FXを極めよう

どの通貨ペアがよい

どの通貨ペアがよい

通貨ペアを選ぶ際は、基本的な通貨の仕組みや分類などの理解は最低限必要になります。

FXで「失敗」しないための通貨選択の考え方

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任するとともに、著名な国際金融アナリストとしても活躍。 2000年ITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年円安バブル崩壊、2016年トランプ・ラリーなどマーケットの大相場予測をことごとく的中させ、話題となる。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なう。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務める。2019年11月より現職。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

あなたにオススメ

ピックアップ

Sponsored by 株式会社インターネットイニシアティブ

最近更新した著者

マネックス証券 チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任するとともに、著名な国際金融アナリストとしても活躍。 2000年ITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年円安バブル崩壊、2016年トランプ・ラリーなどマーケットの大相場予測をことごとく的中させ、話題となる。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なう。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務める。2019年11月より現職。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

「美しすぎる金融アナリスト」として話題となり、全国各地で個人投資家向けセミナーやIRセミナーに登壇。投資教育をライフワークとしている。 ZAI、SPA、マイナビ、FX攻略.com、DIME、ワッグルなどメディア掲載、連載の実績も多数。IRセミナーの構成作家やプロデュースも手がける。著書に『最強アナリスト軍団に学ぶ ゼロからはじめる株式投資入門 』(講談社)、『はじめての株価チャート1年生 上がる・下がるが面白いほどわかる本』 (アスカビジネス)がある。 タレントとしてはNHK eテレ「イタリア語会話」のほか、au・東芝エレベーターなどのCMや大河ドラマ出演など出演多数。現在も第一三共株式会社のキービジュアルなどを務める。

難しく捉えられがちなお金の話を、より身近に、よりわかりやすく、読者が自分事として捉えられるようにすることを、くらしの経済メディア 「MONEY PLUS」は目指しています。私たちの人生に欠かせないお金の情報を日々の生活やライフイベントと関連付けて発信していきます。

FXの通貨ペアの選び方とは?初心者におすすめのペアと失敗しない組み合わせのポイント

通貨ペアの選び方

通貨ペアの選び方


FXでは豊富な通貨ペアの中から取引するペアを選ぶ必要があり、初心者はペア選びが難航しがちです。

スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ

流動性(ボラティリティ)がある通貨ペアを選ぶ

発行国の安定性で選ぶ

通貨の取引量で選ぶ

スワップポイントの高さで選ぶ

FXを始める前に知っておきたい通貨の関連用語

FXを始める前に知っておきたい通貨の関連用語


通貨ペアを選ぶ際は、基本的な通貨の仕組みや分類などの理解は最低限必要になります。

取引通貨と決済通貨

  • 取引通貨:売買する対象の通貨
  • 決済通貨:損益が発生する通貨

クロス円とドルストレート

メジャー通貨とマイナー通貨

高金利通貨(新興国通貨)

為替差益で儲けるのにおすすめの通貨ペア

米ドル/円(USD/JPY)

米ドル円

どの通貨ペアがよい
扱いやすさ 最高
スプレッドの狭さ 最狭基準
流動性(ボラティリティ) 最高基準
スワップポイント高基準
安定性 最高基準

ユーロ/円(EUR/JPY)

ユーロ円

扱いやすさ 最高~高
スプレッドの狭さ 最狭基準
流動性(ボラティリティ) 最高基準
スワップポイント ×
安定性 最高基準

  • 買い通貨の銀行金利-売り通貨の銀行金利=スワップポイントとなるため、政策金利が0.0%のユーロを円で買うとマイナスになる。※マイナススワップはコストとなり、トレーダーが支払う必要がある

スワップポイントを貯めるのにおすすめの通貨ペア

豪ドル/円(AUD/JPY)

豪ドル円

どの通貨ペアがよい
扱いやすさ 最高
スプレッドの狭さ 最狭基準
流動性(ボラティリティ) 高基準
スワップポイント
安定性 最高基準

NZドル/円(NZD/JPY)

NZドル円

どの通貨ペアがよい
扱いやすさ 最高
スプレッドの狭さ 最狭~狭い
流動性(ボラティリティ) 高基準
スワップポイント
安定性 最高基準

トルコリラ/円(TRY/JPY)

トルコリラ円

扱いやすさ
スプレッドの狭さ 普通~狭い
流動性(ボラティリティ)
スワップポイント
安定性 やや低め

南アフリカランド/円(ZAR/JPY)

南アフリカランド円

扱いやすさ やや低め
スプレッドの狭さ やや広め
流動性(ボラティリティ) やや低め
スワップポイント
安定性 ×

初心者におすすめできない・勘違いして選びやすい通貨ペア

ユーロ/米ドル(EUR/USD)

ユーロ米ドル

ポンド/円(GBP/JPY)

ポンド円

スキャルピング・デイトレードをする時の通貨ペアの選び方

  • 通貨取引量が多い
  • ニュースが豊富
  • スプレッドが狭い

短期売買におすすめの通貨ペア3選

長期トレードをする時の通貨ペアの選び方

長期トレードにおすすめの通貨ペア3選

通貨ペアの組み合わせは奥が深い!

豪ドルの5年後の見通しは上昇傾向?2021年の買い時・売り時やチャート分析を解説

【2021年】香港ドルの見通し|今後どうなる?長期運用に期待できるのか徹底解説

【2021年】メキシコペソの今後の見通しは地獄?10年後レート推移や政策金利による影響を解説

【2021年】ロシアルーブルの今後の見通しはやばい?下落の原因やスワップ運用は危険な理由を解説

RANKING

trayaout

  • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

利益が伸びやすい通貨ペア選択

チャート確認用『DAI_PFD02(Chart)』

チャート確認用のテンプレートです。

  • 1.概要
  • 2.シンボルチェンジャーについて
  • 3.バージョンアップについて
  • 4.旧テンプレートについて
  • 5.ボタンの位置について
  • 6.ボタン位置の変更例(数値の例)
  • 7.インジの追加や削除、インジの表示順番について
  • 8.サブウインドウのインジを入れ替えるテクニック
  • 9.テンプレートに使用しているインジ
  • 10.負けるときは
  • まとめ

・通貨ペアの一覧でサインがついたものに関して、
実際のチャートを確認するとき

・波動をカウントするとき

大事なことは、サインだけでなく、チャートを直接見て、
トレンドの強さや勢い、波動などを確認すること
です。

2.シンボルチェンジャーについて

波動をカウントするために 特定の通貨ペア専用にしてチャートを表示するとき など、
シンボルチェンジャーが必要なければ削除して構いません。

基本的には波動をカウントするときは、 通貨ペアごとにチャートをわける とよいと思います。

MT4の仕様として、トレンドラインなどのオブジェクトは、
時間価格によって位置を決めています。

ただ、世の中には1つのチャートで
異なる通貨ペアのオブジェクトをわけて表示するインジもありますので、
どうしても1つのチャートで表示したい場合は探してみるのもよいでしょう。

3.バージョンアップについて

バージョンアップ後に足りないインジケーターがある場合は
「購入時のPDF」からダウンロードできます。
(まとめてダウンロードしたファイルの中に
追加のインジもテンプレートも含まれています。
テンプレートは名前は同じですが、内容は最新のものになっています。)

4.旧テンプレートについて

前のバージョンのテンプレートはこちらからダウンロードできます。

5.ボタンの位置について

設定の次の項目を変更することで、 ボタンの位置を変更 できます。
使いやすい位置に移動するとよいです。

・Which_Window…表示するウインドウ
0:メインウインドウ 1~:サブウインドウ

・Which_Corner…表示する角(左上、右上、左下、右下をメニューで選択)

・X_Position …横の位置
・Y_Position …縦の位置

RSIやMACD以外のインジを使いたいときや、必要ないインジを外したときなど、
自分が使いやすいようにボタンの場所を変更するとよいです。
( ボタンはそのままに、サブウインドウのインジを交換すること もできます。
例えばMACDではなくRSIやストキャスにしたいなど。
詳しくは「8.サブウインドウのインジを入れ替えるテクニック」を参照)

ボタンの具体的な数値は次の項目をご覧ください。

6.ボタン位置の変更例(数値の例)

デフォルトのボタンの大きさだと、
X_Position(横)は 65 ずつ
Y_Position(縦)を 25 ずつ足したり引いたりすると、等間隔に並べることができます。

例えばボタンを下記の画像のように、2列にセットしたい場合。
右下から順番に設置していったときは、次のようになります。

【1列目・右側】
1番下 X_Position:65 Y_Position: 25
2つ目 X_Position:65 Y_Position: 50
3つ目 X_Position:65 Y_Position: 75

【2列目・左側】
1番下 X_Position: 130 Y_Position:25
2つ目 X_Position: 130 Y_Position:50
3つ目 X_Position: 130 Y_Position:75

7.インジの追加や削除、インジの表示順番について

必要なものを追加したり、使わないものをはずしたりし、
使いやすいように変更するとよい
です。

オンオフできるインジのボタンの位置は好きな場所に変更できますので、
使いやすい位置にするとよいです。

テンプレートを変更したら名前をつけて 定形チャートとして保存 しておくとよいです。

インジの表示順番について

インジは先にセットしたものが後ろに表示されるようになっています。

例えば一目均衡表移動平均線の2つをセットした場合。

一目均衡表を先にチャートにセットしたら、両方オンにすると、
移動平均線の後ろに一目均衡表が表示されます。

逆に、移動平均線を先にセットすると、
移動平均線が一目均衡表の後ろに表示されるので、
MAのラインが見にくくなることがあります。

例えばサインツールなどは、先にセットしてしまうと、
他のインジにうもれて見えなくなることがありますので。
​前面に表示させたいインジは1番最後にセットします。

8.サブウインドウのインジを入れ替えるテクニック

例えば「RSI」から「ストキャスティクス」に変更したい場合。

1.チャート上で表示されているRSIの上に
ストキャスティクスをドラッグ・アンド・ドロップする。
同じサブウインドウにRSIとストキャスティクスの2つが表示された状態

このように、いったん二重に表示させてから不必要なものを外せば、
サブウインドウに上から1つ、2つといくつもインジをセットしていたとしても、
全部外すことなく、必要なインジに入れ替えることができます。

ちなみに、メインウインドウでも、サブウインドウでも、
先にセットしたインジが、背面に表示されます。
前面に表示したいインジは最後にセットするのがコツです。

9.テンプレートに使用しているインジ

10.負けるときは

基本ができているとインジケーターをもっといかせると思います。

例えば上位足のトレンドやサポレジ、リスクリワードレシオの確認、
波動をカウントした上で転換サインやダイバージェンスが見られれば
より根拠のあるトレードができます。

特に、インジで勝とうとする人ほど、短期トレードをしたり、逆張りをしたり、
推進波ではなく調整波を狙うなど上位足がレンジ相場のときに利益を得ようとしたりなど、 どの通貨ペアがよい
難しいトレードをしようとしていることもあります。

楽をしようとするほど力がつかず、継続して勝つことが難しくなったり、
負けやすくなったりしやすい
と思います。

FXのスワップ金利とは?スワップ狙いではどの通貨ペアがおすすめか解説!

スワップ金利 通貨ペア おすすめ バナー

例えば、日本人になじみが深いドル円を見てみましょう。
ドル円を「買い」でポジションを持つとプラススワップが付与され、ドル円を「売り」で保有するとマイナススワップが付与されてしまいます。

ドル円を売りで持っていると不安になる人もいるかと思いますが、ポジションを持った瞬間にスワップ金利が付くわけではないのでご安心を。その日のうちに決済を行えばスワップ金利は付与されません。スワップが付与されるのはポジションを翌日に持ち越したときにつきます。

スワップ プラススワップ マイナススワップ ユーロドル FX

ちなみにほとんどのFX業者は水曜日に土日分のスワップ金利を付与するので、特に水曜日のトレードには注意してください。(水曜日+土曜日+日曜日の3日分のスワップ金利が付きます

高金利通貨と低金利通貨

スワップ 高金利通貨 低金利通貨 FX

主要国の政策金利は?

  • トルコリラ;24.0%
  • メキシコペソ:8.25%
  • 南アランド:6.75%
  • アメリカドル:2.5%
  • カナダドル:1.75%
  • ニュージーランドドル:1.75%
  • オーストラリアドル:1.0%
  • イギリスポンド:0.75%
  • ユーロ:0%
  • どの通貨ペアがよい
  • 日本円:-0.1%
  • スイスフラン:-1.25%

スワップ狙いだとどの通貨ペアがおすすめ?

個人的な意見ですが、トルコリラのような高金利通貨には触れないほうが良いです。トルコリラは歴史上で見ても下がり続けている通貨であり、主要通貨と比較すると安定性に欠けます。ただし、見極めて短期で売り抜ける覚悟があれば買ってもよいです。

スワップ狙いの場合、主要通貨であるアメリカドル、オーストラリアドル(豪ドル)などが絡んだ通貨をおすすめします。ドル円(買い)、ユーロドル(売り)、豪ドル円(買い)あたりが無難な通貨ペアで火傷しにくい通貨ペアになります

スワップにはリスクもあることを考慮しよう

プラススワップの場合は、ただ保有しているだけで利益を生み続けてくれます。そのため、不労所得を得るための一つのツールとして、近年は非常に注目を浴びているのは事実です。
しかし、それは価格上下がない場合を想定しており、FXには本来の「為替による差」で利益にもなるし損失にもなるということは決して忘れてはなりません。一年を通して保有し為替差でもプラス、スワップ金利でもプラスということはあり得るかもしれないし、為替差による損失が出る可能性もあるのです。

FXの通貨ペアの選び方とは?初心者におすすめのペアと失敗しない組み合わせのポイント

通貨ペアの選び方

通貨ペアの選び方


FXでは豊富な通貨ペアの中から取引するペアを選ぶ必要があり、初心者はペア選びが難航しがちです。

スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ

流動性(ボラティリティ)がある通貨ペアを選ぶ

発行国の安定性で選ぶ

通貨の取引量で選ぶ

スワップポイントの高さで選ぶ

FXを始める前に知っておきたい通貨の関連用語

FXを始める前に知っておきたい通貨の関連用語


通貨ペアを選ぶ際は、基本的な通貨の仕組みや分類などの理解は最低限必要になります。

取引通貨と決済通貨

  • 取引通貨:売買する対象の通貨
  • 決済通貨:損益が発生する通貨

クロス円とドルストレート

メジャー通貨とマイナー通貨

高金利通貨(どの通貨ペアがよい 新興国通貨)

為替差益で儲けるのにおすすめの通貨ペア

米ドル/円(USD/JPY)

米ドル円

どの通貨ペアがよい
扱いやすさ 最高
スプレッドの狭さ 最狭基準
流動性(ボラティリティ) 最高基準
スワップポイント 高基準
安定性 最高基準

ユーロ/円(EUR/JPY)

ユーロ円

扱いやすさ 最高~高
スプレッドの狭さ 最狭基準
流動性(ボラティリティ) 最高基準
スワップポイント ×
安定性 最高基準

  • 買い通貨の銀行金利-売り通貨の銀行金利=スワップポイントとなるため、政策金利が0.0%のユーロを円で買うとマイナスになる。※マイナススワップはコストとなり、トレーダーが支払う必要がある

スワップポイントを貯めるのにおすすめの通貨ペア

豪ドル/円(AUD/JPY)

豪ドル円

扱いやすさ 最高
スプレッドの狭さ 最狭基準
流動性(ボラティリティ) 高基準
スワップポイント
安定性 最高基準

NZドル/円(NZD/JPY)

NZドル円

扱いやすさ 最高
スプレッドの狭さ 最狭~狭い
流動性(ボラティリティ) 高基準
スワップポイント
安定性 最高基準

トルコリラ/円(TRY/JPY)

トルコリラ円

扱いやすさ
スプレッドの狭さ 普通~狭い
流動性(ボラティリティ)
スワップポイント
安定性 やや低め

南アフリカランド/円(ZAR/JPY)

南アフリカランド円

どの通貨ペアがよい どの通貨ペアがよい
扱いやすさ やや低め
スプレッドの狭さ やや広め
流動性(ボラティリティ) やや低め
スワップポイント
安定性 ×

初心者におすすめできない・勘違いして選びやすい通貨ペア

ユーロ/米ドル(EUR/USD)

ユーロ米ドル

ポンド/円(GBP/JPY)

ポンド円

スキャルピング・デイトレードをする時の通貨ペアの選び方

  • 通貨取引量が多い
  • ニュースが豊富
  • スプレッドが狭い

短期売買におすすめの通貨ペア3選

長期トレードをする時の通貨ペアの選び方

長期トレードにおすすめの通貨ペア3選

通貨ペアの組み合わせは奥が深い!

豪ドルの5年後の見通しは上昇傾向?2021年の買い時・売り時やチャート分析を解説

【2021年】香港ドルの見通し|今後どうなる?長期運用に期待できるのか徹底解説

【2021年】メキシコペソの今後の見通しは地獄?10年後レート推移や政策金利による影響を解説

【2021年】ロシアルーブルの今後の見通しはやばい?下落の原因やスワップ運用は危険な理由を解説

RANKING

trayaout

  • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる