プロが徹底解説

システムトレードに必要なテクニカル分析

システムトレードに必要なテクニカル分析
Trading Viewではテクニカル指標が豊富に提供されています。FX初心者におすすめな方法はシンプルな移動平均線とフィボナッチリトレースメントの組み合わせです。下記のチャートをご覧ください。

※図はTradingViewより筆者作成

FX学習アプリ-チャート分析と実践トレード手法をプロが解‪説‬ 4+

Le développeur 株式会社フィンテラス a indiqué que le traitement des données tel que décrit ci‑dessous pouvait figurer parmi les pratiques de l’app en matière de confidentialité. Pour en savoir plus, consultez la politique de confidentialité du développeur.

Données utilisées システムトレードに必要なテクニカル分析 pour vous suivre

Les données suivantes peuvent être utilisées pour vous suivre システムトレードに必要なテクニカル分析 dans plusieurs apps et sites web appartenant à d’autres sociétés :

Données établissant un システムトレードに必要なテクニカル分析 lien avec vous

Les données suivantes peuvent être collectées et liées à votre identité :

Les pratiques en matière de confidentialité peuvent varier, notamment en fonction des fonctionnalités que vous utilisez ou de votre システムトレードに必要なテクニカル分析 âge. En savoir plus

Informations

Compatibilité iPhone Nécessite iOS 11.0 ou version ultérieure. iPod touch Nécessite iOS 11.システムトレードに必要なテクニカル分析 0 ou version ultérieure. Mac Nécessite macOS 11.0 ou version ultérieure et un Mac avec システムトレードに必要なテクニカル分析 la puce Apple M1 ou version ultérieure.

ポンド円 日足 取り引き


・典型的な 押し目買い のタイミングです。
・A、B、Cの部分でポジションを取れました。
・Dの部分が一番美味しいのですが、相場がよくわからなくなったので辞めてました。

ポンド円/15足

FXで勝つにはテクニカルよりタイミング! テクニカル分析の研究


・ポンド円の実際のポジションを取るタイミングです。
・A、B、Cの部分でしっかりMAに支えられているのを確認してからポジションを取ってます。

私のトレードの基本は3本の MA(移動平均線) です。

それにボリンジャーバンドも加える時もありますが、
チャートが狭くなってしまい見にくいので、本命の通貨が決まっている時だけ使う感じです。

ポジションは5分足で取りますが、大きな流れは1時間足で捉え
直近の流れは15分足で把握する感じでトレードを行っています。

その前に週足日足で全体の流れは掴んでいます。

相場で勝つには結局はタイミングです!

テクニカルで勝ちやすいタイミングを探るのがテクニカル分析の使い方と私は考えています。
良いタイミングでトレードをして行きましょう!

【実績と安定したトレード環境でおすすめの証券会社】

[保全体制] と システムトレードに必要なテクニカル分析 [約定安定能力] を考慮して下記の2社は揃えて置く必要があります。

5年連続でFX取引高世界第1位の実績 ⇒安定度No1 低スプレッドと高スワップポイントを兼ね備えている

DMM.com証券

FX取引高では毎年世界でTOP3に入る急成長の会社 FX口座開設で1万円キャッシュバックなどサービス多数

Copyright © 2021 FXで勝つにはテクニックで無くタイミング!FX攻略サイトAll Rights Reserved.

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

FXテクニカル分析『RSI』を使いこなせ!数値30 ・70を基準に売買で儲かるの?その手法とは…

f:id:koalion0105:20200129151110j:image

f:id:koalion0105:20200129141858p:image

ネットで調べてみるとなんか過去に問題起こしてた会社で名前変えて同じ内容やってるし、登録制のアフィリエイトと変わらないし、口コミみても 『報酬の集計額が合わないから毎月やりとりしてて面倒、全く稼げない』 と詐欺臭のする闇を感じたので丁重にお断り(無視した)させて頂きました(๑˃̵ᴗ˂̵)

『システムトレード』 を売り込む的な感じだと思うのですが、ぶっちゃけ 『システムトレード』 は儲かるのか?というと儲かります。

機械的にトレードする事が儲ける秘訣である為、人間が 『メンタル』 というものを木っ端微塵に捨て去らない限りは売買の恐怖と欲望には勝てないので 『システムトレード』 は儲かると私は思っていますよ。

という事でテクニカル分析のオシレーター系インジケーターの 『RSI(相対力指数)』 についてのお話です。(そのままアールシーアイって読みます)

この記事のポイント

  • RSIを使って『売られすぎ・買われすぎ』が見やすくなる
  • RSIの数値で売買シグナルを見極められる
  • RSIは時間軸も長期・中期・短期と分けて数値を見るようにする(長期の数値が信頼度は高い)
  • ダイバージェンス現象に気をつけてトレンド転換を見つけるようにする

RSIだけ見れば勝てる?RSIの基本的な使い方

オシレーター指標の 『RSI』 でトレードするトレーダーも多く存在するくらい多くのトレーダーが意識するRSIです。

f:id:koalion0105:20200129143113p:image

『RSI』 の見方はとても簡単で、

  • 『RSI』 の数値が30以下になったら売られすぎ【買いシグナル】
  • 『RSI』 の数値が70以上になったら買われすぎ【売りシグナル】

このように 『RSI』 だけを見て機械的に売り買いするだけでも充分に儲ける事は出来ます。

上の図でやってみた例

単純な作業ですが、これだけでも 20pipsは利益が確定 してしまうのです。

ただし、大まかな意識される価格ラインとかは 『RSI』 ではわかりにくいので他のツールを使って『どこまで下がるのか?』などのライン引きは行って下さいね。

RSIの弱点?逆張りで負けてしまうトレーダーへ…

f:id:koalion0105:20200129143645p:image

トレンドの勢いが強いと 『RSI』 は上の図のように天井に張り付いたまま帰ってきませんね。

こういう強いトレンドの発生時には本来は 『逆張り』 では負けてしまうので、 『逆張り』 ではなく 『順張り』 でエントリーして行かなくてはなりませんね。

これは1分足で見たチャートなので短期だけで見るとこのような事が起きやすくなる為、対策としては 『時間軸を変えて長期・中期・短期のトレンドを見極める』 ことが重要になります。

トレンド転換のダイバージェンスを見つける

f:id:koalion0105:20200129144657p:image

少し分かりにくいですが、トレンドの転換期になると 『ダイバージェンス現象』 と言って価格は上昇だけどオシレーター指標が下降している逆行現象が起きます。

この 『ダイバージェンス』 を見つけて初動で逆張り出来れば、立派なドテンも出来るようになり、次のトレンドの順張りの初動と言っても良いでしょう(^^)

Vol.8「テクニカル分析手法」その⑤酒田五法後編(テクニックコラム)|2015.5.11


三空の特徴は上記の図からも判るとおり、 一つひとつのローソク足に窓が開いていることです。 つまり(日足であれば)前日終値と当日始値の間がポーンと開いているということです。このように3つの窓が連続して現れた場合、それは 逆張りのサイン となります。通常、窓を開けての上昇や下落はその方向へ相場がとても強く動いていると解釈されますが、それが三回も連続して続いた場合は高値警戒底値警戒をしなくてはならないのです。 正に「機先を制す」ための手法が三空なのです。

三本の階段状のローソク足「三兵」


三兵も三本のローソク足の形から相場の行方を分析する手法です。三兵は図のように 三本の陽線、または陰線が階段のように三本連続して出現した状態 のことをいいます。日足であれば陽線なら3日連続で終値が前日終値を上回った状態、陰線ならその反対で下回った状態となります。前者の場合は 「赤三兵」 といい、力強い上昇が続くサインであり、後者は 黒三兵や三羽烏 と呼ばれ下落傾向が始まるシグナルとされます。応用編として仕掛け花火や小石放れなど 「売り」を示すサインは多い のですが、 まずは上昇シグナルとなる「赤三兵」に絞ってチャートを見てみると、この三兵も理解がしやすいことでしょう。

休むべきタイミングを教えてくれる「三法」

酒田五法最後の一つは 「三法」 です。三法とはこれまでの4つとは違い、今後の相場の行方がどちらなのかを現しているのではなく、相 場がどちらに行くのか判断できない時期だから「相場を張らないほうがよい時期」であることを教えてくれるのです。

休むも相場という言葉がありますが、多くのテクニカル分析では攻める一辺倒で休む時期には言及していいません。しかし酒田五法では相場には休むべき時期も当然あり、 長い目で見て高い成績をを残すためには、攻めるだけではダメなのだということをちゃんと手法の中に具体的に取り入れているのです。 システムトレードに必要なテクニカル分析


三法とは上の図にあるように、大きな陽線や陰線の間に何本かの短い足が数本現れた状態のことをいいます。他にも上放れ三法や下放れ三法などもあり細かな説明は割愛しますがそれぞれ持っている意味は「休むべき時期」という点で一致しています。

トレーダーは相場から「 利益を上げること」 が目的であってトレードすること自体は手段に過ぎません。三法は「目的が手段にすり替わってしまうこと」を防いでくれるためのものでもあるんですね。

酒田五法の考案者 本田宗久の説く「三位伝」

酒田五法を創りあげた本田宗久は、他にも相場の心得として 三位伝 と呼ばれる考え方を残しています。

三位伝の「三」とは 「仁」・「勇」・「智」 のこと。相場で勝つためにはこの3つの要素が必要不可欠であると本田宗久は説いているのです。「仁」とは勝機が訪れるまでひたすらじっと待ち続ける忍耐力のこと。「勇」はここぞという時に恐れず果敢に攻めること。そして「智」とは状況に応じて臨機応変に戦略や戦術を変化させる柔軟性のことを現しています。具体的なチャート 解析手法である酒田五法と共に、相場哲学とも言えるこの三位伝もトレーダーにとってとても重要な示唆を与えてくれる物なのです。

LIGHT FX「ヒートマップ」の使い方は?テクニカル分析との組み合わせも解説

マップと通貨ペアランキング

LIGHT FXのヒートマップは世界中のニュースやSNSのテキストをもとにしています。テクニカルではなく、ファンダメンタルズの観点や影響度合いも含めて通貨強弱を視覚的に確認してトレード判断に活かすことができるツールとなっています。

出典:「「ヒートマップ」導入のお知らせ」

2-2.ヒートマップを使って通貨ペアを選ぶ

3.LIGHT FXでのテクニカルツールの使い方

3-1.Trading View

Trading ViewはLIGHT FXで提供されているツールです。世界で約1500万人が利用しているテクニカル分析用ツールです。

Trading Viewは単体でも利用することが可能です。LIGHT FXのように導入しているFX会社で口座開設を行えば無料である程度の機能を利用できます。

3-2.テクニカル分析との組み合わせ

ドル円の日足チャート

Trading Viewではテクニカル指標が豊富に提供されています。FX初心者におすすめな方法はシンプルな移動平均線とフィボナッチリトレースメントの組み合わせです。下記のチャートをご覧ください。

※図はTradingViewより筆者作成

ここではLIGHT FXのヒートマップの使い方とLIGHT FXが提供しているTrading Viewで可能なテクニカル指標の組み合わせについて解説しました。テクニカル指標の組み合わせは千差万別であるため、慣れてきたらTrading Veiwを駆使して自分なりのトレーディング戦略を考えてみるといいでしょう。

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる