為替ニュース

GMOクリック証券の外為オプションで無料体験

GMOクリック証券の外為オプションで無料体験

注文は上記赤枠をクリックするだけで、すぐに発注できました。マーケットスピードFXは慣れるまで多少時間はかかるかもしれません。

デモトレードができるバイナリーオプション業者

田中

デモトレードなら何回でも無料で取引の”練習”ができるので、様々な手法を試すことができます。

バイナリーオプションデモトレード注意点

バイナリーオプションデモトレード注意点

    GMOクリック証券の外為オプションで無料体験
  • バイナリーオプションデモトレードは甘えてしまう
  • バイナリーオプションデモトレードはメンタルが鍛えられない
  • バイナリーオプションデモトレード注意点まとめと対策法

バイナリーオプションデモトレードは甘えてしまう

当サイトでおすすめしているデモトレードができるバイナリーオプション業者や、初心者におすすめ業者なら、100円か200円500円で本番取引ができるので、ぜひ確認してみてください。

バイナリーオプションデモトレードはメンタルが鍛えられない

バイナリーオプションデモトレードのメリットでもデメリットでもありますが、勝ち負け関係なく投資者自身に何の影響もありません。そこで気持ちが緩みがちといいますか、実際本番取引で自分のお金で取引をする時に恐怖と感じてしまいます。小さな負けでも気にしすぎたり、冷静さを失ってしまい、ムキになって無謀なエントリーをしてしまいます。また、デモ取引ならどんな為替相場でも恐れることなくチャレンジしますが、本番取引だからより慎重になり、迷ってしまいエントリータイミングを逃してしまって負けた場合もデモトレード経験者がよく言います。

ハイローオーストラリアなどの人気バイナリーオプション業者なら、途中で損切りや利益確保のような取引を早めに終了する機能もあるので、本番取引の緊張のあまりでつい押してしまい、元々勝てたのに利益が減ったり損が生じたりしてしまいます。また、デモ取引では大金で取引をしがちで、本番で小さい金額の取引に満足できず、また初心者の段階やそんな自信がない時にも大きい金額でエントリーしてしまい、痛い目にあってしまった方もいるため、十分ご注意してください。なので、デモトレードを活用して本番取引に生かすことが一番大事です。そんな活用方法を当サイトで紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションデモトレード注意点まとめと対策法

バイナリーオプションデモトレードでも本番取引のようにエントリー金額をコントロールしましょう。そうしたら、いざ本番取引をする時でも大金エントリーによる大損が避けられるでしょう。また、負けた時はデモだからという甘い考えを捨てましょう。しっかり反省し、次に生せましょう。デモトレードでも真剣に向き合えましょう、

デモトレードができる海外バイナリーオプション業者ポリシー

デモトレードから始め、バイナリーオプション取引にかかわる全般を当サイトで掲載し、真実をそのまま伝えるところにポジションをおき、バイナリーオプション業者やバイナリーオプション取引そのもので良いところ、悪いところを隠さずに皆さんにお届けします。最後に、みなさんがバイナリーオプション投資で理想な生活を手には入れるよう日々頑張っていきます

楽天FXの使い勝手は?投資家の実体験を紹介

取引画面

最初に、グッドデザイン賞(2012年)の受賞実績もあるPC用取引ツール「マーケットスピードFX」でのトレード実体験を紹介していきます。

※以下、画像は全て取引画面より筆者作成

取引画面


上記赤枠内の各メニューをクリックすれば、「注文」や「レート一覧」などのメニューが上記青枠にタブとして表示されます。確認したいメニューをタブ切替でスムーズに確認できるため、便利に感じます。

テクニカル分析


テクニカル指標は約40種類搭載しています。詳しくテクニカル分析をしたい方にとっても満足できる搭載数なのではないでしょうか。

動画


動画をマーケットスピードFX内で見られるのは、筆者として嬉しいポイントです。ざわざ別ウインドウで動画を開く必要がないため、見やすいというメリットがあります。

カスタマイズ性


また取引画面のカスタマイズ性もマーケットスピードFXの特徴です。一方で、何をどのように画面設定すれば良いのかわからないという方もいるでしょう。

テクナビ


今回はマーケットスピードFXに搭載されている「テクナビ」という機能を使ってトレードしてみました。テクナビとはテクニカル指標の分析を自動的に表示してくれる機能のことです。

テクナビ


上記画像のようにテクナビでは、通貨ペアにおける各種テクニカル指標の分析結果を一目で確認することができます。今回は、上記青枠のとおり、米ドル/円の短期(5分足)・中期(1時間足)において、「上昇」を示しているテクニカル指標が多いことを確認できましたので、米ドル/円を1,000通貨買ってみました。

マーケットスピードFX注文


注文は上記赤枠をクリックするだけで、すぐに発注できました。マーケットスピードFXは慣れるまで多少時間はかかるかもしれません。

2-2.スマホアプリ:iSPEED FX

iSPEED FX


上記が取引画面です。マーケットスピードFX同様に、デザイン性・視認性に優れている印象です。

チャートの形状


トレードにあたり、今回はチャートの形状から相場の流れをチェックできる「チャートの形状」を参考にしました。上記画像のとおり、チャートの形状ではポンド/円が「一見して、緩やかに上昇していると思われる状態」とありました。

iSPEED FX


70~80になると“買われすぎ”と判断されるRSIも確認したところ、「58.04」でした。もう少し上昇余地はありそうだと判断し、1,000通貨を買ってみました。

iSPEED FX


注文は上記赤枠をタップすればスムーズに発注できました。今回のトレードを通じて、iSPEED FXはチャートが見やすく、カスタマイズ性・操作性が高い点が特徴だと感じました。

3.楽天証券FXの評判・口コミ

  • レバレッジを1倍~25倍の間で選択できるため、リスク管理がしやすい
  • 楽天ポイントがもらえてお得で良い
  • スプレッドが広がりやすいと感じた
  • 取引ツールにこだわりがある私でも楽天FXの取引ツールの操作性は優秀だと感じる
  • スマホアプリは画面が小さいのでしょうがないとは思うが、注文時に表示される情報が少なくて、とくに成行注文をするのが怖い
  • 少しだけスワップポイントは低いと思う。スキャルピングやデイトレであれば問題ない
  • 楽天FXは楽天ポイントを貯めていてFXをしたい人であればまず検討すべき
  • マイナー通貨の情報を発信しているなど、情報量が多い
  • MT4を使えるため、個人的には満足。ただスプレッドやスワップポイントなどの条件は良くないと感じる
  • スプレッドは競合他社と同水準だが、キャンペーンでかなり狭くなる通貨ペアもある

3-1.楽天FXではレバレッジを選択できる

レバレッジ


レバレッジは簡単に設定変更ができます。自分の経験やリスク許容度などに応じて適宜調整してください。

GMOクリック証券の外為オプションで無料体験

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.GMOクリック証券の外為オプションで無料体験 2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × 10,000通貨 × 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 = 10,000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

GMOクリック証券のデモ取引

FXのデモ取引とは何ですか? 外国為替証拠金取引(FX)においては、多くの業者でデモトレードが行われています。デモトレードというのは、実際のお金の代わりにバーチャル・マネーを用いてFXの取引を体験できるシステムのことです。このシステムを活用すれば、本番さながらの取引を行うことを通して、FXに関する様々な体験をすることができます。 もう少し、わかりやすくFXのデモ取引について教えて下さい。 たとえば、飛行機のパイロットを思い浮かべてみてください。パイロットが飛行訓練をする際には、初めからいきなり本物の飛行機で空を飛んで練習したりはしません。それはどう考えても、あまりにもリスクが大き過ぎます。ですから最初は、コンピューターによるバーチャル飛行によって十分に操縦感覚を身に付ける訓練を行うのです。実際に空を飛ぶのはその後です。FXも、ちょうどパイロットと同じようなものと考えても良いかも知れません。 なぜ、デモ取引が必要なのですか?いきなり、FXをはじめるとマズいことがありますか? FXは基本的に、ハイリスク・ハイリターンだからです。業者に預ける証拠金はレバレッジ効果によって、数倍から数十倍の金額の取引を可能にします。上手くいけば大きな利益を手にすることができますが、上手くいかなければ巨額の損失を被ってしまう恐れもあるのです。このようなFXだからこそ、最初はデモトレードで十分に知識を身に付けて、感覚を磨いて、そして本番に臨めば良いということなのです。 FXのデモ取引では、何を学ぶ必要がありますか? 特に為替相場の値動きというものは、一般に想像されているよりもずっと目まぐるしい動きです。慣れないうちはその値動きについて行けずに、翻弄されてしまうことが多いものです。そんな状態でいきなり現金で本番に臨むのは、飛行機のパイロットほどではないにしろ、やはりリスクが大きいのではないかと思います。 FXデモトレードの活用方法について教えて下さい。 様々な業者が提供している無料のデモトレードというものは、活用しない手はないでしょう。特に初めてFXに取り組まれる方は、是非、幾つかのデモトレードを利用しましょう。そして十分に練習を積んだ後、本番で利益を上げるようにしてみてはいかがでしょうか。

GMOクリック証券

商号:GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
本社:東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
設立:2005年10月 GMOクリック証券の外為オプションで無料体験
資本金:43億4,666万3,925円
登録番号:関東財務局長(金商)第77号
加入協会:日本証券業協会、金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

楽天FXの使い勝手は?投資家の実体験を紹介

取引画面

最初に、グッドデザイン賞(2012年)の受賞実績もあるPC用取引ツール「マーケットスピードFX」でのトレード実体験を紹介していきます。

※以下、画像は全て取引画面より筆者作成

取引画面


上記赤枠内の各メニューをクリックすれば、「注文」や「レート一覧」などのメニューが上記青枠にタブとして表示されます。確認したいメニューをタブ切替でスムーズに確認できるため、便利に感じます。

テクニカル分析


テクニカル指標は約40種類搭載しています。詳しくテクニカル分析をしたい方にとっても満足できる搭載数なのではないでしょうか。

動画


動画をマーケットスピードFX内で見られるのは、筆者として嬉しいポイントです。ざわざ別ウインドウで動画を開く必要がないため、見やすいというメリットがあります。

カスタマイズ性


また取引画面のカスタマイズ性もマーケットスピードFXの特徴です。一方で、何をどのように画面設定すれば良いのかわからないという方もいるでしょう。

テクナビ


今回はマーケットスピードFXに搭載されている「テクナビ」という機能を使ってトレードしてみました。テクナビとはテクニカル指標の分析を自動的に表示してくれる機能のことです。

テクナビ


上記画像のようにテクナビでは、通貨ペアにおける各種テクニカル指標の分析結果を一目で確認することができます。今回は、上記青枠のとおり、米ドル/円の短期(5分足)・中期(1時間足)において、「上昇」を示しているテクニカル指標が多いことを確認できましたので、米ドル/円を1,000通貨買ってみました。

マーケットスピードFX注文


注文は上記赤枠をクリックするだけで、すぐに発注できました。マーケットスピードFXは慣れるまで多少時間はかかるかもしれません。

2-2.スマホアプリ:iSPEED FX

iSPEED FX


上記が取引画面です。マーケットスピードFX同様に、デザイン性・視認性に優れている印象です。

チャートの形状


トレードにあたり、今回はチャートの形状から相場の流れをチェックできる「チャートの形状」を参考にしました。上記画像のとおり、チャートの形状ではポンド/円が「一見して、緩やかに上昇していると思われる状態」とありました。

iSPEED FX


70~80になると“買われすぎ”と判断されるRSIも確認したところ、「58.04」でした。もう少し上昇余地はありそうだと判断し、1,000通貨を買ってみました。

iSPEED FX


注文は上記赤枠をタップすればスムーズに発注できました。今回のトレードを通じて、iSPEED FXはチャートが見やすく、カスタマイズ性・操作性が高い点が特徴だと感じました。

3.楽天証券FXの評判・口コミ

  • レバレッジを1倍~25倍の間で選択できるため、リスク管理がしやすい
  • 楽天ポイントがもらえてお得で良い
  • スプレッドが広がりやすいと感じた
  • 取引ツールにこだわりがある私でも楽天FXの取引ツールの操作性は優秀だと感じる
  • スマホアプリは画面が小さいのでしょうがないとは思うが、注文時に表示される情報が少なくて、とくに成行注文をするのが怖い
  • 少しだけスワップポイントは低いと思う。スキャルピングやデイトレであれば問題ない
  • 楽天FXは楽天ポイントを貯めていてFXをしたい人であればまず検討すべき
  • マイナー通貨の情報を発信しているなど、情報量が多い
  • MT4を使えるため、個人的には満足。ただスプレッドやスワップポイントなどの条件は良くないと感じる
  • スプレッドは競合他社と同水準だが、キャンペーンでかなり狭くなる通貨ペアもある

3-1.楽天FXではレバレッジを選択できる

レバレッジ


レバレッジは簡単に設定変更ができます。自分の経験やリスク許容度などに応じて適宜調整してください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる