プロが徹底解説

オプション取引の入門編に最適

オプション取引の入門編に最適

バイナリーオプション初心者の為に、今回取引結果として紹介した記事をご紹介致します。
バイナリーオプション業者を私が比較した結果、ハイローオーストラリアという業者を利用し、取引を開始、その際のバイナリーオプション取引の様子をまとめています。

本セミナーではアメリカンオプションの価格評価について学びます。アメリカンオプションは通貨先物オプションとして活発に取引されたことで有名ですが、今リアルオプションの世界でも注目されています。アメリカンオプションの評価はさまざまな方法で行うことが可能です。また、さまざまな派生的なオプションがあり、エキゾチックオプションの評価の基礎にもなります。本セミナーでは2項ツリーとモンテカルロ法を用いてアメリカンオプションの基礎を丁寧に学び、より複雑なオプションの評価を学ぶための基礎を身に着けます。
1. アメリカンオプション入門
2. アメリカンオプションの解析解
3. 2項ツリーモデルとモンテカルロ法の基礎
3.アメリカンオプションの2項ツリーモデルによる評価
4.アメリカンオプションのモンテカルロ法による評価 オプション取引の入門編に最適
■目標
ブラックショールズモデルの理論的な背景を前提に、アメリカ型のオプションのモデル化を理解します。また、その応用を理解します。2項モデル・モンテカルロ法の使い方がわかります。
■受講対象者
オプション理論、通貨オプション、株式オプション、ヘッジ取引、リアルオプションに興味のある方であれば、どなたでも参加可能です。基本的なオプション取引の知識を身に着けた人を対象としています。オプションの基礎知識に関するセミナーについては直接お問い合わせください。
■ノートブックパソコンは持ち込みが原則です。
PCには事前にExcel、Excel VBAがインストールされている必要があります。
参考文献:
Option pricing formulas by Haug
Python3ではじめるシステムトレード:ブラック-ショールズ方程式を理解する
https://qiita.com/innovation1005/items/98e28dd0e38246d1dbac
フィナンシャルエンジニアリングbyジョンハル(きんざい)

【講師紹介】Quasars22 Private Limited(Singapore),Director,MBA,MBA,MSc,。主な論文に”How does the オプション取引の入門編に最適 entropy function explain the distribution of high frequency data”in Digital Designs for Money, Markets and Social Dilemmas(2022,Splinger). 主な訳書「Python3ではじめるシステムトレード」(2016、パンローリング)、「物理学者ウォール街を往く」(2005、東洋経済新報社)。

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビル
TEL 03-5651-2030 FAX 03-5695-8005

ファックス又は郵便にて参加申込書をお送り下さい。上記ホームページの申込欄からもお申込いただけます。折り返し、受講証と請求書を郵送致します。参加費は下記の普通預金口座に開催日前日までにお振込み下さい。(但し経理の都合等で間に合わない場合は、ご連絡いただければお待ちいたします。)又当日ご参加になれなかった場合、当社および経営調査研究会主催の他のセミナーに無料でご出席いただけます。(但し新しいセミナーの参加費との差額が2,000円以上の時は差額をお支払いいただきます。また、振替は1年以内にお願いいたします。) ご記入いただきました個人情報は、当社および関係会社の受講者名簿の整備や今後開催される セミナーのご案内等に使用します。
普通預金 口座名 (株)金融財務研究会

三菱UFJ銀行 本 店 1642356 三井住友銀行 本店営業部 7397637
三菱UFJ信託銀行 本 店 2818151 みずほ銀行 東京営業部 1427715
三井住友信託銀行 本店営業部 2993982 りそな銀行 東京営業部 1693669

通貨オプション入門

通貨オプション入門

◆数式を使わずに通貨オプションの価格メカニズム、トレーディング手法を完全理解。本書を読めば、グリークス(オプション価格に影響を与える諸要素を表すギリシャ文字)はもう怖くありません。プットとコールとフォワードがどのような関係にあるかも明快に理解できます。
◆複雑な合成オプション、エキゾチックと呼ばれる特殊な条件がついたオプションについても、具体的な取引例と図表を使ってていねいに解説します。本書は、マーケットで取引されている合成オプション、エキゾチックのほぼすべてを網羅しています。
◆リスク管理、契約書実務も徹底解説。現在では古くなった原著の記述については、監訳者が補足的な解説を付すことで、マーケット参加者にとって利用しやすいものになっています。本書は、新たに通貨オプションの取引にかかわる人にとって最適な、信頼性の高い教科書です。

第1章 基本
定義/プレミアム(オプション料)/コールとプット/権利行使/オプション・タイプ/権利行使価格(ストライク・プライス)/本源的価値
第2章 マーケット
店頭取引(OTC取引)
第3章 オプションの特性
外国為替ポジション/ロング・コール(コールの買い)/ロング・プット(プットの買い)/コールおよびプットの同時売買(ストラドル)/ショート・オプション/原資産ポジション
第4章 オプション取引の入門編に最適 プット・コール・パリティ
合成オプション/プット・コール・パリティの実例/他の合成オプション
第5章 オプションの組合せ(組合せオプション)
取引所(通貨オプション)戦略/OTC(通貨オプション)における戦略
第6章 オプション・プライシング
価格決定要因/ボラティリティ/本源的価値/時間的価値/価格表示の様式/価格付けのまとめ/〈翻訳者による第6章の追記〉/価格計算システム
第7章 オプション取引のリスク
デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ロー(もしくはファイ)/ラムダ/ベータ/オメガ/その他のリスク指標
第8章 オプション・ポートフォリオのヘッジとトレーディング
デルタ・ニュートラル・コンセプト/オプション・レプリケーション(複製)/ネイキッド・ヘッジ/ガンマ・ニュートラリティ(ガンマの中立化)/ガンマ対セータトレーディング/ボラティリティ・トレーディング/ローについて/権利行使期日に近づくことによる効果/オメガをヘッジする
第9章 店頭取引における市場慣行
ボラティリティのクォート/権利行使手続/その他の慣行
第10章 アクティブ・ポートフォリオのマネジメントとコントロール
デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ガンマ、ベガ、セータの総合管理/ローの管理/期日集中の管理/全体のブックサイズ/オプション料支払管理/日中管理(Intra-Day Control)/オメガ管理
第11章 日本における通貨オプション取引等に係る規制
Ⅰ 金融先物取引法時代
金融先物取引法の成立/金融ビッグバンと規制緩和/一般顧客を相手方とする店頭取引の台頭と規制範囲の拡大
Ⅱ 金融商品取引法下における規制
金融商品取引法の成立/金融商品取引法における基本的な行為規制/金融商品取引法の国際的適用範囲/通貨オプション取引等に係る主な金融商品取引法の改正
Ⅲ 自主規制団体による自主規制
一般社団法人金融先物取引業協会/自主規制規則等/通貨オプション取引等に係る主な自主規制等
Ⅳ 近年の動向等
第12章 通貨オプションに適用される契約条件
ロンドン・インターバンク通貨オプション市場(LICOM)用語集/国際通貨オプション市場(ICOM)用語集/国際スワップ・ディーラー協会(現国際スワップ・デリバティブ協会/ISDA)/市場の選好/基本契約書―その要旨/1997 International Currency Options Market(ICOM)Terms/市場慣行(Market practice)/ICOMで合意するべき特定の事項のリスト(Schedule of Certain Matters to be Agreed)/バリア・オプションの追加規定(The Barrier Option Addendum)/1997年版ICOMの影響(Impact of 1997 ICOM)/〈翻訳者による第12章の追記〉外国為替取引・外国為替系デリバティブ取引の契約書における二元体制の問題/ISDAマスター契約への統合と残された課題/1998 FX and Currency Option Definitionsの概要/Schedule Part6の概説/通貨オプション取引の分類/通貨オプション取引のコンファメーション
第13章 エキゾチック・オプションとその未来
バミューダ(ミッド・アトランティックまたはウィンドウ)・オプション/チューザー・オプション/パワー・オプション/コンパウンド・オプション/フォワード・スタート(ディレイド、ディファード・スタート)・オプション/アベレージ・レート(アジアン・AVRO)・オプション/バリア(トリガー)・オプション/デジタル(バイナリー、ベット)・オプション/コンティンジェント(ペイレイター)・オプション/ルックバック(オプティマル、ミニマム/マキシマム)・オプション/クリケット・オプション/ラダー(ラチェット)・オプション/シャウト・オプション/マルチファクター・オプション/未来を考える

オプションでの稼ぎ方!有利なのは”売り手”?”買い手”?

信用・デリバティブ

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

以前の記事で、オプションの Short “売り” は『利益限定、損失無限大』ということを解説しました。そうすると、取引ではみんなが Long “買い” に回るのでは?

記事が、タメになったと思われたら、 “SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励み になります。

オプション取引の利益

株式の取引でもそうですが、取引には必ず『売り手』『買い手』がいます。

オプションの Short “売り” は『利益限定、損失無限大』 ということを解説しました。そうすると、取引ではみんなが Long “買い” 側に回りたがるのでは?と言う疑問が出てきます。

時間的価値

満期日までの残存期間が長い物が『時間的価値』“高く” なります。
わかりやすく理由を言うと、 「残存期間が長い売り手側が損失を起こす可能性が高くなるため、プレミアム価格が高くなる」 という事になります。

ただし、定められた満期日に対して、残存期間は日々短くなります。そのため、 「時間的価値」は減っていきます 。(Time decay)

つまり、買い手側は 他の条件が時間経過によって変化しなければ満期日に近づくにつれて、売値が下がる」 という事になります。(B地点の方が価格が低くなります)

すなわち、過去に遡ることができない以上、 オプション取引は売り手側( Short )が有利な取引 となります。

取引の現実

PutShort(売り)は、Call のShortより一般的でありません。そのため、特に OMT 〔1〕 のPutはプレミアムが非常に高くなる 傾向があります。

PutCall で多くの利益が出た数も数多くありますが、オプションが無価値で満期日を迎えるオプションがより多くあります。一部の専門家は市場に参加する個人投資家の85%は損をしていると推測しています。

オプションの購入は 『市場の方向感』『タイミング』『行使価格の選択』が適切でないと、利益が生まれません 。

〔1〕 OTM:アウト・オブ・ザ・マネー(Out of the money) 権利行使を行った場合の損益がマイナスの状態

多くの投資家が利益を稼ぐ方法

ほとんどのオプションが満期日を迎えるため、 コールの売り手は通常利益を獲得できます 。しかし、市場が大きく動く時には損失が巨額となってしまいます。

そのため、コールの売り手側は 原資産を保有している手法を取ります 。これを “オーバーライト”“カバード・コール” と呼ばれています。

それでもPutを買う理由

そのような時に、オプションの PutLong(買い)をいれると、損失が限定されます。そのため、損失が膨らんでくる恐怖から心を守ることが可能となります。

また、人の恐怖は恐怖を生む暴落は、頻繁に発生しないため、その際に取引が出来るよう オプション取引についても慣れておく 必要があります。

記事が、タメになったと思われたら、 “SNS”“リンク” で紹介して頂けると今後の励み になります。

バイナリーオプション初心者向けのおすすめ業者ランキング決定版

バイナリーオプション初心者向け情報

バイナリーオプション初心者向け第4位に、選ばせて頂いた、ファイブスターズマーケッツ
ファイブスターズマーケッツは、バイナリーオプション初心者向けに様々なサービスを展開していて、信頼性も高く成ってきている。先日、ファイブスターズオプションから名前を変えてファイブスターズマーケッツとしてリニューアル。今後新たな展開を見せていくファイブスターズマーケッツの口座は今のうちから開設して置く事で、今後、高いペイアウトでの取引を体験できるチャンスがくるかもしれません。

バイナリーオプション初心者に教える正しい業者の選び方

信用あるバイナリーオプションの業者選び

【資金5千円以下】低リスクなバイナリーオプションの始め方ガイド

バイナリーオプションの始め方

バイナリーオプション初心者はしっかりと業者を比較しよう

バイナリー先生

海外バイナリーオプション業者の比較ランキングがひと目で分かる!

海外バイナリーオプション業者についてまとめ

国内のバイナリーオプション5社を徹底比較!業界の事が全て分かる

国内バイナリー

バイナリーオプション初心者は信頼できる業者を選ぶ事が重要

海外バイナリーオプション業者でライセンスを取得している安心業者

海外バイナリーオプション金融ライセンス

バイナリー先生

バイナリーオプション初心者は口座を持つ前にペイアウト率をチェックしよう

バイナリーオプション初心者の方はデモ取引から始めよう

【2019年最新】バイナリーオプションのデモトレードができる海外・国内業者を紹介

バイナリーオプションデモができる業者について

バイナリーオプション初心者は少額からエントリーしよう

バイナリーオプション初心者の勝ち方!勝率の高い取引は?

バイナリーオプション初心者へ

①バイナリーオプション初心者にも人気な短期取引

バイナリーオプション短期とハイロー取引比較

②短期取引ばかりでなく10分取引にも注目

バイナリーオプションは短期より10分取引

バイナリーオプションの取引をやってみたので参考にしてみてください

バイナリーオプション取引結果


バイナリーオプション初心者の為に、今回取引結果として紹介した記事をご紹介致します。
バイナリーオプション業者を私が比較した結果、ハイローオーストラリアという業者を利用し、取引を開始、その際のバイナリーオプション取引の様子をまとめています。

バイナリーオプション初心者向けの攻略・戦略

バイナリーオプション初心者の方向けにおすすめ業者と戦略


バイナリーオプション初心者向けに、バイナリーオプションを利用する際の必見情報と、リスクについての情報を紹介させて頂きました。バイナリーオプションを利用する上で、バイナリーオプションのメリット、デメリットは比較し、知っておいた方がいいですし、初心者の方なら、尚更必要な比較情報になると思います。

バイナリーオプションは、ご自身で用意された資金を使って取引をする訳ですから、できるだけ、損失をさけたいという意見は、皆さん同じだと感じています。
バイナリーオプション初心者の方が、余計な損失を無くし、良質な取引を楽しむ為にも是非、読んで頂きたい記事となります。
参照元:バイナリーオプションの正しい戦略の立て方を学び取引しよう

通貨オプション入門

通貨オプション入門

◆数式を使わずに通貨オプションの価格メカニズム、トレーディング手法を完全理解。本書を読めば、グリークス(オプション価格に影響を与える諸要素を表すギリシャ文字)はもう怖くありません。プットとコールとフォワードがどのような関係にあるかも明快に理解できます。 オプション取引の入門編に最適
◆複雑な合成オプション、エキゾチックと呼ばれる特殊な条件がついたオプションについても、具体的な取引例と図表を使ってていねいに解説します。本書は、マーケットで取引されている合成オプション、エキゾチックのほぼすべてを網羅しています。
◆リスク管理、契約書実務も徹底解説。現在では古くなった原著の記述については、監訳者が補足的な解説を付すことで、マーケット参加者にとって利用しやすいものになっています。本書は、新たに通貨オプションの取引にかかわる人にとって最適な、信頼性の高い教科書です。

第1章 基本
定義/プレミアム(オプション料)/コールとプット/権利行使/オプション・タイプ/権利行使価格(ストライク・プライス)/本源的価値
第2章 マーケット
店頭取引(OTC取引)
第3章 オプションの特性
外国為替ポジション/ロング・コール(コールの買い)/ロング・プット(プットの買い)/コールおよびプットの同時売買(ストラドル)/ショート・オプション/原資産ポジション
第4章 プット・コール・パリティ
合成オプション/プット・コール・パリティの実例/他の合成オプション
第5章 オプションの組合せ(組合せオプション)
取引所(通貨オプション)戦略/OTC(通貨オプション)における戦略
第6章 オプション・プライシング
価格決定要因/ボラティリティ/本源的価値/時間的価値/価格表示の様式/価格付けのまとめ/〈翻訳者による第6章の追記〉/価格計算システム
第7章 オプション取引のリスク オプション取引の入門編に最適
デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ロー(もしくはファイ)/ラムダ/ベータ/オメガ/その他のリスク指標
第8章 オプション・ポートフォリオのヘッジとトレーディング
デルタ・ニュートラル・コンセプト/オプション・レプリケーション(複製)/ネイキッド・ヘッジ/ガンマ・ニュートラリティ(ガンマの中立化)/ガンマ対セータトレーディング/ボラティリティ・トレーディング/ローについて/権利行使期日に近づくことによる効果/オメガをヘッジする
第9章 店頭取引における市場慣行
ボラティリティのクォート/権利行使手続/その他の慣行
第10章 アクティブ・ポートフォリオのマネジメントとコントロール
デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ガンマ、ベガ、セータの総合管理/ローの管理/期日集中の管理/全体のブックサイズ/オプション料支払管理/日中管理(Intra-Day オプション取引の入門編に最適 Control)/オメガ管理
第11章 日本における通貨オプション取引等に係る規制
Ⅰ 金融先物取引法時代
金融先物取引法の成立/金融ビッグバンと規制緩和/一般顧客を相手方とする店頭取引の台頭と規制範囲の拡大
Ⅱ 金融商品取引法下における規制
金融商品取引法の成立/金融商品取引法における基本的な行為規制/金融商品取引法の国際的適用範囲/通貨オプション取引等に係る主な金融商品取引法の改正
Ⅲ 自主規制団体による自主規制
一般社団法人金融先物取引業協会/自主規制規則等/通貨オプション取引等に係る主な自主規制等
Ⅳ 近年の動向等
第12章 通貨オプションに適用される契約条件
ロンドン・インターバンク通貨オプション市場(LICOM)用語集/国際通貨オプション市場(ICOM)用語集/国際スワップ・ディーラー協会(現国際スワップ・デリバティブ協会/ISDA)/市場の選好/基本契約書―その要旨/1997 International Currency Options Market(ICOM)Terms/市場慣行(Market practice)/ICOMで合意するべき特定の事項のリスト(Schedule of Certain Matters to be Agreed)/バリア・オプションの追加規定(The Barrier Option Addendum)/1997年版ICOMの影響(Impact of 1997 ICOM)/〈翻訳者による第12章の追記〉外国為替取引・外国為替系デリバティブ取引の契約書における二元体制の問題/ISDAマスター契約への統合と残された課題/1998 FX and Currency Option Definitionsの概要/Schedule Part6の概説/通貨オプション取引の分類/通貨オプション取引のコンファメーション
第13章 エキゾチック・オプションとその未来
バミューダ(ミッド・アトランティックまたはウィンドウ)・オプション/チューザー・オプション/パワー・オプション/コンパウンド・オプション/フォワード・スタート(ディレイド、ディファード・スタート)・オプション/アベレージ・レート(アジアン・AVRO)・オプション/バリア(トリガー)・オプション/デジタル(バイナリー、ベット)・オプション/コンティンジェント(ペイレイター)・オプション/ルックバック(オプティマル、ミニマム/マキシマム)・オプション/クリケット・オプション/ラダー(ラチェット)・オプション/シャウト・オプション/マルチファクター・オプション/未来を考える

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる