FXニュース

仮想通貨とは

仮想通貨とは
暗号資産(仮想通貨)

仮想通貨のメリット・デメリットとは?送金・トレードなども


仮想通貨は通常24時間365日取引が行えるため、自身のライフスタイルに合わせて投資を行うことができます。購入・換金もその例外ではなく、いつでも仮想通貨を使ってお金のやり取りができ、金融機関の営業時間等に煩わされることはほとんどありません。 仮想通貨とは また、仮想通貨の価値は常に変動しています。そのため仮想通貨の取引所において、ビットコインをはじめとした仮想通貨をトレード・売買することにより収益を上げることが可能であることも、仮想通貨のメリットのひとつといえるでしょう。

具体例:投資
株式投資は、一般的に平日の9〜15時まで、FX取引は平日中の24時間しか取引はできません。
仮想通貨ですと、土日などの休日に集中してトレードをすることが可能となります。平日お仕事をされている方は便利と感じられる方もいらっしゃるはずです。

g_01_01.jpg

メリット② 海外への送金・決済が手軽かつ安価になる

仮想通貨はインターネット上で暗号化された電子通貨であるため、瞬時に海外へ送金・決済することができます。 また、金融機関を通さずに送金・決済を行うため、銀行送金と比較して
① 手数料が安い(無料の場合も)
② 着金が早い
③ 24時間/365日送金できる
④ 国をまたぐなど、どこへでも送れる
といったメリットがあります。

国をまたいで送金する場合、海外への送金は既存の銀行を使って送金することが多いです。 この場合、以下のような課題点があります。
1. 着金まで2営業日〜1週間ほど時間がかかってしまう 仮想通貨とは
2. 手数料が数千円程度と高額である
3. 金融機関の営業時間内に送金する必要がある

一方、仮想通貨を利用すれば上記課題を解決することが可能となります。
1. すぐに着金できる(※仮想通貨の取引状況にも依存します)
2. 手数料は無料か少額
3. 24時間365日対応が可能

仮想通貨のデメリットは?

仮想通貨のデメリットは2点あります。
① ネットにアクセスできないと注文できない
② 税率がほかの投資商品と比較して高い場合がある
それぞれ説明します。

デメリット① ネットにアクセスできないと注文できない

仮想通貨はネットワーク上の資金をやりとりしているため、オンライン状態でないと取引・決済することができません。 仮想通貨とは そのため、スマートフォンの電池切れなどを起こしてしまうと取引ができなくなります。また、海外など電波状況が悪いところに行ってしまっても取引することができなくなってしまいます。 オンライン証券会社での株式取引・FX取引も同様のことが言えるのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、一部の株式投資サービス、FXサービスでは電話による注文を受け付けています。そのため、電話番号と取引情報さえ覚えていれば電話で注文することが可能です。 また、古くから投資されている方は、電話注文のほうが慣れているということもあるかと思います。

デメリット② 税率がほかの投資商品と比較して高い場合がある

このように2019年11月現在はデメリットとして挙げられます。
※かつては、FX投資による利益も雑所得扱いだったのですが、法律が変わり申告分離課税となりました。 同じように仮想通貨についての法律が変わり、申告分離課税扱いとなる可能性もゼロではありません。

注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

仮想通貨USDT(仮想通貨とは テザー/Tether)とは?購入方法/買い_方や送金におすすめの取引所を紹介

テザー

引用:https://tether.to/

時価総額最大のステーブルコイン

ステーブルコイン

2021年11月時点で、テザーの時価総額は718億ドルで、ランキング5位に位置しており、これはステーブルコインの中で首位です。

ステーブルコインはDEXのペアであったり、貸し出しで使われたりと重宝される仮想通貨ですが、当然流通量が多ければ多いほどその価値は認められます。

価格変動では稼げない

テザーだけでなくステーブルコイン全般の特徴ですが、価格変動で稼ぐことはできません。

法定通貨と同じ価値を持つよう作られたのがステーブルコインであるため、その価格はほぼ横ばいで推移します。

インパーマネントロス対策

テザーはインパーマネントロス対策として優秀な仮想通貨です。

インパーマネントロスとはイールドファーミングを実施した際に、仮想通貨の価格変動による影響で、通貨を預けるよりも自分で保有していた方が利益が望めるという問題です。

つまり、仮想通貨で堅実に資金を増やすための手段としてテザーをうってつけと判断できます。 仮想通貨とは

中央集権型金融とは違い預金に保証はない

中央集権型の従来の金融ならば資金を預けた際に、基本的に保証が付きますが、テザーなどのステーブルコインは仮想通貨であるため保証はありません。

もちろん、保証がなくても問題はないようにセキュリティを高めたり、システム的に不具合が起きたりしないような工夫はされており、また日々改良されていっています。

仮想通貨の中でも抜群の安定性を持つテザーですが、リスクヘッジを考え運用することをおすすめします。

テザーへの投資をお考えの方は、 まずは日本円を仮想通貨に交換するためにコインチェックで口座開設しておくことがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.仮想通貨とは 1 /

テザー(USDT)の価格動向

テザー(USDT)の価格動向をお伝えします。

2021年以前のテザー(USDT)の価格動向

USDT チャート

引用:Tradingview

こちらはテザー(USDT)の2020年のチャートです。

テザー(USDT)はステーブルコインであり、法定通貨の値動きに変動するため1ドル付近で推移し続けました。

またテザーは疑惑を向けられることも多いため、稀にわずかな価格変動を見せることがあります。

2021年のテザー(USDT)の価格動向

USDT チャート

引用:Tradingview

こちらは2021年1月から11月までのテザー(USDT)のチャートです。

一目でわかるとおり、価格は1ドル付近でほぼ水平に推移しています。

今後も、1ドル付近から大きく動くことはないでしょう。

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、 この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 5/31まで!200円のBTCゲット/

テザー(USDT)の今後の見通し

テザー(USDT)の今後の見通しを3つご紹介します。

社会への仮想通貨浸透の先駆け

昨今では仮想通貨が本来の通貨の役割ではなく、投資の側面ばかりが注目されていますが、その原因の1つは仮想通貨の価格の変化があまりに激しく、安定した取引が望めないことです。

そこで意義を評価されているのが、ステーブルコインです。

それにより、法定通貨を扱うかのように、今以上に便利な決済の仕組みが誕生するでしょう。

このように仮想通貨の中でも先駆け的に社会に浸透していく通貨はステーブルコインのテザーである可能性が高いのです。

Tether Limited社の疑惑

テザーのステーブルコインとしての価値の発揮は、テザーの時価総額と同等のドルをTether Limited社が保有している前提で成立します。

この前提が成立しているといった態度をTether Limited社は取っていますが、本当にそれだけのドルを持っているかを証拠立てる根拠は、実は開示されていません。

またTether Limited社はCFTC(米商品先物取引委員会)より文書提出を命じる召喚令状を受けていますが、これに応じていません。

ユーザーからしたらテザーを安心して利用でき、Tether Limited社からすれば疑惑を払拭できるため、証拠となる文書の提出は必然かと思われますが、依然動きがないのです。

さらに強固なセキュリティを形成

Tether Limited社が発表したホワイトペーパーによると、マルチシグネクチャーの導入により、セキュリティがいっそう強化される予定です。

これによりTether Limited社がハッキングを受けたとしても、ユーザー個人の資産は攻撃から免れる可能性が上昇します。

仮想通貨市場の低迷は人材獲得と企業買収のチャンス=Binance CEO

一方で他の仮想通貨企業は、これまでの仮想通貨市場の悪化で人員整理を迫られている。
大手仮想通貨取引所コインベースは新規採用の停止や多くの内定を取り消すといった対応に踏み切った。また、ウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所のジェミニも「現在のマクロ経済と地政学的な混乱によって状況が悪化している」として初の10%の人員削減を発表した。
バイナンスは健全な財務体制を維持している理由として、マーケティングに過度に支出しないことの結果であると主張している。
他の仮想通貨企業の中にはスーパーボウルの広告やNBAの本拠地の命名権を獲得するために何百万ドルも出費しており、Zhao氏はこれを「強気相場では誰もが馬鹿げた報酬を支払っている」として批判している。

今後同氏はForbesへの2億ドル(約268億円)の投資などの取り組みを基に、他の企業への投資を増やして多くの分野へブロックチェーン技術の採用を促進していくと述べている。
また、バイナンスは過去にリスク管理を十分に提供できていなかったとして、今後はより多くのユーザーに教育や情報を提供するとしている。

【最新情報】 米投資家のラッケンミラー氏がインフレーションが進む中、金よりもビットコインを所有したいと発言している。 同氏は弱気相場が続いていることに関して、株式市場の低迷はまだ終わっていないと述べている。 #bitcoin #ビットコイン #仮想通貨

この記事はBeInCryptoの「Binance CEO Thinks Crypto Winter Is Best Time to Hire and Expand」を参考にして作られています。

暗号資産(仮想通貨)とは?メリットやデメリットも解説

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)にかかる税金は? 税率や確定申告が必要な場合を解説

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)の価格が変動するのはなぜ?分かりやすく解説

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)初心者におすすめの取引所を紹介!失敗しない選び方は?

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)のDeFiとは?ビットコインとの違いも紹介

暗号資産(仮想通貨)

ハードウェアウォレットとは? 暗号資産の取引が安全に行えるのか調査してみた

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。 仮想通貨とは
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

【初心者向け】暗号資産(仮想通貨)の買い方を解説!

①「かんたん本人確認」
「かんたん本人確認」はスマートフォン限定のサービスです。以下6点の本人確認書類のうち、いずれか1点を事前に用意する必要があります。
運転免許証
個人番号カード
在留カード
住民基本台帳カード(顔写真あり)
運転経歴証明書
特別永住者証明書
「かんたん本人確認」を希望する場合は、スマートフォンから会員ホームにログインし、【本人確認の手続き】-「かんたん本人確認」の[選択する]をタップします。

②「画像アップロード」
「画像アップロード」は、以下10点の本人確認書類のうちいずれか2点を事前に用意する必要があります。
運転免許証
各種健康保険証
パスポート
個人番号カード
住民票の写し
住民基本台帳カード(顔写真あり)
住民票記載事項証明書
印鑑登録証明書
在留カード
特別永住者証明書
「画像アップロード」を希望する場合は、会員ホームの【本人確認の手続き】-「画像アップロード」の[選択する]をタップします。

メールまたは書類を受け取りましたら、口座開設コードを入力します。
口座開設コードの入力は、会員ページまたは『GMOコイン 暗号資産ウォレット』から行います。

GMOコインで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法

日本円の入金手順

「販売所」を使った暗号資産(仮想通貨)の購入方法

「取引所(現物取引)」を使った暗号資産(仮想通貨)の購入方法

「取引所(現物取引)」では、以下の2種類から注文方法を選択できます。
成行:希望する暗号資産(仮想通貨)の数量を指定して、注文価格は指定せずに注文する方法
指値:希望する暗号資産(仮想通貨)の数量と価格を指定して注文する方法

暗号資産(仮想通貨)購入後の保管方法

暗号資産(仮想通貨)の購入に関する疑問

「販売所」と「取引所」の違い

「現物取引」と「レバレッジ取引」の違い

暗号資産(仮想通貨)の買い方に関するよくある質問

Q GMOコインでは暗号資産(仮想通貨)はいくらから購入できますか? A 購入する暗号資産(仮想通貨)、購入時の価格、ご利用いただくサービスによって異なります。
例えば、
・購入時の価格:1BTC = 630万円
・ご利用いただくサービス:「販売所」
の場合、最小注文数量は0.00001 BTCなので、最小購入可能金額は63円となります。
「販売所」における各銘柄の取引ルールについて、詳しくはこちらをご参照ください。

Q GMOコインで暗号資産(仮想通貨)を購入する場合、どのサービスを利用したら良いですか? A GMOコインでは、
・販売所
・取引所(現物取引)
サービスで暗号資産(仮想通貨)をご購入いただけます。

Q 「販売所」とは何ですか? A 「販売所」とは、暗号資産(仮想通貨)をGMOコインから購入、または保有している暗号資産(仮想通貨)をGMOコインに売却するサービスです。
詳しくはこちらをご参照ください。

Q 「取引所」とは何ですか? 仮想通貨とは A 「取引所」とは、参加者同士で売買取引をするサービスです。注文情報は板や歩値として確認できるため、チャートからは読み取れない情報を参照しながら自由度の高い取引を行うことができます。
なお、GMOコインの「取引所」では、現物取引とレバレッジ取引、2種類のサービスを提供しています。
詳しくはこちらをご参照ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる