FXビギナーズガイド

逆三尊よりもダブルトップ

逆三尊よりもダブルトップ

上記の図のように上昇トレンドの天井圏で、2つの山を作るような形状になります。ネックラインを抜けることにより、ダブルトップとして判断できるようになります。

ヘッドアンドショルダー、三尊(逆三尊)

headandshoulder

【ヘッド・アンド・ショルダーズ(三尊)】

1、上昇トレンドの中一つ目の山(レフトショルダー/左肩)を作ります。
2、一度値を下げた後、一つ目の山(レフトショルダー/左肩)を超えて新高値をつけ二つ目の山(ヘッド/頭)を作ります。
3、値を前回の安値近くまで下げた後、三つ目の山(ライトショルダー/右肩)を作ります。
4、二回値を下げた値を結んだライン(ネックライン)をブレイクしてチャートパターンが完成します。

headandshoulder bottom

【ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム(逆三尊)】

ヘッドアンドショルダーは有名なチャートパターンなので多くのトレーダーが意識をしているチャートパターンです。そのためネックラインを割れると値に勢いがつきやすくなっています。
ヘッドアンドショルダーがチャートパターンとして多くのトレーダーに認識されているのは確かですが、実際の勝率や相場での有効性はあまりデータとして残っていません。 逆三尊よりもダブルトップ チャートパターンというのは勝率100%ということはありえない ので、三尊型(逆三尊型)に沿ってトレードすれば100%勝つなんてことも当然ありません。実践で使うには利益確定と損切りと勝率の裏付けが必要です。そこでドル円の月足限定で過去のチャートからヘッドアンドショルダーに該当するチャートを抜き出して分析してみました。

・期間は1996年~2015年の20年間を対象にしています。
・エントリールール:ヘッドアンドショルダーネックラインブレイク
・損切り:ライトショルダーの値
・利益確定:ヘッドとネックラインの値幅

【1998年8月高値ドル円月足】 結果:損切り 約1700pips

【1999年11月安値ドル円月足】 結果:損切り 約1200pips

【2002年1月高値ドル円月足】 結果:利益確定 約2000pips

【2011年10月高値ドル円月足】 結果:利益確定 約1000pips

月足の中で三尊型と認識できたチャートパターンは主に4回ありました。その時の各トレード結果は上の通りです。 勝率は50% 合計のpips数ではわずかながら 約100pipsのプラス となりました。データがあまりにも少ないのでこれをもってヘッドアンドショルダーの有効性を見るのは難しいですが、有名なチャートパターンだけあってトレードにおけるエッジはありそうです。条件をもっと詰めて日足や時間足でデータをとっていけばより実践で使える手法となると思います。

2016年に入ってドル円は月足のヘッドアンドショルダーのネックラインをブレイクしています。ヘッドとネックラインの値幅では 約10円の106円ラインが目標 となっています。今回のトレード結果はどうなるかはまだわかりませんが、今後の行方には注目しておきたいと思います。

海外バイナリーオプション攻略検証サイト、ロゴ

まとめ : 過去チャートの検証など練習が必要だが方向転換のタイミングが分かるので利益を出す最大のチャンス

三尊を使った攻略法をするのにおすすめのバイナリー業者

そして三尊を使った攻略法をするのにおすすめのバイナリーオプション業者はペイアウト率最大2.30倍の ハイローオーストラリア 逆三尊よりもダブルトップ です。

三尊を使ってハイローオーストラリアを攻略してみる

海外バイナリーオプション業者ハイローオーストラリアのWEBサイト画像

当サイトで検証した攻略法を使って稼げている業者ランキング

1位:ハイローオーストラリア

ペイアウト2.3倍(払い出し2.3倍)のスプレッド取引が大人気! 短期取引で大きく稼ぐ事が可能です!
おすすめの理由は高ペイアウト率ももちろんですが、翌日出金が可能な点と 5,000円から始められる 逆三尊よりもダブルトップ 点、 初回入金で5,000円のボーナスを貰える 点も人気の秘訣。
当サイトでも実際に検証し、1番利益を出せているおすすめの業者です。

2位:ザオプション

3位:ゼン・トレーダー

4位:ファイブスターズマーケッツ

当サイトおすすめの勝率が高い攻略法

【動画あり】勝率70%以上!ハイローで安定して利益を出す「RSIの線に触れるだけ」必勝法。

高ペイアウト!ハイローオーストラリアの30秒ターボ取引攻略法を紹介。

複数の条件が重なった時にのみ取引すればハイロー5分取引は完全攻略できる。

バイナリーを始めるのにおすすめ業者

バイナリー業者一覧/利益ランキング

勝率: 82.3%
利益: +5,098,950円

勝率: 79.9%
利益: +1,418,371円

勝率: 73.33%
利益: +89,540円

勝率: 70.2%
利益: +1,353,873円

海外FX業者一覧

勝率70%以上!オススメ攻略記事

期間限定!お得なキャンペーン情報

気になる情報を今すぐチェック

目次-クリックで飛べます-

海外バイナリーオプション攻略検証サイト、ロゴ

サイト情報

コンテンツ

攻略検証体験談

経済情報サイト

金融ライセンス発行機関

当サイトに掲載しているバイナリーオプション業者一覧

theoption

このサイトでは海外バイナリーオプションを中心に体験・攻略・必勝法を初心者にわかりやすくをモットーに情報を掲載しています。
Copyright © 2013-2022 逆三尊よりもダブルトップ 海外バイナリーオプション攻略検証サイト All Rights Reserved.

ダブルトップの見つけ方とエントリー方法

ダブルトップ基本形


上記の図のように上昇トレンドの天井圏で、2つの山を作るような形状になります。ネックラインを抜けることにより、ダブルトップとして判断できるようになります。

ダブルトップのエントリー方法

ダブルトップのエントリー方法

ダブルトップはネックラインを抜けて初めてダブルトップとして認識されます。つまり抜けることによってトレンド転換と判断されますね。よってエントリー方法としては、ネックラインを抜けてからの戻り売りが有効となります。

エントリールール

ダブルトップのダマシ

よくあるダブルトップのダマシですが、2つの山の高さが異なる場合です。

上記の図のような場合は、高さの違うダブルトップとして認識して戻り売りが成功するパターンとなります。しかし下の図を見てください。

ダブルトップではなく、上昇フラッグを作りに行く場合もあります。ここは天井ではなく、もっと上昇勢いが強いということですね。よって高さの違うダブルトップの場合は、上昇フラッグの形成も意識して監視することが重要となります。

ダブルトップまとめ

FXで「待つ」ための最強冊子

それは、 相場を対局的に俯瞰できていないから という事がルールを守れない大きな理由です。
勝てる相場のみで勝負しないと絶対に最終的に勝てません。負ける相場ももちろんありますが、トータルで利益が残るトレードが重要です。

私は、こちらの書籍で概念を理解しました。とても参考になる書籍で 100円でお手元に届きます 。大衆心理を利用し、移動平均線と水平線を使用してトレードすることによって勝てる相場が理解できるうようになりました。

稼ぎ続ける人だけが知っている一生使いたいトレード理論

勝ち組のメンバーを増やし、オフ会や勉強会開催に向けて

このサイトを参考にして頂いたり、気付きになった人などFXでの収入で自立した人生を送る方を広く募集します。 FXは孤独です。 少しでも「悩み」「不安」を解消できるような仕組みを作り、あなたのトレード技術の向上になるようなサイト情報の公開とオフ会を実施します。 FXの勉強会やオフ会交流会などを開催していく為ブログランキングに参加することになりました。

この記事や当サイトがあなたの少しでもお役に立ちましたら、すぐ下にあるブログバナー(2個)クリックお願いしますm(__)m
それぞれ「 Ctrl 」キー を押しながらクリックしていただくと別ページで表示されます。

厳選7種のチャートパターンを活用したFXのエントリー方法【事例付き】

fxチャートパターン

相場には「売り方」と「買い方」がありますが、どちらも新規で注文をすることによって、ポジションを持ちます。そして必ずどこかで決済します。この決済には「利益確定」か「損切り」しかありません(建値決済は損切りに入ります)。つまり市場参加者(トレーダー)は 新規注文と決済を繰り返している わけです。それならばどこの価格帯に注文が集中しているかの推測が立てばトレード計画が立てやすくなると思いませんか?その判断材料の一つとしてパターンがあります。ここでは反転パターンであるヘッド&ショルダーを例に解説していきます。まず、サポートライン、もしくはレジスタンスラインが絡んでいることがパターン形成の大前提としてあるので注意してください。

チャートパターンのメカニズム

②は押し目を付けた事で「買いポジション」を持ったグループです。

③は押し安値を守った事で「買いポジション」を持ったグループです。または、①と②のグループの中から増し玉で「買いポジション」を持ったグループです。

①のグループは高値更新をするたびに決済ラインをトレーリングしてきます。そうすると前回高値を付けた緑ラインAから、最高値を付けた緑ラインBの下に決済ラインが来ます。さらに通常押し目買いをした人たちは少し下に損切り注文を入れているので、②と③のグループもラインBの下に決済ラインが来ます。それぞれ「買いポジション」を持った理由は違いますが、損切りの位置はラインBの下付近で集中し、かなり近い事が推測できます。

そして④は高値切り下げと安値更新するポイントであり、押し安値を切る事でトレンド転換を示唆するものであることから、新規の売り注文がたくさん入っています。結果4つのグループの 売り注文が集中することになり、ネックラインであるラインBを下回れば売り方が有利になる と判断できます。これがヘッド&ショルダーのネックラインを切ったら反転する確率が高いと言われる理由になります。考え方は他のパターンでも同じになります。

2-2.ラインがあってのチャートパターン

実は、チャート上からパターンを探すといくらでも出てきます。それもそのはずでチャートパターンは個人の自由で認識できるわけですから、個人の見方の数だけあるとも言えます。しかしチャートパターンが形成されたからと言って、常に相場がパターン通りに動くわけではありません。 チャートパターンが完成したらパターン通りに機能しやすいエリア が存在します。それが レジスタンスラインサポートライン です。2-1の章で気づいた人もいるかも知れませんが、ライン周辺は世界中のトレーダー達の注文が特に集中している、またはエントリーや決済を検討しているポイントでもあります。言い方を変えるとレジスタンスライン周辺には売りを考えている勢力が多く、サポートライン周辺には買いを考えている勢力が多いと言うことになります。従って反転する可能性も高いですが、一度ラインを抜けると抜けた方向へ一気に相場が動きやすくなる可能性も高くなります。この注文が集中していると思われるエリアでチャートパターンが形成された時の方が、そうでないエリアよりもパターン通りに機能する可能性が高くなります。従ってチャートパターンは、ラインに対してのプライスアクションの有無を判断するツール(道具)と言う考え方をしていきます。

3.チャートパターンを利用したエントリー方法

3-1.ダブルトップ・ダブルボトムの場合

エントリー例4 エントリー例5

3-2.ヘッド&ショルダー・逆ヘッド&ショルダーの場合

エントリー例6

3-3.ボックス圏・ペナントの場合

エントリー例10 エントリー例11

3-4.N字の場合

エントリー例12

共通している点はチャートパターンを完成させた、またはブレイクした ローソク足の終値が確定してからエントリーをする と言う点です。そして サポートラインまたはレジスタンスラインに対してのプライスアクションになっている と言う事です。このようにチャートパターンが認識できるようになると、エントリータイミングが分かるようになります。

ここでは比較的分かりやすいパターンに絞って紹介してきましたが、あくまでも チャートパターンはエントリーのきっかけの一つ に過ぎず、大事なのは エントリーに至るまでの背景 です。ここで言う背景とは、「長期足から短期足までの複数のタイムフレームで相場環境を分析し、トレンドが出ている方向へエントリーを検討して、待ち伏せしていたサポレジラインでプライスアクションが起きるのを監視する」と言う事になります。チャートパターンを始め、チャートから読み取れる情報を最大限活用することが安定的に勝てるトレードに繋がっていきます。チャートからパターンを認識することに慣れてきたら、チャートパターン形成の根拠となる環境認識も身に着ける事をお勧めします(FXで安定的な「勝ち」を手に入れるために勉強すべき4つのポイント)。

ヘッドアンドショルダー、三尊(逆三尊)

headandshoulder

【ヘッド・アンド・ショルダーズ(三尊)】

1、上昇トレンドの中一つ目の山(レフトショルダー/左肩)を作ります。
2、一度値を下げた後、一つ目の山(レフトショルダー/左肩)を超えて新高値をつけ二つ目の山(ヘッド/頭)を作ります。
3、値を前回の安値近くまで下げた後、三つ目の山(ライトショルダー/右肩)を作ります。
4、二回値を下げた値を結んだライン(ネックライン)をブレイクしてチャートパターンが完成します。

headandshoulder bottom

【ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム(逆三尊)】

ヘッドアンドショルダーは有名なチャートパターンなので多くのトレーダーが意識をしているチャートパターンです。そのためネックラインを割れると値に勢いがつきやすくなっています。
ヘッドアンドショルダーがチャートパターンとして多くのトレーダーに認識されているのは確かですが、実際の勝率や相場での有効性はあまりデータとして残っていません。 チャートパターンというのは勝率100%ということはありえない ので、三尊型(逆三尊型)に沿ってトレードすれば100%勝つなんてことも当然ありません。実践で使うには利益確定と損切りと勝率の裏付けが必要です。そこでドル円の月足限定で過去のチャートからヘッドアンドショルダーに該当するチャートを抜き出して分析してみました。

・期間は1996年~2015年の20年間を対象にしています。
・エントリールール:ヘッドアンドショルダーネックラインブレイク
・損切り:ライトショルダーの値
・利益確定:ヘッドとネックラインの値幅

【1998年8月高値ドル円月足】 結果:損切り 約1700pips

【1999年11月安値ドル円月足】 結果:損切り 約1200pips

【2002年1月高値ドル円月足】 結果:利益確定 約2000pips

【2011年10月高値ドル円月足】 結果:利益確定 約1000pips

月足の中で三尊型と認識できたチャートパターンは主に4回ありました。その時の各トレード結果は上の通りです。 勝率は50% 合計のpips数ではわずかながら 約100pipsのプラス となりました。データがあまりにも少ないのでこれをもってヘッドアンドショルダーの有効性を見るのは難しいですが、有名なチャートパターンだけあってトレードにおけるエッジはありそうです。条件をもっと詰めて日足や時間足でデータをとっていけばより実践で使える手法となると思います。

2016年に入ってドル円は月足のヘッドアンドショルダーのネックラインをブレイクしています。ヘッドとネックラインの値幅では 約10円の106円ラインが目標 となっています。今回のトレード結果はどうなるかはまだわかりませんが、今後の行方には注目しておきたいと思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる