初心者向けFX会社も

チャート式数学

チャート式数学
数学

チャート式中学数学(中学1年用)の評判や使い方まとめ

中学1年になって初めての定期テスト。 チャート式数学
良い点をとろうとテスト勉強に励んでいたのに・・・
学校の問題集は、解答を書き込んで提出しなければならないので、1回きりしか練習できない。
学校の問題集とは別に、定期テスト対策に適した参考書を探している。
そんな中学1年生に最適の参考書が、チャート式中学数学(中学1年用)だ。

チャート式中学数学(中学1年用)の特徴まとめ

難易度 ★★☆☆☆ 定期テスト対策レベル
問題数 ★★★★★ 396題
内容例題と大量の問題で解法を理解する参考書
使用開始時期中学1年
ページサンプル数研出版公式サイト
楽天での評価 ★★★★★ 星5 ⇒口コミ
Amazonでの評価 ★★★★☆ 星3.5 ⇒口コミ

チャート式中学数学(中学1年用)の難易度と到達レベル

チャート式中学数学(中学1年用)には多くの問題の解法が網羅的に書かれており、
学校の授業で習う基本中の基本から始まり、入試対策の問題までが収録されている。
問題の難易度にも幅があるものの、一部の章末問題・発展例題を除き、
大部分の例題や練習問題は、定期テストで高得点をとるためのレベルの問題が多いと言える。

チャート式中学数学(中学1年用)のおすすめの使い方

定期テスト対策を行う場合は、学校の進度に合わせて例題と練習問題を解いていき、
テスト前にEXERCISESや定期試験対策問題を解くと良い。
問題や解答がページにびっしりと書かれているため、途中式や解答を参考書中に書き込むスペースはほとんど無い。
そのため、途中式や解答を書くためのノートを用意しておく必要がある。
各ページの例題には詳しい解答が書かれているので、解けなかった問題はじっくりと解説を読み込んだ上で、
解き方が定着できるまで何度も繰り返し練習問題を解くのが効果的だ。
定期テストで章末の入試対策問題や発展例題レベルが出題されることはほとんど無いと思われるため、
これらは無視しても問題ないだろう。

チャート式中学数学(中学1年用)の目次と問題数

1.正の数と負の数
例題・練習 各25題
EXERCISES 26題
定期試験対策問題 13題
入試対策問題 4題
2.文字と式
例題・練習 各13題
EXERCISES 13題
定期試験対策問題 チャート式数学 8題
入試対策問題 10題
3.1次方程式
例題・練習 各17題
EXERCISES 20題
定期試験対策問題 6題
入試対策問題 11題
4.比例と反比例
例題・練習 各18題
EXERCISES 23題
定期試験対策問題 12題
入試対策問題 12題
5.平面図形
例題・練習 各16題
EXERCISES 18題 チャート式数学
定期試験対策問題 11題
入試対策問題 9題
6.空間図形
例題・練習 各18題
EXERCISES 16題
定期試験対策問題 チャート式数学 9題
入試対策問題 9題
7.資料の整理と活用
例題・練習 各10題
EXERCISES 8題
定期試験対策問題 6題
入試対策問題 9題

合計
例題・練習 各117題
EXERCISES 124題
定期試験対策問題 65題
入試対策問題 64題
別冊問題精選 26題

例題・問題ページ数 210ページ
解答ページ数 67ページ
別冊問題精選ページ数 16ページ

巻末の練習問題の解説はかなり簡潔にしか書かれていないものの、
各練習問題は例題とほぼ同じ解き方で解ける。
困った場合は、例題の解説を参考にすると自力で解決できるだろう。

定期テスト対策として、分野ごとに使用するには十分な問題量となっているが、
入試対策として使用するには要注意。
問題数がかなり多いために、問題を全部解こうとすると入試までに間に合わなくなる恐れがある。
入試対策の際は、分かる問題を適度に飛ばすか、問題数をもう少し絞った別の問題集を使用した方が良い。

チャート式中学数学(中学2年用)の評判や使い方まとめ

学校の定期テストの点数も、中学に入学したての頃より下がってきている。
そのため、なんとかして定期テストの成績を維持・向上させていきたい。
そんな中学2年生にぴったりの参考書が、チャート式中学数学(中学2年用)だ。

チャート式中学数学は、学校で習う中学数学の内容が分野別に整理された参考書となっている。
各ページに掲載された例題についての解説がかなり詳しいため、学校や塾などでまだ習っていない分野も自習がしやすい。
また、市販されている問題集の中では掲載されている問題数も多く、定期テスト対策としても最適の問題集と一冊となっているのだ。

チャート式中学数学(中学2年用)の特徴まとめ

チャート式数学
難易度 ★★☆☆☆ 定期テスト対策レベル
問題数 ★★★★★ 380題
内容例題と大量の問題で解法を理解する参考書
使用開始時期中学2年
ページサンプル数研出版公式サイト
楽天での評価 ★★★★★星5 ⇒口コミ
Amazonでの評価 ★★★★☆ 星4 ⇒口コミ

チャート式中学数学(中学2年用)の難易度と到達レベル

特に、定期テストで高得点をとるための頻出問題が網羅的に収録されているため、定期テストで難しめの応用問題を出題されてしまった場合でも、この一冊で十分に対応できる。
この参考書を完璧に極めれば、定期テストで90点以上を安定してとることが出来るだろう。

また、簡単な問題や定期テスト対策ばかりでなく、入試レベルの応用問題までがしっかり掲載されている。
特に、チャート式中1数学に比べれば、発展例題や難しめの問題もやや多く収録されている。
定期テスト対策に使用した後捨てずに取っておけば、受験対策の復習用問題集として使い回すこともできるだろう。

チャート式中学数学(中学2年用)のページ構成

チャート式中学数学のページ構成については、こちらの公式サイトでのページサンプルを参照。
中学2年の数学内容が学校で習う順に分野別に配列されている。
各ページのイメージ図は次の通り。

各ページには一番上に例題が掲載され、その問題を解くための考え方やポイントがその下に整理されている。
続いて例題の解説がかなり詳しく書かれ、その下に例題と似た練習問題が掲載されているという配置になっている。

チャート式中学数学(中学2年用)のおすすめの使い方

チャート式中学数学(中学2年用)の目次と問題数

1.式の計算
例題・練習 各16題
EXERCISES 15題
定期試験対策問題 11題
入試対策問題 9題
2.連立方程式
例題・練習 各19題
EXERCISES 16題
定期試験対策問題 10題
入試対策問題 8題
3.1次関数
例題・練習 各26題
EXERCISES 24題 チャート式数学
定期試験対策問題 9題
入試対策問題 9題
4.図形の性質と合同
例題・練習 各23題
EXERCISES 19題
定期試験対策問題 10題
入試対策問題 9題
5.三角形と四角形
例題・練習 各28題
EXERCISES 25題
定期試験対策問題 10題
入試対策問題 10題
6.確率
例題・練習 各13題
EXERCISES 18題
定期試験対策問題 11題
入試対策問題 9題

合計
例題・練習 各125題
EXERCISES 117題
定期試験対策問題 61題
入試対策問題 54題
別冊問題精選 23題

例題・問題ページ数 212ページ
解答ページ数 81ページ
別冊問題精選ページ数 16ページ

チャート式中学数学(中学2年用)についてのQ&A

できる。
と言うより、図形問題の後半はほとんどが証明問題の例題・練習問題となっている。
いずれも「〇〇を証明せよ」という形の、初学者にはややレベルの高い問題となっている。
そのため、証明が苦手な中学生は、付属している赤シートで例題解説を隠して、穴埋め問題として練習をするとよいだろう。
どうやらそれを狙って色の配置が工夫されているようで、シートで隠せば穴埋め問題で問われそうな部分がうまく隠れてくれる配置となっている。

【新課程】チャート式は何色を買うべき?使い方は?レベルと問題数を徹底比較!

このページでは、大学受験におすすめ参考書『チャート式(数研出版)』の解説をしていきます。 問題数や難易度、到達点や偏差値をわかりやすくまとめているので、参考書を選ぶ際の参考にしてください。 目次1. .

チャート式 新課程 アイキャッチ

1. 新課程と改訂版の違いは?

「高校数学の教育課程が変わる」

「高校数学が新課程になる」

「高校数学が新カリになる」

「高校数学の授業で習う内容が変わる(新しくなる)」

2. いつから新課程になる?

2022年現在の高校 1 年生は「新課程」です。

2022年現在の高校 2、3 チャート式数学 年生は「旧課程」です。

「新課程」に変わったからといって、高校 2、3 年生が「新課程」を学び直すことはありません。

高校 2、3 年生はそのまま「旧課程」を学んでいき、大学受験の範囲も「旧課程」で出題されます。

高校 チャート式数学 1 年生は「新課程」で学んでいき、大学受験の範囲も「新課程」で出題されます。

3. 新課程と旧課程の比較

新課程

2022年現在の高校 1 年生は「新課程」の参考書を購入してください

2022年現在の高校 2、3 年生は「旧課程」の参考書を購入してください。

4. チャート式の基本情報

5. チャート式の難易度

白チャート<黄チャート<青チャート<<赤チャート

【国立】
教科書~下位

【私立】
教科書~日東駒専

【進研】
50~60

【全統】
45~55

【国立】
教科書~中堅

【私立】
教科書~GMARCH

【進研】
55~65

【全統】
50~60

【国立】
中堅~上位

【私立】
GMARCH~上智理科大

【進研】
60~70

【全統】
55~65

【国立】
上位~最難関

【私立】
上智理科大~早慶

【進研】
70~80

【全統】
65~75

6. チャート式の内容構成

チャート式は色によって、問題レベルの呼び方が異なります。

基本例題1問に対して、類題1問。

発展例題1問に対して、類題1問。

章末に、EXERCISESという名前の入試演習問題。

プラスαで、『青チャート』と『赤チャート』は入試標準レベルの総合問題。

表紙 基本例題 応用例題 例題の類題 入試演習
基礎例題 発展例題 EX EXER
基本例題 重要例題 練習 EXER
基本例題 重要例題 練習 EXER
例題(青) 例題(赤・黒) 練習 演習問題

7. チャート式の問題数

チャート式数学
表紙 例題 練習演習等 合計
280題 280題 150題 710題
290題 290題 250題 830題 チャート式数学
350題 350題 300題 1000題
360題 230題 150題 740題

『チャート式』は圧倒的な網羅性のため、その分厚さに毎年大多数の人が途中で挫折してしまいます。

1冊やりきる自信がなければ、他の問題集等でわからない問題に出くわしたときに、辞書代わり使ってください。

1冊やりきれる人

辞書的に使う人

8. チャート式の対象者

8.1 白チャートの対象者

チャート式数学
進研模試(ベネッセ) 偏差値50~60
全統模試(河合塾) 偏差値45~55
到達点(国立) 下位国立
到達点(私立) 日東駒専
偏差値65~70の高校 定期考査の数学が40点以上
偏差値60~65の高校 定期考査の数学が50点以上
偏差値55~60の高校 定期考査の数学が60点以上
偏差値50~55の高校 定期考査の数学が70点以上

8.2 黄チャートの対象者

進研模試(ベネッセ) 偏差値55~65
全統模試(河合塾) 偏差値50~60
到達点(国立) 中堅国立
到達点(私立) GMARCH
偏差値65~70の高校 定期考査の数学が50点以上
偏差値60~65の高校 定期考査の数学が60点以上
偏差値55~60の高校 定期考査の数学が70点以上
偏差値50~55の高校 定期考査の数学が80点以上

8.3 青チャートの対象者

進研模試(ベネッセ) 偏差値60~70
全統模試(河合塾) 偏差値55~65
到達点(国立) 上位国立
到達点(私立) 上智理科大
偏差値65~70の高校 定期考査の数学が60点以上
偏差値60~65の高校 定期考査の数学が70点以上
偏差値55~60の高校 定期考査の数学が80点以上
偏差値50~55の高校 定期考査の数学が90点以上

8.4 赤チャートの対象者

進研模試(ベネッセ) 偏差値70~80
全統模試(河合塾) 偏差値65~75
到達点(国立) 上位国立
到達点(私立) 最難関
偏差値65~70の高校 定期考査の数学が80点以上
偏差値60~65の高校 定期考査の数学が90点以上

9. チャート式の注意点

決して、自分のレベルに合わない色を選ばないでください。

『チャート式』は圧倒的な網羅性のため、 その分厚さに毎年大多数の人が途中で挫折してしまいます。

また、見栄や誤った情報に流されて、自分のレベルに合っていない色のチャート式を選択する人が跡を絶ちません。

『青チャート』を部分的にやる人より、『黄チャート』や『白チャート』を1冊完璧に仕上げた方が数学はできるようになります。

【数学】チャート式問題集の種類と自分に合ったレベルの選び方

新垣センセイ

①『チャート式問題集』の特徴、選び方(構成、スペック、レベル、ボリューム)
②『チャート式問題集』をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③『チャート式問題集』の効果的な勉強法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

今回、当記事では、かなりたくさんある参考書の中から有名参考書の1つ『チャート式問題集』を紹介します!

『チャート式問題集』の特徴

『チャート式問題集』の構成

『チャート式問題集』のスペック

チャート式問題集はかなり多くの範囲の典型問題を網羅しています。そのため、 チャート式問題集をマスターしてしまえばほとんどの典型問題をマスターしたことになると言っても過言ではないかもしれません。 さらに、それまでの過程の演習量はかなり良い経験になります。

それゆえに、チャート式問題集をやり遂げれば、数学を得意科目にできる可能性はかなり高いと思います!

『チャート式問題集』のレベル

チャート式問題集のボリューム

チャート式問題集はかなり問題量が多いです。

その結果、全ての問題を解いたとしたら1周するのには平気で数ヶ月かかります。

ただし、解説は丁寧で分かりやすいと思います。

チャート式問題集の構成

チャート式問題集には数種類あり、大きく分けると4種類です。レベル毎に色が分かれており、「色名+チャート」の形で呼ばれることが多いです。

チャート式問題集は色によってレベルが分けられているので、自分のレベルにあったものを選びやすいというところも魅力の1つです。

チャート式問題集の種類

①白チャート

白チャートは教科書基本レベルの問題が掲載されているため、受験の対応範囲としては センター試験や中堅私立大レベル です。

難関私大や国公立試験に向けての対策としてはあまりにも物足りないと思います。

早めに 受験勉強を始めたい高校1年生などにはおすすめ します!

②黄チャート

黄チャートは教科書基本レベルから標準レベルの問題が掲載されているため、 国公立、私立大学ともに中堅レベルまで対応できる難易度 だと思います。

みっちり基礎を固めたい人にはおすすめです!
ただし、高校で授業をしっかり受けていたから教科書レベルは自信あり!という人は次のレベルの青チャートから取り組んでしまってもいいかもしれませんね!

③青チャート

さあさあ出ました青チャート!!(笑)
チャート式問題集の中で最も有名なのが青チャートなのではないでしょうか?
ぼくは受験生になるまで、チャート式問題集は青チャートだけだと思っていました(笑)

さてそんな青チャートは教科書基本レベルから標準より難しい程度の問題が掲載されているので、 難関私立文系だけでなく、難関国公立文系、理系の私立上位まで対応できる 難易度です。

数学に自信がなく、みっちり教えてくれる先生がいないのならいきなり青チャートに取り組むのは大変かもしれません。

④赤チャート

最後に紹介するのが赤チャートです。
チャート式問題集の中ではみなさんに1番馴染みがないかもしれません。
それもそのはず、 赤チャートはかーーーなり難しい です。

赤チャートの対応レベルは、 教科書標準レベルから理系国公立最難関レベル です。
チャート式問題集の中で最も高いレベル設定となっています。

その難しさは、ぼくがお世話になっていた数学の先生が「赤チャートはやらなくてもいい!青チャートを完璧にしろ!」と言っていたほどです。

参考書 | 数学

数学

数学

数学

数学

数学

数学

数学

数学

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる