FXの練習方法は

システムトレードのメリット

システムトレードのメリット
アプリで高機能チャート利用可!最短で1時間後に取引可能、LINEやAIチャットでの問い合わせなどサポートも充実

海外FX比較ランキング システムトレードの一番のメリット

近頃のシステムトレードを調査してみると、他の人が考案・作成した、「着実に収益を出し続けている売買ロジック」を基に自動売買が行なわれるようになっているものが非常に多くあるようです。
デモトレードを有効利用するのは、主にFX初心者の人だと考えられがちですが、FXのスペシャリストと言われる人も率先してデモトレードをやることがあると言います。例えば新たに考えだしたトレード手法のテストをする場合などです。
証拠金を担保にある通貨を買い、そのまま維持していることを「ポジションを持つ」と言うのです。その一方で、維持し続けている通貨を売却してしまうことを「ポジションの解消」と言うわけです。
システムトレードの一番のメリットは、全局面で感情が入る余地がない点だと言えるでしょう。裁量トレードをするとなると、間違いなく感情が取り引きに入ってしまうはずです。
FXにつきまして調べていきますと、MT4というキーワードを目にすると思います。MT4というのは、無料にて使うことが可能なFXソフトのネーミングで、高水準のチャートや自動売買機能が実装されている売買ツールです。

金利が高めの通貨だけを選択して、その後所有することでスワップポイントが受け取れるので、このスワップポイントという利益だけを目論んでFXをやる人も多いようです。
小さな額の証拠金によって大きな「売り買い」が認められるレバレッジではありますが、見込んでいる通りに値が進んでくれれば然るべき利益を手にできますが、反対になった場合は大きなマイナスを被ることになるわけです。
FX口座開設を完了しておけば、現実に「売り買い」を行なうことがなくてもチャートなどは閲覧することが可能ですから、「取り敢えずFXの勉強を開始したい」などと考えておられる方も、開設した方が賢明です。
初回入金額と言いますのは、FX口座開設が済んだ後に入金すべき最低必要金額を指します。最低金額の指定のない会社も見られますが、最低5万円というような金額指定をしている所も見受けられます。
トレードを始めたばかりの人であったら、困難だろうと感じるテクニカル分析なのですが、チャートの主要なパターンさえ理解してしまえば、値動きの判断が物凄く容易になります。

デモトレードの最初の段階ではFXに欠かせない証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数百万円単位の仮想通貨として入金されることになります。
ポジションに関しましては、「買いポジション」と「売りポジション」に類別されますが、このポジションというのは、売買した後、約定せずにその状態を継続している注文のことを意味します。
システムトレードというものは、人間の情緒や判断を敢えて無視するためのFX手法だと言えますが、そのルールを考案するのは人になるので、そのルールがずっと有効に機能するということはないと断言します。
トレードの戦略として、「一方向に振れるほんの数秒から数分の時間内に、少なくてもいいから利益をちゃんともぎ取る」というのがスキャルピングなのです。
「各FX会社が提供するサービスを調査する時間がそこまでない」と仰る方も少なくないでしょう。こうした方に活用いただく為に、それぞれが提供しているサービス内容でFX会社を比較し、ランキングの形でご紹介しております。

海外FX会社が仮想通貨

それぞれの海外FX会社が仮想通貨を利用しても海外FXデモトレード(仮想トレード)環境を一般公開しております。一銭もお金を投入することなく海外FXデモトレード(トレード練習)が可能ですので、進んで試してみてほしいと思います。
海外FX会社を比較する場合に確かめなければならないのは、取引条件になります。それぞれの海外FX会社で「スワップ金利」などが異なりますから、個人個人の投資に対する考え方に見合う海外FX会社を、比較の上選びましょう。
海外FX海外口座開設に付随する審査につきましては、専業主婦だったり大学生でも大概通っておりますから、度が過ぎる心配は不必要だと言い切れますが、大切な項目である「資産状況」や「投資経験」などは、絶対に注意を向けられます。
海外FXデモトレードと言われるのは、専用の通貨(仮想通貨)でトレードに挑戦することを言います。50万円など、ご自分で指定をした架空資金が入金されたデモ口座が持てるので、実際のトレードと同様の環境で練習することができます。
私の友人はほぼ海外FXデイトレードで売買をやっていたのですが、近頃はより収益が期待できる海外FXスイングトレード手法を採用して売買するようにしています。

海外FXデイトレードを進めていくにあたっては、どの通貨ペアでトレードするかも大切なのです。正直言いまして、大きく値が動く通貨ペアを選択しないと、海外FXデイトレードで利益を得ることは困難だと言ってもいいでしょう。
我が国と比べて、海外の銀行金利の方が高いので、スワップ金利が与えられるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXを行なった時に貰うことになるスワップ金利というわけです。
証拠金を振り込んでどこかの国の通貨を購入し、そのままキープしている状態のことを「ポジションを持つ」と言うわけです。反対に、キープし続けている通貨を売って手放すことを「ポジションの解消」と言うのです。
ここ最近の海外FXシステムトレードの内容をチェックしてみると、実績のあるプレーヤーが組み立てた、「一定レベル以上の利益をもたらしている売買ロジック」を土台として自動売買するようになっているものが目立ちます。 システムトレードのメリット
トレードを行なう一日の中で、為替が急激に変動する機会を見定めて取引するのが海外FXデイトレードなのです。スワップ収入を目標にするのではなく、一日という期間の中でトレードを重ね、着実に利益を手にするというトレード法だと言えます。

海外FX取引を行なう際に出てくるスワップと申しますのは、外貨預金でも付く「金利」だと思っていいでしょう。とは言うものの大きく異なる点があり、スワップという「金利」については「貰うばっかりではなく取られることもあり得る」のです。
海外FXシステムトレードでは、自動売買プログラムの設定によりテクニカルポイントに到達した時に、システムが必ず売買します。そうは言っても、自動売買プログラムに関しては人が選択することが必要です。
今日では、いずれの海外FX会社も売買手数料は取りませんが、それに代わるものとしてスプレッドがあり、それこそが現実の海外FX会社の利益なのです。
トレードをやったことがない人にとっては、ハードルが高すぎるだろうと言えるテクニカル分析ではありますが、チャートのポイントとなるパターンさえ理解してしまえば、値動きの判断が決定的に容易になること請け合いです。
テクニカル分析をする方法ということでは、大きく分類すると2種類あります。チャートに示された内容を「人が見た目で分析する」というものと、「パソコンがひとりでに分析する」というものになります。

デモトレードと称されるの

デモトレードと称されるのは、仮想の資金でトレードにトライすることを言うのです。150万円というような、あなた自身で決定した仮想のお金が入ったデモ口座が持てるので、本当のトレードのような環境で練習をすることが可能です。
FX会社それぞれに特色があり、良いところも悪いところもあるのが当たり前なので、新参者状態の人は、「どのFX業者でFX口座開設した方が賢明か?」などと困ってしまうのではないでしょうか?
ほとんどのFX会社が仮想通貨を使ってのデモトレード(仮想トレード)環境を一般に提供しております。ご自分のお金を投資せずに仮想トレード(デモトレード)が可能なので、先ずは試してみてほしいと思います。
レバレッジと呼ばれているものは、FXにおいて絶対と言っていいほど使用されるシステムだと思いますが、実際に投資に回せる資金以上の「売り買い」が可能なので、少々の証拠金で大きな儲けを出すこともできなくはないのです。
デイトレードに関しては、通貨ペアの選定も非常に大事です。はっきり申し上げて、変動のある通貨ペアの売買をしないと、デイトレードで利益を得ることは殆ど無理です。

デイトレードの優れた点と申しますと、翌日まで保持することなく必須条件として全ポジションを決済するわけですから、その日の内に成果がつかめるということだと感じています。
FX口座開設の申し込み手続きを踏み、審査に合格したら「ログイン用のIDとPW」が送られてくるというのが基本的な流れですが、特定のFX会社は電話を使って「リスク確認」を行なっているようです。
スキャルピングは、短い時間の値動きを利用するということが前提ですから、値動きが確実にあることと、売買の回数が結構な数になりますので、取引に掛かる経費が少ない通貨ペアを選択することが大事だと考えます。
トレードの一手法として、「為替が一つの方向に振れる一定の時間内に、僅かでもいいから利益をしっかり掴みとろう」というのがスキャルピングというトレード法になります。
ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類があるわけですが、このポジションと申しますのは、「買い」または「売り」をしたまま、約定することなくその状態を継続している注文のことなのです。

スプレッド(≒手数料)については、別の金融商品と照合すると超格安です。正直申し上げて、株式投資などは100万円以上の取り引きをしますと、1000円程度は売買手数料を搾取されます。
デモトレードをこれから始めるという段階では、FXに必須の証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数百万円単位の仮想マネーとして入金されるわけです。
FX関連用語であるポジションと言いますのは、所定の証拠金を口座に送金して、カナダドル/円などの通貨ペアを売買することを意味しています。因みに、外貨預金にはポジションという考え方は存在しておりません。
「FX会社毎に準備しているサービスの中身を調査する時間が取れない」といった方も多いはずです。そうした方に利用して頂こうと、それぞれが提供しているサービス内容でFX会社を比較し、ランキング表を作成しました。
FX口座開設に関しては“0円”としている業者が大部分を占めますから、いくらか時間は必要としますが、2つ以上開設し現実に使用してみて、個人個人に適したFX業者を選んでほしいと思います。

  • この記事を書いた人

最大レバレッジ888倍、追証なし、強力な約定力で公正さ・透明性の高い人気のXM口座をメイン口座とし海外FX業者のハイレバレッジを活用して比較的短期間で少額資金元手に億トレーダーになる事を実現。現在、海外FX業者比較紹介サイトを運営。元大手証券会社営業マン。現在はFX専業トレーダー(海外FX専門)。主たる収入源はFXトレード収入と株式投資。その他に一応、アフィリエイトも3ジャンルほど細々とやっており肩書は個人事業主。でも大半の収入はトレードで稼ぎだしております。大阪府在住独身男性。人生山あり谷あり。恥ずかしながら安月給時代に作った借金が膨れ上がって、その借金を過去に債務整理した経験あり。しかしながらFXでどん底から復活し現在は悠々自適な生活を楽しんでます。一時真っ黒なクレヒスでしたが現在はプラチナカードも数枚保有できるようになり人生完全回復と言ったところでしょうか。 すべては海外FXハイレバ口座のおかげ。人生七転び八起き。FX万歳。

相場で負けないコツは?失敗例やFXで損するトレーダーの特徴を4つ紹介

RSIの使い方

教科書通りに行って失敗する一つの例としてRSIの使い方を見てみましょう。

※図はTradingViewより筆者作成

1-2.アナリスト予想を妄信する

1-3.感覚的にトレードする

1-4.FX会社の売買サインでトレードする

2.操作しやすいFX会社は?

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • Coincheck NFT(β版)が扱うArt Blocks(アートブロックス)とは? - 2022年6月16日
  • 仮想通貨交換業者シリーズ「Crypto Garage」ってどんな会社? - 2022年6月16日
  • 2022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】 - 2022年6月16日
  • 相場で負けないコツは?失敗例やFXで損するトレーダーの特徴を4つ紹介 - 2022年6月15日
  • テクニカル指標「フィボナッチリトレースメント」の使い方は?注意点やポイントを解説 - 2022年6月15日

おすすめのFX会社・FXサービスは?

FXネオ

72万口座超の大手FXサービス(2021年7月時点)。業界最狭水準のスプレッドに加え、デモ取引も利用可能!

DMM FX

dmmfx

アプリで高機能チャート利用可!最短で1時間後に取引可能、LINEやAIチャットでの問い合わせなどサポートも充実

松井証券 MATSUI FX

松井証券 MATSUI FX

レバレッジ1倍、100円からの少額取引が可能。業界最狭水準のスプレッド、28種類のテクニカル指標も利用可

FX投資の人気コラム

FXの最新ニュース

  • 2022/4/25SBIネオモバイル証券「ネオモバ3周年大感謝祭番外編」キャンペーン実施。新成人対象に
  • 2022/4/24SBIネオモバイル証券が国内株式の利用料最大99.8%還元キャンペーン、5/2開始
  • 2022/4/2Z世代の8割超が「18歳になったら投資をはじめたい」LINE証券が投資意識調査
  • 2022/1/18インヴァスト証券、FX取引量に応じて寄付できる「社会貢献ポイント」で21年度に322万円寄付
  • 2021/12/11米CPI公表やオミクロン株による株価の影響は?2021年12月6日~10日の株式・金利マーケットレポート

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

システムトレードのメリット

システムトレードのメリット


システムトレードには、いくつかの メリット があります。その中でも次の3 つのメリット について説明します。

システムトレードの時間的なメリット

裁量トレードをするためには、リアルタイムでマーケットを見る必要があります。FXの場合は、平日24時間マーケットは開いているため、副業でFXをする場合、本業をしている間はトレード時間を取れないため、時間が足りないと感じることも少なくないのではないでしょうか。

そこで、システムトレードを利用すれば、 システムが24時間相場を見てくれる ため、トレードチャンスがあれば自動でトレードしていてくれます。それにより、トレードチャンスが増えることで、トレード回数も増やせることで、利益を得る確率を高めることができます

システムトレードの知識的なメリット

裁量トレードを行うには、マーケットの情報を分析できる知識が必要になります。また、ローソク足や移動平均線などチャート分析もできなければならないことから、相応の勉強をする必要があります。

トレードの知識や経験が十分あり、マーケットに向き合うトレードが好きであれば、裁量トレードに向いていますが、これから始めたい方始めたばかりの初心者時間が足りずにトレード知識の勉強ができない方トレードが上手くできない方には システムトレードを利用するメリットは多く あります。

そういった方には、自分でルールを定めるシステムトレードよりも、プロが作ったルールに従うシステムトレードを選ぶことで、 様々な知識的な問題もなく始められます 。システムトレードは、マーケット分析やトレードタイミングを自分で悩む必要が無く、選んだルールに従って行われるので簡単に始められることが特徴です。

システムトレードの精神的なメリット

長時間、継続的な裁量トレードを行うことは、タフな精神が必要になります。それは、リアルタイムの値動きをみて迅速に判断し、トレードし続ける必要があり、決して簡単なことではありません。

利益が出れば早めに利益確定するなど、その後の動向を見る余裕もないため消極的な判断をすることがあり、損失が出ると戻るまで待ってしまう、戻る根拠もないのに希望的な判断をしてしまうこともあります。こういった状況におちいると、知識や経験に裏付けられたタフな精神が備わっていないと、欲望や恐怖などの感情に左右されてしまうことになります。

システムトレードはあらかじめ設定したルールに従って、機械的に継続してトレードしてくれるため、こういった 精神的な感情にとらわれる必要がありません 。利益確定も損切りも機械的におこなってくれるため、ルールを設定したら結果を待つのみで良くなります。時々はトレード結果を見て一喜一憂したり、ルール選定に悩むくらいで済むため、裁量トレードの 精神的な負担から解放されたトレード を行うことができます。

「売り板が薄い」と株価はどうなる?板の変動からできる分析

売り板薄い

西村剛(にしむらつよし)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。
著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

バスケット買いとは?株式投資の用語解説

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する システムトレードのメリット 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! バスケット買いは初心者にもおすすめの投資戦略 株式…

  • 2022年5月6日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

過去の株価を知りたい|投資家が知っておくべき株価履歴の調べ方

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株式投資のみならず、仮想通貨やFXにおいても過去の…

  • 2021年4月21日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

ロングとショートの意味|株の投資戦略とは?

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 「ロング」と「ショート」とは 株式投資のみならず、…

  • 2022年2月21日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

冷やし玉(ひやしぎょく)は何のために?必要性とよくある流れ

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! システムトレードのメリット 冷やし玉は株価の上昇を促す手法 株式投資の現物…

  • 2021年12月31日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

ソーサーボトムとは?特徴と負けを減らすための活用術

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株式投資のソーサーボトムとは ソーサ―ボトムは…

システムトレードのメリットって?初心者にもできるの?

システムトレードの特徴として、一番に上げられるのはやはり「自動売買が可能」ということでしょう。
自動売買を行うためには、システム上にあらかじめ売買を行うための条件を設定しておきます。
分かりやすいところではいくら以下になったら買い、もしくは売り等、現在価格がある水準を上回ったら(下回ったら)買い(売り)というものでしょうか。
ただこれだけだと指値注文をすればいいだけですので、システムトレードを行う場合は様々な指標を利用することが多いです。
有名なところでは移動平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカル指標です。
その他にも「ある条件を満たした場合に自動で注文を出す」ということを行えるので、ビットコインの取引所間の価格差を検知して自動注文を行うという用い方もあります。
テクニカル指標を用いて自動売買を行うやり方はFXのシステムトレードで多いですが、過去の値動きの傾向から将来の値動きを予想するというのは難しいものです。そのため多くのトレードロジックが存在します。
ビットコインの価格差を検知して自動売買を行うのは、価格差があった場合にその価格で機械的に注文を出すだけですので、まさにシステムトレードにうってつけのものです。
価格差を検知してから注文を出すまでのスピードが成否を分けますので、システムトレードの主戦場になっています。

一方、システムトレードを用いながらも自動売買を行わないやり方もあります。
「自動売買しないシステムトレードってあるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば売買シグナルの発生はシステムで検知し、それを元に実際にエントリーを行うかどうかの判断は自分自身で行って手動で売買するというやり方です。
この方法は、システムトレードと裁量取引(手動取引)のいいとこ取りと言ってもいいかもしれません。
例えば個別株取引ですと、取引時間は平日の日中のみと決まっていますので、システムが出したシグナルを確認した上で、手動で注文を行うというやり方が向いているとも言えます。
システムトレードの場合は、あらかじめ設定しておいた条件を満たした場合にシグナルを発生させますが、それが妥当なものなのかを自分で確認した上で注文を出すようにしたいという場合に適したやり方です。
全て自動で行う場合と比べて確認して手動で注文を出す分だけ手間がかかりますが、意図しない注文を防ぐことができるということと、手動で行った場合だけでは見逃してしまうような注文も拾うことができるというメリットがあります。
FXでは海外の取引所が開いている夜間が主な時間帯になります。
サラリーマンが帰宅後でもトレードできるというメリットはありますが、毎日夜通しで取引を行う訳にもいきません。
寝ている場合は取引できない訳ですから、機会損失になってしまいます。
システムトレードですと、コンピューターが自動で取引を行ってくれますので、こういった機会損失を防ぐことができます。
こういった面でもFXとシステムトレードは相性が良いと言えます。

なぜ勧めないかですが、システムトレードを行うためにはシステムでの仕掛けが必要です。
どういった条件が揃ったらエントリーするのか、損切りはどこで入れるのか、利確はどのタイミングで行うのかといったことを考える必要があります。
この条件を自分で考えるにはある程度の投資経験が必要だと考えます。
投資初心者だと、どういった条件を設定すればよいかが分かりません。
また、実際に取引を行い、良かった点、悪かった点を日々改善していきます。
この場合に、どこが良かったのか、悪い点はどこを改善すれば良いのかを判断する必要があります。
これをしっかりと行うには、投資初心者では難しいでしょう。

FXでよくありますが、実際に利益を上げているシステムを買ってくればいいじゃないかという意見もあると思います。
確かに、利益を上げ続けるシステムがあれば、それを使っていれば良さそうです。
気を付けたいのは、過去どんなに利益を上げ続けているシステムでも絶対はないということです。
どんなシステムでも損失を出す可能性は存在します。
投資知識がないままシステムを買ってきても、そのシステムはブラックボックス化してしまい、一時的にドローダウンを出した場合にどう対応すればよいのか判断がつかないという事態になる可能性もあります。
また、損失が出てしまった場合に、「システムが良くないからだ」と言って諦めきれますか? システムトレードのメリット
それで納得できますか?
「儲かるだろう」という期待からシステムを使う判断をしたのは自分自身です。
そのシステムが損失を出してしまった場合、それを使うという判断を行った自分自身の誤りが原因だということです。
少なくともそのロジックがどういう条件で売買を行い、ロスカットや利確をどのような条件で出すのかということを理解した上で運用すべきです。

ビットコインの価格差を狙っていく裁定取引であれば初心者にも可能では?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
私もその意見には賛成です。
「自分自身が何に投資していて、どういう仕組みで儲かるのか」ということが理解できるものであれば手を出して大丈夫でしょう。
逆に言えば、自分自身がその仕組みを理解できないものには貴重な資金をつぎ込むべきではありません。

これはシステムトレードに限ったことではなく、投資全般に言えることです。
「〇〇さんが儲かると言っていた」
「次は〇〇が来るらしい」
というような情報に踊らされて手を出すようなことがないようにしましょう。

では、投資初心者がシステムトレードを行うにはどうすればよいかということですが、まず自分が投資をしたいと思っている金融商品のことをどれほど知っているかです。
どのような場合に買い、どのような場合に利益確定をして、損切りをどうすればよいのかというようなことを知っているかということです。
もしくはその商品の成り立ちやどのような場合に値上がりするのかということを知っているかということです。
これを一番よく理解できるのは、実際にお金を使って投資をしてみることです。
もちろん、最初は少額で始めるべきです。
本で読むだけなのと、実際に売買を行ってみて学べることには大きな違いがあります。
実際の取引では、本に書いてあっても本当の意味で理解できていなかったということを痛感することもあります。

ここで補足しておくと、何も理解しないまま売買を始めてはいけません。
本などから得られる知識は非常に有用です。
最初に本やインターネットなどから知識を得た上で、投資を行うようにすべきです。
FXではデモ口座が用意されている証券会社も多くありますから、実際にお金を入れる前にデモトレードで試してみるものよいでしょう。
そして実際に投資を行いたいと考えているのであれば、少額で始めて自分のお金を使って投資を行ってみることです。 システムトレードのメリット
デモトレードでは、1000万円でも1億円でも損失を出しても何ともありません。
しかし、自分のお金で1000円でも損失が出ると、嫌な気分になったり自己嫌悪におちいったりと、今まで見えていなかったものが見えてきます。
システムトレードを行う際には、こういった経験を反映させていきます。
損失が出た場合に、ロスカットの位置が悪かったのか、そもそもエントリーすべきではなかったのかという判断がつくようになります。
このような判断を元にシステムに反映しブラッシュアップしていきます。

投資の形を持っている人にとってみれば、システムトレードは大きな武器になります。
まだ投資の形がハッキリとしないという人はシステムトレードをやるべきではないかというとそういう訳でもなく、システムトレードによって形にしていけばよいと思います。
システムトレードを行うための、ある程度の前提知識は必要になりますが、システムを使うことで様々な試行錯誤が可能になります。
この試行錯誤を通して自分の投資を形作っていくということも可能だと考えています。 システムトレードのメリット
今管理人が取り組んでいるのも、まさにこれでこのブログを通してその成果を共有したいと考えています。

システムトレードのメリットとしては、作業を自動化できるということです。
それには自動化したい作業をハッキリとさせておく、システム化したいロジックをイメージできることが必要です。
「システムトレードをやりたい」よりも、「こんな取引をシステムでやってみたい」という方がより現実的です。
これからシステムトレードを始めてみたいという方も、ぜひとも投資の知識や経験を積んで自分なりの投資の形を作って、それをシステム化するという進め方で取り組んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる