最高の暗号取引プラットフォーム

金融資産とは

金融資産とは
金融・投資

「家計の金融資産保有意向と郵政の民営化に対する考え方」調査結果

国内最大級のインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」(*1)を共同で提供するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:資宗 克行)と株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷野 剛)は、「gooリサーチ」登録モニターを対象に「家計の金融資産保有意向と郵政の民営化に対する考え方」について調査を実施しました。有効回答者数は30,447名にのぼりました。

  1. 家計は金融資産の安全性を重視。今後も預金や郵貯の保有意向は強い。
  2. 多額の金融資産を保有する高齢者層の一部では、株式などのリスク資産保有の意向が高め。
  3. 郵貯保有の主な理由は、アクセスの良さなどといった利便性。
  4. 郵政民営化後も、既存のサービス水準が保たれれば、大きな資金移動が起こる可能性は低く、郵政民営化後も、郵貯は大きく減らない可能性が高い。
  5. 金融資産とは
  6. 郵政民営化に最も期待することは、「政府部門全体でのリストラ実現」。

調査結果のポイント

(1) 金融資産の保有意向

(2) 郵貯の保有理由

(3) 郵政新会社に期待すること

(*1)【 gooリサーチ 】http://research.goo.ne.jp/
ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントと、日本のリーディングシンクタンクである三菱総研の調査企画力、コンサルティング力が融合した、高品質で付加価値の高いインターネットリサーチ・サービスです。携帯電話でアンケートに答える 「gooリサーチ・モバイル」モニター(5.0万人)、キーパーソンのビジネスマンを中心 とする「gooリサーチ・ビジネス」モニター(3.0万人)、団塊世代、シニア層と、若年層を中心とした郵送調査手法で回答する「郵送調査専属モニター」(1.2万人)を含め、31万人の登録モニターを擁し、消費者向け調査から、法人向け調査、グループインタビューまで、様々な市場調査ニーズに対応しています。(モニターの人数はいずれもH17年12月現在)

株式会社三菱総合研究所 政策・経済研究センター
(Tel) 03-3277-0594、(Fax) 03-3277-0599、(E-mail) [email protected]
株式会社三菱総合研究所 Eリサーチグループ
(Tel) 03-3277-0719、(Fax) 03-3277-0523、(E-mail) [email protected]
株式会社三菱総合研究所広報部広報グループ
(Tel) 03-3277-0003(Fax) 03-3277-3490、(E-mail) [email protected]

NTTレゾナント株式会社 ポータル事業本部 リサーチグループ
(Tel) 03-5224-5380、(FAX) 03-5224-5201、(E-mail)[email protected]
NTTレゾナント株式会社 ポータル事業本部 金融資産とは 広報グループ
(Tel) 03-5224-5500、(E-mail) [email protected]

金融資産とは
1. 調査対象 「gooリサーチ」登録モニターおよびgooユーザ
2. 調査方法 非公開型インターネットアンケート
3. 調査期間 平成17年10月7日(金)〜平成17年10月17日(月)
4. 有効回答者数 30,447名
5. 回答者の属性【男女内訳】
男性45.金融資産とは 0% 女性54.9%

【年代別構成】
10代 1.7%、20代 23.1%、30代41.1%、40代23.9%、50代 7.7%、60代2.0%、70代0.4%

みんなの貯蓄事情は?年代別の金融資産保有データから自分の置かれている状況と分かったこと

引用:金融広報中央委員会データより著者作成

見てわかる通り、やはり日本で株式などの金融資産を運用している方は 30%に満たない ようです。

ちなみにアメリカでの株式関連金融資産保有割合は全体でも 約50% 近くはあるそうです。

年代別金融資産保有額

引用:金融広報中央委員会データより著者作成

平均値:データを足し合わせ、データの個数で割った値

中央値:データを小さい(または大きい)順から並べ、真ん中にくる値

平均値は少数が莫大な資産を保有している場合などもあるので、 参考にするには中央値 が良いですね。

金融資産残高の1年前との増減比較

引用:金融広報中央委員会データより著者作成

働き盛りの世代である 金融資産とは 20~50代は増えた ように見えますね。

金融資産残高が増加した理由

引用:金融広報中央委員会データより著者作成

データは前年より”資産が増えた”と回答があった世帯での増加理由の集計になります。

特に大きく目を見張る違いはないですが、やはり 50代には子供の独立による扶養家族の減少 が影響するようです。

年代別貯蓄額

引用:金融広報中央委員会データより著者作成

各年代の各貯蓄額で上位50%の金額グループを 赤色 で塗りつぶしてます。

40代までに2,000万を貯めるには

今回各世代のデータをみてみるとやはり最初の試練としては 「30代のうちに資産を2,000万円保有できるか」 と思いました。

しかし、まわりの人と同じ生活、貯蓄方法ではこの数字を達成するのは 非常に難易度が高い と言えます。

現在、私の資産運用方針としてはまず株式投資によるコアサテライト戦略を軸に、不動産投資の勉強をして将来的に配当と家賃収入で生活費の大半をまかない、好きな仕事をしながら家族と世界旅行をするセミリタイアを目標として進めていきます。

長期的な資産形成に欠かせない 金融資産配分の考え方とは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。 金融資産とは
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。 金融資産とは
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

金融・投資– category –

金融・投資

外貨建生命保険には加入すべきか

近年、アメリカの金融市場での利上げが進んでいるため、外貨建変額年金の人気が高まってきています。今回は、為替リスクと市場リスクについて説明します。 【外貨を買うということはどういうこと?】 金融商品の中でも購入や売却を外貨で行うのが、外貨建.

金融・投資

銀行や証券会社がおすすめの金融商品を買ってはいけない!

金融・投資

【資産運用の基本】不動産か金融商品の配分を考えよう!

金融・投資

富裕層が不動産を売却して金融商品を購入すべき理由!

相続税の税率は、相続財産が増えるに従ってその税率自体も上がる仕組みが採用されています。 そのため、資産の大きな人ほど、その負担に悩まされることでしょう。 ここでは、時期に応じて不動産と金融資産を組み替えることで、運用効率と節税の両立をする.

金融・投資

相続税損失の発生リスクは100%!2世代の資産運用を考えろ!

金融・投資

投資信託は運用コストを最小に!ETFとインデックス型ファンドが基本

金融・投資

【資産運用の基本】外貨建て債券は儲かるのか?

外貨建て債権、特に米ドル建て債権への投資に関心をお持ちの方が増えています。 ここでは、債権投資の概要や、米ドル建て債権に投資することのメリット(魅力)と注意点、そして金融政策や為替市場との関連について見ていきましょう。 【証券会社から提案さ.

金融・投資

【資産運用の基本】外国為替とインフレはどのように考えるべきか?

金融・投資

【資産運用の基本】不動産の利回りは見た目より低い理由とは?

金融・投資

【資産運用の基本】素人が財産を増やす投資の考え方?

個人資産を増やすにはどうすれば良いのか、資産運用の基本について日本の不動産の利益率と、グローバルに活躍する一流企業の利益率の比較といった観点から、つしする対象となる資産について見ていきましょう。 【資産運用の目的は利益を獲得すること】 資.

金融・投資

プライベートバンカーの仕事とは?高齢の富裕層に必要なサービスとは?

金融・投資

【資産運用の基本】金融資産の目標利回りとリスク許容度はどのように設定すべきか?

【資産運用の利回りを決める前に考えておくべきこと】 老後2000万円問題など、公的年金だけに頼っていては不安な時代です。長期・積立・分散投資の必要性が認識されつつあります。 資産運用を始める際には、とにかく稼ぎたい!高い利回りを実現させるぞ!.

金融・投資

【資産運用の基本】投資対象の金融商品はこう選ぶ!

資産運用をする場合、そもそも不動産か金融商品かの選択があります。ここでは金融商品を選ぶとしましょう。どの金融商品に投資するかの選択が必要となります。ここでは主な金融商品の平均的な利回りやその特徴を見ておきましょう。 【銀行預金】 国内の銀.

金融・投資

証券会社から債券を販売された!債券に投資すべきか?

金融・投資

老後2,000万円を貯めると決意した!何に投資すればよいのか?

老後の生活費が年金だけでは足りず、自己資金2,000万円を確保しなければいけない事実が巷を騒がせています。 65歳までは働き、65歳から年金給付を受けることを想定しましょう。65歳までに2,金融資産とは 000万円を貯めなければいけません。 具体的な貯め方について、運.

金融・投資

信託報酬の高い投資信託を金融機関から販売されていませんか?

金融・投資

株式・投資信託・債券のどれに投資すべきか?

【株式への投資】 株式投資は、株式会社への出資です。これは会社が存続する限り払戻しされません。したがって、株主が株式を換金しようとするときは、株式市場で売却することになります。 上場株式を売却する場合、原則として、売買成立日から起算して4営.

金融・投資

【超富裕層の資産運用】レバレッジ投資とヘッジファンドとは?

金融・投資

相続対策のために活用したい定期保険と終身保険はこれだ!

【企業経営に生命保険は不可欠】 企業オーナー(会社経営者)は、会社経営に悪影響をもたらすリスクがあることを認識しておかなければならない。 たとえば、企業オーナー・会社経営者が死亡した場合に信用力低下や営業力低下に伴う業績・資金繰りが悪化す.

金融・投資

入るべき生命保険はどれだ?定期保険や終身保険を理解する

【生命保険の活用】 個人のリスク 人間が生きていく上で、病気やケガのリスクは避けて通ることができません。リスクには、人的リスク、物的リスク、損害補償リスク、費用・損失リスクなどがあります。このようなリスクを保障するものが保険です。カバーす.

金融・投資

【金融資産運用の基本】安全資産・リスク資産とその評価

【安全資産とリスク資産を区別する】 現預金・国内債券を「安全資産」、株式・不動産・外国投資など安全資産以外の資産を「リスク性資産」と定義します。 安全資産とリスク性資産の違いは、円ベースで発行体による元本保証があるかないかという点です。 リ.

金融・投資

絶対に覚えよう!金融資産運用に成功するための基本原則

金融・投資

富裕層の金融資産を目減りさせる「インフレ」が襲う!

【資産目減りの脅威が富裕層を襲っている】 資産目減りの脅威とは、①インフレのリスク、②マイナス金利による運用難、③相続税の増税です。 2016年、日本で初めてマイナス金利政策が導入されました。マイナス金利の影響で、ただでさえ超低金利だった預金.

長期保有ならば…

円建てリターン表

株式投資の心構え モーニングスターの記事で示されていた円建て配当込みS&P500指数の保有期間別リターン(モーニングスターの記事より引用)

1年間の騰落率は上下に大きい

モーニングスター社は円建てで配当込みのS&P500指数の保有期間別リターンを試算しました。積み立て型少額投資非課税制度(つみたてNISA)で純資産総額1位のeMAXIS Slim 米国株式が連動する指数です。2007年5月以降の各月末に投資したと仮定し、1年間、3年間、5年間、10年間保有した場合の年平均リターンの推移を各月ごとに調べました。保有期間別のリターンの最大、最少は1年間の場合、プラス65.18%からマイナス51.91%と大きなぶれがあります。期間が長くなるにつれて年平均リターンのぶれ幅は小さくなり、10年になると年平均プラス21.35%からプラス5.96%となりました。10年間の年平均リターンの最小がプラス5.96%ですので、対象期間の61か月間どの月に投資をしても10年間保有すれば全てプラスでした。ただ、2010年代は米国株にとって記録的な株高が続いた期間でした。ドル円レートも円高から円安に振れました。算定上、すごく有利な結果が出やすい期間である点には留意が必要です。また、投資期間が長期になればなるほど、年平均リターンのブレ幅は小さくなりマイナスリターンの確率は低くなりますが、総資産額のブレ幅は複利効果の影響で大きくなります。つまり、マイナスリターンの確率は小さくなる一方、総資産額変動のリスクは大きくなるということです。

歴史的な大暴落を乗り越えている

円建てリターン表

モーニングスター社の記事で示されていた円建て配当込みS&P500指数の保有期間別リターン(モーニングスター社の該当記事より引用)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる