FXのおすすめ勉強法

株式投資の勉強の仕方は

株式投資の勉強の仕方は
20代…47人/30代…117人/40代…132人/50代…101人/60代…92人/70代…53人/80代…4人

学校でお金の勉強が始まる前に! ゲームを使って親子でお金の勉強をしてみよう

資産形成の方法には預貯金、投資、保険などさまざまなものがありますが、金融機関の窓口等で説明を受けてもよくわからないと感じる人は少なくないようです。学校の勉強のように、もっと若い頃からお金の勉強をしておけば良かったと思う人も多いかも知れません。
実は 2020年度以降、子ども達が学校でお金の勉強を始めることをご存じでしょうか 。教科書の内容について、子どもから質問されても答えられるように、親もお金の勉強をしっかりしておきたいものです。
でも難しく考えなくても大丈夫。 親子で一緒に遊びながら、お金の使い方や投資感覚を自然に身につけられるよう、ゲームを活用して一緒に学ぶというアイデアはいかがでしょうか 。

生きる力を育むために子ども達が学ぶお金のこと

文部科学省が策定している学習指導要領が改訂され、2020年度から学校教育で「生きる力」を育むための学習内容へと、教育の充実が図られます。小・中・高の段階ごとに新たな学習内容と開始時期は異なりますが、 次期学習指導要領には生きていくために欠かせない「お金の教育」も含まれています 。 *1

お金に関して子ども達がどんなことを学ぶのか、次期学習指導要領 *2 を一部覗いてみましょう。

親のお金行動を見直してみよう

生きる力を育むことは、厳しい時代に生きていくことが予想される子ども達にとってとても大切です。
たとえば、投資のリスクを恐れて充分な資産形成ができずにただ不安になるだけの人もいるかもしれません。そんなパパ・ママの様子を見た子どもに指摘されないように、 親自身がまずお金の使い方、管理の仕方を見直してみましょう 。

親子でお金のゲームをしてみよう

たとえば、 モノポリー というゲーム。これは世界中の老若男女に楽しまれているゲームのひとつで、1934年にアメリカで量産されたのが始まりです。ゲームとして100年以上の歴史がありますが、その原型は1903年に作成されたとされており、ゲームとして発売される前までは経済学・経営学の教材であったとも言われています 株式投資の勉強の仕方は *3 。

振ったサイコロの出た目によって土地を購入できるかどうかが決まるため、チャンスに恵まれるかどうかといった要素もありますが、購入の意思決定をするのは自分自身。 現実社会の中でも意義あるお金の使い方をすることや、投資の意思決定をするためには資産状況や収支を把握することが大切ですから、遊びながらこうした金銭感覚を身につけられれば役立つことが多そうですね 。何よりも、所有資産の増減によってハラハラ、ドキドキしてしまう心理の動きも体得できそうなのが面白いのかもしれません。たかがゲーム、されどゲームです。

親が子どもに教えてあげたいリスク管理

低金利が続く現在のような経済環境の中でお金に困らず長い人生を過ごすためには、子どもと一緒にお金のゲームで遊ぶだけでなく、 投資に興味をもち実際にチャレンジしてみることも大切 でしょう。

資産運用とは?初心者向けのおすすめ投資や失敗しないためのポイントを解説

20代…47人/30代…117人/40代…132人/50代…101人/60代…92人/70代…53人/80代…4人

年代別に聞く「資産運用」について

20代の資産運用

  • 不動産投資をしています。前職の友人から誘われ、節税対策と年金対策になるとおすすめされたので。(男性)
  • コロナショックで株がバーゲンセール状態になったのをきっかけに、貯金100%から投信90%にアロケーション(分配)が変わり、本格的にFIRE(早期リタイア)を意識するようになりました。(男性)
  • iDeCoと積立NISA、ポイントの投資で運用しています。現金の貯金だけでは全然貯まらないので数年後のための貯蓄と老後のために開設しました。(女性)

30代の資産運用

    株式投資の勉強の仕方は
  • 投資信託を積立でやっています。積立NISAがきっかけ。(男性)
  • 株、投資信託、暗号資産に少額投資している。きっかけは会社でDC(確定拠出年金)を運用することになっていろいろ調べたこと。(男性)
  • 個人向け国債(キャンペーン目的)と、つみたてNISA、ポイント投資。貯蓄が2000万円以上貯まったことと、利息の低すぎる定期預金に見切りをつけたから。(女性)
  • つみたてNISAに興味を持ったので。(女性)

40代の資産運用

  • iDeCoをしています。iDeCoは所得税の還付がメインの狙いです。(男性)
  • レバレッジを利かせられることを機に、不動産投資を続けている。(男性)
  • 国内株式と、つみたてNISAをしています。少額から始められると知ったので。(女性)
  • NISA、投資信託、iDeCo。貯蓄は昔に比べて利子が少なすぎるから。(女性)

50代の資産運用

  • 日本株とアメリカETF投信の積み立てをやっています。パソコンの普及とネット証券会社で投資環境が便利になったからです、今定期で100万預けても年に20円ですから……。(男性)
  • オーストラリアドルにしてそれを貸し出して年2回の報酬を頂くみたいなのがきっかけでした。銀行からもらう利息とは比較にならないほどの配当をいただいて驚いたことを思い出します。(男性)
  • 20代半ばで、まずは当時の利率がよかった中国ファンド、MMFからスタート。その後株、投信、リート、為替、いろいろしています。きっかけは、投資に興味をもったから。単に利益だけというより、社会の仕組みを学べるし興味の範囲が広がるのでよいと思います。(女性)
  • 何社か株を持っています。株主優待券があると無料で外食できると聞いたので。(女性)

60代の資産運用

  • 事業所閉鎖で退職金を貰い株価が下がった時に魅力的な会社を買い始めた。ちょうどコロナ禍の今のような状態の時ですね。(男性)
  • 資産運用と節税対策を目的に401K(確定拠出年金)やNISAを活用している。(男性)
  • 株は買っていますが株主優待券狙いなので、あまり売買していません。(女性)
  • 退職金で投資信託を始めました。それまでは知識もなく怖いものだと思っていました。今も知識はありませんが、担当の人と相談しながら無理のない範囲でしています。もっと若いころに小額からでも始めておけばよかったかなと思っています。(女性)

70代以上の資産運用

  • 銀行預金の金利があまりにも安くなったので、証券会社から勧誘されたのをきっかけに投資信託を始めた。安定成長を方針にそこそこの利益をあげている。(男性)
  • 定年退職後、退職金の一部で国内株式への投資を始めました。家のローンとか退職金で清算できて定期の利率も高くなかったので、安定性があり配当も期待できる株式を中心に投資しました。(男性)
  • 10年前から運用をしています。長期をにらんだ投資信託と売買益を目的にした日本株の2通りでやっています。老後資金の確保を目的に始めましたが、最近は投資に関してのいろいろな勉強もおもしろくて毎日を楽しんでいます。(男性)
  • 株式投資をしています。きっかけは、勤めていた時に「担当企業の株を買って、財務内容を勉強しなさい」と言われ、購入した株がたまたま値上がりして「濡れ手で粟」を経験したからです。(女性)

資産運用にはどのような種類があるの?

資産運用の種類別「リスクとリターンマップ」

リスク(危険性)が高いものほどリターン(利益)が大きくなります

現代人が学びたいのは渋沢栄一の「多様性を重んじ、選択肢を生み出す姿勢」


NHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公であり、新1万円札の顔になることでも注目されている渋沢栄一。「近代日本資本主義の父」とも呼ばれる渋沢の凄さを知るため、日本の経済史に詳しい、経済学者の横山和輝(よこやま・かずき)先生にインタビュー。後編では、渋沢栄一の人物像や思想を掘り下げ、その生き様から、現代を生きる私たちが学ぶべきヒントを探ります。

500社以上の会社設立に携わった渋沢の“傾聴力”

――前編では、明治時代の金融システム構築に携わった渋沢について伺いました。後編では、保険会社、ホテルなど500以上の企業の設立に関わったベンチャーキャピタリストとしての顔について伺えればと思います。横山先生は、実業家・渋沢栄一の凄さを、どう考察されますか?

――その姿勢の背景には、何か理念があったのでしょうか。

横山:彼は、特定の人だけが儲かる状況をよしとせず、「多くの人が日本の産業化に参加し、経済発展の恩恵を受けられる社会にしたい」という理念がありました。そのため、経営者として事業の仕組みを作ったら、すぐに経営を別の人に譲り、気づくと別の会社の設立時に立会人として参加している、というように、まるで橋渡しするかのごとく企業を設立したように思えるケースもあります。渋沢は、自分の理念に従い、チャンスを独り占めしなかったんです。

――なんとも徳の高い人ですね。

――経営に携わるともなれば、理想やこだわりも強くなりそうですが、そうしたことに固執しなかったんですね。

横山:ただ、渋沢自身にこだわりがなかったわけではありません。たとえば、渋沢は「合本主義」という言葉で自分の理想を表していました。「資本主義」の考え方のベースが利潤追求だとすると、「合本主義」は利益追求と道徳は不可分だとみなすものです。そして、人々が合本主義のもとで、幸福に暮らしていくにはどうするべきか、という社会思想的な観点を持っていました。結果として、さまざまな人が経済活動に参加し、利潤追求と社会貢献を達成できるような基盤を作ることに専念したところに、彼の社会思想と行動力が見てとれます。

渋沢の献身的な姿勢を育んだ父母の存在

――ガツガツ稼ぎたい人も、仕事を通して社会貢献したい人も、それぞれがそれぞれの理想を叶えられる舞台を作ることに、こだわっていたんですね。ちなみに、渋沢は現1万円札の顔である福沢諭吉とは、ほぼ同年代(福沢が5歳年上)ですが、横山先生から見てどのような違いがありますか?

――かたや、渋沢はどのような考えだったのでしょうか?

この点については、勉強の機会を広げることに尽力した渋沢の功績は大きなものでした。たとえば、日本女子大学の設立など、女性が勉強できる環境を整えました。こうしたことから、福沢の思想とは違った視点で、日本経済を支えようとした意思を感じ取れます。

――渋沢のそうした考え方は、どのように育まれたと思われますか?

資産運用とは?初心者向けのおすすめ投資や失敗しないためのポイントを解説

20代…47人/30代…117人/40代…132人/50代…101人/60代…92人/70代…53人/80代…4人

年代別に聞く「資産運用」について

20代の資産運用

  • 不動産投資をしています。前職の友人から誘われ、節税対策と年金対策になるとおすすめされたので。(男性)
  • 株式投資の勉強の仕方は
  • コロナショックで株がバーゲンセール状態になったのをきっかけに、貯金100%から投信90%にアロケーション(分配)が変わり、本格的にFIRE(早期リタイア)を意識するようになりました。(男性)
  • iDeCoと積立NISA、ポイントの投資で運用しています。現金の貯金だけでは全然貯まらないので数年後のための貯蓄と老後のために開設しました。(女性)

30代の資産運用

  • 投資信託を積立でやっています。積立NISAがきっかけ。(男性)
  • 株、投資信託、暗号資産に少額投資している。きっかけは会社でDC(確定拠出年金)を運用することになっていろいろ調べたこと。(男性)
  • 個人向け国債(キャンペーン目的)と、つみたてNISA、ポイント投資。貯蓄が2000万円以上貯まったことと、利息の低すぎる定期預金に見切りをつけたから。(女性)
  • つみたてNISAに興味を持ったので。(女性)

40代の資産運用

  • iDeCoをしています。iDeCoは所得税の還付がメインの狙いです。(男性)
  • レバレッジを利かせられることを機に、不動産投資を続けている。(男性)
  • 国内株式と、つみたてNISAをしています。少額から始められると知ったので。(女性)
  • NISA、投資信託、iDeCo。貯蓄は昔に比べて利子が少なすぎるから。(女性)

50代の資産運用

  • 日本株とアメリカETF投信の積み立てをやっています。パソコンの普及とネット証券会社で投資環境が便利になったからです、今定期で100万預けても年に20円ですから……。(男性)
  • オーストラリアドルにしてそれを貸し出して年2回の報酬を頂くみたいなのがきっかけでした。銀行からもらう利息とは比較にならないほどの配当をいただいて驚いたことを思い出します。(男性)
  • 20代半ばで、まずは当時の利率がよかった中国ファンド、MMFからスタート。その後株、投信、リート、為替、いろいろしています。きっかけは、投資に興味をもったから。単に利益だけというより、社会の仕組みを学べるし興味の範囲が広がるのでよいと思います。(女性)
  • 何社か株を持っています。株主優待券があると無料で外食できると聞いたので。(女性)

60代の資産運用

  • 事業所閉鎖で退職金を貰い株価が下がった時に魅力的な会社を買い始めた。ちょうどコロナ禍の今のような状態の時ですね。(男性)
  • 資産運用と節税対策を目的に401K(確定拠出年金)やNISAを活用している。(男性)
  • 株は買っていますが株主優待券狙いなので、あまり売買していません。(女性)
  • 退職金で投資信託を始めました。それまでは知識もなく怖いものだと思っていました。今も知識はありませんが、担当の人と相談しながら無理のない範囲でしています。もっと若いころに小額からでも始めておけばよかったかなと思っています。(女性)

70代以上の資産運用

  • 銀行預金の金利があまりにも安くなったので、証券会社から勧誘されたのをきっかけに投資信託を始めた。安定成長を方針にそこそこの利益をあげている。(男性)
  • 定年退職後、退職金の一部で国内株式への投資を始めました。家のローンとか退職金で清算できて定期の利率も高くなかったので、安定性があり配当も期待できる株式を中心に投資しました。(男性)
  • 10年前から運用をしています。長期をにらんだ投資信託と売買益を目的にした日本株の2通りでやっています。老後資金の確保を目的に始めましたが、最近は投資に関してのいろいろな勉強もおもしろくて毎日を楽しんでいます。(男性)
  • 株式投資をしています。きっかけは、勤めていた時に「担当企業の株を買って、財務内容を勉強しなさい」と言われ、購入した株がたまたま値上がりして「濡れ手で粟」を経験したからです。(女性)

資産運用にはどのような種類があるの?

資産運用の種類別「リスクとリターンマップ」

リスク(危険性)が高いものほどリターン(利益)が大きくなります

資産運用とは?初心者向けのおすすめ投資や失敗しないためのポイントを解説

20代…47人/30代…117人/40代…132人/50代…101人/60代…92人/70代…53人/80代…4人

年代別に聞く「資産運用」について

20代の資産運用

  • 不動産投資をしています。前職の友人から誘われ、節税対策と年金対策になるとおすすめされたので。(男性)
  • コロナショックで株がバーゲンセール状態になったのをきっかけに、貯金100%から投信90%にアロケーション(分配)が変わり、本格的にFIRE(早期リタイア)を意識するようになりました。(男性)
  • iDeCoと積立NISA、ポイントの投資で運用しています。現金の貯金だけでは全然貯まらないので数年後のための貯蓄と老後のために開設しました。(女性)

30代の資産運用

  • 投資信託を積立でやっています。積立NISAがきっかけ。(男性)
  • 株、投資信託、暗号資産に少額投資している。きっかけは会社でDC(確定拠出年金)を運用することになっていろいろ調べたこと。(男性)
  • 個人向け国債(キャンペーン目的)と、つみたてNISA、ポイント投資。貯蓄が2000万円以上貯まったことと、利息の低すぎる定期預金に見切りをつけたから。(女性)
  • つみたてNISAに興味を持ったので。(女性)

40代の資産運用

  • iDeCoをしています。iDeCoは所得税の還付がメインの狙いです。(男性)
  • レバレッジを利かせられることを機に、不動産投資を続けている。(男性)
  • 国内株式と、つみたてNISAをしています。少額から始められると知ったので。(女性)
  • NISA、投資信託、iDeCo。貯蓄は昔に比べて利子が少なすぎるから。(女性)

50代の資産運用

  • 日本株とアメリカETF投信の積み立てをやっています。パソコンの普及とネット証券会社で投資環境が便利になったからです、今定期で100万預けても年に20円ですから……。(男性)
  • オーストラリアドルにしてそれを貸し出して年2回の報酬を頂くみたいなのがきっかけでした。銀行からもらう利息とは比較にならないほどの配当をいただいて驚いたことを思い出します。(男性)
  • 20代半ばで、まずは当時の利率がよかった中国ファンド、MMFからスタート。その後株、投信、リート、為替、いろいろしています。きっかけは、投資に興味をもったから。単に利益だけというより、社会の仕組みを学べるし興味の範囲が広がるのでよいと思います。(女性)
  • 何社か株を持っています。株主優待券があると無料で外食できると聞いたので。(女性)

60代の資産運用

  • 事業所閉鎖で退職金を貰い株価が下がった時に魅力的な会社を買い始めた。ちょうどコロナ禍の今のような状態の時ですね。(男性)
  • 資産運用と節税対策を目的に401K(確定拠出年金)やNISAを活用している。(男性)
  • 株は買っていますが株主優待券狙いなので、あまり売買していません。(女性)
  • 株式投資の勉強の仕方は
  • 退職金で投資信託を始めました。それまでは知識もなく怖いものだと思っていました。今も知識はありませんが、担当の人と相談しながら無理のない範囲でしています。もっと若いころに小額からでも始めておけばよかったかなと思っています。(女性)

70代以上の資産運用

  • 銀行預金の金利があまりにも安くなったので、証券会社から勧誘されたのをきっかけに投資信託を始めた。安定成長を方針にそこそこの利益をあげている。(男性)
  • 定年退職後、退職金の一部で国内株式への投資を始めました。家のローンとか退職金で清算できて定期の利率も高くなかったので、安定性があり配当も期待できる株式を中心に投資しました。(男性)
  • 10年前から運用をしています。長期をにらんだ投資信託と売買益を目的にした日本株の2通りでやっています。老後資金の確保を目的に始めましたが、最近は投資に関してのいろいろな勉強もおもしろくて毎日を楽しんでいます。(男性)
  • 株式投資をしています。きっかけは、勤めていた時に「担当企業の株を買って、財務内容を勉強しなさい」と言われ、購入した株がたまたま値上がりして「濡れ手で粟」を経験したからです。(女性)

資産運用にはどのような種類があるの?

資産運用の種類別「リスクとリターンマップ」

リスク(危険性)が高いものほどリターン(利益)が大きくなります

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる