仮想 通貨

投資ブローカーとは何ですか

投資ブローカーとは何ですか
FX

海外FX業者は詐欺ばかりなのか?ベリーズなどのブローカーについて解説

XM Google Map

>Add: 1a Wakeling Avenue, Te Atatu South, Auckland, 0610 , New Zealand

>Tel: +64 9 889 4022 >Email: [email protected]

住所はニュージーランドのオークランドです。この住所をGoogle Street Viewで見ると下のキャプ画面にあるような住宅地の一角のようでとてもではありませんがFX業者がこの住所に実在するとは思えません。

この会社はニュージーランド金融局(Financial Markets Authority, FMA)によってDeregitered (登録取消)の処分を2015年5月8日付けで受けており、5月9日で登録失効になっています。取消処分を受けた理由は記載が見当たりませんが以下の記事によればニュージーランドではこれまでザルも同然であった登録の審査を厳格化する方向で見直しているようです。

XM.com

このキプロスの住所は実在するかどうか疑問です。「Richard & Verengaria Street」をさらに追加するとGoogleマップで見つからないという表示が出ますし「Araouzos Castle Court」で検索しても出てくるのはXM関係のサイトばかりです。

XM Google Map

私書箱が利用される理由はわかりませんが、海外では日本と違い私書箱が利用されることは多いです。しかし、私書箱の住所だけでは成り立ちません。XMはCySECのライセンスを取得し、バークレイズ銀行とBank of Cyprusなど複数の大手銀行口座を開設しており、それらは私書箱の住所だけでは取得できないからです。

POSTED COMMENT

大変公平なご見解を読むことができて光栄です。
今までこのような分析は、海外FXの紹介記事では見たことがありませんでした。
大抵の記事はアフィリエイト目的ですから。

ヨネダメガネ様 投資ブローカーとは何ですか
大変貴重な資料を掲載して頂き、感謝申し上げます。
私はSKY PREMIUMの会員になり、ベリーズに有ると言うGQFX社に送金して、プロのトレーダーに運用をしてもらっています。毎日GQFXから前日の運用結果がメールで送られてきます。この半年で投資額の12.5%程の運用益が出ました。
SKY PREMIUMはこの秋で創業5年になっているようです。GQFX社になってからは1年強程ですが、それ以前はALBUSCAPITAL社だそうです。
このグループの信憑性に関するデータをご存知ならばお教え頂きたくメールさせて頂きました。
何とぞ、宜しくお願い申しあげます。

IFCマーケッツを利用してみましたが保有ポジションに対して突然スプレッドが2倍3倍くらいに開き問い合わせても流動性の低下との説明のみでした。
試しに少額でフルレバでエントリーしロスカットまでの流れを見てみましたが、その時はポジションを持って数分後にスプレッドが2倍に拡大、証拠金維持率が40%を下回ると3倍にされさらには20%を下回ると他社ではどこでも存在しないレートでロスカットされました。
バックオフィスがやっている時間帯にそうなる事が多く、スプレッドが拡大したときにはサポートとも連絡がほとんど取れなくなります。
許容出来ることではありませんが100歩譲って全ての通貨ペアが拡大していればサポートの言う流動性の低下は分かりますが保有ポジションだけ拡大されるのは意図的に操作されているのは明らかです。
海外FXを検討している人はIFCマーケッツは絶対やめるべきです。

色々調べましたが、やはりXMはダメなんじゃないでしょうか?
アフィリしてたらすみませんね。
本当に投資を考えてるもんで。

お返事ありがとうございます。
FIBO Groupの件、わざわざ問い合わせをして下さりありがとうございます。
FXOpenはかなり苦情が多いので、あえて使うのはやめたほうがよさそうですね。

Ctraderが使える業者はオーストラリア勢が日本人不可になってからかなり少なくなりましたので、悩むところです。
FXProのリアル口座で各通貨ペアのレートをみてますが、スプレッドが広くさらに手数料も高めなので、残念ながら当方にとっては厳しいです。
業者の規模や信頼度は良いので、スイングトレードがメインの方には良いですよね。

OCTA FXやFIBO Groupは日本語サポートがいませんし、実際に使ってみないとわかりそうもないですね。
簡単な英語でしたら大丈夫ですが、何かあったときに機械翻訳しながらやりとりするのも厳しいですし。(もちろん英語ができるのがベストですが)
現状MT4で取引していますが、Ctraderで注文だけしたいので、もう少し取引コストが低く日本語サポートがある業者がでてくればいいなと思っています。

いつも興味深い記事をありがとうございます。
当方、以前は私書箱に登記している業者は詐欺だと思っていた時期もありましたが、調べるとオフショアブローカーは規制や税金の関係でそういった登記の仕方をするのだと知りました。
今回書かれている記事は、自分の認識があっているのだと確認できてよかったです。
また、判断材料は住所だけでなく、規制機関のHPで検索して登録が確認できるか、フォーラムなどの評価はどうか、などもしないといけないと考えるようになりました。
しかし、絶対に大丈夫な業者はないと考えて、海外業者を利用しています。
FXサーチさんも書かれている通り、実際分からないことが多いですから、割り切って考える部分も必要だと思っています。
今後も他のサイトにはない濃い記事を楽しみにしています。

※質問が多くてすみません。
・FIBO Groupは系列会社は日本人お断りと書かれていますが、本家かキプロスかどちらか開設可能ということでしょうか?(他で開設しているブログがありましたので)
・Traders Trustのように詳細解説を、MyFXMarkets、Axiory、FXNetの記事を書いて頂けると非常に興味あります。
・FXOpenはネイビスでいけるんですね。リクイディティも豊富で真のECNのようですが、FPA(海外フォーラム)ではSCAM報告が非常に多いです。是非使ってみたいのですが、管理人さんのこの業者についての意見を聞かせて頂けませんか?

コメントありがとうございます。
実際にそのブローカーを利用してみないとわからないことが多いですが、少なくともキプロスレベルの規制で、設立から5年以上経っていればそれだけで安心してもよいかなと思います。
ネットでレビューを検索するということは少なからず疑いの目を持つわけですが、良いレビューというのは出にくく、悪いレビューは出やすい傾向にあるため参考程度に留めてのが良いと思います。

詐欺である可能性はほぼ0に近いと言ってもいいと思います。しかし、サービスが悪くて苦情殺到というパターンであることは否定できません。私も使ったことがないので具体的な感想も難しいです。
FPAを見ましたがこれくらいのレビューであれば問題ないと思います。全く悪いレビューが出ないところはありませんから。
「カード入金の出金は入金から30日後に制限される」といった事が書かれていたので、こういったことに注意ししっかりチェックすれば問題ないかと思います。
FPAでストップ狩りの苦情もありましたが、実際に今でもストップ狩りしているブローカーはないんじゃないかなと思います。(確かめようがありませんが)
FXOpenはECNですのでストップ狩りを疑うということはECNですらないという疑いですので、そういった方はMT4の利用を避けてcTraderくらいしか選択肢はないですね。

パンローリング

虫眼鏡枠画像 グローイング AI

『評価は投資スタイルによるかもしれない。 チャートをステージで分けたり、トレンドに乗ることなど、実際のチャートを交えて具体的な方法を語られている。 ファンダメンタルズもかなり重要視しているが、PERによる一般的な割安や割高の評価は否定している。EPSの変化にかなり重きを置いている。PERを無視してEPSを意識するのは、なかなか真似出来るものではない。 低位株は増収増益に対する期待からPERは高くなる銘柄が多い。そこに買いに入る根性は天晴れである。 参考になった。』
引用元:BooksLiveより

『マーケットの魔術師』はトレードで資産を形成してきた16人のトップトレーダーの投資哲学について書かれた本です。具体的なトレードテクニックも記載されていますが、それ以上に「トップトレーダーがどのような思考で勝ってきたのか」「何を考えて相場に臨んでいるのか」といった 投資の根本を支える考え方について学べる のが特徴的です。

『来年になれば消える投資本を読むくらいなら絶対にコレです。 「本書を読まずして、投資をすることなかれ」とは、世界的なトップトレーダーがみんな口をそろえて言う「投資業界での常識」です!』
引用元:BooksLiveより


『トップトレーダーのインタビュー集。 金融の世界は変化が激しいので、既に古典とも言える本書から必勝法を得ようなどと考えてはいけない。 それよりも見るべきはその投資戦略の多彩さと、それぞれのトップトレーダーが持つ意志の強さだ。 これはつまり取引の手法に「絶対」は存在せず、それぞれが自分の得意とする投資法を突き詰め、そのスタイルを確立することの重要性を教えてくれる。』
引用元:BooksLiveより

『賢明なる投資家』は、ウォーレン・バフェットが師と仰いだ「ベンジャミン・グレアム」が残した「バリュー株投資」について書かれた本です。1973年当時に書かれたものの翻訳版という位置づけですが、いまの相場でも活きる投資哲学が記載されいれる古典の名著です。バフェットのような 「長期投資」を行いたい投資家におすすめ です。

FXブローカー海外口座と国内口座の違いを徹底比較

FX

FX海外ブローカーを推奨するサイトや
FX国内ブローカーを推奨するサイトが有る中
結局どちらが良いのか判らないって方も多いと思います。
海外FX取引手数料なんかも気になる所です。
一長一短あるFX海外ブローカーとFX国内ブローカーの違いを
実際のデーターで比較してみます。
皆さんの検討材料になれば幸いです。

FX海外ブローカーvsFX国内ブローカー比較データ

今回は、国内ブローカーはSBI FXトレード
海外ブローカーはXMTradingで
1万通貨を運用する場合を想定して
比較してみます。

投資ブローカーとは何ですか
SBI FXトレードXMTrading
レバレッジ25倍888倍
証拠金維持率100%以下になると警告
50%で強制ロスカット
20%で強制ロスカット
USD/JPY
1万通貨運用の
必用証拠金
42,547円1,213円
ゼロカット
システム(※1)
無し有り
スプレッド0.271.6
スワップ買い 62.00
売り -65.00
買い 42.30
売り -100.70
ポイント(※2)無し有り
入金銀行振込
インターネットバンキング
取引ソフトからの
クイック入金
Bitwallet
クレジットカード
銀行振込
SticPay
BXONE Wallet
出金銀行振込Bitwallet
銀行振込
証拠金規制毎営業日の取引終了後、
【預託証拠金+損益評価額-出金依頼額】
が取引必要証拠金に不足していた場合に、
取引必要証拠金に対する不足額を算出し、
翌営業日の取引終了時間30分前までに
この不足額が解消されない場合、
全ポジションを強制決済。
資金の20%を下回ると強制ロスカットされる為、証拠金規制は特になし
※1 ゼロカットシステム
入金額以上の負けが無くなる仕組み。
それ以上の負債が出た場合はブローカーが補填
※2 ポイント
資金を入金したり、取引をするとポイントが貯まり
そのポイントを資金として運用出来る。
ポイントの出金は出来ない。

必要証拠金

スワップを考えずに
SBI FXトレードでUSD/JPY 1万通貨が
100pips下がった場合の損失額は10000円で
XMTradingでUSD/JPY 1万通貨が
100pips下がった場合の損失額も10000円です。
100pips上がった場合は逆に 投資ブローカーとは何ですか
両方共利益が10000円となります。

では、何が違うのかと言うと、1万通貨保有する為の
必用証拠金が違ってくる のです。
SBI FXトレードでUSD/JPY 1万通貨保有する為には
口座に最低42547円入金している必要がありますが
XMTradingでUSD/JPY 1万通貨保有する為には
口座に1213円あれば良いのです。
これが、海外ブローカーのメリットです。
少ない証拠金で多くの通貨が保有できる のです。
FXで満足する副収入を得るには
1Lot(10万通貨)以上を運用したい所です。
国内ならば、425470円
海外ならば、12130円
が1Lotを保有する為に最低限必要な
証拠金となります。

国内ブローカーは、万が一会社が倒産したとしても
資金を信託保全する事を国に義務付けられているので
お金が無くなるという事はありません。
では、海外ブローカーはどうでしょうか?
多くの海外ブローカーは金融ライセンスというものを
保有しており保証は有るということになっていますが
実際の所、謎と言わざるを得ません。
破綻して初めてどうかと判る所なので・・・
現時点では問題が有ったという前例がないので
信用度は判らないというのが答えとなります。

データーを見ればFX国内ブローカーがスプレットも狭く
取引面では有利な事が判ります。
しかし、必要な資金面で言うとFX海外ブローカーの
利用者が多いのも判りますね。
「海外は悪、国内は良」
「海外で運用するから負ける」
と唱える有名投資家の方もいらっしゃいますが
私はそうは思いません。 海外も国内も同じ です。
海外だから負ける、国内だから勝てるわけでは無い のです。
個人的な考え方となりますが、
海外ではハイレバーで取引出来るという事を
負ける原因のように言う方もいらっしゃいますが
そうでは無いと思います。
海外にしろ国内にしろ資金管理のみです。
FXで満足する利益を上げるには
常に10万通貨以上での運用が好ましい のですが
FX国内ブローカーでは、証拠金が約50万必要な計算ですね
そして、損失を出した場合、即、不足分入金の催促が来ます。
FX海外ブローカーでは、約16,000円有れば10万通貨の運用が出来ます。
しかし、16,000円なんて、チョット振れただけで
すぐ無くなってしまいます。
元々資金の無い人が海外で取引しているので
海外は負けるという話になっているのではないかと思います。
実際の運用を考えると余剰資金も考慮し
初期投資が100万から200万用意出来る方は国内ブローカー
初期投資が5万から50万くらいで始めてみたい方は海外ブローカー
という分け方で良いのではないでしょうか?

パンローリング

虫眼鏡枠画像 グローイング AI

『評価は投資スタイルによるかもしれない。 チャートをステージで分けたり、トレンドに乗ることなど、実際のチャートを交えて具体的な方法を語られている。 ファンダメンタルズもかなり重要視しているが、PERによる一般的な割安や割高の評価は否定している。EPSの変化にかなり重きを置いている。PERを無視してEPSを意識するのは、なかなか真似出来るものではない。 投資ブローカーとは何ですか 低位株は増収増益に対する期待からPERは高くなる銘柄が多い。そこに買いに入る根性は天晴れである。 参考になった。』
引用元:BooksLiveより

『マーケットの魔術師』はトレードで資産を形成してきた16人のトップトレーダーの投資哲学について書かれた本です。具体的なトレードテクニックも記載されていますが、それ以上に「トップトレーダーがどのような思考で勝ってきたのか」「何を考えて相場に臨んでいるのか」といった 投資の根本を支える考え方について学べる のが特徴的です。

『来年になれば消える投資本を読むくらいなら絶対にコレです。 「本書を読まずして、投資をすることなかれ」とは、世界的なトップトレーダーがみんな口をそろえて言う「投資業界での常識」です!』
引用元:BooksLiveより


『トップトレーダーのインタビュー集。 金融の世界は変化が激しいので、既に古典とも言える本書から必勝法を得ようなどと考えてはいけない。 それよりも見るべきはその投資戦略の多彩さと、それぞれのトップトレーダーが持つ意志の強さだ。 これはつまり取引の手法に「絶対」は存在せず、それぞれが自分の得意とする投資法を突き詰め、そのスタイルを確立することの重要性を教えてくれる。』
引用元:BooksLiveより

『賢明なる投資家』は、ウォーレン・バフェットが師と仰いだ「ベンジャミン・グレアム」が残した「バリュー株投資」について書かれた本です。1973年当時に書かれたものの翻訳版という位置づけですが、いまの相場でも活きる投資哲学が記載されいれる古典の名著です。バフェットのような 投資ブローカーとは何ですか 「長期投資」を行いたい投資家におすすめ です。

FXブローカー海外口座と国内口座の違いを徹底比較

FX

FX海外ブローカーを推奨するサイトや
FX国内ブローカーを推奨するサイトが有る中
結局どちらが良いのか判らないって方も多いと思います。
海外FX取引手数料なんかも気になる所です。
一長一短あるFX海外ブローカーとFX国内ブローカーの違いを
実際のデーターで比較してみます。
皆さんの検討材料になれば幸いです。

FX海外ブローカーvsFX国内ブローカー比較データ

今回は、国内ブローカーはSBI FXトレード
海外ブローカーはXMTradingで
1万通貨を運用する場合を想定して
比較してみます。

SBI FXトレードXMTrading
レバレッジ25倍888倍
証拠金維持率100%以下になると警告
50%で強制ロスカット
20%で強制ロスカット
USD/JPY
1万通貨運用の
必用証拠金
42,547円1,213円
ゼロカット
システム(※1)
無し有り
スプレッド0.投資ブローカーとは何ですか 271.6
スワップ買い 62.00
売り -65.00
買い 42.投資ブローカーとは何ですか 30
売り -100.70
ポイント(※2)無し有り
入金銀行振込
インターネットバンキング
取引ソフトからの
クイック入金
Bitwallet
クレジットカード
銀行振込
SticPay
BXONE Wallet
出金銀行振込Bitwallet
銀行振込
証拠金規制毎営業日の取引終了後、
【預託証拠金+損益評価額-出金依頼額】
が取引必要証拠金に不足していた場合に、
取引必要証拠金に対する不足額を算出し、
翌営業日の取引終了時間30分前までに
この不足額が解消されない場合、
全ポジションを強制決済。
資金の20%を下回ると強制ロスカットされる為、証拠金規制は特になし
※1 ゼロカットシステム
入金額以上の負けが無くなる仕組み。
それ以上の負債が出た場合はブローカーが補填
※2 ポイント
資金を入金したり、取引をするとポイントが貯まり
そのポイントを資金として運用出来る。
ポイントの出金は出来ない。

必要証拠金

スワップを考えずに
SBI FXトレードでUSD/JPY 1万通貨が
100pips下がった場合の損失額は10000円で
XMTradingでUSD/JPY 1万通貨が
100pips下がった場合の損失額も10000円です。
100pips上がった場合は逆に
両方共利益が10000円となります。

では、何が違うのかと言うと、1万通貨保有する為の
必用証拠金が違ってくる のです。
SBI FXトレードでUSD/JPY 1万通貨保有する為には
口座に最低42547円入金している必要がありますが
XMTradingでUSD/JPY 1万通貨保有する為には
口座に1213円あれば良いのです。
これが、海外ブローカーのメリットです。
少ない証拠金で多くの通貨が保有できる のです。
FXで満足する副収入を得るには
1Lot(10万通貨)以上を運用したい所です。
国内ならば、425470円
海外ならば、12130円
が1Lotを保有する為に最低限必要な
証拠金となります。

国内ブローカーは、万が一会社が倒産したとしても
資金を信託保全する事を国に義務付けられているので
お金が無くなるという事はありません。
では、海外ブローカーはどうでしょうか?
多くの海外ブローカーは金融ライセンスというものを
保有しており保証は有るということになっていますが
実際の所、謎と言わざるを得ません。
破綻して初めてどうかと判る所なので・・・
現時点では問題が有ったという前例がないので
信用度は判らないというのが答えとなります。

データーを見ればFX国内ブローカーがスプレットも狭く
取引面では有利な事が判ります。
しかし、必要な資金面で言うとFX海外ブローカーの
利用者が多いのも判りますね。
「海外は悪、国内は良」
「海外で運用するから負ける」
と唱える有名投資家の方もいらっしゃいますが
私はそうは思いません。 海外も国内も同じ です。
海外だから負ける、国内だから勝てるわけでは無い のです。
個人的な考え方となりますが、
海外ではハイレバーで取引出来るという事を
負ける原因のように言う方もいらっしゃいますが
そうでは無いと思います。
海外にしろ国内にしろ資金管理のみです。
FXで満足する利益を上げるには
常に10万通貨以上での運用が好ましい のですが
FX国内ブローカーでは、証拠金が約50万必要な計算ですね
そして、損失を出した場合、即、不足分入金の催促が来ます。
FX海外ブローカーでは、約16,000円有れば10万通貨の運用が出来ます。
しかし、16,000円なんて、チョット振れただけで
すぐ無くなってしまいます。
元々資金の無い人が海外で取引しているので
海外は負けるという話になっているのではないかと思います。
実際の運用を考えると余剰資金も考慮し
初期投資が100万から200万用意出来る方は国内ブローカー
初期投資が5万から50万くらいで始めてみたい方は海外ブローカー
という分け方で良いのではないでしょうか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる