FX デモ取引

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効

FX投資を行なっている方の42%は正社員・会社員(役員は含まない)

初心者が聞きたいFXって儲かる投資なのか

若い方が儲かるFXって本当なのか?

FXは『-20 万円未満~20 万円未満』 の間で全体の6割以上となっています。

FXはみんなどれくらい儲けている?『-20 万円未満〜20 万円未満』が最も多い60%の層

初心者が聞きたいFXで取引する通貨ペア

初心者が聞きたいFX、保有期間はどれくらい?

FXはデイトレードでも持ち入りやすいので1分以内という層もいますが、基本的には新規建玉の保有期間は意外にも中長期の投資家が多く、3割以上が1ヶ月以上保有しています。

FXの短期トレードは儲からない?

『1日未満』の短期保有層の比率は年収 400 万円未満が40%占めています。

FX投資で損失を出してしまう理由

もっともFXで稼ぐためのスキルは『損切り』

FXは利益を出す・稼ぐより損切りによる損失の圧縮が重要

損切りができる投資家は儲かる・稼げる成功する

両建てやナンピンは相場に自信がない限り、注意

損切りのタイミングを自己判断できない

なぜ、損切りができないのか?

誰でも上手くなる損切りテクニック

IFD注文の活用

IFO注文で応用する

初心者が聞きたいFXって儲かる投資なのか

実際、男女全世代で6割以上は儲けています。

ファンダメンタルズとテニクカル分析とは?

FXでMT4などのツールを使う必要はあるのか?

そのため、一般的には取引所や証券会社のツール・チャートを利用しますが、MT4は50種類以上の指標やインジケーターを同時に確認・表示ができ、一度に獲得できる情報量は他のチャート分析ツールとは雲泥の差があると言えます。

MT4とは

FXで自動売買ツールを使うと儲かるのか

FXなどでの自動売買ツール・コピートレードツールは、取引手法を完全に他人に任せるため、投資によって収益をあげられるか・儲かるかは選ぶ投資家 トレーダーの実力次第です。

自動売買ツールとは

自動売買ツールとは『 どのような条件・タイミングで買うか または売るか 』『 どのような条件・タイミングで利益を確定するか または損切るか 』などトレードにおけるエントリー(新規注文)とイグジット(決済注文)のルールを決めて自動実行させるのが自動売買ツールです。

FXとCFD取引 儲かるのはどっち?

CFD取引とFXは、そもそも投資先・対象の種類に違いがあり、FXは外国為替の通貨ペアだけに限られますが、CFD取引は株価指数や原油価格・金価格など様々な投資対象があります。

取引ツールが優れている仮想通貨取引所5選!各社取引ツールの機能性も紹介

仮想通貨取引所,ツール,比較

テクニカル分析するために必要なインジケーターの種類は数多く、「MACD」や「移動平均線」、「ボリンジャーバンド」などたくさんのインジケーターを搭載しているほどです。描画ツールに関しても、通常のトレンドライン(直線)に加えて、引いた線の延長まで引けるものや平行チャネル、フィボナッチ・リトレースメントなどの特殊な描画まで利用できます。コインチェックのトレードビューを利用すると、ワンランク上のテクニカル分析が仮想通貨取引に活かせるでしょう

coincheck

Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判

こちらは17種類もの通貨を取り扱っているのが大きな特徴で、取引手数料が全て無料な点も魅力です。 何よりもアプリが使いやすく、チャートや総資産画面が見やすいだけではなく、暗号資産の購入・売却、日本円への入出金・送金などの一通りの機能を利用できます。 プッシュ通知機能を利用すると、タイミングを逃さずに取引できる点もいいなと思いました。

ビットフライヤー

ビットフライヤー

ビットフライヤーには、ビットフライヤーライトニング(bitFlyer Lightning)と呼ばれる高機能な取引ツールが用意されています。ビットフライヤーライトニングの特徴は、取引ツール画面の色が変更できるテーマ変更や、板情報から独自のサウンドを鳴らせられるなど、カスタマイズ性が高いことが挙げられます。

取引ツールの背景が暗く、チャートをはっきりと表示させたい場合には明るいテーマに変更することで、取引ツールをより使いやすくできるでしょう。さらにビットフライヤーライトニングには、板情報と呼ばれる仮想通貨の注文情報が記載された表を確認できます。どの価格帯を投資家が意識しているのかを確認でき、より有利に取引できるはずです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインではブラウザ型の取引ツールとして、トレーディングビュー(TradingView)を採用しています。トレーディングビューは世界中の投資家が利用する高機能な取引ツールであり、非常に使い勝手のよいことが特徴です。

他にもローソク足の時間を「分・時・日・週」と自由に変更可能で、多角的な仮想通貨チャートの分析もできます。また、スマホ用の取引ツールとしてGMOコイン 暗号資産ウォレットが用意されており、チャートを確認しながらワンタップで発注ができるように、アプリの使いやすさが追求されています。

GMOコインの口コミ・評判

初心者の私でもアプリの使い方が分かりやすく、簡単に始められ、現在1年以上がたちました。 特に資産推移グラフは自分の資産がどうなっているのか、一目瞭然で分かりやすいです。 販売所や取引所の売買だけでなく、暗号資産FXや積み立てもあり、色々な取引とコインの種類の多さが魅力だと思っています。 小額から始められるのも、初心者でも始めやすい所だと感じています。

ビットコインはもちろん、イーサリアムなどのアルトコインも豊富に扱っています。 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 web上で簡単に口座開設でき、本人確認書類の提出もスマホでできるので、非常にスピーディーでストレスがありません。 チャートや画面操作もわかりやすいので、初心者にとってビットコインの現物保有をするには十分な環境です。 経験者にとっても海外の取引所やウォレットとの入出金操作がわかりやすく、送金も他の取引所と比べて速いように思います。 何より入出金手数料0円はとてもお得です。 非常に使い勝手がよく、人気があるのも納得です。

DMMビットコイン

GMOコイン

スマホ版取引システムアプリにもテクニカル分析が用意されており、チャートを最大4分割させて確認ができるなど、スマホの画面を最大限活かした取引ツールで注文できます。注文方法に関してもパソコン版とほぼ同様の注文が出せるため、パソコンとスマホの両方で高機能ツールが使えることが魅力です。

DMM Bitcoinの口コミ・評判

国内の仮想通貨の口座の中では、かなりサービスの質が良いと思います。 入金、送金の手数料が無料に加え、取扱い通貨に関しても15銘柄と多い方だと言えます。 レバレッジにも対応しており、現物で仕掛けないような取引所ではないので、最もウケを得たいという方にもお勧めできます。 細かいサポートも充実しており、電話対応の人も丁寧な対応をしてくれましたので、とても満足しています。

SBI VC トレード

SBI VCトレード

SBI VC トレードではSBI VCTRADE Proとして、チャートにトレーディングビュー(TradingView)を採用した取引ツールが用意されています。テクニカル分析のためのインジケーターはもちろん、描画ツールも豊富に用意されているため、高機能なツールで分析できます。

取引ツールの画面にはチャートと板情報、注文画面が同時に表示されており、リアルタイムなトレードも可能です。さらに、SBI VCTRADE Proは圧倒的な約定処理能力を誇る「NASDAQマッチングエンジン」を搭載しており、市場が活況時にあったとしてもスムーズな取引ができます

暗号資産取引所の口座開設方法

ステップ1:メールアドレスとパスワードを登録

コインチェック-口座解説①

ステップ2:本人確認

コインチェック-口座解説②

コインチェック-口座解説③

コインチェック-口座解説④

ステップ3:審査が完了し、承認されると完了

コインチェック-口座解説⑤

暗号資産取引所のイメージ調査結果

暗号資産取引所のイメージ調査の概要

・実施期間:2021年5月

・調査の概要:暗号資産取引所各社のイメージに関するアンケートの収集

・調査対象:暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を有する国内の20歳以上の男女

・有効回答件数:500件

イメージ調査の結果

暗号資産取引所の取引ツールに関するイメージ調査結果

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
取引所 暗号資産取引所の取引ツールに関するイメージ調査結果
かなり使いやすいと思う 使いやすいと思う 普通 使いにくいと思う かなり使いにくいと思う 特にイメージはない
Coincheck 7.6% 18.8% 34.4% 5.0% 1.8% 32.4%
GMOコイン 6.6% 18.4% 32.4% 5.4% 1.6% 35.6%
bitFlyer 5.2% 17.8% 39.0% 5.2% 1.2% 31.6%
DMM Bitcoin 3.8% 14.6% 33.2% 4.2% 1.6% 42.6%
bitbank 4.4% 11.2% 33.8% 4.2% 1.6% 44.8%
BITPOINT 4.0% 9.0% 31.0% 4.6% 1.6% 44.8%
Liquid by Quoine 2.8% 6.8% 32.2% 4.2% 1.8% 52.2%
TAOTAO 3.4% 7.2% 30.2% 4.仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 2% 2.6% 52.4%
FXcoin 3.4% 8.仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 8% 29.4% 3.8% 1.8% 52.8%
SBI VCトレード 4.2% 10.8% 31.2% 3.0% 2.4% 48.4%
ディーカレット 3.2% 7.4% 30.6% 4.2% 1.6% 53.0%
LINE BITMAX 4.0% 8.0% 31.4% 3.6% 1.4% 51.6%

暗号資産(仮想通貨)投資の取引ツールに関するQ&A

Q. 暗号資産(仮想通貨)における、取引ツールとは何ですか?

Q. 取引ツールを使用するメリットは何か?

A:チャートによる価格推移の確認、テクニカル分析に役立ちます。
暗号通貨(仮想通貨)の価格変動をテクニカル分析を用いて予測することで、売買の時期を決める大きな助けになります。
分析以外にも、取引所口座の残高確認、入出金、売買などトレードに使う機能が含まれています。

Q. 取引ツールに必要な機能は何ですか?

A:もっとも重視すべきは「チャート機能」です。
指標(インジケータ)はテクニカル分析において極めて重要で、チャートに表示したり、描画することで分析の補助となります。
「チャート機能」は、それらを兼ね備えた機能です。
次に気にかけたいのは「注文機能」です。
単純な売買ではなく、暗号資産(仮想通貨)では「成行」「指値」をはじめ、「逆指値」「一括決済」「IFD注文」といった多様な注文方法があります。
注文方法により取引を有利に行えるため、注文機能は取引ツールでも重要な要素です。
他にも、取引ツールを選ぶ際は操作性も考慮しましょう。

Q. 取引ツールの性能差は何に注目すればいいですか?

A:インジケータの表示数、描画ツールの豊富さに注目です。
テクニカル分析は1つのインジケーター(指標)に頼るのではなく、複数の指標に基づいて論拠を積み上げるのが大切です。
性能が低い取引ツールだと、1つのチャートに表示できるインジケーターが2、3個までというものもあります。
描画ツールも重要で、いくつかの線を引くことで価格動向を見出す分析もあります。
低性能な取引ツールの場合、単純な線しか引けず、精度が高い分析ができないことがあります。
分析面のほか、様々な注文方法ができるかどうかにも注目です。 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
いくつもの注文方法を駆使することで、有利な取引きができます。

Q. 高性能な取引ツールを提供しているのは、どの暗号資産(仮想通貨)取引所ですか?

A:コインチェックが取り入れている「トレードビュー(Tradeview)」は高性能な取引ツールの1つです。
コインチェック独自のツールではないものの、よく使われる「移動平均線」「MACD」「ボリンジャーバンド」をはじめ、多様な指標が含まれています。
平行チャネル、フィボナッチ・リトレースメントなどの特殊な描画もできます。
ビットフライヤーは「ビットフライヤーライトニング(bitFlyer Lightning)」を展開しています。
柔軟なカスタマイズ性が特徴で、取引ツール画面の色を変更することで視認性を高められます。
板情報(暗号資産の注文情報が記載された表)の確認も容易で、他の投資家が意識している価格を把握しやすく、より有利な取引に寄与します。
他にもGMOコインが採用する「トレーディングビュー(TradingView)」は80種類以上のインジケーター、70種類以上の描画ツールを搭載しています。

新井智美

新井智美氏
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている
HP:オフィシャルウェブサイト

取引ツールの機能性で仮想通貨取引所を選ぶ

取引所選びは取り扱い仮想通貨の種類や、取引所の知名度で選ぶこともありますが、取引ツールの機能性で選んだ方がより有利な取引ができるはずです。

どれだけ豊富な仮想通貨の取り扱いがあったとしても取引ツールが使いにくく、思ったような取引ができないと、仮想通貨の投資で損失ばかりを出してしまう恐れがあります。しかし、取引ツールの機能性を基準に仮想通貨取引所を選ぶことで、テクニカル分析で仮想通貨の価格変動を予測し、描画ツールでトレンドを確認することで、利益を大きく伸ばした取引ができる可能性を高められます

取引しやすい高機能取引ツールの使いやすさがさらに向上されるので、将来的に仮想通貨で利益を出していきたい投資家であれば、取引ツールの機能性で仮想通貨取引所を選ぶことがおすすめです。もちろん、すでに仮想通貨取引所の口座を開設しており、他の仮想通貨取引所の取引ツールの方が使いやすいのであれば、そちらを登録して利用するとよいでしょう。

仮想通貨取引所を紹介!初心者におすすめなのはどこ?

コインチェック

今後が期待できる暗号資産(仮想通貨)は? これから期待できる暗号資産として、ビットコイン、イーサリアムなどの銘柄が挙げられます。 ほとんどの取引所で購入できることから信頼性や流動性の面で優位に立っており、今後も需要の拡大が見込まれます。 また、リスクやIOSTなどの実用性・信頼性が高い小型銘柄にも注目です。まだまだ時価総額が大きくない銘柄なので、これからの値上がりに期待が持てます。 暗号資産を選ぶ際には、基本的には取引所で購入できる信頼性の高い銘柄に注目することをおすすめします。

暗号資産(仮想通貨)の価値が1000倍になる可能性は? 今後暗号資産の取引で、1000倍以上の価値に跳ね上がる可能性はあります。 例えば、ビットコインも最初の取引時には「1BTC=0.0025ドル」でしたが、2021年12月現在は5万ドルを超えており、およそ2000万倍以上に価値を伸ばしてきました。 同様に他の暗号資産も、早い段階で購入することで大きな利益を得られる可能性はあります。 しかし、そうした小型銘柄はリスクも当然あり、価値が1000倍どころかまったく無価値になってしまう危険性もあります。高いリターンを目指す場合は、その分高いリスクがあることに注意しましょう。

草コインへの投資はおすすめ? 時価総額が小さく、知名度の低い「草コイン」への投資は、短期的に大きな利益を狙えることから一部の投資家から人気を集めています。 ただし、これから暗号資産への投資を始める初心者には、草コインはおすすめしません。 価格変動が大きいことから損失を抱える可能性が十分にあり、価値が0になってしまう危険性もあるためです。 最初は、ビットコインやリップル、イーサリアムなどの主要銘柄の取引から始めて、慣れてきたら信頼できる草コインを探していくのがよいでしょう。

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効

FX投資を行なっている方の42%は正社員・会社員(役員は含まない)

初心者が聞きたいFXって儲かる投資なのか

若い方が儲かるFXって本当なのか?

FXは『-20 万円未満~20 万円未満』 の間で全体の6割以上となっています。

FXはみんなどれくらい儲けている?『-20 万円未満〜20 万円未満』が最も多い60%の層

初心者が聞きたいFXで取引する通貨ペア

初心者が聞きたいFX、保有期間はどれくらい?

FXはデイトレードでも持ち入りやすいので1分以内という層もいますが、基本的には新規建玉の保有期間は意外にも中長期の投資家が多く、3割以上が1ヶ月以上保有しています。

FXの短期トレードは儲からない?

『1日未満』の短期保有層の比率は年収 400 万円未満が40%占めています。

FX投資で損失を出してしまう理由

もっともFXで稼ぐためのスキルは『損切り』

FXは利益を出す・稼ぐより損切りによる損失の圧縮が重要

損切りができる投資家は儲かる・稼げる成功する

両建てやナンピンは相場に自信がない限り、注意

損切りのタイミングを自己判断できない

なぜ、損切りができないのか?

誰でも上手くなる損切りテクニック

IFD注文の活用

IFO注文で応用する

初心者が聞きたいFXって儲かる投資なのか

実際、男女全世代で6割以上は儲けています。

ファンダメンタルズとテニクカル分析とは?

FXでMT4などのツールを使う必要はあるのか?

そのため、一般的には取引所や証券会社のツール・チャートを利用しますが、MT4は50種類以上の指標やインジケーターを同時に確認・表示ができ、一度に獲得できる情報量は他のチャート分析ツールとは雲泥の差があると言えます。

MT4とは

FXで自動売買ツールを使うと儲かるのか

FXなどでの自動売買ツール・コピートレードツールは、取引手法を完全に他人に任せるため、投資によって収益をあげられるか・儲かるかは選ぶ投資家 トレーダーの実力次第です。

自動売買ツールとは

自動売買ツールとは『 どのような条件・タイミングで買うか または売るか 』『 どのような条件・タイミングで利益を確定するか または損切るか 』などトレードにおけるエントリー(新規注文)とイグジット(決済注文)のルールを決めて自動実行させるのが自動売買ツールです。

FXとCFD取引 儲かるのはどっち?

CFD取引とFXは、そもそも投資先・対象の種類に違いがあり、FXは外国為替の通貨ペアだけに限られますが、CFD取引は株価指数や原油価格・金価格など様々な投資対象があります。

研究開発支援に用いられるコレクティブNFT – Microbes NFTとは?

DeSci 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 DashboardはDeSciWorldにとっての主要プロダクトです。現在、DeSciは黎明期であり、様々な情報が散乱しています。これを解決するために、現在はDeSci WikiというGoogleドキュメントで情報が集約されています。しかし、Googleは中央集権的だと考える人が多いため、Googleドキュメントを活用することに嫌悪感を抱く人も多く見られていました。これに対しDeSci Dashboardは、DeSciに特化した無料で使用することができる情報アグリゲータとなるべく、現在開発が進められています。

DeSciプロジェクトは申請することでDeSci Dashboardに無料で情報を掲載することができ、ユーザーはリストアップされているDeSciプロジェクトを検索、フィルタリングすることができます。DeSciプロジェクト側は、トークンやガバナンスの提案に関する情報、メディア情報、プロジェクトに関する簡潔な説明、その他の重要事項は何でも掲載することができ、ユーザーはコミュニティに飛び込む前にプロジェクトの全体概要を簡単に知ることができます。DeSci Dashboardの表示画面は以下の通りです。

    仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
  1. Snapshot APIを通じて測定された、DeSciWorldに掲載されている各プロジェクトごとのガバナンスに関与しているユーザー数の合計値
  2. DeSciWorldのダッシュボードにリストアップされたプロジェクトの合計値
  3. P2P助成金プラットフォームが取り扱った助成金の総額

NFT Spotlight

Events Calendar

現在、DeSciだけに留まらず、様々なWeb3関連のイベントがTwitter Spaces、Discord、Twitch等の媒体で行われています。それぞれのプロジェクトが自律分散的にイベントを行っているのは業界にとっても望ましい姿ではありますが、それと同時にイベントに関する情報が分散してしまっています。現在の解決策として、Web3 Women In ScienceのファウンダーであるAriellaが情報をGoogle Calendarに整理してくれています。しかし、Googleは中央集権的な存在と認知されているため、コミュニティから嫌悪感を持たれています。そこでDeSciWorldでは、Backdropを利用することでこれを解決しようとしています。BackdropはWeb3ツールであり、ウォレットに持っているトークンに紐づいてイベント情報を通知したりすることができます。

Microbes NFT

Microbes NFTは、サイエンスコミュニティとWeb3コミュニティの架け橋になることを目標にした、ウイルス、微生物等が描かれたNFTアートです。Imperial College Londonの研究室にかつて所属していた博士課程の卒業生が、これまでの研究から得られた画像を提供し、このコレクションの源泉となりました。この提供された画像データを基に、DeSciWorldの初期メンバーである微生物学博士のKira 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 Eiliersがコンセプトを定め、アートチームと共同で創り上げたものです。詳細については次章でご説明させていただきます。

Microbes NFTがどのように研究開発支援を行っているのか?

Microbes NFTで得られた売上は主にDeSciWorldで発生する初期の費用と、 DeSciWorldDAOへの寄付に利用されます。具体的には、チームメンバーの採用、UXやデザインの改善、研究者へのフィーとして利用されています。DeSciWorldDAOの資金を効率的に使用することで、DeSciに関わる人々の数を増やし、より発展させることが目標として掲げられています。また、Microbes NFTを所有することで、アーリーアダプターと認識され、様々な待遇を受けることができます。

  • Snapshotを通じて、DeSciWorldの今後行われていくガバナンスに参加することができます。
  • 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
  • NFT Launchpadの優先権を得ることができ、優先的にホワイトリストに登録することができます。
  • DeSciWorldやDeSciが発展していくにつれて、メタバース空間を利用していく未来が予想されます。Microbes NFTを所有することで、VIPチャット機能や、DeSciに関する特別イベントの参加、エアドロップ、グッズ配布などの待遇を受ける事ができます。
  • DeSciWorldのホームページにはIPFS経由でロックされているコンテンツがあります。Microbes NFTが含まれたウォレットを接続することで、研究データ、レポート、画像ファイルなどを閲覧することができます。

今回はDeSciのコミュニティを統合し、エコシステム全体を発展させていくことを目指したDeSciWorldと、そこで活用されているMicrobes NFTについてご説明させていただきました。現在DeSciは黎明期にあるため数多くのプロジェクトが散見されていますが、DeSciWorldのようなコミュニティのインフラとなりうるプロジェクトは非常に有望視できるかと思います。また、Microbes NFTを所有することでアーリーアダプターとして認知されることは、数年後DeSciが発展した時に大きな信用を得ることができると思います。今後のDeSciWorldの動きに注目必須です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる