ボーナスや入金ボーナスなどが豊富な会社を選びましょう。

海外FXのレバレッジを重視したオススメ口座

XM「スタンダード口座」

XMの公式サイト

口座タイプスタンダード口座
最大レバレッジ888倍
最小取引数量10万通貨
最低入金額 500円
ロスカット水準20%

特に「スタンダード口座」は、最大レバレッジや取引の多様性などの面から、海外FXの口座の中でも総体的に高い人気を得ています。

XM「スタンダード口座」の特徴

GEMFOREX「オールインワン口座」

GEMFOREXの公式サイト

口座タイプオールインワン口座
最大レバレッジ1,000倍
最小取引数量1,000通貨
最低入金額 100円
ロスカット水準50%

日本語による情報発信が盛んな点が、GEMFOREXの大きな特徴といえるでしょう。

GEMFOREX「オールインワン口座」の特徴

AXIORY「スタンダード口座」

AXIORYの公式サイト

FXのレバレッジ
口座タイプスタンダード口座
最大レバレッジ400倍
最小取引数量1,000通貨
最低入金額2万円
ロスカット水準20%

最大レバレッジは400倍なので、XMの888倍と比べると見劣りします。しかし、スプレッドはXMよりも狭いため、実質的な取引コストを抑えてトレードを進められます。

AXIORY「スタンダード口座」の特徴

海外FXのレバレッジの5つの注意点

口座タイプで最大レバレッジが異なる

FXのレバレッジ 海外FXでは、同じ業者でも口座タイプにより最大レバレッジが異なります。

<XMの口座タイプごとのレバレッジの違い>

口座タイプ最大レバレッジ
スタンダード口座888倍
マイクロ口座888倍
ゼロ口座500倍

口座内資金でレバレッジ制限が異なる

海外FXでは、有効証拠金の金額により、レバレッジに制限がかけられる場合があります。

<XMのレバレッジ制限の例>

有効証拠金最大レバレッジ
〜約200万円 888倍
〜約1,000万円 200倍
約1,000万円以上 100倍

通貨ペアや取引銘柄で最大レバレッジが異なる

海外FXでは、通貨ペアと有効証拠金により、最大レバレッジが異なる点にも注意が必要です。

<XMの通貨ペアと最大レバレッジの違い>

通貨ペア〜約200万円〜約1,000万円約1,000万円以上
米ドル/日本円888倍200倍100倍
米ドル/スイスフラン400倍200倍100倍
米ドル/トルコリラ100倍100倍100倍

取引プラットフォームで最大レバレッジが異なる

一部の海外業者では、取引プラットフォーム(取引ツール)により最大レバレッジに制限がかかる場合があります。

世界規模のイベント発生時にはレバレッジ制限がかかる

海外FX業者では政治や経済の大きなイベント発生時に、一時的にレバレッジ制限がかかる場合があります。

ハイレバであるほど強制ロスカットのリスクが高い

ハイレバレッジのトレードは利益率が高い分、損失率も高くなり、強制ロスカットされやすい傾向にあります。

海外FXのレバレッジのよくあるご質問

ハイレバレッジを活用したトレード手法はありますか?

ハイレバを活かしたスキャルピング

ハイレバを活かして小さい値幅のスキャルピングを行えば、取引回数を増やすことで大きな利益を狙えます。

ハイレバを活かした両建てトレード

ハイレバ環境を活かして両建てを行えば、ロスカットを回避したりや利益を確保できたりします。

ハイレバを活かしたスワップポイント狙い

ハイレバを活かせば、少ない証拠金から多くのスワップポイントを獲得できます。

レバレッジなしでも取引できますか?

FXではレバレッジをかけずに取引を行うことも可能です。

「ハイレバレッジは危険だ」と言われるのは何故ですか?

また、 XMなどの「追証(追加保証金)なしのゼロカットシステム」を採用しているFX業者では、マイナス分に対して追加入金する必要はありません。

レバレッジとは?メリット・デメリットを徹底解説!

たとえばレバレッジが 1 倍の場合、 1 ドル= 100 円のときに 1,000 ドルの取引をして 110 円で売ったとすると、この時のため替差益は 10 円× 1,000 ドルで 1 万円の利益になります。しかし、レバレッジが 10 倍の場合、 1 ドル= 100 円であれば、 1,000 ドル× 10 倍で 10,FXのレバレッジ 000 ドル (100 万円 ) の取引ができるので、 10 円× 10,000 ドルで 10 万円の利益となります。

このように FX では、同じ資金でもレバレッジをかけることによって、大きな収益を得ることができます。

レバレッジのデメリット

高いレバレッジをかけた取引は、相場の予測通り動くと大きな利益を出すことができますが、 相場の予測とは逆方向に動くと、大きな損失が発生する危険性 FXのレバレッジ があります。仮に取引に成功して 10 万円の利益を出せたとしても、取引に失敗していれば 10 万円の損失を出すこともあります。

レバレッジ取引の注意点

レバレッジをかけることで 大きな利益を得ることができる反面、大きな損失を発生させることもあります 。ここではレバレッジ取引の注意点を紹介します。

余裕のある証拠金

レバレッジをかけて取引をすると、大きな損失が発生する可能性があるため、ロスカットが執行される確率が高くなります。ロスカットラインは FX 会社によって異なり、 必要証拠金維持率が各会社の決めた基準を下回った場合に、強制的にロスカットが行われます

レバレッジを高くしすぎない

レバレッジを高くすることで、大きな収益を出すことができる可能性がありますが、その反面大きな損失が発生することもあります。 プロのトレーダーでも完璧に相場を予測することはできません

それなのに、相場を予測する力や取引スキルを身に付ける前に、レバレッジを高くしすぎて取引を行うと、大きな損失を出すリスクが高くなります。初心者は低レバレッジから始め、徐々に FX に慣れていくようにしましょう。

レバレッジとは、担保となる証拠金の何倍もの金額の外国ため替取引ができる仕組みのことで、国内での最大レバレッジは 25 倍と決められています。 レバレッジのメリットは少ない資金で大きな取引ができるという点で、デメリットは大きな損失が発生するという点 です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる